顔出しNGブロガーがVALUで上場。VALUの未来と使い方を考える

スポンサーリンク

ようやくVALUの申請が通りました。

有名ブロガーや実業家がこぞって宣伝している、個人の価値を売買するサービス「VALU」。

すでに、ネット上で大きな発言力がある、いわゆるインフルエンサーと呼ばれる有名人たちは多額の資金調達に成功しているようです。

インフルエンサーがインフルエンサーのために、インフルエンサーによるサービス。

引用:【やばい】VALUというサービスがやばいんです – 29歳コンサルタント女子が異世界から思うこと

顔出しNGということがネックになっていたのか、MY VALU公開申請が通るまで1週間かかりました。

実際、僕より後に申請を行った顔出しブロガーさんの方が早く申請が通っていましたしね。

今回は「顔出しNGブロガーである僕がVALU公開に踏み切った経緯」と「VALUの使い方」について語っていきます。

VALU公開に踏み切った経緯

正直なところ、僕の投資に関する知識やビットコインの知識は皆無です。

VALU公開に踏み切った経緯」としては、インフルエンサーたちがVALUでマネーゲーム(短期的な利益を狙い、投機的な取引を行うことという意味で使ってます)のような動きをしていることに疑問を覚えたからなんですね。

あとは単純に「面白そう」だと思ったから。

マネーゲーム自体を否定するわけじゃないですけど、「VALUの本来の使い方ってこれで合っているのかな?」と違和感を覚えたことは事実です。

先日のアップデートで「一日三回の取引しかできない」ようになり、とりあえずのマネーゲーム対策にはなりそうです。でも、気になる人がいても回数制限で投資できないとなるとちょっと違うような気もしてます。

ただ、「応援したい人に投資できる」という仕組み自体は面白いですし、保有しているVA(株)の価値が上がれば単純に嬉しいのでVALU登録に踏み切った次第です。

VALU公開に関しては、「顔出しNGブロガーがどこまでやれるのか?」ってのが根元にありますね。

僕は今自転車で日本中を旅している最中。毎日新しい刺激を受けてます。先日はイノシシを解体したり、田植え作業をしてました。

旅の経験を活かして何か面白いことを仕掛けられないだろうか、と毎日テントの中で妄想を繰り広げております。

「夢はあるけど資金的な理由で実現できない人」を直接援助できるってのがVALUの本来の姿だと思ってます。

僕は元バンドマンです

僕はもともとバンドマンでもあったので、夢追い人の気持ちも少なからず理解しているつもりです。

スタジオ代やライブハウスのノルマ代、レコーディング代、機材費等々。バンドって想像以上にめちゃくちゃお金がかかるんですよ。

バイトに明け暮れる日々の中で、練習時間や作曲時間を削り出すのはかなり厳しい。

せっかく素晴らしい才能があるのにもかかわらず、金銭的な理由でドロップアウトしたバンドマンをたくさん見てきました。僕もそのうちの一人と言っても過言ではありません。

「好きなことやってんだからそれも自己責任だろ」って言っちゃえばそれで終わりなんですが、せっかく上に行ける能力を持ってるのに埋もれさせておくのは非常にもったいない。

もう少しお金があれば、もう少しバイトの時間を削って練習時間を増やせれば。バンドマン時代は毎日こんなこと思ってました。

そういった意味では、個人の価値を売買できるVALUのようなサービスは革新的だと思ってます。

今後、メジャーデビューを目指すバンドマンや新人アイドル、人気者になりたいYouTuber、ブロガー、ニコニコ配信者が出てくるともっと面白くなってくるでしょうね。

マネーゲームを仕掛けて、SNSで煽り、サロンやnoteに誘導する某インフルエンサーたちの動きのせいでVALUが悪く見られているのもまた事実だと思います。

でも僕はこの動きを否定するつもりはありません。noteのときもそうでしたが、単純に「上手いな」って思います。

早く動けるってことはそれだけで才能だと思いますね、はい。

「行動力」関連で、僕が今ハマっている堀江さんの多動力も紹介しておきますね。

かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。

引用:多動力 「はじめに」より

個人の価値を売買するサービス「VALU」とは?

VALU=仮想通貨・ビットコインを用いたマイクロトレードサービス。

会社は「上場」することで世の中から幅広く資金を調達していますが、それを「個人」単位で行えるようになったというイメージですね。

【株式公開の場合】

  • 企業が株式を公開(上場)する
  • 投資家(株主)が株を購入する
  • 資金を元手に事業を拡大
  • 利益を上げて投資家に還元
【VALU公開の場合】

  • 個人がVALU内の仮想通貨(VA)を公開
  • VALU登録ユーザーが他のユーザーのVAを購入
  • 資金を元手に個人が業績向上努力
  • 個人のVAを持っているユーザーが儲かる?

