PICK UP 趣味とエンタメ

やりたいことが多すぎて困る?行動に移すためのヒントと5つの方法

今に始まったことではないんですが、とにかくやりたいことが多すぎるんですよね。

夢や趣味はもちろん、なりたいもの・学びたいことがたくさんあるんです。

ただ、そうなったときに頭の中をロクでもない思考がぐるぐる渦巻くのもたしかで……。

時間やお金の無駄なんじゃ?」
どこから手をつけていいか分からない
「どれもが中途半端になってしまうんじゃ?」
「どうせ中途半端に終わるから始めるのが怖い
「そもそもやりたいことをひとつに絞る必要があるの?」

とかとか。

『あれもやりたい、これもやりたい』とやりたいことが多すぎて困っているあなたへ、ちょっとしたヒントすぐに行動に移すための5つの方法を記事にまとめました。

ひとつずつやっていくしかない

やりたいことをやっていくためには、ひとつずつ向き合っていくしか道はありません。

趣味にしろ、仕事にしろ、実際に触れてみなければそれが自分に合っているのかも、本当にやりたいことなのかもわからないので。

悩みの原因が何であれ、やりたいことを効率よくやっていくためには「絞る」や「捨てる」といった思考や行動が必要になってきます。

興味のあることが多いのは「悪」ではない

一点集中で取り組めば効率がいいのは紛れもない事実です。

水道の蛇口と一緒で、同じ力ならば「出口を狭めたほうが圧力が強くなる」のは当たり前のことですよね。

ただ、勘違いしないで欲しいのは、興味のあることが多いのは悪いことではないということです。

行動は絞ったほうがいいのかもしれませんが、その気持ちまで捨てることはありません。

熱しやすく冷めやすいは悪じゃないです。

熱しやすく冷めやすいは悪なのか?趣味にハマりやすく飽きやすい!

続きを見る

やりたいことができない理由とは?

