すでに危険な状態かも!?スマホ依存性に潜む7つの危険性まとめ

スポンサーリンク

現代社会において患者が増えている依存症の一つである「スマホ依存症」

ガラケーの時と比べるとスマホの機能は遥かに充実してるので、これによって利用頻度が高くなったり、使用時間が長くなる傾向にあるようです。

結果、スマホに依存するようになってしまい、自分がすべきことよりもスマホの利用を優先してしまうということが起きてしまうというわけ。

さらには、睡眠時間の減少や、下を向き続ける姿勢によって現れる自身の体調不良、その他様々な症状を訴える人が多く出てきてます。

かくいう僕も「スマホ依存症」の一人だと自覚してますが、スマホ依存症からの脱却はなかなか難しいものなのです……。

「スマホ依存症」というものを知るためにも、改めてスマホ依存症の危険性を見ていきましょう。

スマホ依存性に潜む7つの危険性

こちらは「スマホ依存症」に関する有名な動画、「I Forgot My Phone」です。まだ観ていない方は一度視聴することをおすすめします。

1. 禁断症状、依存症状

  1. 仕事中や家事の合間などでもSNS、またはサイトの更新情報が気になる
  2. 風呂トイレにまでスマホを持ち込む
  3. 充電がなくなる、または電波のない環境にいると不安を感じたりイライラしたりする
  4. プライベートにおけるスマホ利用時間が5時間以上である
  5. 少しだけのつもりが、いつの間にかスマホを延々と触っていた

なんだこれ、ほとんど当てはまってるじゃねーか。

これらはスマホ依存性の典型的な症状ですが、僕の場合「スマホ利用時間が5時間以上である」という点以外すべて当てはまってました。

十分に依存している、また、禁断症状が出ていると判断していいでしょう。

僕は対策として、先日から風呂やトイレにスマホを持っていくことを禁止してます。

関連:スマホ依存症から脱却するために決めたシンプルな2つのマイルール

2. うつ病、自律神経失調症のリスク

FacebookやTwitterといったSNSのおかげで、ネット上でも人間関係を築き上げることが可能になりました。

SNSを気にするあまりにストレスを感じてしまう、いわゆる「SNS疲れ」も問題になってますよね。

しかし、その一方で「現実世界(リアル)」で人と交流する機会が減っている人も少なくありません。

これが悪化するとひきこもりの原因になったり、うつ病、パニック障害、自律神経失調症を引き起こす危険性にもつながってきます。

3. 猫背によって引き起こされる体の不調

スマホの画面を見ていると、どうしても猫背の体勢になってしまいがち。

背中が丸まってしまうことで、見た目が悪くなるのはもちろん、肩凝り、頭痛、血行不良になる危険性も出てくるわけですね。

また、胃もたれ、生理痛、便秘の原因ともなりますので注意。

筋肉が凝り固まってしまうことが体に良くないので、こまめに立ち上がって歩く適度にストレッチなどの対策をして筋肉をほぐしてあげましょう。

あとはオフィスチェア、または自宅の椅子を「バランスボール」に替えてみるのも良いかもしれませんね。

関連:【1週間体験記】部屋の椅子をバランスボールに変えた理由と感想をまとめてみた

ちなみに、僕は以前まで胃腸がとことん弱いタイプの人間でしたが、1日2食生活を始めてから調子がよくなりました。

猫背も改善できればさらに調子が良くなるはずです。

4. ストレートネックによる症状

首というものは本来、なめらかな曲線、カーブを描いています。

しかし、スマホを長時間見続けることによって、首が真っ直ぐに変形してしまう「ストレートネック」の症状が現れることも。

ストレートネックの人のほとんどは猫背だという話もあり、僕、恐怖。

ストレートネックの人は、肩凝りや頭痛、吐き気、手の痺れ、めまいなどの症状を訴える人が多いそうですよ。大丈夫ですか?

さらに悪化すると、手の痛み、脱力、ワイシャツなどのボタンが閉めにくい、階段が降りにくいなどの症状も出てきてしまうようです。

参考:スマホを使うときの正しい姿勢

ここで、「スマホを使うときの正しい姿勢」を学んでおきましょう。

f:id:afrokanchan:20160405143903j:image
引用:NHK シブ五時「スマホ首による体調不良」 – 病院でよくならなかった人の為の整体院

