夢日記を実際につけてみたら「もろはのつるぎ」だった

スポンサーリンク

夢日記。それは自分の見た夢を記録するだけの簡単なオシゴト。

実はずっと「夢日記」について書くべきか迷ってました。なんでも、あまりに危険なので。

危険性の種類に若干の違いはあるものの、ある意味ひとりかくれんぼよりも危険だと僕は思ってます。

長期間にわたって夢日記を書き続けなければ、さほど大きな問題に発展することはないでしょう。

それでも夢日記が危険であることには何ら変わりないです。

記事内にて夢日記の書き方の詳細が掲載されてますが、「夢日記の危険性を身をもって体験していただく目的のため」のものなので、異変を感じたらすぐに中断してください。

今回は「夢日記を実際に書いて起きたこと夢日記の危険性」についてまとめていきます。

夢日記とは?

机に積まれた本と開かれたノート

夢日記とは、自分の見た夢を記録しておくことです。言葉通りの意味。

夢日記を書く方法は「夢を記録するだけ」

夢日記を書く方法は、いたって単純です。

見た夢を可能な範囲で詳細に思い出し、紙などに記録する。

たったこれだけ。

1.まずはメモの用意を

就寝前、ベッドの脇など、手がすぐに届く範囲に夢を記録することができるものを置いておきます。メモ張やスマートフォンなどがベスト。

脳はちょっとした刺激でも夢を忘れてしまうため、可能であればスマートフォンではなくアナログなメモ帳がおすすめ。

2.できるだけ夢の詳細を思い出し、記録する

目が覚めた時点で、見た夢をすぐに記録します。

このときの書き方は自由。箇条書き、イラスト、単語のみでもOK。

可能な限り、夢の情報を書き出していきます。

内容を全く覚えていなくても焦らずに、まずは、夢の内容を少しでも思い出そうとしてください。

色・風景・言葉・感触・感情・場所・人・もの・イメージ、なんでもいいです。

思い出そうとする行為そのものが大事です。

夢日記を書くことで得られる2つのメリット

夢日記を書くことで得られるメリットは主に2つあります。

1.明晰夢・幽体離脱の成功率が大UP

夢日記を書くことで明晰夢・幽体離脱の成功確率がぐんと上がります。

夢に入る瞬間がなんとなくつかめるようになったり、夢の内容を細かく覚えていられるようになったりと、夢に関する感覚的な部分が非常に敏感になります。

結果的に夢のコントロールがしやすくなり、明晰夢や幽体離脱の助けとなるわけですね。

2.夢を複数覚えていることが可能になる

寝ている間に夢を見てたとしても、起きたあとに夢を覚えていなければ何の意味もありません。

少ないときは1〜2つほどの夢しか覚えていることができませんが、夢日記を書き続けていくと最大4〜6つほどの夢を「別々に記憶」しておくことができます。

これは上記で説明した通り、夢に関する感覚的な部分が非常に敏感になっていることと深く関係してます。

夢日記の6つの危険性について

舌を出している蛇

ここでは「夢日記を書き続けた結果どういったことが起き、どのような危険性が潜んでいるのか?」をまとめています。

夢日記に関する6つの危険性についてです。

1.夢と現実の区別がつかなくなる

夢日記を書き始めて2週間ぐらいが経過すると、夢の内容をより鮮明に思い出すことが可能になってきます。

飲み込みの早い方だと、この時点で少し夢のコントロールが可能になっている場合もありますね。

しかしそのまま夢日記を1ヶ月ほど書き続けると、だんだん夢と現実の区別がつかなくなってくるんです。その理由はこのあとの項目でお話しします。

2.だんだんと夢そのものがリアルになっていく

夢と現実の区別がつかなくなる原因として、まず夢の内容がかなりリアルになっていくことが挙げられます。

家族や友人、知り合いが頻繁に登場するようになり、実在する地名、お店、テレビ番組、ニュースも出てくるようになります。

夢の中で勝手に成長し、勝手に膨れ上がっていくんです。

人物の髪型、アクセサリー、ストーリーはそれぞれ展開され、ニュースは「その世界で起きたこと」を取り上げている、と。

つまり現実世界にだけ存在するはずのものが夢の世界に混ざり込むようになっていきます。

感触・感情・匂い・味といった五感もハッキリと現れてくるので、「目が覚めてもリアルな感覚が残ってる」なんてことがたびたび起きるようになってしまうんです。

3.嫌な夢でも忘れられなくなってしまう

「悪夢」を見てしまったとしても、その夢をなかなか忘れることができません。

