部屋大公開!「こんまり流片づけ祭り」を2日間かけて開催してみた

スポンサーリンク



丸2日間をかけて「こんまり流片づけ祭り」を開催いたしました。

その結果、学習机ひとつに自分の所持品すべてが入ってしまうほどにまでモノが減少。これは素直にすごい。

もともと僕は汚部屋出身の埼玉県民。4年前から自己流の片づけ術を駆使し、約2年をかけて部屋にあったモノの約8割のモノの断捨離に成功。

それからも「今日捨てたモノ」と題して、処分したモノをブログで紹介してきました。

汚部屋黄金時代から比べると、到底同じ部屋とは思えないほどのレベルまで達することができたわけですね。

しかし最近になって部屋が一向に片づかない現象に悩み始めます。

「まだ片づくはずなのに、何かが邪魔してこれ以上モノを捨てられない」
「驚くほどの量のモノを捨ててきたはずなのに、なぜかスッキリしない」
「部屋がなんとなく散らかって見える」

漠然とこのような悩みを感じていたわけです。

そこで僕はついに「片づけ本」に手を出すことにしました。

これまでは自己流の片づけ術でも問題はなく、その類の本には手を出してこなかったのですが、自己流だとおそらくここが限界だったのでしょう。

ということで、最近になって手に入れたFireタブレットで近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法を購入。

「人生がときめく片づけの魔法」を読み進めていきつつ、「片づけ祭り」を実践していきました。

それではその様子をまるっとお伝えしていきましょう。

目次

汚部屋時代の様子を写真で振り返る

こちらが汚部屋時代の写真。ここでは1枚だけ公開します。

テーブル左に置いてある青いコップにはコバエがたかっており、愛用のMacBook(右側に見える赤いやつ)はテーブルの下に転がっています。

汚部屋時代の写真
まなはれ
よくこんなところで住んでたね
あめよふれ
自分でも驚きだよ……

「こんまり流片づけ祭り」を実践していくよ

それでは作業に取り掛かっていきましょう。

「片づけ祭り」の詳しい方法は、こんまりさんの人生がときめく片づけの魔法に載っていますのでぜひチェックしてみてください。マンガ版もあります。

「こんまり流片づけ祭り」3つのポイント

本当はもっと多くの片づけポイントがあるのですが、今回は大きく3つのポイントだけを紹介していきます。

1.「ときめき」を基準にする

こんまり流片づけ術の最大の特徴とも言えるのが、この「ときめき」を利用した片づけ法です。

モノを捨てる基準を「ときめき」に変えることで、期間や必要性などを気にして捨てられなかったモノを一気に捨てやすくなります。

2.一気に、短期に、完璧に。まずは「捨てる」を終わらせる

一度綺麗に片づけたつもりでも、また気がつくと散らかっている。

僕はこのパターンを何度も体験してきました。

こんまりさんは、この現象を「片づけのリバウンド」と呼んでいます。その原因は「いつまでも間違った方法で中途半端に片づけをしている」から。

解決策となる唯一の方法が「一気に、短期に、完璧に『捨てる』を終わらせること」というわけ。

「二度と前の部屋に戻りたくない」という意識の変化をもたらすためには、短期間で一気にショックを実感させることが必要なのです。

まなはれ
ケジメをつけよう!

