オカルト 夢・幽体離脱

継続夢って知ってる?夢の中のもうひとつの世界とパラレルワールド

更新日:

夢の中に現実とはちがった、もうひとつの世界」があるとしたらどう思います?

それも、日が経つにつれて拡大し、成長し、シンクロし、とても夢とは思えないほどリアルなものだったとしたら。

僕はもうかれこれ10年ほど同じ世界の夢を見てます。単なる夢の続きではなく、同じ世界のあらゆるシチュエーション下での夢。

そんな夢の世界、現実とシンクロしたパラレルワールドの体験談をお届けいたします。ネタは一切なしです。すべて現実に体験した本当のお話。

継続夢とは?

継続夢とは、一貫した世界観や生活実感を伴う夢が長期的に継続している体験のこと。

夢の中の世界でもう一人の自分が生活を送っているように感じたり、同じ場所や特定の人物がよく現れたり、なんてことありませんか?

それ、もしかしたら継続夢かもしれませんよ。

・同じ世界(現実とは違う)が長期間にわたって繰り返し現れる
・夢の中の世界に時間の流れがある
地理感覚が確立している(どこに行けばどんな街・建物・地形などがあるか知っている)
・同じ登場人物が継続的に現れる
・同じ会社や店、学校などが繰り返し登場する

ポイントとなる点は「夢の中で月日の流れが感じられる、地理的な広がりが感じられる、または同じ世界で長期的に生活している実感が得られる」こと。

単純に同じ内容やテーマを繰り返し見る夢(反復夢)、体験や内容が続く一連の夢(連続夢)は継続夢とは別のものとして扱います。

※この例は継続夢に当たらない
・全く同じ内容の夢(時間の流れは無し)を何度も見てるという話
例:「野球のストライクボールを見送る夢を何度も見ている」

・単発で「こういう世界の夢を見たことある」というだけの話
例:「社会主義国になった日本の夢を(一度だけ)見たことがある」

・夢の中の自分とリアルの自分のスペック等の違いを語るだけの話(夢自体に継続性がない場合)
例:「夢の自分は現実と違ってリア充な生活をしてる」「夢の中ではテレパシーが使える」

・そもそも継続夢と関係ない話
例:「俺は毎日夢を見るw」

2ch継続夢体験談「セグウェイ」

継続夢において2chで有名なセグウェイ太郎さんの体験談をご紹介。

1 : セグウェイ太郎 ◆XQTRb3eYRY : 2011/12/12(月) 00:59:12.80 ID:1rkuxpCbO

子供の頃から連続した世界観のリアルな夢を繰り返し見ている人、いませんか?
現実とは違うパラレルワールド的な街に住んで、実在しない知り合いと関わり続けていたり。
各自の体験談を語ったり、オカルト的な観点からの考察をしましょう。

12 : セグウェイ太郎 ◆XQTRb3eYRY : 2011/12/12(月) 01:51:14.12 ID:1rkuxpCbO

とりあえず俺のケースについて。
小学校3~4年の頃から今に至るまで約20年間、ずっと同じ世界観の夢を見続けている。
この夢の中では特に重大な出来事や現実離れした出来事が
起こるわけでもなく、平凡な日常が続くだけ。
夢の中でも現実と同じペースで年をとり、進学し、就職までした。
家族構成は現実と同じだが、実在しない知人友人がいて、ずっと関わり続けている。
(ちなみに俺の場合、現実世界で亡くなった人やペットが出てくることはない)
夢の中では現実世界と違う場所に住んでいるのだが、地理感覚が完全に確立している。
別のスレで、その場所の特徴を書き込んだら「仙台なのでは?」というレスが多数あった。
いろいろ調べてみたら、確かに仙台っぽい。しかし、現実で仙台に住んでいた経験はない。
ってか、大人になってから就職で1度行っただけで、
ましてや郊外のことなど全く分からないのに…

この世界の時間軸は、現実より少しだけ未来だという感じがする。
なぜかセグウェイに乗って移動してる人がいたり、
現実より早くSuica的なものが出現したりとか。
あと、8年前に、空港のターミナルビルのような建物の中で
大津波が迫ってくるのを見ていたことがある。
これがもし東日本大震災を表しているのだとしたら、現実の8年後の世界のビジョンなのか?
ただし、この件についてはいくらでも後付けでの解釈が可能なので、
慎重になりたいと思っている。

夢の中のもうひとつの世界について

僕は「心霊現象否定派」の人間です。幽霊や超常現象、人ならざる者の存在、幻覚・幻聴、タイムリープ、超能力、etcetc……。

人がオカルトや奇跡と呼ぶものは、すべて人間の脳が作り出したものだと考えてます。人間や宇宙を作り出したクリエイター的存在(神の存在)はいたほうがロマンはあると思ってますが。