「やりたいことなのに、できない」という理由は、もしかしたら自分に対する欠落意識があるからなのかもしれません。

『今の自分では能力不足だからだ』とか、『このままのやり方では不十分だ』とか。

その結果、「今はこっちのほうが重要なんじゃないか?」と目移りしてしまったり、「こんなことをしている場合じゃない!」と別のことに手をつけ始めてしまう――。

そうやって中途半端に終わったことを眺めては、自己嫌悪で何も手がつかなくなってしまったり……。

人間は「ないものねだり」な生き物

「本当に自分が求めているものは何なのか?」と少し考える時間を作ると、自分の思考に振り回されなくていいかもしれません。

自分を変えたい、人生を変えたいと思うことは大変素晴らしいことですが、「人間は"ないものねだり"な生き物なんだ」ということを理解しておくのも大事なことです。

人の食べてるポテトが妙に美味しそうに見えてしまったり、なんてことはよくある話。それこそ、隣の芝生は青い、という言葉そのものですよね。

どんなことにでも解決方法はあるもの

「難しくてできない」というのであれば、解決策を模索するなり、技術力を上げるなりして、少しずつ進んでいく。

「時間がなくてできない」というのであれば、あらかじめ時間を確保(タイムブロック)するなり、スケジュールの見直しをするなりして、少しずつ取り組んでいく。

やりたいことが多すぎて頭が回っていない状態だからこそ、いったん落ち着いて自分の真意を確かめてみましょう。

やりたいことをひとつずつやっていく5つの方法

選択肢が多いに越したことはありませんが、あまりに多すぎるとどこから手をつけていいかわからないですよね。

こちとら、「やることをひとつに絞って行動していくこと大事!」なんてことは百も承知なわけですよ。

それでもどうしていいかわからずに悩んでいるのに、「ひとつに絞るべし!」とか言われても「その"ひとつに絞る方法"とやらが知りたいんだが?」ってなっちゃいます。

1.固定概念を捨てる

個人的にもっとも重要だと思う項目です。

「やりたいことが多すぎて困る!」という方以外にも、「やりたいことがなくて困っている……」なんて方にも共通するヒントです。

まず、こうしなきゃ、こうあるべき、みたいな固定概念は今すぐ窓からポイっと捨ててください。

まぁ、そうそう簡単に捨てられるものでもないので、自分の好きなことを全力でやってみるのがおすすめです。

好きなことの見つけ方は、記事の最後でご紹介します。

とことん全力で徹底的にサボる

好きな時間に起きて、好きな時間に寝て、好きなゲームをして、好きな場所に行って、好きなものを食べて、好きなことをしまくる。

数日だけでも、1日だけでもいいです。とにかく、自分の好きなことを好きなように、一切の妥協なく、全力でやってみる。

体に悪いとか、もったいないとか、これにいったい何の意味が、とかいう考えはいったんすべて焼き払いましょう。

「どっちでもいい」は封印する

普段からそうやって選んでいくんです。「どっちでもいい」はなしで。

本当に自分が好きだと思えるほうを、できる範囲でいいので少しずつ口に出すなり、行動に移すなりしていってください。

すると、だんだん自分の本当にやりたいことが見えてきます。いや、これは本当に。

2.「やりたいこと」と「やれること」は別物だということを理解する

やりたいことをやるとき、まずは自分のできることから始めてみる、というのもひとつの手ですね。

ただ「やりたいなぁ」と考えているだけではいつまで経っても何も変わりはしません。

やりたいことを決めて、自分のできることにフォーカスして行動する。

そうすれば最低一歩は必ず前に進めますからね。何ひとつ変わっていない、なんて状況はまず避けられます。

とりあえず手を動かす

いかに行動スピードを上げて処理していくかがポイントです。

「やりたいと思っていたことが実はやりたいことじゃなかった!」
「もっと時間がかかると思っていたのに、いざやってみたらすぐに終わってしまった!」

なんてことはザラにあるので、とりあえず手を動かすことから始めてみましょう。

やりたいことがあるのに行動に移せない人は、一日5分からでもいいので情報収集を始めてみることをおすすめします。

やりたいことがあるのに行動に移せない人は一日5分だけ情報収集してみる

続きを見る

3.優先順位を決めて行動を絞っていく

やりたいことをやっていく上で、優先順位をつけて行動を絞っていくことは避けては通れない道です。

優先順位の低いものは、いったん忘れるなり、ざっぱり頭の中から捨てちゃいましょう。

優先順位の付け方としては、行動を緊急度と重要度で4種類に分類した「時間管理マトリクス」を基準に決めていきましょう。


引用:https://www.geekjob.jp/emergency-important/

タスク管理に関しては『マンガでわかる!幼稚園児でもできた!!タスク管理超入門』という本も非常に参考になります。

ウォーレン・バフェット流「超決断術」

『いやいや、緊急度と重要度すら判断できないんだが?』という方には、「投資の神様」と呼ばれたウォーレン・バフェットの超決断術を参考にしていただきたいです。方法は以下の通り。

ステップ1:紙に達成したい目標を「25個」書き出す。ゴールは長期のものでも、一週間以内に終わらせたい短期のものでも大丈夫。
ステップ2:リストを見返して、もっとも達成したい「5個」に丸をつける。
ステップ3:もっとも達成したい5個と、残りの20個にリストを分ける。
ステップ4:丸がつかなかったリストは、重要な5個が達成できるまで「一切」取り組まない

やらない勇気を持つ、ということですね。まぁ、だからこそ悩む、ということもあるのですが。

あくまでひとつの方法として試してみてはいかがでしょう。

4.アウトプット(可視化)する

頭の中であれこれ考えていても仕方がないので、その悩みや思いをすべて吐き出してみましょう。

紙に書くなり、人に話すなり、ともかく脳みそでごちゃごちゃしている情報をアウトプットするんです。

文章として可視化する、もしくは音として形のあるものとして認識させてあげることで、またちがう刺激が脳に与えられますよ。

やりたいことリストを作ってみるのもいいですね。アウトプットをしていると「あ、そっか」と気づきが得られることがあります。

人間はアウトプットすることでしか変われないですから。

悩みと文章の量は比例する?人間はアウトプットでしか変われない

続きを見る

5.気持ちを置いてけぼりにしない

行動は絞っていくけど、気持ちは置いてけぼりにしない。このバランスが重要です。

もう少し気楽に考えてみてもいいのではないでしょうか。強く意識しすぎても、焦るばかりでいいことないです。

真剣に物事ひとつ一つに向き合っているからこそ、余計に捨てづらいし、諦めづらいと思うんですよ。

別に捨てなくても、諦めなくても、順序さえ決まってしまえば、それでいいんです。たったそれだけ。

中途半端で続かないからこそ見えてくる可能性だってあるんです。

何をやっても中途半端で続かない!だからこそ見えてくる可能性

まとめ

総括。

  • 興味のあることが多いのは悪いことではない
  • 人間は「ないものねだり」な生き物である
  • どんなことにでも解決方法はある

やりたいことをひとつずつやっていく5つの方法まとめ。

  1. 固定概念を捨てる
  2. 「やりたいこと」と「やれること」は別物
  3. 優先順位を決めて行動を絞っていく
  4. アウトプット(可視化)する
  5. 気持ちを置いてけぼりにしない

時間もあって、技術もあって、やり方もわかっていて、それなのにやりたいことができていないってのはただの怠慢ですよね。

始めることも、辞めることも、一朝一夕で身につくものじゃないです。習慣化と一緒です。

だからと言って、何も行動しなければいつまで経っても前には進めません。毎日、スライムの一匹でも倒していきましょう。

おすすめの本

やりたいことの見つけ方という本を10分で要約しました。

自分だけの「やりたいこと」を見つける方法を体系づけて綴られているので、非常に参考になります。

【超要約】10分で読む『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』

続きを見る

関連記事

趣味に関する悩みや疑問をまるっとまとめました。

中途半端な趣味ばかり…20代後半の多趣味男が「趣味に関する35の悩みや疑問」に答える

続きを見る

-PICK UP, 趣味とエンタメ