猿ヶ京バンジージャンプ!高さ62mから飛んできたよ

スポンサーリンク

ついに飛んできました。高さ62mを誇る、『猿ヶ京バンジージャンプ』

あのね。正直、めちゃめちゃ怖かった。

飛ぶのが、ってよりかは、飛ぶ当日までが怖い。飛ぶ前までが超怖い。

なんたって、「絶叫マシンを好んで乗る人の気がしれない」というほどビビリな僕ですから、バンジージャンプなんてもってのほか。
「あんな高いところから飛び降りるなんて、みんなきっと頭のどこかのネジが外れているんだ」と思っていたぐらいです。

さて、というわけで今回は人生初のバンジージャンプに至るまでの経緯、そしてそれに伴う不安と恐怖実行後の精神面のことをお話していきたいと思いますよ。

人生初のバンジージャンプに至るまでの経緯

そもそも、絶叫マシンが苦手なのにも関わらず、なぜこんなにも無謀な挑戦をしようと思ったのか。

それは、「死ぬまでにやりたい100のこと」リストを作成した今年5月にまで遡ります。

ほとんど何も考えずに、自分のやりたいことをざざざっと紙に書き出していたんですが、その中でポッと出てきたものがバンジージャンプだったというわけ。

どれだけ怖い思いをしたとしても、死ぬまでにはぜひやっておきたい。
もし、それで他人に話せないような黒歴史(主に下半身的な意味で)が出来たとしても、どうせ死ぬときには笑い話になるだろう、と。

居酒屋にて

それからひと月ほどたったある日、僕は友人と居酒屋にいました。
そこで、たまたまその話をしてみたんですよ。

実はさー、近々バンジージャンプやりたいと思ってるんだよね〜

……え、いいじゃん。一緒にいこうよ

おっと、切り返しがすでにバンジージャンプ(意味不)

正直、「えぇっ!?バンジージャンプ!?あんなのやめておいた方がいいって!」なんて言われるかと思っておりました。はい。

まさか、一緒に行くことになるとは微塵にも思ってなかった……。
いや、むしろ、一人では行っていなかったかもしれない。一緒に行く人がいることで、最後の一歩を踏み出せたのかもしれない。

そう考えると、ものすっごい感謝してます。

ということで急遽、友人と2人でバンジージャンプに行くことになったよ。

バンジージャンプ決行日1週間前

バンジージャンプ決行日の1週間ほど前から、口から心臓という心臓がコンニチハしてしまうのではないか、というほどの強いプレッシャーを感じておりました。

『飛んでる最中に気絶してしまうんじゃないだろうか』
『主に下半身の方をびしょびしょに濡らしてしまうのではないだろうか』
『前だけならまだしも、後ろのバンジーがジャンプしてしまうんじゃないだろうか』
『ダイブしたバンジーが自分の顔面にダイレクトアタックしてくるんじゃないだろうか』

とかとか。

すべて杞憂でした。

まぁ、とにかく現地に向かうとしましょう。レッツゴー。

バンジージャンプ当日

今回お邪魔させていただいたのは、「猿ヶ京バンジージャンプ」

バンジージャンプの料金

f:id:afrokanchan:20161010112121p:plain

■ 料金
1回目:10,000円
同日2回目:6,000円
2回目以降:8,000円(要認定書&身分証明書)
みなかみ・猿ヶ京同日コンボ:15,000円

みなかみ・竜神・奈良・五木バンジーの経験のある方: 1,000円割引 (要認定書&身分証明書)

クレッジトカード決済も承っておりますが、当日は現金のみとなっております。

同じく、バンジージャンプが運営する「竜神バンジー」は1回15,000円なので、「猿ヶ京バンジー」は比較的安めの値段設定。

リピート割引もあるので、1度目でハマった人はもう一度飛ぶといいと思うよ。
ちなみに、同じ日に飛んだお兄さんは2回飛んでたよ。後ろ向きで。最初、ウサギみたいにビビってたけどね!?