かれこれ10年ほど続けて厨二病全開の同じ世界の夢を見てますが、もしかすると僕の脳が作り出した幻想なのかもしれません。

頭がおかしくなったのかもしれないし、狂ってしまったのかもしれないし、アニメの見過ぎで厨二病が夢に現れてしまったのかもしれない。

それでもこの10年で見続けてきた夢の世界は、控えめに言っても「夢」の範疇を超えちゃってる気がします。

逆に、これが脳が作り出した単なる記憶の組み合わせなのだとしたら、脳は未だ隠れたとてつもないポテンシャルを秘めてるに違いないっす。

チラシの裏に書いたような話だと思って読んで頂けると幸いです。

スペック

まず僕自身のスペックについて。

  • 性別:男
  • 年齢:25歳(継続夢を見始めたのはおよそ10年前から)
  • 職業:フリーランス
  • 居住地:2018年10月からフィリピンに住み始める
  • その他:1年ほど明晰夢幽体離脱、夢のコントロール法などの訓練経験あり。頻繁に既視感(デジャブ)を感じる

既視感(デジャブ)について

デジャブの頻度はだいたい月に3〜4回ぐらい。最近、フィリピンで訪れた家具屋で強烈な既視感を覚えました。吐き気を催すレベル。

夢の世界だとここはおもちゃ屋さんだったんですけど。場所はもちろん違って、おもちゃ屋さんの周りにはガソリンスタンド、映画館、ラーメン屋の屋台なんかがありました。



期間・頻度

今から約10年前、オカルトに没頭していた時期あたりから継続夢を見続けるようになりました。

継続夢を見る頻度は、だいたい月に1〜2回ぐらい。体調や精神状態、季節によって月に5〜6回、2〜3ヶ月に1回とかに変動します。

夢日記を書いているときは比較的頻繁に継続夢を見ていたんですが、精神的・身体的にダメージが大きかったので異変を感じたあたりから遠ざけるようになりましたね。

それからというもの、だいたい月に1〜2回ぐらいに落ち着きました。

オカルト実験まとめ

ほかにも読書や瞑想、ルービックキューブ、丹田呼吸法、楽器の演奏などもやってました。詳しくは以下の記事でまとめてます。

継続夢であるという根拠

この世界に来ると感覚的に「あ、またこの世界の夢か」って認識できるんですよね。

学校や駅・店などの地理、交友関係、超能力の有無、あらゆる点でその世界は一貫性が感じられます。

夢の中の自分

夢の中の自分は容姿こそ現実世界とまったく同じものの、名前も性格も少し違います。ちょっと天才肌っぽい印象。職業は学生かな?

現実世界の自分と夢の中の自分は、同じ人間であり、違う人間でもあるって認識です。それぞれ違う記憶があったり、共有してる記憶とかもあります。

たまに夢の中で「現実世界の自分」と「夢の中の自分」に分裂したりすることも。つまり、夢の中で自分と話したこともあるってこと。詳しくは後述。

時間の進み方

時代背景はおそらく現代、もしくは近未来です。夢を見るたびに人も成長していき、街も少しずつ変化していってますね。

回数を重ねるごとにその世界の謎というか、根元のようなものに迫っていってる印象です。あと、夢の中で使える超能力が日に日に強くなってます。

場所の特徴

比較的訪れることの多い場所を列挙します。

  • 小学校・中学校・高校(中学と高校が併設されている?)
  • 様々な駅&駅構内のトイレ
  • 神社
  • 遊園地・テーマパーク・公園
  • 大型モール・おもちゃ屋・ラーメン屋
  • 天空にある神殿みたいなところ
  • 敵対する組織みたいな奴らの本拠地
  • とある村というか街

特に夢の世界での駅は印象的

特に「駅」は印象的。現実世界とは異なる造りでした。

基本的にトイレがものすごく広いです。都心の駅になると小学校の体育館ぐらいあるところも……。

本来、ホームの1mほど下にあるはずの線路が地面に平らに剥き出しになっていて、電車が来るときは線路の両側に鉄製の壁のようなものが現れて人々の安全を守ってました。

改札を通るときも切符は必要なく、手をかざすと自動でお金が口座から引き落とされる仕組みになっていてすごく感心したのを覚えてます。

電車の内装は日本よりもスッキリしていて、座席は横に並んでいるのではなく進行方向を向くような形で並んでました。イメージとしてはバスみたいな席配置。

都心の一番大きな駅の構内は横に広いというよりかは、縦に長い感じです。

最寄駅や大きな公園の近くの駅、モールの近くの駅は横に広い感じですね。縦に並行して線路が通っているのは都心の駅のみです。

きさらぎ駅

少し怖かったのは「きさらぎ駅」があったこと。都市伝説好きの方ならご存知だと思います。

きさらぎ駅は実際には存在しないはずの駅名で、ここに迷い込んだ人は二度と帰ってこれないなんて言われてる都市伝説のひとつ。

夢の世界での「きさらぎ駅」は、横幅1m縦20mほどのホームでした。改札は無人。駅の名前はそのままの「きさらぎ駅」です。

写真左側の森の部分にパリ風の民家が立ち並んでるイメージ。


引用:https://the-mystery.org/strange_experience/post-4353/


引用:https://besthqwallpapers.com/ja/%E9%83%BD%E5%B8%82/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%81%AE-%E8%A1%97%E4%B8%A6%E3%81%BF-%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AA-%E5%8F%A4%E6%B0%91%E5%AE%B6-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-24352

