5時間でターンの感覚を掴む!スノボ初心者が2日で上達できた理由

スポンサーリンク

人生初スノボ&人生初リフトを終えて、とりあえずなんとなくスノボが滑れるようになりました。

何なら、一昨日ゲレンデデビューしたばかりの超ド素人です。おかげさまで身体のあちこちが痛いです。特に尻と肩が。

僕は、スノボに関する予備知識はほとんど皆無で、スキーの経験もありません。

そんなスノボ初心者が、たった5時間でターンの感覚を身につけることができた理由とその方法をまとめてみました。

僕のスノボプロフィール

現時点での僕のスノボプロフィールはこんな感じ。

  • スノボ歴:5時間(1日目:3時間 2日目:2時間)
  • ボードスタンス:レギュラー
  • 知識:ブーツの履き方はバッチリ。それ以外は皆無
  • スキー経験:なし
  • 飲み込みの速さ:多少の自信あり
  • 筋肉痛:全身に激しい筋肉痛。特に股関節付近と太もも
  • 尻:かなり痛い

ボードスタンスの見極め方

一般的に右利きの人のボードスタンスは左足前の「レギュラー」がやりやすいとされてます。

その反対で、左利きの人は右足が前の「グーフィー」がしっくり来るでしょう。

たまに「利き足がどちらかわからない」という人がいますが、ボードスタンスの見極め方として以下の2つの方法があります。

1.サッカーボールを蹴る足はどっち?

右足でボールを蹴る人は右利き。つまり、「レギュラー」を選択するべき。

人生でサッカーボールを蹴ったことがないという人は、今すぐそこらへんの玉でも蹴ってみてください。

2.背中を押されて前に出た足はどっち?

右足が出たら右利きです。その場合、左足が前に来る「レギュラー」がやりやすいかと。

困ったときは誰かに背中を押してもらいましょう。いろんな意味で。

スノボ初心者がたった2日(5時間)でターンの感覚を身につけた練習方法とは?

1日目:ひたすらスケーティングの練習(3時間)

1日目、リフトには一度も乗ってません。緩やかな斜面でひたすらスケーティングの練習をしてました。

スケーティングとは?

スケーティングってのは、ワンフット(前足だけボードに装着した状態)で短い距離を移動したり、滑ったりすること。

リフトの乗り降りや、平坦なところでの移動には必須の技術です。

スケーティングのやり方

前足に重心を乗せながら、後ろ足で雪面を蹴って前方へ進みます。ボードは自分が進みたい方向にまっすぐに向けること。

上半身とか、足の向きなんかがねじれた感じの状態になるので多少やりにくいと感じるかもしれません。

前足に重心を乗せるのがポイント。ひざを軽く曲げて、体のバランスをとりながら焦らずにやりましょう。

スケーティングのコツ

  1. 前足に体重を乗せる
  2. 後ろ足でしっかりと雪面を蹴る
  3. 重心は常にボードの真上に来るように
  4. とにかく焦らないこと
割と体重乗っけても大丈夫です。最初は怖かったですが、15分ぐらいでおおよその感覚は掴めました。

