ライフハック

捨て上手な人は仕事ができる人?選択する・迷う時間を減らす3つの方法

モノが多くなると、当然選択の回数が増え、迷いの原因になってしまいますよね。

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ』という本の冒頭では──平均的なビジネスマンは探し物をするためだけに1年間に150時間を浪費している──という統計が紹介されています。ここにさらに10時間追加すれば、160時間――これは平均的な1ヶ月の労働時間に等しい数字です。

仮に探し物をせずに済むのなら、毎年約1ヶ月の時間が浮くことになり、単純計算すると「毎週2日半の週末休暇が取れるレベル」に匹敵します。

こうして考えてみると、捨て上手な人は仕事ができる人、というのも納得できますよね。

今回は、生活の中で選択する・迷う時間を減らす3つの方法を考えていきます。

基本ルール

  • 「今決める」ことを徹底する
  • "正しい"優先順位を見極めることを心がける
  • 「選択」を毎日の習慣として組み込んでしまう

後回りをせず今決めること、優先順位を見極め、それを守ること、選択する回数を減らし、習慣化してしまうこと――どれも基本的なことばかりですね。

まずはこの3つを意識するだけでもだいぶ状況が好転していきそうです。実践するのが難しいんですけどね。

ここからはより具体的な方法について触れていきます。

デスク周りは徹底的に効率化

デスクは基本的に作業をする場所なので、いつでも快適な作業ができるよう、常に空きスペースは確保しておきたいところです。

ただデスクはいつの間にか散らかっていたり、仕事に関係のない余計なアイテム・グッズで溢れかえっていたりと、意外と「常に空きスペースを確保すること」って難しいんですよね。

考えられる重要なポイントとしては以下のものがあるでしょうか。

  1. 目的別に保管場所を分ける
  2. モノの置き場所はきちんと決めておく
  3. 使い終わったら元の場所に片付ける習慣を持つ
  4. 余計なものは基本的にデスクに置かない・持たない

いずれも当たり前のことと言えば当たり前ですが、いざ徹底しようとするとかなり大変な作業になりそうです。

もっとも手軽で簡単だと言えるのは、やはり「そもそもモノを持たない」が挙げられるかもしれませんね。

着る服は制服化してしまう

毎朝「今日はどの服を来ていこう?」と悩んで時間を消費してしまうのはあまり効率的とは言えませんよね。

もちろん毎朝の服選びが楽しみのひとつであるということもあるとは思うのですが、少なくとも「服選びに時間をかけたくない」と考えている人にとっては煩わしい作業だと言えるでしょう。

服選びの時間を減らすためにできること

  1. 曜日によって着る服を固定する
  2. 前の晩のうちに次の日着る服を決めておく
  3. 所持する服を徹底的に減らし「制服化」する

究極は「普段の格好を制服化してしまうこと」でしょう。この考えは「ワーク・ユニフォーム」と呼ばれています。

世界的に有名な成功者にも、毎日同じ服装で仕事をしている人がいますよね。

  • ヒラリー・クリントンはパンツスーツ
  • マーク・ザッカーバーグは黒かグレーのパーカー、グレーのTシャツ
  • スティーブ・ジョブズは黒のタートルネックにジーンズ、そしてスニーカー


Justin Sullivan/Getty 出典 : Gawker

オバマ元大統領も「グレーか青のスーツしか着ない」というワーク・ユニフォーム支持者の一人です。

2012年バニティ・フェアのインタビューでは「決断の数を減らしたい。食事や着るものについては決断したくない。なぜなら、決断すべきことが山積みだから」と語ったそうです。説得力ありますよね。


Zach Gibson/Getty Images 出典 : Business Insider

余計なプライドは捨ててしまう

持っていても仕方がない、むしろ捨てたほうがいいような「プライド」は思いの外多い気がしています。

僕の弱点は「すべて一人でやろうとしてしまうこと」ですが、これに関しても余計なプライドが邪魔をしているせいだと言えるでしょう。

どうにも、自分でやったほうが早いんじゃないか、仕事を振ったら迷惑がかかるんじゃないか、という思考からなかなか「誰かにものを頼む」ということができないんですよね。

「一人でなんでもできたほうが格好いいから」だとか「一人でもできるから別に誰かを頼らなくてもいい」だとか、そういった小さなプライドが幾重にも折り重なって「誰も頼らない」という選択をしてしまっているのだと思われます。

一人でなんでもやるにはあまりに時間が限られているし、心身のエネルギーも無限ではないからミスも増える――どう考えても誰かに頼んだほうがいいのにそれをやらない――これはやっぱり「プライド」が邪魔をしているせいなのでしょうね。

もちろんプライドが必要な場合も、有利に働く場合もありますが、ほとんどのケースにおいて余計なプライドは持ってるだけ損です。

まとめ

  • 「今決める」ことを徹底する
  • "正しい"優先順位を見極めることを心がける
  • 「選択」を毎日の習慣として組み込んでしまう

まとめ

  • デスク周りは徹底的に効率化
  • 着る服は制服化してしまう
  • 余計なプライドは捨ててしまう

-ライフハック

© 2021 略してとりてみ