前後の駅名は忘れちゃったんですけど、たしかどっちも平仮名だったかな? 人も電車から何人か降りて行ったので普通の駅かな、と思います。

印象としては「猫が多い駅」って感じ。民家から猫が顔を覗かせていたりしてかわいかったです。まぁ、怖かったので降りませんでしたが。

神社・モール・街並みなど

場所によって近未来的・現代的にはわかれますが、割と街のいたるところに和風っぽい神社みたいなのが多いです。

街の端っこやちょっとしたところに、狛犬とか、狐とか、小さな鳥居とかがあったりします。

海はあんまりいったことないですが、ちゃんと青色です。しょっぱいかは知らん。

ちなみに、最近は水の中でも呼吸ができるようになりました。

神殿っぽいところ

場所は不明なんですが、神殿っぽいものがあるんですよね。

真っ白な空間が広がっていて、20mほどの金色の柱が2本立ってます。最初そこを訪れたときは気づいたらそこにいた感じです。女の子がいます。

夢の特徴

継続夢を見られる条件としては、比較的に疲れているときや夜更かししているときに見やすい(夢を覚えていやすい)気がしますね。

味覚や聴覚、視覚、嗅覚といった五感はリアルに感じられます。もちろんカラフル。ちなみに僕は目が悪いのですが、コンタクトを外しても夢の世界だと目がよく見えます。

自分の意思で行動できることがほとんど(80%ほど明晰夢)ですが、たまにその世界を眺めているだけ、ストーリーをなぞっているだけのときも。

「あ、またこの夢か」と気づいてしまった時点から記憶が残りやすくなり、起床後も複数の夢を覚えていることがよくあります。

ただ、夢を思い出さないようにしたり、起床後すぐに多くの情報を仕入れることでそれは自然と消えていきます。複数の夢を覚えていると、その日は一日中疲労感がすごい。

使用言語は日本語です。たまに英語とか話してる人もいます。

超能力が使える

明晰夢幽体離脱の名残か、継続夢の世界でも超能力が使えます。

自分が夢の中でできるようになったことは以下の通り。マスターした時系列順でご紹介します。

  • 壁抜け
  • 飛行
  • 手からビーム
  • 瞬間移動(テレポート)
  • 治癒(ヒーリング)
  • サイコキネシス(液体や物体を動かせる)
  • 透明人間化
  • ビッグバンアタック(超大規模な爆発が起こせる)
  • 無から物体を生成(最近はバイクを作れるようになった)
  • 水中で呼吸

たぶん、夢の世界ではなんでもありです。なんでもできます。ただし、恐怖感や快楽を感じるものだと失敗する確率が高いっす。

あくまで力を抜いた状態で、能動的ではなく受動的に能力を使う感じ。これは言葉じゃ説明が難しいです。要はイメージ力が大事。

夢の世界に存在する登場人物について

さて、ここからさらに厨二病臭くなってきます。ご注意を。

登場人物は様々です。現実世界で実在している人もいますし、夢の世界でのみ存在している人もいます。割合としては3:7ぐらいで夢の世界の人が多い

現実世界では一度も話したことがない同級生と夢の中では親友だったり、なんてことも。

登場人物を書き出すだけでおそらく30〜40人ぐらいはいっちゃうと思うので、主要な組織・人物だけでも書き出しておきます。

夢の世界に存在している5大組織

夢の世界で存在している組織を大きく分けると、以下の5種類に分類されます。

  1. 悪の組織
  2. 悪に対抗する組織(善)
  3. 夢の世界を管理する神側の組織
  4. 預言者(夢の中のおっさん=This Man)
  5. 一般人(夢の世界の自分はここに属してる)

もしかするともっと多くに分類できるかもですが、大まかに分類するとこんな感じ。

1.悪の組織


引用:「笑ゥせぇるすまん」がCMに 喪黒福造が健保に「ドーン!」

夢の世界に人を迷い込ませ(夢)て、エネルギーを過剰に取り出し、兵器や超能力を持った人間やキメラっぽいものを生み出している悪役的存在。

"そいつら"の目的というのが、こっち、つまり現実世界に来ること。そのためには莫大なパワーが必要であり、たくさんの人を「夢の世界」に呼び込む必要があるらしいんですね。

そいつらは大きな工場を作り、そこから人の夢のパワーを吸い取って一箇所に集めている最中、なんだとか。

アジトはとある孤島の真ん中に立っているビル。内装は駅にあるようなデパートみたいな感じです。

中には「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造みたいな人がたくさんいて、夢のパワーと思しき無数の「ヒョウタンツギのような塊」をレールに乗せて運んでました。

それらは「どこでもドア」みたいな形をした、ピンク色で50cmほどの正方形の扉からどこかへ移動させられているようで、その先にパワーを溜めておくところがあるのかな、と。

2.悪に対抗する組織(善)