思い出すだけで鳥肌が立ってしまうような内容でも、ずっと脳内に記憶され続けるのです。

それは「自分の大切なペット、動物、ほかの誰かを殺してしまう夢」、反対に「誰かに殺される夢」なども覚えてしまっているということ。

血の匂いやその質感、触れたときの温かさ、人の首を絞める感触などなど、夢とは思えないようなほどリアルなんですよ。

最近見た中であったのは、自分の身体中に小さな白い葉っぱみたいなものが無数に出来て、皮膚がぐちゃぐちゃに膿んでいる夢でした。

今でも思い出すだけで鳥肌もんです。

4.自分の感情やトラウマが露わになる

落雷の画像

夢の中で処理されるはずの記憶や感情が夢になって現れることがあります。

現実世界で受けたストレスであったり、傷ついた言動、いつもは表に出てこない感情、そういったものが夢の中で不意に姿を現わすようになっていくんです。

もちろん過去のトラウマや思い出したくない光景、それらも夢としてリアルに再現されます。

結果的に負の感情が夢に混入し、悪夢を見てしまうというわけですね。

5.明晰夢や幽体離脱、金縛りの頻度が多くなってくる

幽体離脱をしたい人や明晰夢を見たい人にとってはメリットにもなり得る点でしょう。

しかしこの現象を「止めたい」と思っても、急に前と同じ状態に戻ることは非常に困難です。

僕は夢日記をやめてから6年ほど経ってますが、夢を思い出す等の訓練をしてしまったために今でも様々な問題が残ってます。

未だに金縛りの頻度は週3〜4ペースだし、時折、自分の意思とは関係なく幽体離脱をしてしまうことさえあります。

おそらく体や脳がその感覚を覚えてしまっているんでしょうね。

6.熟睡できなくなり、悪夢が増える

本来睡眠は記憶の整理といった脳の活動、そして身体を休めるために行うものです。

夢日記を書き、夢の記憶を脳に留めてしまうことで、脳は休まらず、ダメージを受け、疲労は蓄積されていきます。

やがてこのダメージや疲労がストレスに変化し、それに伴って心身の疲労は徐々に回復しにくくなっていきます。

結果的に悪夢を見る頻度が高くなってくるというわけですね。

7.支離滅裂な言動や行動が現実世界にも現れてくる

夢日記を書き続けることで日常生活でも様々な現象が起きてきます。

記憶が曖昧だったり、支離滅裂な言動や行動が目立ってくるようになるわけですね。

僕の場合は「あれ?◯◯って結婚してタイに行ったんじゃなかったの?」と、夢の内容を現実世界のものとして記憶していたことがありました。

現実のものであるはずの記憶が実は夢の記憶だったとしたら、それはもうとんでもなく恐怖です。

これは夢日記を書くことでトランス状態(変性意識状態)に入りやすくなってしまったことが原因だと僕は考えています。

夢日記の危険性まとめ:夢日記は負の連鎖を引き起こす

  • 夢日記を書き続けることで夢に関する感覚が鍛えられ、より多くの夢を覚えていられるようになる
  • 普段脳がスルーしているような負の情報が夢に現れやすくなってくる
  • 複数の夢を覚えていられるようになるものの、インパクトの強い”悪夢の記憶”が残りやすくなる
  • 悪夢の記憶がストレスになり、さらに熟睡できなくなる
  • 五感を伴ったリアルな悪夢を見るようになる
  • 夢と現実との区別がつかなくなってくる
  • 支離滅裂な言動や行動が現実世界にも現れてくる
  • 何かがヤバい
夢日記、ヤバい。

実際に書いていた夢日記を公開

夢日記を書いていた手帳があったのですが、どうやら怖くなってすべて捨ててしまったようです。

あまり読み返したくはないのですが、20〜30日分ぐらいはEvernoteに残ってたので、その中から抜粋して紹介します。

中学生のときの同級生(複数)が頻繁に出てきてます。場所、風景など、夢に一定のパターンがあるようにも感じますね。

記録してあるままの文章を載せているので読みにくいかもしれません。

夢日記の雰囲気だけでも感じてもらえれば。

4/25

もう4月だってのに、あけましておめでとう メアド変更

4/26

ガス出るスーツケース、スーツの男数人分、チョロQみたいな車に乗った銃の男

そのうちの一人をマスコミの一人が引きずる、電車まで連れていく、電車に近づけるものの、手錠を電車で外され、代わりにマスコミのやつが体、首?に引っかかり画面外に引きずられる、本当の動画のように放映されたがガセどった、このマスコミはプロゴルファー