3.捨てる順番を間違えない

「片づけ祭り」では以下の順番でモノを捨てていくことが推奨されています。

衣類→本→書類→小物類→思い出品

この流れで進めていくと驚くほどスムーズに片づけを行うことができるのです。

残す・残さないの判断がしやすく、カテゴリー別に整理することで作業自体を楽にしているんですね。

僕はすでに自己流の片づけ方法で「思い出品」は断捨離済みです。これはちょっと特殊な例ですが。

せっかくなので今回はきちんとこの流れでやっていきます。まだ捨てきれていないモノもあるかもしれませんしね。

Before:片づけ祭り開催前の部屋の様子

片づけ祭りを行う前に部屋の様子を撮影しておきましょう。

まなはれ
あとで見比べるのが楽しみ〜。ワクワク

衣類とか楽器とか

片づけ祭り前の衣類関連の写真

右側にあるのがギター、ベース、バランスボール。

壁から吊るしてあるのは春から冬までのアウター類。衣替えはしないタイプです。

パソコン周り

片づけ祭り前のパソコン周りの写真

ストーブの上に白ポリカのMacBook、机の上はボカロPを目指した影響によりDTMerっぽい仕様になってます。

パソコン引き出し

片づけ祭り前のパソコンの引き出しの中身

コード類やベース関連の機材類、セロハンテープやニベアなんてのも引き出しの中に眠ってます。

タンス周り

片づけ祭り前のタンス周りの写真

ベースケース、キーボード、エフェクターケースが追いやられてます。観葉植物だけが唯一の救い。

タンス引き出し

片づけ祭り前のタンスの引き出しの中身

服とか本が入ってます。本棚はありません。

ごちゃごちゃの服

ベースアンプの上に置かれたごちゃごちゃの服

たぶん昨日着てた服かな……。面倒だとそこらへんに放ってしまうイケない癖があります。

部屋全体

片づけ祭り前の部屋全体の様子

はい、部屋全体写真です。ごちゃごちゃしてますね。

コード類を整理するだけで割とすっきりしそうですが、今回はガッツリ断捨離していきますよ。

部屋全体反対側

片づけ祭り前の部屋全体反対側の様子

反対側見るとこんな感じ。奥は結構すっきりしてますが、やっぱり机周りが乱雑っす。

まずは衣類から断捨離していく

人生がときめく片づけの魔法に記載してある順番通り、衣類から断捨離を始めていきましょう。

所持している服を一箇所にまとめます。どさっ、とね。

衣類を整理しているときの様子

片づけ祭り前:所持している衣類まとめ

現在所持している衣類一覧リストです。洗濯中のモノ、着ているモノも含めてカウントしております。

なお、プライバシーを守るため、下着と靴下類は写真には含めておりません。

  • アウター:3着
  • カーディガン:2着
  • パーカー:2着
  • 長袖シャツ:3着
  • Tシャツ:6着
  • 襟付きシャツ:7着
  • ボトムス:6着
  • 下着:4着
  • 靴下:4着
  • ヒートテック:2セット
  • ハンカチ:2枚
  • ネクタイ:2本
  • ベルト:2本

合計47アイテム。オールシーズンでこれだけ。

「ときめき」って一体なんなんだ?

近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」では、「ときめき」を基準にした断捨離法が紹介されています。

すべてのモノを実際に手に取り、心がときめいたら残す、というシンプルな方法。モノを残す基準は「ときめくか、ときめかないか」のふたつだけなんです。

正直、はじめのうちは「ときめき」ってものがなんなのかサッパリわかりませんでした。

『果たして、僕にも「ときめき」とやらが理解できるのだろうか?』、という心配を漠然と感じていたわけです。

でもいざ始めてみると大丈夫。感覚的にわかります。心が勝手に教えてくれます。それはもうごくごく自然に。

まなはれ
自分の声を聞くのって案外難しいよね
あめよふれ
フィーリングでおk

衣類の断捨離は約3分で終了

「ときめき」の感覚を早々に掴んだことで衣類をなんと約3分で分別することができました。

これ、あんまり悩まないほうがいいです。ホント感覚でいいんです。悩んだ時点で捨てるBOXに突っ込んでしまいましょう。

こちらが衣類断捨離後の写真。左側が捨てるモノ、右側が残ったモノです。

言葉を変えれば右側に残っているモノが「ときめき」を感じたモノたちということですね。

衣類の仕分けが終わったときの写真

不要だと判断したモノは綺麗にたたみ、感謝したあとで捨てました。

捨てることにした衣類たち

ブランド物や綺麗な服は売っぱらってもいいかもしれませんね。僕はすべて捨ててしまいましたけれど。

捨てるよりかは少しでもお金になったほうが断然いいので、この機会にメルカリモバオクなどのオークションアプリで売りさばいてしまいましょう。日本最大級のショッピング・オークション情報サイトであるオークファンもおすすめ。

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ
モバオク-手数料無料のオークションアプリ&フリマアプリ
モバオク-手数料無料のオークションアプリ&フリマアプリ
無料
posted with アプリーチ

片づけ祭り後:残った衣類まとめ

  • アウター:2着
  • カーディガン:2着
  • パーカー:1着
  • 長袖シャツ:0着
  • Tシャツ:5着
  • 襟付きシャツ:4着
  • ボトムス:2着
  • 下着:4着
  • 靴下:4着
  • ヒートテック:2セット
  • ハンカチ:1枚
  • ネクタイ:1本
  • ベルト:0本