善のリーダー的存在の女の子と会ったのは、天空にある金色の柱が2本立っている、真っ白な場所。初めて出会っての彼女の第一声は「なんでここにいるの?」でした。

その子曰く、『「夢の世界」は仮の姿であって、本当の世界(夢の中での)はまた別にある。それに、あなたがこの世界にいるのはありえない』とのこと。

白ワンピースで黒髪ロング。身長は150cmちょっとかと。会うたびに髪を結んでいたり、ボーイッシュな格好をしてたりもします。性格的には天真爛漫系女子。

なんだかラノベとかにありそうな設定で、いかにも思考が夢に反映されている感じですね。

3.夢の世界を管理する神側の組織

夢の世界を管理する神的存在の本拠地は天空にあります。僕は夢の中で空を飛べるんですが、それでも辿り着くのは非常に困難。

もし仮に辿り着いてもすぐに強制退去させられる(=夢から離脱してしまう)っていうね。

存在自体はしているようだけど、謎。会ったこともないし、見たこともない。もしそうだとしてもたぶん忘れちゃってます。

ただ存在しているってことは知っているというか、感じるというか、そんな感じです。

4.預言者(夢の中のおっさん=This Man)

たまに予言とか助言とかヒントとかをくれたりする人。よく「夢のおっさん」とか言われてる人なのかもしれませんな。こんなに眉毛太くないけど。アジア系の見た目で日本語を話します。

助言の内容は夢の世界だけに関わらず、現実世界においてもちょっとしたアドバイスをくれます。口数は少なく、仏頂面、笑った顔は一度も見たことないです。

夢のおっさんのほかにも預言者はいて、夢の中での自分の行きつけのラーメン店「けんちん(正しい綴りは不明)」にも「けんじい(けん爺?)」っていう元預言者がいます。

どこの組織にも所属しておらず、基本的に夢の世界の話は嫌う。もう関わりを持ちたくないんだとか。

5.一般人

夢の世界の自分を含めた、普通に生活している一般人。もちろん夢の世界で圧倒的に数が多い人たちです。

学校に行ったり、お買い物をしたり、会社へ行ったり。もう、本当に現実世界での一般人と一緒。

この人たちは夢の世界にある組織や超能力のことは一切知らないです。何も知らず普通に暮らしてます。現実世界とほとんど変わらない暮らしを送っていると考えてもらえれば。

夢の世界に存在している5大組織の中枢拠点

  1. 悪(孤島にある大きなビル。本拠地か支部かは不明?)
  2. 善(場所は不明。真っ白な空間に2本の柱、金色の丸いオブジェがある。番人のような女の子がいる)
  3. 神(天空。辿り着くのは非常に困難。辿り着いてもすぐに強制退去させられる=夢から離脱してしまう)
  4. 預言者&一般人(拠点は謎。夢に現れるタイミングも神出鬼没)

中枢拠点への潜入成功回数

  1. 悪:1回(ここに潜入してから夢の世界に入りにくくなった。3年ほど明晰夢や幽体離脱が非常に困難に。金縛り時に尻の違和感が始まったのもここら辺から)
  2. 善:3回(女の子は善のリーダー的存在。かめはめ波や瞬間移動などの超能力をレクチャーしてあげた経験あり)
  3. 神:1回(夢へのアクセス規制?が解除されたのか、ここ2〜3ヶ月ぐらいはやっと夢の世界に入り込めるようになった)
  4. 預言者:?(なぜか僕に色々なことを教えてくれる。夢の世界に関することの情報源もほとんどここ。おそらく、現実世界で「夢のおっさん」と呼ばれている存在? 基本的に夢の話は嫌う)
  5. 一般人:?(夢の世界の自分と会話した経験あり。ここでも様々な情報を手に入れた)

ワンポイント

喪黒福造率いる悪の組織の中枢拠点に侵入してから、夢の世界に入りにくくなりました。この頃から金縛りから明晰夢や幽体離脱に移行しようとすると、尻のあたりにウォシュレットを当てられ続けているような感覚が広がり、夢の世界へのアクセスが3年ほど困難に……。

この10年間で得た有益そうな情報

これらの情報はすべて「預言者(夢のおっさん=This Man」と「夢の世界の自分」「行きつけのラーメンの店主(預言者)」「善側リーダーの女の子」から教えてもらいました。

夢の世界=ポータル?

  • 夢の世界は「ポータル」と呼ばれている
  • ポータルに迷い込むことは非常に稀。もしあったとしても起床時に記憶を保持していることはまずあり得ない
  • ポータルに入り込んでいることが発覚すると何者かの力によって普通の夢 or 現実世界に引き戻される(何者か、ではなく、自分の潜在意識かも?)
  • あちら側にいる人間は皆「リアリティゴッド」という存在
  • ポータルの自分は、自分でありながら自分とは違う存在(名前も性格も違うが、体格や顔の作りは一緒)
  • 皆が「羅針盤」というアイテムを所有している
  • 一般人も持っているのか、それとも限られた人間しか持たされていないのかは不明
  • 現実世界の自分をより良い存在にするために羅針盤を使う
  • 羅針盤はすべての源。命や超能力、願いを叶えるための力、物や人を創造するためのパワー(力の名前は忘れた)を蓄える装置?
  • 羅針盤にはたくさんのセーブデータ(夢の世界ではなく普通の夢の内容)が記録されている
  • 宇宙や地球、自然や動物たちも羅針盤を所有しており、ポータル自体も羅針盤によって成り立っている
  • 人間が使っている羅針盤は手の平より少し大きめのサイズの円盤形。六角形。茶色で、風水に使う道具?のような模様がある。厚みは3〜5cmほど(様々なサイズ、形、種類があるっぽい)
  • 羅針盤が元から存在するものなのか、誰かの手によって作り出されたものなのかは不明