5/13

鶴の足をひたすら切断させられる。丸みを帯びた銭湯らしき場所。ガラス越しに鶴を見ている。

5/19

小さい少年が運転席に一人座っている。サイドブレーキをかけ忘れたのか、車が勝手にバックし始める。氷が混じった川にズブズブと沈んでいく。あとから、家族が現れ、兄妹と思われる女の子と両親。

母親が冷静に父親に向かって「あんたが死ねばよかったのよ」と喧嘩を始める。

その直後、母親が急に黙り、周りを見渡し始める。次の瞬間、雪崩が川の向こうからやってくる。

川に沿って生えていた植木の陰に身を隠し、雪崩に埋もれないように逃げた。

夢の内容が鮮明になっている

日が経つにつれて夢の内容がより細かくなっていることがお分かりいただけるかと思います。

初めは数個の単語だけだった夢日記が回数を増すごとに思い出せる量が多くなっていくのです。

この日記のあとのページには普通の日記みたいなものが2000字ほど綴られていました。

その内容は「夢と現実の区別がつかなくなる瞬間が度々ある」というもの。

記録した夢日記を読み返すことで、記憶が少なからず蘇ってしまうようです。今でもこれらの夢はぼんやりと記憶しています。

それ以来、夢日記は一切書いてません。

まとめ

夢日記を書き続け、明晰夢や幽体離脱、金縛りなどを自由自在にコントロールできるようになってしまうと、なかなか前の状態に戻ることはできません。

もちろん夢をコントロールするのはめちゃくちゃ楽しいですが、その反面このようにデメリットも多く含んでいることをご理解ください。

少しでも異変を感じたらすぐに中断するようにしてください。夢日記にしろ、明晰夢にしろ、です。

しかし「夢日記の危険性について」の項目でもお話しした通り、夢日記をつけることで体が十分に休まらず、普段の判断ができなくなっていく可能性もあります。

心身の異変にも気付きにくくなってしまい、結果的に何らかの問題が生じていたとしても発見が遅れてしまうんですね。

そこまでのめり込まなければ問題は起きにくいはずですからご安心を。

「何だか様子がおかしいな」と少しでも感じたら「夢日記の頻度を落とす」などの対策を取ってください。

夢や記憶をテーマにした映画・アニメ5選

夢や記憶をテーマにした映画も観てみると面白いかもしれません。

1.メメント

ある日、主人公・レナードの妻が、自宅に押し入った何者かに強姦され、殺害されてしまう。レナードは現場にいた犯人の一人を銃で撃ち殺すが、犯人の仲間に突き飛ばされそのときの外傷で、10分間しか記憶が保てない前向性健忘になってしまう。

メメントはAmazonプライムビデオから観れます。

2.インセプション

僕が夢日記、幽体離脱に関して一番参考にした作品です。

主人公のドム・コブは、人の夢(潜在意識)に入り込むことでアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイ。そんな彼に、強大な権力を持つ大企業のトップのサイトーが仕事を依頼してきた。依頼内容はライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるようアイディアを“植え付ける”こと(インセプション)だった。

インセプションはAmazonプライムビデオから観れます。

3.マイノリティ・リポート

2054年のワシントンDC。犯罪予防局の刑事ジョン・アンダーソンは、予知能力者・プリコグの透視により、次々と犯罪を未然に防いでいた。ところがある日、プリコグが透視した犯人の名がジョンだったことから、彼は予防局に追われる立場に追い込まれる…。

マイノリティ・リポートU-NEXTで観れます。31日間無料トライアル中。

4.マルコヴィッチの穴

人形師のクレイグと、ペットショップ店員の妻ロッテは倦怠期の夫婦。クレイグは定職に就こうと、天井が低くて立つことのできない7階と8階の間=7と1/2階にある “LesterCorp” に事務員として就職する。
ある日、クレイグはオフィスの壁に穴を発見する。それは15分間だけ俳優ジョン・ホレイショ・マルコヴィッチの頭の中に繋がるという不思議な穴だった。これを使い、上司の美女マキシンと共に商売を始めるが、マルコヴィッチの穴は、彼と妻ロッテの人生を大きく狂わせていくことになる。

マルコヴィッチの穴Huluから観れます。今なら2週間無料トライアル中。

5.パプリカ

僕の好きなアニメ映画ベスト10には入るであろう、夢をテーマにした作品です、

パプリカ/千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。敦子達は犯人の正体・目的、そして終わり無き悪夢から抜け出す方法を探る。

パプリカHuluから観れます。今なら2週間無料トライアル中。

それでは楽しい夢ライフを。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。