メンタル

今やり直せよ未来を。過去の後悔から抜け出し「今」を生きる方法

今やり直せよ未来を。過去の後悔から抜け出し「今」を生きる方法

最近、仲のいい女の子から「友達と同じ人を好きになってしまったのだけれど、どうすればいいと思う?」という甘酸っぱい相談を受けました。本当にありがとうございました。

僕は、夏の終わりになると決まって「既視感デジャヴ」が多くなります。夏の疲れか、はたまた過去の強い記憶が要因になっているのか、原因は分かりません。

そして、ふと考えるのです──。

「もしも、今の僕が、人生をやり直すために未来からやってきたのだとしたら?」

これは「人生」についての話です。

今やり直せよ。未来を。

僕には、ずっと忘れられない言葉があります。

きっとお前は10年後に、せめて10年でいいからもどって、やり直したいと思っているのだろう。今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後から戻ってきたんだよ今。

元ネタは「2ちゃんねる」の就職板に投稿された書き込み

この言葉の元ネタは、大型掲示板「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」の「就職板」に2003年10月に投稿された書き込みです。

人間は「後悔」をする生き物

決して、

「タイムマシンで過去に遡れるのしたら?」
「今の自分が体験している出来事は本当に初めてなのか?」

などという、オカルト染みたことを言いたいのではありません。

人間は「後悔」をする生き物です。自分自身、何度も自分の選択を、人生を、後悔して生きてきました。

5年前のことを振り返っては「ああ、あの子にちゃんと"好き"と伝えておけばよかった」と思ったり、つい昨日の出来事を思い出して「もっとうまく言えただろうに」と感じたり──。

きっと、いつになっても

「もっと勉強しておけばよかった」
「もっと恋愛しておけばよかった」
「もっと仕事に打ち込めばよかった」

なんて思ってしまうのでしょう。

いつだって自分が一番若いのは「今」です。まあ、それはその通りなのですが、どうにも実感が湧かないのも確かなのですよね。

「今の自分」を置き去りにしている

後悔するのは自由だし、カンタンです。しかし、残念ながら、今の科学力では「過去を改変」することはできません。タイムリープも、時間跳躍も、過去の自分にメールを送ることもできないのです。

未来を変えたいのなら、「今この瞬間から」変えていくしかない。それは分かっているのに、どうしても「過去」に目がいってしまう──。

つまり、過去や未来に心がとらわれていて、今を生きることができないんですよね。

結局、「人生について思い悩むとき」というのは、「今の自分」を置き去りにしてしまっているだけなのかもしれません。

心と体は常に一心同体

「心」と「体」は、一心同体です。いつだって、同じ時、同じ場所になくてはなりません。

今の自分は、「この時、この場所」にいますよね。ところが、「過去」を後悔したり、「未来」を悲観したりしていると、「心だけ」が過去や未来にふらっと旅立ってしまうのです。

心と体が一緒にいない状態、つまり、「今の自分」を置き去りにしてしまうことこそ、あらゆる悩みの原因なのです。

「今」を大切に生きるために

RADWIMPSの「me me she」の歌詞にもある通り、

「頭で分かっても心がゴネるの」

という状態はしょうがないのです。人間だもの。

過去の出来事や将来に対する不安、こういったもので「心」が支配されるのは仕方のないことです。

──だからこそ。

だからこそ、今を大切に生きるため、この言葉をずっと胸に刻み続けるのです。

きっとお前は10年後に、せめて10年でいいからもどって、やり直したいと思っているのだろう。今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後から戻ってきたんだよ今。

きっと、10年後の未来で、過去を後悔し、「今」に戻ってきたんです。2度目の後悔をしないように、人生を「やり直し」にきたんです。

──そう思い込んでいれば、もっと思い切って行動できる気がしてきませんか?

「過去」へようこそ

「未来」とは、結局の所「今と現在の積み重ね」であり、この瞬間の延長線上にあるものです。

とはいえ、やりたくないことを続けられるほど、人間は都合よくできてはいません。

目標やゴールを設定して行動することは大事ですが、心が「未来」にばかり旅立ってしまうと、現状の自分とのギャップに落ち込み、継続が続行不能になってしまうことも考えられます。

逆に、未来のビジョン(過去の反省なども含む)を持ちつつ、今やるべきことに集中すれば、自ずと道は拓けていくのでしょう。

「家族がバラバラの人生」をやり直すために未来からやってきたのかもしれませんし、「消極的で行動力のない人生」をやり直すために未来からやってきたのかもしれません。

はたまた、「未来で世界から消え去ってしまう友人」に会いに来たのかもしれないし、「最愛の人に愛を伝えるため」にやってきたのかもしれない──。

「未来で後悔しないために、過去で時間や人を大切にするために、"今"をやり直す必要がある」

きっと、そう思ってあなたは戻ってきたのです。神様に、

「過去には戻れます。しかし、これまでの記憶は一切消えます。それでもあなたは過去に戻りますか?」

と聞かれて、あなたはきっと「Yes」と答えたのでしょう。

そこまでして変えたかった未来とはなんでしょうか? 記憶を失ってまでやり直したかった過去とはなんでしょう。

今やり直せよ。未来を。

──と、映画『もしも昨日が選べたら』を観て思いました。

  • この記事を書いた人

あめぎ

29歳|生きづらい人がゆるく生きるための情報を発信|15年間の宗教の束縛→いじめ→ブログで人生が好転→1年でブログ収益30万円達成→PTSDとうつ病の療養中

詳細プロフィール

-メンタル