羅針盤のイメージはこんな感じ。開きます。


引用:https://buyee.jp/item/yahoo/auction/k265350180?lang=en&rc=yaucc

ポータルの中での「戦争」

  • 莫大なパワーが必要にはなるが、夢の世界の住人が現実世界に入り込むことは可能
  • そのパワーを集めるため、とある組織(悪役に属する存在かと)が大規模的に活動している
  • 具体的には、人々が見る普通の夢のパワーを無理矢理奪い、ひとつの羅針盤に注入し続けている(夢のパワーを奪い取ることで起きる、現実世界の人間への副作用は把握できてない)
  • その組織に対抗する組織(ヒーロー?善?)も存在している。夢の世界と現実世界の混同を阻止するための存在
  • 日夜激しい戦争を繰り広げている。現実世界とは違い、兵器よりも超能力のようなものが主流。だが、夢の世界の一般人はそのことを知らない

ポータルの自分

  • ポータルの自分がどの組織に存在しているのかは不明
  • ローストウッド」という学校に通っており、成績は19位(何を学んでいるのかは不明)
  • ハロウィンパーティでは猫のコスプレしてた
  • 「けんちん(正しい綴りは不明)」というラーメン屋の常連である
  • "けんちん"には「けんじい(けん爺?)」という元預言者がいる。夢の話は嫌う。どこの組織にも所属していない

ポータルの地図

ポータルの地図作りにも手をつけていたことがあるんですけど、あまりに広大な世界のために諦めました。特筆すべき点だけ列挙させていただきます。

  • 「きさらぎ駅」はポータルに存在している(昼間は猫がたくさんいる。駅の形は長細い)
  • 電車のホームは線路が剥き出し(地上と平行)。電車が来るときは線路の両側に壁がせり上がってくる
  • 大きい駅は縦方向にいくつものホームが並んでいる。近未来チック
  • 駅のトイレはどこも非常に大きい
  • ガソリンスタンドやスーパー、ショッピングモール、コンビニなども存在している

ポータルの暮らし

  • 基本的には現実世界とさほど変わらない。学校も会社も存在し、食事もする。アルコールも存在している(タバコは未確認)
  • 通貨があるのかは不明。もしかすると羅針盤に溜められた夢パワー(勝手に命名)が通貨代わり?
  • 羅針盤が生活の基盤になっている。ただし、超能力を使える人間は希少(存在自体知らなかったりする)
  • 宗教観念があるかは不明。ポータルの人々が悪・善・神・預言者の存在を感知しているのかも不明
  • ポータルでの死は、現実世界の死と繋がっている
  • 死後の世界は存在しない
  • タイムリープは可能? だが、ポータルでも現実世界でもなく、別の世界に隔離されるだけ(自分の世界)
  • いま流行っている遊びは「転生ゲーム(勝手に命名)」

転生ゲームについて

  • プレイヤーは記憶を消され、クリエイターが作った世界に放り込まれる(現実世界と変わらないリアリティさ)
  • 簡単に言うと、夢の中での明晰夢装置(夢の夢)
  • 迫り来る困難に立ち向かう、超現実型バーチャルゲーム
  • 4回ぐらい遊んだ(感染すると肉体が破裂するウイルスが蔓延した世界、ひたすらカーチェイス、スパイゲーム、ジッパーの超能力?を使う戦争ごっこ)
  • 特にジッパーゲームは面白かった。傷もジッパーで治るし、道路にジッパーをつけると違うジッパーまでワープできる。自分の体にジッパーをつけ、タイミングよく開けると弾丸を避けたりもできる
  • ただし、プレイ中はポータル&現実世界での記憶がないので、超怖いし、スリル満点。死んでゲームオーバー or ゲームクリアでポータルに戻れる
  • 1回のゲーム時間は15〜30分ぐらい?
  • 五感は非常にリアル。痛覚や感覚、視覚、聴覚、すべてが現実味を帯びている
  • 死の瞬間を味わえるのが「転生ゲーム」の魅力だが、僕はまったくその感覚に慣れない。ひたすら闇。どこまでも続く無
  • ポータル(もしくは現実世界)に戻ってきて、ようやくゲームであったことを思い出す