板が左右にブレる場合は、前足に体重がうまく乗っかってないです。しっかり踏ん張りましょう。

コケたっていいじゃない。初心者だもの。

スケーティングで左右に曲がる&止まる

スケーティングである程度まっすぐ進むことができるようになったら、次は左右に曲がってみましょう。

基本の姿勢からゆっくりと上半身と腕を曲がりたい方向へ向けていきます。このとき、左手(右利きの人の場合)でその方向を指差しながらやるとやりやすいです。

後ろ足はバインディング(ボードについてる足固定するやつ)で固定されてないので、滑らないように注意。

スケーティングで左に曲がって止まる

僕は右利きなのでまず左に曲がって止まる練習をしました。

まっすぐスケーティングで進んでいき、曲がりたい方向を指差す。そのまま上半身もその方向へ向けていくと勝手に曲がります。

あとは「かかと側」に体重をかけるようにすれば止まってくれます。

スケーティングで右に曲がって止まる

ある程度左に曲がる感覚が掴めた(30分ぐらい)ので、次は右に曲がる練習をしました。

要領は一緒。まっすぐ進んでいる状態から進みたい方向を指差し、上半身もその方向へ向けます。

あとは勝手に曲がってくれるので、今度は「つま先側」に体重をかけて止まりましょう。

1日目まとめ

ひたすらスケーティングの練習
ゲレンデの端の方でひっそりとスケーティングの練習を3時間。転んだのは3回ぐらいです。

まっすぐ進む、左右に曲がる、止まる。

この3つの感覚がある程度わかればきっと大丈夫。疲れたら適度に休憩を挟みましょう。

2日目:木の葉&逆木の葉&ターン

人生初リフトはめちゃくちゃ感動しました。

生まれたての子鹿のようなスケーティングでリフト乗り場に向かっていく僕の姿は、おそらく誰が見ても不安を感じたことでしょう。

まぁ、でも要は「思い切り」ですよ。「とりあえずやってみる」ことが大事なのです。

2日目にリフトに乗った回数は5回。時間にすると2時間ってところですかね。転倒回数は約30回です。

リフトの乗り降り

係りの人の案内に従って動けば問題ありません。焦らないことがまずは大事です。

乗るときは一定の場所まで行って突っ立てれば平気。あとは後ろから来るリフトに自然に乗りましょう。

右利きの人は右手でリフトに軽く触れる感じで座るとやりやすいです。

リフトに乗っている間は前に乗っているカップルを見ながら下唇を思いっきり噛んでました。

ちょっと難しいのがリフトから降りるとき

板をまっすぐ向けて左足に体重を乗っけましょう。前を向いて、焦らず、ゆっくりと降りましょう。

初心者の頃は一度は転ぶみたいです。リフトから降りるとき。

僕は昨日スケーティングの練習をみっちり行なっていたので、リフトから降りるときに転ぶことはありませんでした。

基本はスケーティングのときと一緒。進みたい方向を指差して、上半身もその方向へ向けていく。

ブレーキをかけながらゆっくりとコース攻略

さて、コースの上部に到着しましたね。僕は、リフトに乗りながらコースを滑る人たちを見て「あんな急な坂道、滑れるわけないじゃんよ……」と思っていました。

でも、大丈夫。ここではレギュラー(利き足:右)の人向けに説明していきます。グーフィー(利き足:左)の方は右と左を逆にして読み進めていってください。

リフトから降りたら、スケーティングでちょこっと前に進みましょう。焦らなくていいです。まだ坂道に入っちゃダメですよ。

転ぶようにして尻もちをつき、左足をバインディングに固定。そして、左手を地面についた状態で右手をボードの前中央を掴みます。

かかとに体重を乗せながら、ゆっくりと立ち上がりましょう。目線は下ではなく、まっすぐ遠くを見ます。これ重要です。

あとは重力が勝手にボードを進めてくれますので、重心をかかとにかけてあげればOK。スピードが出ても焦らないこと。最初のうちはボードは横のまま進みましょう。

目線は前、重心はかかと、手でバランスをとって、ゆっくりと進んでいきます。

ボードの方向がブレると焦りますが、危ないと思った時はわざと転びましょう。スピードが出る前に転べばそんなに痛くない。

消費リフト回数:1回

木の葉滑りチャレンジ

その状態が安定して出来るようになったら、次は重心をかかとにかけながら、左、右へと移動させていきます。

一気にガッとではなく、徐々にで大丈夫。すると、ボードが左右に揺れながら進んでいきますので、そのまま降りていきましょう。

リフトに2回ぐらい乗れば、この感覚は掴めるようになります。ゆっくりとコースを下まで降りていくと派手に転んだりしないので安心です。

左右に揺れながら安定して滑れるようになれば「木の葉滑り習得」です。目線は進みたい方向へその都度チェンジしていくといいですよ。

消費リフト回数:1回

逆木の葉滑りチャレンジ

木の葉滑りがなんとなく出来るようになったら、次は「逆木の葉滑り」に挑戦しましょう。その名の通り、木の葉滑りの逆です。

まずは、雪面にうつ伏せになる状態でスタンバイ。坂の上に体を向けながらゆっくりと立ち上がります。このとき、重心は「つま先側」に置きましょう。

背中を向けたまま進むことになるので、半端ない恐怖心を感じてしまうかもしれませんが、初めにゆっくりとコース攻略したときのことを思い出しながらチャレンジ。

重心は常につま先側。スピードが出ても、ボードの向きがブレてもビビらないこと。危ないと思ったときは止まるか安全な方法で転ぶ。これができれば派手に転ぶことはないです。