上場した個人に対してVALUを購入し、その人の株主(VALUER)になれるという仕組みです。端的に言えば株式会社の”個人版”

2017年5月31日にリリースされたVALUは、この1週間で2,000人以上の登録者が存在し、今やIT界隈では知らない者はいないレベルにまで発展しました。

まだベータ版なので、これからどんどん新機能が追加されていく予定です。

仮想通貨ビットコインで取引を行う

VALUの登録は無料ですが、VALU内で取引をするには仮想通貨である「ビットコイン」が必要になります。

つまり、VALUの売買を行うにはビットコインを入出金する口座を作らなければなりません。

  • VALU上ではビットコインの購入ができないため、他サービスでビットコイン口座を開設する必要がある
  • その口座からVALUへビットコインを送金することでVALU上での取引が可能になる

VALUだけに限らず、ビットコインやその他アルトコインを取引するためにも口座が必要になります。

まだ口座を持っていない人は、VALUに登録するついでに口座の開設をおすすめします。

おすすめの取引所は「coincheck」と「bitflayer」

ビットコインを入手するには取引所で円と交換する必要があります。

利用者が多く、使いやすいサービスはcoincheckbitflayerあたりでしょうか。僕は両方持ってます。

どちらかを選ぶならばcoincheckがおすすめですかね。

  • 操作がしやすく、見やすい
  • ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の取引にも対応
  • 取引手数料が無料(2017/6/9現在)

口座の開設は無料。本人確認が必要になりますが、本人確認書類を写真で撮ってアップロードするだけなので簡単です。

ちなみに審査には1〜2営業日ほどかかります。

VALUの始め方

VALUトップページの「いますぐ始める」から新規登録(Facebookアカウントが必要)をします。

Facebookの認証ページが表示されるので、VALUを認証。

VALUのFacebookでの投稿公開範囲を「自分のみ」に設定しておけば、VALU関連の投稿はFacebookでは表示されません。

上場するためには「MY VALU」の設定が必要になります。必要事項を記入していきましょう。

TwitterやInstagram、FacebookのSNSアカウントのフォロワーの数などで、VALUの初期発行株数や時価総額が決まるようですね。

ちなみに僕の場合は、「発行VA数1,000」「時価総額1.07200BTC」でした。

各SNSアカウントの内訳は以下の通り。

【各SNSアカウントの内訳(2017/6/9時点)】

  • Twitter:1,132人
  • Facebook:148人
  • Instagram:69人

発行できるVA数はSNSアカウントのフォロワーに依存するので、フォロワーが多い人は5,000VA〜20,000VAほど発行できるみたいです。

イケハヤさんの初期発行VA数は20,000VA。

顔出しNGブロガーが審査に通るまで1週間かかった

「MY VALU」の必要事項をすべて記入し、自分のページに「審査中です」と表示されればあとは待つだけ。

すべて手作業でチェックしているようなので、審査完了まで時間がかかるようです。

ちなみに顔出しをしていない僕は、6/3に申請を出し、その申請が完了するまで1週間かかりました。

「MY VALU」審査中でも、ビットコインを持っていれば他の人のVALUを売買することは可能です。

VALUの仕組み

VALUの仕組みは実にシンプル。

  1. VAを発行する
  2. VAを売買する

たったこれだけ。

詳しくはビットコインで資金調達?VALU時価総額トップのイケハヤさんに会ってきたでも解説しています。

VALUのメリット・デメリット

VALUのメリット

冒頭の「バンドマンが云々〜」という項目でも書きましたが、VALU最大のメリットは「個人に投資できる」って点だと思います。

株主はVAを購入してくれたVALUERさんたちに損をさせないように個人の価値を高めていく必要があります。

逆に「がんばっている人を応援したい」と考えている人も、可能性のある人たちに資金を提供し、その人の価値が上がればその分見返りも期待できるでしょう。

VALUには「優待」という制度もあり、優待を公開している人のVALUを購入すると特典を受けることも可能です。

例えば、時価総額トップのアフィリエイターイケハヤさんは『あなたのブログにアドバイスします』、ゲスプロブロガーのあんちゃさんは『あんちゃが全身全霊で「ありがとう」を伝えます』なんて特典を用意しているようです。

まなはれ
あれ?デジャブ……?

参考:「VALU」は株主優待も面白い!「個人」への投資だからこそ得られる一風変わった優待とは!?

VALUのデメリット

VALUを使用する上でのデメリットやリスクを素人なりに考えてみました。

  • 突然サービスが停止するかもしれない
  • 今後法規制がかかるかもしれない
  • ビットコインの安定性が謎
  • インフルエンサーが持つ影響力には敵わない
  • 顔出しNGブロガーに出資する人はそもそもいるのか?

ざっとこんなところでしょうか。

リリースされたばかりのサービスなので、現行法が及ばない部分も多々あります。いわゆる、インサイダー取引も行われていることでしょうし。

そう考えると突然サービスが停止する可能性は大いに考えられますし、法規制の線も十分考えられます。

どちらにせよ大金を突っ込むのはおすすめしません。単純に「お金を儲けたい」って人はcoincheckなどの取引所からビットコインやアルトコインに投資した方がいいと思います。

まとめ

クラウドファンディングのようにプロジェクト単位ではなく、個人に対して投資できる「VALU」。僕は単純に面白いと思います。

なんというか、Amazonのほしいものリストのビットコインバージョン的なそんな印象。

夢や大きな目的、成し遂げたい何かを持っている個人の可能性に投資できるというのはこれまでにはなかったサービス。

資金的な理由でなかなか目的を果たすことができない個人にとっては、これほど素晴らしいサービスはないでしょう。

とはいえ、インフルエンサーたちの持つ影響力は未だ強大です。

これからのアップデートなどで、そういった夢追い人に平等たる投資を行えるようになってほしいものです。

好きなアーティストとか、好きな配信者とか、好きなYouTuberとか。

どうせなら自分が応援したい人に投資をして、その人がどんどこ面白いことを展開していく世界が見てみたいじゃないですか。

そうすれば自分の持っているVAの価値も上がりますし、応援している人が人気になっていくのは単純に嬉しい。ちょっと寂しいけれど……。

もちろんVALUを公開したノマドチャリダーの僕も自分の価値を上げていけるよう全力で努力していきます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。