シーン別詳細

絵が描ければいいんですけど……。残念ながら絵心ない系男子なので口頭で説明します。

天空で出会った女の子

あるとき20mほどある金の塔のようなオブジェが2つあるだけの真っ白な場所に飛ばされて、とある女の子と出会った。

初めは警戒されてたけど、ちょっとずつその子から夢の世界のことを聞いた。どうやら、その子は善側のリーダー的存在らしい。

まとめると「夢の世界に人を迷い込ませ、エネルギーを過剰に集めて兵器や超能力を持った人を生み出している奴らがいる」とかなんとか。

協力を申し出たものの、拒否。でも超能力を見せると表情が一変して「え?なにそれ?」みたいな反応が。

てっきりその女の子は超能力を使えると思ってたから、これには驚いた。それからというもの超能力や瞬間移動、サイコキネシスといった技を女の子にレクチャー。

その後、その悪役的な方々が作ったとされる兵器やチート戦闘員と戦ったり、巨人と戦ったりもした。透視能力で敵のアジトを突き止め、2人で壊滅させにも行った。

空を飛んだり、砲弾をかわしたり、指ぱっちんで手から炎を出したり、そんな感じで砲台を破壊しながらぐんぐん進行。

デパートのような敵のアジトにその女の子と2人で突入成功したはいいけど、なぜか急に超能力が使えなくなる。女の子は使えてる。

あたふたしてると、悪役みたいな奴ら(喪黒福造)がもしゃもしゃと周りに集まってきて、そのまま担がれた。

「なんで○○(聞き取れなかった)がいるんだ」「出てけ」「アク禁だ」とぶつぶつ呟かれながら、ピンク色のどこでもドアみたいなものに放り込まれて目がさめるとそこは自分の部屋だった。

放り込まれる直前に「大丈夫!あとは任せて!」と女の子が叫んでいたのを覚えてる。

この夢の続き

それからというもの、なかなか夢の世界に入ることができず、3年ほどその世界とは一線を引かれてた。

最近はまたその世界を訪れることが多くなって、つい数日前には僕が善の組織で超能力を教えてる夢を見た。

無からバイクをイメージして具現化させたり、水中で呼吸をしたり。いつの間にかちょっと偉い立場になってた。

駅と動物園とショッピングモール

駅を降りて、右側には動物園、左側に500mほど進むとショッピングモールがある。真ん中は公園っぽいところ。

駅の構内は広く、それぞれ動物園、ショッピングモールに通ずる改札がある。トイレは縦30m、横20m、高さ20mほど。

動物園には入ったことはないが、入り口には2mほどのドデカいカラフルな看板が立ってる。ライオン、ゾウ、キリンのほかに見たことない生き物もいる。ドラゴン? キメラ?

ショッピングモールに進むまでには緩やかなスロープを登っていき、途中に円形の噴水がある。周りにはちらほらと屋台が並んでる。


引用:https://www.yokomori.co.jp/gallery/(イオンモール名古屋みなと)


引用:https://4travel.jp/travelogue/11081393?page=2

噴水はショッピングモール2階部分の高さに位置していて、そのままモールの2階に行くことができる。

モールには100円ショップ、おもちゃ屋さん、衣服屋、雑貨屋、ホームセンターなどが立ち並んでいて、イメージ的には大阪のヨドバシカメラみたいな感じ。

ちょうどこの写真を左右反転するとイメージに近い。看板は縦で、横にはサバゲーやボードゲームが置いてあるおもちゃ屋さんがある。


引用:https://www.lmaga.jp/news/2017/06/26060/

石碑と広場と森

よく修学旅行生が来ている「なんちゃら広場」。名前は忘れた。縦500m横300mのなにもない広場。

入り口には3段ほどの小さな階段があって、目の前には1m×1mほどの薄茶色の長方形の石碑が立ってる。何が書いてあるかは忘れたけど、漢字みたいな文字で縦書き10行ぐらい。

広場の左側には道路を挟んで森と山がある。その山には細い登山道のようなものがあって、頂上からは街が一望できる。あと黒い狼みたいな変な生き物もいる。

反対側には山なりに果物の木がずらっと並んでいて、ところどころに緑色の網が張ってある。山の中腹部分は平らになっていて、そこに降りるための階段は2〜3箇所ぐらい。

田舎の田んぼのように透き通った水が行き来していて、おばちゃんやおじちゃんの観光客がたくさんいる。

ちょっとイメージ違うけどこんな感じです。


引用:https://4travel.jp/travelogue/11186600

中学・高校

僕が通っていた母校に近いイメージ。ただし、内装や周りの立地はかなり差がある。

中高が一貫になっているようで、校内は3階建てで3棟に分かれている。1部棟の奥には部室棟と宿舎が併設された建物があり、僕はそこに住んでいた。

以前ここに住んでいた女子生徒が母親に○されたことで、この部室棟&宿舎は心霊スポットと化している。この隣が校庭。

体育館は3部棟にあって、イメージ的にはこんな感じ。


引用:https://twitter.com/fureshima2223/status/426325063793537024(郡山市の安積高校の体育館-未確認で進行形)