バンジージャンプの予約方法と参加条件

  • 営業時間:9:00-17:30 (16:30がラスト受付)
  • 冬季期間を除き毎日営業(冬季期間は木・金曜日定休)
  • 年齢制限:15歳以上 ※20歳未満の場合は、ご両親または責任者の方同伴で確認書に署名していただく必要があります。
  • 体重制限:40~105kg
  • 健康な方

24時間オンライン予約が可能。予約は、Booking | Bungy Japanまで。不明点は0278-72-8133 (8:30~17:30) に連絡すればOK。

僕は9月3日(土)に行きましたが、予約も当日の運びもスムーズでした◎。

猿ヶ京バンジージャンプ!高さ62mから飛んできたよ

f:id:afrokanchan:20161010113727j:plain

埼玉→群馬間をレンタカーでGO。車内はゆる〜いテンション。

レンタカー各社の料金を比較し、その場で予約出来る!期間限定プランもあり

f:id:afrokanchan:20161010114110j:plain

到着。駐車場があるので安心ですね。
車の後ろは崖になっているので、ここからバンジーしないように注意。

f:id:afrokanchan:20161010114225j:plain

そこからちょっと上に登ると、「いかにも」という旗が見えてきます。

f:id:afrokanchan:20161010114657j:plain

着いたで、オラァ!

f:id:afrokanchan:20161010114334j:plain

まずはここで受付を済ませます。
※スタッフのお兄さんの撮影許可は頂いております。

f:id:afrokanchan:20161010114512j:plain

一応、健康状態を確認。

f:id:afrokanchan:20161010114535j:plain

飲んだら、飛ぶな!

f:id:afrokanchan:20161010114735j:plain

その後、受付のお兄さんからタブレットを渡され、同意書にサイン。
「もし死んでもうちは責任取らないんで」的なものを書かされました。

あー、これからホントに飛ぶんだね……。

で、体重測定。

f:id:afrokanchan:20161010115057j:plain

自分の体重+装備する器具おおよそ3kgぐらいの数字を手に書かれます。

f:id:afrokanchan:20161010115220j:plain

あ、僕の嫁です。

……という冗談はさておき、スタッフさん方に器具を装着してもらいました。

f:id:afrokanchan:20161010115429j:plain

男性の方々は、TEENポジションを今一度確認しておきましょう。
「少しゆとりがあるぐらいがちょうどいい」とスタッフさんから教わりました。

何事もゆとりが大事です。

f:id:afrokanchan:20161010122305j:plain

ロッカーに荷物を入れて準備万端。
サンダルのレンタルもできるようですよ。

f:id:afrokanchan:20161010115607j:plain

そして、イケメンのお兄さんに連れられ、橋に……。

えっ、ちょちょちょ待って?もう行くの?まだ予約した時間まで30分もあるよ?

f:id:afrokanchan:20161010115856j:plain

こ、心の準備が……。

f:id:afrokanchan:20161010120030j:plain

え?こっから飛ぶの?バカなの?

いやいやいや、お洒落な音楽かかってるけど、え?怖いよ?高いよ?

レディーファーストという名のハンマー

f:id:afrokanchan:20161010122425j:plain

はい、ということでレディーファーストです。友人が先に飛びます。
紳士の風上にも置けないレディーファーストの使い方です。良い子はマネしちゃダメです。下手したら刺されます。

f:id:afrokanchan:20161010122604j:plain

うわ!この子、めっちゃ落ち込んでるよ!

f:id:afrokanchan:20161010122643j:plain

腰、引けてますって。ねぇ。

f:id:afrokanchan:20161010122702j:plain

……手、プルプルしてる。

頑張れ。“レディーファーストという名のハンマー”で頭を思いっきりぶん殴った僕が言うのも何だが、頑張れ。

f:id:afrokanchan:20161010122857j:plain

こいつ、めっちゃ綺麗に飛びやがった。

アクションスタントマン顔負けの超美しい姿勢じゃないか。
何だそれ。あんなに怖がってた姿は何処へ?

f:id:afrokanchan:20161010123202j:plain

もうやだああああああああああ

あ、よかった。紛れもなく彼女でした。
上へ戻ってきた彼女は、それはもう何か一枚皮がむけたような、大人の顔をしておりました。

バンジージャンプ、すげえぞ。

次は僕の番

f:id:afrokanchan:20161010123516j:plain

『いくぜ、BABY☆』

余裕かましてますが、ごめんなさい、手の震えが止まりません。

f:id:afrokanchan:20161010123606j:plain

えーっ。いや、マジ高いって……

あ、あのお兄さん、一つ聞いてもいいですか?