「首の曲がる角度が大きくなると、首の骨にかかる負荷が増える」

角度 負荷
0度 4〜6kg
15度 12kg
30度 18kg
45度 22kg
60度 27kg

「逆立ちすればいいんじゃね?」って思った人は、ストレートネックどころか、首を折ってしまう危険性もあるのでやめましょう。

f:id:afrokanchan:20160405144044j:image
引用:プロ直伝! 首や肩が痛くならない正しいスマホの持ち方|「マイナビウーマン」

「スマホの正しい持ち方」

  • スマホを持つ手:ひじから手の甲がまっすぐになるよう、キープ!(一直線!)
  • スマホを持ってない手:スマホを持つ手を体の間に「手の甲」をはさむ(手の甲が上)

この持ち方をすると、一気に近未来的な格好になるのでおすすめ

恥ずかしがらずに「ぴしっ!」とスマホを持ちましょう。健康のためです。

f:id:afrokanchan:20160405144445p:image
引用:スマホの持ち方 : 【スマホ巻き肩】や指の変形防止に!正しいスマホの持ち方 – NAVER まとめ

僕は1番、2番が多いですね。

5. ブルーライトによる影響

パソコンのディスプレイやスマホの液晶画面から発せられる光に多く含まれているブルーライト

ブルーライトを浴びることにより、人間を自然な眠りへと導くためのホルモンである「メラトニン」の分泌へ悪影響を及ぼしてしまうんですね。

そのため、不眠症や、たくさん寝たのに疲れが取れない、なんていう具合にだんだん熟睡できなくなっていくというわけ。僕も心当たりあります。

対策としては、「ブルーライトカットのメガネ、液晶フィルムを使う」「就寝前はスマホを見ない。できれば2〜3時間前から」といったものが挙げられるでしょう。

最近では、iOS9.3に液晶の輝度と色温度を下げてくれる「Night Shift」という機能が追加されましたね。

参考:iOS 9.3の「Night Shift」ってどんな機能?ブルーライトについても解説するよ | かみあぷ – iPhoneひとすじ!

関連:睡眠の質を上げる!「MOLDEXの耳栓」と「PLEMOのアイマスク」は超おすすめの快眠グッズ

6. 視力の低下

ここで注意していただきたいのが、「パソコンやスマホの使用=視力低下の原因ではない」ということ。

視力の低下を招く要因は多くありますが、中でも、「同じ距離を長時間見続ける」ことが特に影響が大きいようです。

適度な休憩を挟んだり、遠くを見て眼の筋肉を休ませてあげましょう。

参考:都市伝説「PCやスマホの利用で視力は落ちる」は本当? | メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売

7. 小指の変形は考えにくい?

スマホを持つ時、無意識に小指で底を支えている人多くないですか?僕もその一人です。

この持ち方は小指にかなりの負担がかかり、変形してしまう可能性があるそうです。そのほかにも、小指の痛みや痺れなどの症状も出てくるんだとか。

これは「テキストサム損傷」と呼ばれているそうですが、

「サム(thumb)って親指のことじゃねーか」

不思議に思って調べてみると、「スマホの使い過ぎによる指の変形は考えにくい」との意見を発見。

欧米では両手でスマホを持ち、両方の親指で操作する人が多く、それによって酷使された親指が腱鞘炎を起こすことがあるようです。

これを「テキストサム損傷(text thumb injury)」と呼ぶようになったそう。正式な病名ではなく、親指の腱鞘炎を指す造語だったんですね。

どうやらこのツイートが「テキストサム損傷=小指の変形」と、日本独自の呼び方の発端となったものらしいです。

参考:「スマホの使いすぎで小指が変形=テキストサム損傷」は誤用? いつから誤解が広まったのか調べてみた – ねとらぼ

まとめ

怖いですね、「スマホ依存症」

子供から大人まで幅広い層で広がっているようです。

僕もスマホ依存症を脱却するべく、当たり前のルールを改めて自分に課したり、アプリゲームを断捨離してみたりしているのですが、これがなかなか難しい……。

最近では「LINEでのイジメ」や「スマホを使った少年犯罪」も問題となっており、今一度スマホの利用について考える必要がありそうです。

「スマホは良くない!」とか「スマホを持たせるべきじゃない!」とか色々な意見はありますが、悪いのはスマホではなくて使う人間が悪いんですよね。

判断力の乏しい子どもが被害に遭うケースも少なくありません。
某パズルゲームでは親のクレジットカードを勝手に使って50万円課金した、なんて話もあるそうですから。

参考:実は危険な「スマホ依存症」その実態と症状とは – NAVER まとめ

スマホ依存症も、スマホによる被害等も、すべてスマホが悪いと決め付けるのではなく、きちんと対策を練っていくことを心がけていきたいものですなぁ。

関連記事

スポンサーリンク