2部棟校庭側にはらせん階段があり、ここを3階まで登ったところの踊り場でいつも友人たちとご飯食べてる。


引用:https://www.yokomori.co.jp/gallery/

夢を見た当時は手芸部の部活見学に行っていた。ビー玉大のカラフルな手芸グッズが今流行ってるらしい。衝撃で大きくなったり、ふくれたりする。

校門にはいつも生徒指導の先生が立っていて、制服のシャツが出ているだけで怒られる。街並みは近未来というよりかは現代に近い。

バスも走っているし、車も走っている。もちろん、自転車やバイクなんかもある。車は空を飛ばない。

自宅付近

実家の周りは現実世界と立地さえ似ているものの、微妙に違ったりする。

家に向かうまでの長い坂の隣には崖があり、崖の下には大きい川が流れている。飛び込むことも可能。大きな魚やわけのわからないエビみたいなザリガニみたいな生き物が生息してる。

50mほどの長さの橋を中心に、街、大自然、自宅方面、山が東西南北に位置してる。特に大自然が広がっている場所は現代では考えられないほど美しい景色。ってかジャングル。

イメージ的にはこんな感じ。雨が振るとかなり水かさが増して、たまに人が川に流されることもある。


引用:https://www.youtube.com/watch?v=UMQpiGDfKgM

旅行で訪れた観光地

一度、旅行で大きな船に乗って少し離れた観光地に行ったことがある。


引用:https://4travel.jp/travelogue/11186600

向かって右側には美しい滝壺と山、中央は長い階段があり、その上に和風の旅館がある。綺麗なんだけど、ここの水は飲めないらしい。

旅館のイメージ。中央に金魚はいないけど。温泉もあって、時間帯で男女が入れ替わる。中は40平方mほどのスペースで割とこじんまりしてる。ヒノキの香りと木造建築が綺麗。


引用:http://daisuki.saitama.jp/etc/ryokusui-tei

金魚がいるのは旅館の中央にある庭。神社によくあるような湾曲した話がたくさんある。暗かったから色が朱色だったかはわからん。


引用:丹生都比売神社 (トリップアドバイザー提供)

コンサートホール

大きなドームで一度講演会を聞きに行ったことがある。なんか宗教的な感じだったイメージ。建物の外観はこれにだいぶ近い。


引用:https://animecosplayjapan.com/?p=1903

行きつけのラーメン屋「けんちん」

訪れたことは少ないけど、常連ってのは覚えてるラーメン屋。外観も内装も昭和風。店主の「けんじい」って人は元預言者で夢の世界のことについて詳しい。でも夢の話は嫌い。

ラーメンはごくごく普通の醤油ラーメン。メンマとナルト、チャーシューに、今まで見たことない緑色のつぶつぶしたやつが乗ってる。


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/fwmss872/62796547.html

小学校

よく夢に出てくるのが小学校の校庭。母校の小学校によく似てる。ここでよく友人たちとサッカーをしている。僕はサッカーがド下手である。

一緒にサッカーを楽しんでる仲間は、現実世界で知っている人7割、顔見知りの人2割、まったく知らない人1割って感じ。

現在通っている学校「ローストウッド」

2017年のハロウィンシーズンのときに見た夢。「ローストウッド」って学校に通ってた。夢の世界もハロウィンシーズンで、僕はネコのコスプレをしてた。

小学・中学・高校とはまた違った場所で、山の中腹にある学校。直近のテストの成績は19位。何を学んでるのかは不明です。

転生ゲーム

最近夢の世界で流行ってる「転生ゲーム」。記憶を消され、クリエイターが作った世界に放り込まるというもの。

スケボーをやるような広場の外側にマッサージ機みたいなものが5つほど並んでいて、そこで遊べる。プレイ時間は30分ほど。客層は若者が多い。ちなみに野外です。


引用:http://seitai-hayashi.net/wp-blog/2016/07/05/narita-airport-massage-chair-review/

僕が遊んだことのあるものは4つ。

  • 感染すると肉体が破裂するウイルスが蔓延した世界で敵を倒す
  • マリカーの3D版のようなカーチェイスゲーム
  • 西洋のテロリスト集団の本拠地を壊滅させるスパイゲーム(雰囲気はバイオっぽい)
  • ジッパーゲーム(一番のお気に入り)

ジッパーゲームについて

コナンの黒ずくめの人たちみたいな組織と戦うゲーム。お互いに「ジッパー」を使うことができて、これが戦いのキーとなる。

地面にジッパーを取り付けて落とし穴を作ったり、傷口にジッパーをつけて治療したりもできる。使い方は千差万別、発想力の勝負みたいなもん。ちなみに敵キャラの番犬の体はジッパーだらけ。


引用:http://buzz-netnews.com/cerberus-3_headed_dog

街と道路

場所によって科学の発展具合がちょっと違う印象。でもガソリンスタンド的なものもあるし、スーパーマーケット、ホームセンターなんてのもある。コンビニは知らん。

道路は現代よりも線が多く、どこもかしこも立体道路って感じ。


引用:http://simcity2013mod.wiki.fc2.com/wiki/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