合計30アイテム。なんと17アイテム減です。長年の夢だったベルト卒業も達成しました。

「こんなに捨てて大丈夫?」と不安も感じましたが、そんな心の声も無視です。きっと大丈夫です。

まなはれ
こんなに減らしちゃったの?
あめよふれ
要は手に取った時の「ときめき」が重要なんだよ。使われないで眠ってるより、他の誰かに使われた方がモノも嬉しいんじゃないかな

カテゴリー別片づけ祭り前後まとめ

本・書籍関連の断捨離

すでに僕は大量の本を処分済みです。そのため冊数自体が少なく、片づけがとても楽でした。

僕が所有していた本の数は全部で9冊。

所有している本9冊

1分ほどで断捨離完了。左側が捨てるモノです。

分別が終わった本類

書類関連の断捨離

こちらは少し骨が折れそうです。捨てても捨ててもすぐに溜まってしまう書類。

これまでと同様、「ときめき」を基準に断捨離していきます。

分類前の書類

機材類の書類は保証書のみを破り取り、Evernote Scannableでスキャン。そのあとEvernoteに保存しておきました。それ以外は捨てました。

できるだけ高画質で残しておきたい場合はデジタルカメラで撮影しておけばいいでしょう。日常のあらゆる場面で使えるので、カメラはひとつ持っておいて損はないと思いますよ。

僕が使用しているカメラはSONYのデジタルカメラ Cyber-shot RX100M3おすすめのカメラアクセサリー類も紹介していますので、購入の際にはぜひ参考にしてみてください。