消費リフト回数:1回
背中向きでコースをなんとなく滑れるようになったら、次は重心をつま先にかけながら右、左へと体重をかけていきます。

木の葉滑りのときと同様、ボードが左右に揺れながら進んでいきます。目線は進みたい方向へその都度チェンジ。間違ってもかかと側に重心は置かないようにしてください。

重心をかけたい方向とは逆に重心がかかる「逆エッジ」を招いてしまいます。逆エッジは超危険なので注意しましょう。

消費リフト回数:1回

ターンにチャレンジ

「木の葉滑り」と「逆木の葉滑り」、このどちらもある程度感覚が掴めたら、次はいよいよ「ターン」にチャレンジしていきましょう。

ちょっと難しいイメージがあるかもしれませんが、要は、「木の葉滑り」と「逆木の葉滑り」を交互に繰り返すだけです。

まずは、かかとに重心を置きながら木の葉滑り。そして、左手をゆっくりと右回りに回していきます。

このとき、「目の前にある木を掴んで回るイメージ」で上体を坂の上向きに移動させていきます。

つま先に重心を移しつつ、逆木の葉の状態に。次は、また左手を軸に上体を先ほどの木の葉滑りのときと同じような形に戻します。

このとき、「バトンを受け取るようなイメージで左手を回す」といいです。

これをゆっくり繰り返していきましょう。

降りる頃にはなんとなく「ターンの感覚」が掴めているはず。

消費リフト回数:1回

2日目まとめ

ゆっくり焦らず重心移動
めちゃくちゃ転びました。調子乗ってスピード出しすぎて転んだり、ボードがまっすぐになって焦って転倒したり、ターンの最中に逆エッジ食らって尻を強打したり。

たぶん、30回ぐらいは転んだと思います。

スノボ初心者が2日で上達できた理由

1.経験者に教わる

これ、たぶん最強のコツ。1日目、2日目ともに友人に1時間ほど付きっきりで教えてもらいました。

口で説明してもらうというより、目の前でやってもらうってのが一番ベストです。手の動き、膝の曲がり具合、重心の置き方、とかいろいろ参考になります。

YouTubeでスノボの動画を見るだけでもかなり違ってくると思いますよ。

2.膝をめっちゃ曲げる

意識して膝を曲げるようにするとめちゃくちゃ楽です。上体はまっすぐに、目線は前に置きましょう。

膝を曲げることでバネの役割をしてくれるので衝撃を受け流してくれるようになります。衝撃を膝が吸収してくれているので、少しの段差でも転ばなくなるというわけ。

一度、思いっきり膝を曲げてみて、あとは自分で調整していってください。とりあえず、膝を曲げることで転んだときや、段差に差し掛かったときの衝撃はかなり減ると思いますので。

まとめ

全身めっちゃ筋肉痛っす。

正直、スノボは男女を問わず簡単なスポーツです。恐怖心を克服して、重心の置き方の感覚を掴めればすぐに滑れるようになります。

そんな僕は全身筋肉痛でバッキバキ。本日スノボ歴3日目ですが、ターンの最中に逆エッジを喰らって思いっきりケツを強打いたしました。メンタルがやられたため、リフトに2回乗って終了です。

くれぐれも自分の能力を過信しすぎないようにスノボを楽しみましょう。

この番組は、ご覧のスノボ初心者が強打したケツを抑えながらお送りいたしました。

大学生におすすめのバイト!実際に働いた11個のバイト経験から紹介

2016.12.29

リゾートバイトの寮生活で起きた4つの悲劇。4日目にしてこの破壊力

2016.12.19
スポンサーリンク

Twitterで「あめのは」を

スマホ料金を断捨離!
自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ!
WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!