まとめ

という厨二病全開の話でした。すべては嘘偽りなしの体験・経験談です。信じる、信じないもあなたの自由。

全部で10年ぐらいの夢なんで、まだこれで半分ぐらいの情報量ですけど。また詳細を思い出したら追記していきます。

僕にはこのようなストーリーを現実世界で考える能力はないです。やはり、脳の可能性は計り知れないのだな、と強く感じましたね。

ただ、同じ世界の夢を継続して見れている、そしてその謎を解き明かすロマンがあるという楽しみがあるので、僕の脳が作り出した架空の世界だとしても良いと思っています。

それはそれで興味深いですしね。

おまけその1:アカシックレコード

ポータルか、ただの夢かは分かりませんが「アカシックレコード(すべての終わりと始まりが記された本?場所?)」の存在は3〜5回ほど(記憶がとても曖昧)経験してます。

たくさんの本がある、とてもとても大きい図書館のような場所。

しかし、未だに本の内容やそこでの会話、どんな人間がいたかということについては、記憶を維持することができてません。入り込むことも極稀っす。

おまけその2:タイムリープ

実は、僕は夢を使ったタイムリープの検証のために明晰夢や幽体離脱を始めた節があります。

ただ、どんどん夢の内容がリアルになっていき、五感や声、風や匂いまでもが現実味を帯びてきたので検証を一時中断(5年ほど前?)しました。

これは個人的な意見ですが、夢からのタイムリープは可能だと思ってます(あくまで夢内での話)。

タイムリープってよりは、違う世界への移行、意識の変革といったほうがいいのかもしれませんけど。決してオカルト的なことではなく、脳が作り出した世界に囚われるという意味で、です。

例えるならば、映画「マトリックス」の世界のような感覚とも言えるのかも?

おまけその3:タイムリミット

夢の世界で数字のタイムリミットなるものを見ることがたまにあります。イメージ的にはシュタインズゲートのブラウン管みたいなやつ。


引用:http://retorohide.blog.fc2.com/blog-entry-212.html

なんの数字かは知りませんけど、重要なものであることはなぜだか知ってるんですよね。ま、たかが夢のお話。

おまけその4:消えた兄

これは夢の世界の話じゃなくて、幼少期の出来事なんですが。

小学校低学年の頃、母と2人で母の友人宅で食事会をしてたんです。まだ子供であった僕は、すぐに飽きてしまって先に家に帰ることにしました。

家に帰宅すると、本来まだ食事会にいるはずの母がすでにキッチンに立っていたんですよ。道は一本道なので、母が僕を追い越すことはまずあり得ない。

それからというもの、家族の性格が微妙に違って思えたり、世界そのものがどこかおかしいような、不思議な違和感を覚えたものです。

最初は気持ちが悪く、まるで夢の世界にいるようだったんですけど、今となってはすっかり慣れてしまいました。

あと、僕にはもう一人兄がいたはずなんですが、その存在が消えてた。あとあと母から聞いた話だと、僕が生まれる前に兄が生まれた直後に亡くなってました。

世界線を移動したといえばそうかもしれないし、タイムリープという現象なのかもしれないし、これが俗にいう自我が芽生えた瞬間なのかもしれないし。

確信はないです。ただの幻想かもしれない。記憶の入れ違いや無意識下での改ざんかもしれない。どっちにしても今もなお不思議な体験として僕は記憶してます。

夢の世界における考察

継続夢はパラレルワールドだとも、ただの夢とも言えます。たとえ、それが本当に存在しているものだとしても、精神鑑定を勧められるか、精神病院送りがいいところ。

自分の求めていた答えが、何気なく読んだ本であったり、夢、人から聞いた話、またはテレビの中で見つかることはないか?

これらは果たして本当に偶然なのか? 情報の不思議な繋がり、関連性、偶然性、これらには何の意味もないのか?

継続した夢というのも、なにかの暗示なのかもしれないし、夢の内容を記録することで得られる結果なんてのもあるのかもしれませんな。

「私も継続夢見てるかも!」って人がいたらメッセージくれると嬉しいです。ほら、共通点とかあったらめちゃくちゃ面白いじゃないですか? 連絡待ってまーす。

この記事が気に入ったら
略してとりてみ を"いいね!"

最新情報をお届けします

Twitterで あめのは を

  • この記事を書いた人

あめのは

狂おしいほど、文章を書くのが好き|とりあえずやってみるで人生変わった|セブ在住→詳細プロフィール

おすすめ記事

1

ブログ収益がついに10万円を突破しました。月に10万円を稼ぐブログなんてごまんとあるとは思いますが、一つの節目として記事にしておこうかと。 僕は右も左も分からないゼロ地点からスタートし、約1年でここま ...

2

約2年の歳月をかけてようやく部屋の約80%のものを断捨離することに成功しました。 だれかにあげたり、思い切って捨ててみたり、モバオクなどのフリマアプリや店頭買取を活用して売ってみたりと、本当にいろいろ ...

3

ゆるくて楽しい、かつ稼げるバイトをお探しですか? 僕はこれまでに11個のアルバイト経験をしてきました。 フリーター歴は計4年。元バンドマンだったということもあり、時間の都合がつきやすくて楽なバイトを様 ...

-オカルト, 夢・幽体離脱

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.