ん?なんだい?

今まで、う◯こ漏らした人って本当にいないんですか?

f:id:afrokanchan:20161010125200j:plain

あぁ、うん。記録上はいないねー

え?『記録上』は?それってどういう……

f:id:afrokanchan:20161010125252j:plain

5!4、3、2……

え!ちょ、ちょっと!えっ!

f:id:afrokanchan:20161010125437j:plain

『う』

f:id:afrokanchan:20161010125506j:plain

『うわああああああああああ!!!!!』

f:id:afrokanchan:20161010125632j:plain

『死ぬううううう!!!!!』

f:id:afrokanchan:20161010125705j:plain

『いやぁあああああああ〜』

f:id:afrokanchan:20161010125912j:plain

『ん?』

f:id:afrokanchan:20161010125933j:plain

『楽しいいいいいいいい!!!!!!』

『生きてるよ!僕、生きてるよ!』

f:id:afrokanchan:20161010130047j:plain

回 収 完 了 。

f:id:afrokanchan:20161010130111j:plain

すみません。めちゃくちゃ楽しかったです。

大自然に身を投げ出す開放感。そして、恐怖に打ち勝った瞬間の喜び。
もう、この世に自分にできないことなど何一つないとさえ思ってしまうほどの圧倒的無敵感。

すげぇ、なんだこの達成感。

バンジージャンプ後

f:id:afrokanchan:20161010131134j:plain

勇気を出して飛んだバンジージャンプの後は、認定証がもらえますよ。

f:id:afrokanchan:20161010130502j:plain

そしてそして、カメラマンさんが撮影してくれた写真も見ることができます。
もし気に入った場合は、写真入りのDVDを3,000円で購入可能。もちろん購入しなくてもOK。
友人は購入しませんでしたが、僕は購入しました。

f:id:afrokanchan:20161010134530j:plain

ちょっとアクシデント

で、受け取ったDVDの中身を見てびっくり。

『これ、友達のやないか……』

なんと、それは僕の写真ではなく、友人の写真が入ったDVDだったのです。
友人の映った写真を見ながら、早速猿ヶ京バンジーに問い合わせ。

すると、すぐに僕の写真データをメールで送ってくれ、DVDも後日発送してくれるとのこと。
間違えて渡してしまった友人様のDVDはそのまま受け取ってください、とのことでした。

スピーディで、何とも紳士的な対応でした。一安心。
3,000円で僕ら二人のDVDをゲットしてしまった!ラッキー!

高さ62m、猿ヶ京バンジージャンプを飛んでみての感想

勇気を出して行って本当によかった。

きっと僕一人では行っていなかったでしょうし、飛べてもいなかったと思います。
一緒に行ってくれる人がいて本当によかったですよ……。

スタッフさん方のあの空気感にもすごく助けられました。
『大丈夫!必要なのは”一歩踏み出す勇気だけ”だよ!』と。

確かに。確かにそうだ。

ただ『怖い』と思っていたバンジージャンプにも、楽しさや感動がたくさん詰まっていましたからね。
勇気を出して一歩踏み出さないと分からないことが、この世にはたくさんあるんだと思いますよ。

「無理だ」と思っていたことも、いざやってみたら案外できてしまったり。
意外にも、自分の中には大きな勇気が隠れていたり、ね。

この先の人生、いつかバンジージャンプを飛ぶ予定がある人はすぐ行きましょう!
明日行きましょう!今すぐ行きましょう! 何のために飛んでるのかは飛びながら考えましょう!

大丈夫!漏らす人はごく稀ですから!

関連記事

スポンサーリンク