機材の保障証を破り取ったもの

10分ほどで終了。必要なモノはファイル1つに収まってしまいました。

分類が終わった書類

小物類の断捨離

僕が一番苦戦したカテゴリー。まず小物ってくくりが幅広くて困りますよね。

とりあえず部屋にある小物類をかき集めます。ここでも「ときめき」基準。

分類前の小物類

途中経過です。CDが散らかっていますが、これ全部捨てます。

小物類を断捨離しているときの途中経過

こちらが残ったモノ。本当に「イマ」使っているものだけです。

小物類で残ったモノたち

こちらが捨てるモノ。最近トラックボールに変えたので、今まで使っていたマウスも断捨離。

捨てることにした小物類

ベース機材類の断捨離

次に僕の大切な機材たちを分けていきます。

もともと僕はバンドマンでベーシストだったので、機材には愛着があります。

無理に捨てることはしないでいいです。大事なモノでも「ときめき」を基準にして断捨離していきましょう。

所有している全機材

やはりほとんどのモノにときめきを感じてしまい、手放したモノは右側にあるこれだけでした。

分類後の機材類

音源ソフトのディスク、空箱類の断捨離

必要なディスクは綺麗にファイリングして、空箱は処分します。

分類前のディスク音源と空箱類

Native Instruments KOMPLETE 10の空箱はモニタースタンドとして引き続き使い回しました。

Native Instruments KOMPLETE 10の空箱をディスプレイモニターの土台にした図

Appleローンで購入したMacBook Proの空箱は、同封されていたオシャレな布だけ残してほかは捨てました。

MacBook Proに入っていたオシャレな布

「こんまり流片づけ祭り」で断捨離したモノまとめ

空箱・本類

片づけ祭りで捨てた空箱と本

MacBookの空箱は綺麗で捨てづらいですが、思い切って捨てましょう。靴箱とかも要らない。収納箱に使おう、だなんて考えない。

小物・CD類

片づけ祭りで捨てた小物とCD

CDって意外とかさばるんですよね。iTunesにインポートして、CD自体は捨ててしまいましょう。

ジャケットはカメラなり、スマホのスキャナーアプリ等でちゃちゃっとEvernoteDropboxにでも取り込んじゃってください。

書類・紙・ゴミとか

片づけ祭りで捨てた書類や紙類

言わずもがな、ゴミ。イマ必要のないモノはことごとく捨て去ってしまいましょう。

衣類

片づけ祭りで捨てた衣類

結構ありますね……。売れそうな服は売って、そうでないものはリサイクルに回すか、捨ててしまいましょう。

ファイル・収納BOX・よくわからないもの

片づけ祭りでてたファイルや収納BOX

書類がなくなればファイルは必要ないですし、小物がなくなれば収納BOXだって要りません。こうしてガッツリと断捨離を加速させましょう。

ギター・ベースアンプ

片づけ祭りで捨てたギターとベースアンプ

えっと、このギター弾きにくいんですよね。安物ですから。ベースアンプも壊れちゃってますし、このまま置いておいても邪魔なだけ。

楽器を捨てるというのは心苦しい面もありますが、この際思い切って手放します。もっと良いやつ買います。

前に使っていたMacBook

片づけ祭りで捨てたMacBook

メインマシンとしてMacBook Proを購入したので、これはもう必要ありません。

動きも遅いですし、トラックパッドも沈み込んじゃってます。この5年間、実によく戦ってくれました。感謝。

断捨離したモノをまとめるとこんな感じ

片づけ祭りで捨てたモノまとめ

これ以上捨てられないと思っていた段階から、まさかこんなにも多くの不用品が出てくるとは……。こんまり流おそるべし。

まなはれ
うわっ、こんなに!?
あめよふれ
我ながらすごい量だな……!

After:「片づけ祭り」後の部屋の様子

机やタンスの引き出しはほぼ空に

片づけ祭り後のタンスの引き出しの中身はほぼ空

すっからかんです。

片づけ祭り後の机の引き出しの中身はほぼ空

引き出しは空。マウスもトラックボールのみとなりました。

片づけ祭り後の机の引き出しの中身を別角度から撮影した写真

残ったモノは「学習机ひとつに入りきる量」になった

残ったモノはすべて机に入りきる量になった

僕の所持品のすべてです。

片づけ祭り後の持ち物

ギターがなくなり、楽器類はベースとキーボードのみとなりました。

部屋全体の様子

パソコン周り

片づけ祭り後のパソコン周り

綺麗に片づいてます。本当に使うモノって実はこれぐらいだったりするんですよね。

衣類関連

片づけ祭り後の衣類

服類もすっきり。制服化しちゃえば服は少なくて済みます。

タンス周り

片づけ祭り後のタンス周り

ベースケースやエフェクターケースをタンスの隅に追いやるのは変わってません。

部屋全体

片づけ祭り後の部屋全体の様子

こんな感じ。だいぶシンプルになりました。

部屋全体反対側

片づけ祭り後の部屋全体反対側の様子

正直、カーテン横のジグソーパズルも捨ててしまいたいんですが、完成させるのに相当な時間を要したので……。これは僕にとって大事なモノです。

まとめ

なんと、今回の「片づけ祭り」で机ひとつに収まってしまう量にまでモノを減らすことができました

以前までは「もうモノを減らすことはできない」と思っていたので、この結果には正直かなり驚いてます。

あめのは
こんまり流恐るべし

もう少し早い段階で人生がときめく片づけの魔法を読んでいたらもっと早くに部屋が片づいたことでしょう。

それでも僕はこのタイミングでこの本に出会ってよかったと思ってます。

これまでの4年間自分の頭で必死に考え、自己流の片づけ方を編み出し、部屋の約80%ほどを自力で断捨離してきました。

その断捨離経験があったからこそ、こうしてこの本と出会い「片づけ祭り」を行うことができたのだと思ってます。

片づけの知識が全くない僕がこの本を読んでいても、今とまったく同じ状況は作り出せなかったはず。

そう考えると「本当に長い間をかけて今のこの部屋があるんだな〜」と感慨深くなりますね。

本の中で出てくる「適正量のカチッとポイント」はまだ訪れていないので、ここからまだまだモノが減らせそうです。自分自身でもそう感じていますし。

この環境を維持しつつ、これからもシンプルな生活を心がけていくつもりです。どうぞ参考にしてみてください。

無駄な出費を抑えて生活をさらにシンプルに

身の回りが片づいたあと、僕はさらに生活をシンプルにしました。

スマホ料金を断捨離したり、1日2食健康法で食事スタイルを断捨離したり、習慣や考え方の断捨離をしたり。

これからシンプルに生きていく上で、食事やお金周りのことは避けては通れない道です。

部屋の断捨離をきっかけに、自分自身のライフスタイルをシンプルにすることも考えてみてはいかがでしょうか。

まなはれ
シンプルに生きると運が良くなるって本当なのかな〜?
あめよふれ
やってみりゃわかる

どうしても自分の手だけで片づけを行うことが困難な場合は、片づけ業者に依頼してみるのも一つの手かもしれません。

エコノバを使えば片づけ業者を一括比較できますし、見積りを出すことも可能ですよ。

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。