アニメ・映画

【ネタバレなし感想】映画『空の青さを知る人よ』は大人にこそ観てほしい作品だった

映画『空の青さを知る人よ』を観てきたので、さっそくネタバレなしで作品の魅力を語っていきますよ〜。

『空青』はズバリ、大人にこそ観てほしい映画でした!

『空青』のテーマは「閉塞感」なんじゃないかって思う

『あの花』や『ここさけ』の聖地にふらっと行けちゃう僕にとっては、なんだかまた地元の作品が増えたって感じで嬉しいわけですよ。

そういった意味では、今回の『空の青さを知る人よ』は特に、この「田舎特有の閉塞感」がよく表現されていたな、って思います。

たしかにここは田舎——なんだけど、こう、目と鼻の先には「東京」っていう大きな舞台があって、そこに行けば何かが変わるんじゃないか、夢が叶うんじゃないか、って思ったりする。

それでもやっぱり、東京は遠くて、夢なんかもっと遠くて、もしかしたらここは大きな牢屋なんじゃないか、って思ったりする。

これは何も土地だけに限った話じゃなくて、ほら、思春期って、無性に『俺はもっと自由になりたいんだ!』って感じちゃうことあったじゃないですか。

大人になった今になって思えば、あの頃の自分は幸せで、満たされてて、なんでもできて、自由だったのに、その当時は『ああ、自分はここから一生抜け出せないのかな』とか思っちゃたりして。

それが嘘だったとは言わないけれど、とにかくそういう「悶々とした不自由感」っていうのかな。

『空青』にはそういう"もやもやした何か"がよく表現されていたように思うんです。

『空青』は大人にこそ見てほしい作品

"もやもやした何か"ってきっと、いくつになっても、どんな場所にいても抱えているものだと思ってて。

忙しく日々を過ごしていると余計に、「あの頃は持ってたはずなのに、今は持ってないもの」の存在さえも忘れちゃったりする。

昔の自分は持っていたはずの"大事な何か"さえ、いつの間にか見失っちゃってる。

そういう「あの頃持ってたはずの大事な何か」って、きっと誰かから『ねぇ君、大事なこと忘れてるよ』って言われないとなかなか気づかないんですよね。

きっと、今回の『空青』がその役目を担ってる。

『ねぇ君、大事なこと忘れてない?』って、映画を通して伝えてくれてる——そんな気がしたんです。

『空青』はこんな人に観てほしい

何かを諦めそうな人
何かを諦めてしまった人

大事なものが見えない人
大事なものがわからない人

大事な何かを忘れてしまった人
大事な何かを忘れてしまっている気がする人

夢に向かってがんばってる人
夢に向かってがんばっててくじけそうな人

日常に閉塞感を感じている人

——きっとこういう人たちなら、きっと刺さると思います。『空青』って作品は。

毎日の学校生活を気だるげに送っていようとも、夢に向かって一歩一歩進んでいようとも、なんとなく大人になってなんとなく会社に行っていようとも。

きっと夢を持った人なら、日常に閉塞感を覚えている人なら、何か感じるものがあるんじゃないかな、って。

まあ、もともと高校からバンド組んでて? 音楽で飯食っていこうって夢持ってて? それから7年続けて、結局夢諦めて、旅に出て?

それからなんとな〜く大人になって、なんとな〜く毎日を過ごしてる僕が言うんだから間違いない。

映画『空の青さを知る人よ』の感想・レビュー

ここからは、アニメーション映画作品としての感想っていうか、レビューです。

『空青』という作品は「音」にこだわりを感じた

『空青』って作品には、特に「」にこだわりを感じましたね。

あいみょんの主題歌『空の青さを知る人よ』はもちろんのこと、さり気なく流れる挿入曲とか、ギターやベースの音に至るまで、とても丁寧で、切なくて、懐かしくて……。

元バンドマンのベーシストだからか、余計に丁寧に感じちゃいました。演奏シーンとか、音の歪み具合とか、機材とか、『うわあ、しっかりしてるなあ、丁寧だなあ』って。

きっと、「音」が好きな人なら、より楽しめる作品です。

というか、主題歌の挿入のタイミングとか、もうほんと最高だから、一回映画観てくれ……。

あいみょん –空の青さを知る人よ【movie ver.】

声優陣が違和感なくてびっくりした

吉沢亮、恐るべし。

もうね、『あれ? 吉沢亮って声優なんだっけ?』って思ってしまうほど、バリ上手かったですね。

登場人物の性格に声質がぴったりと合っていて、感情もしっかりこもってましたし。

主人公・あおいの声を務めた若山詩音さんも、あおいの姉・あかねの声を務めた吉岡里帆さんも、違和感なさすぎてびっくりしました。

ぶっちゃけ声優にはあんまり期待してなかったんですけど、これはあれだ、もうほんと最高だから、一回映画観てくれ……(本日2回目

ストーリーはもうちょっとどうにかしてほしかったかも

とってもよい作品ではあったんですが、ちょっとストーリーに難ありって感じでしたね、正直なところ。

主人公・あおいの心情描写がもうちょっとあってもよかったかなぁ、と。小説も、映画もね。

きれいにはまとまってると思うので、あとは自分なりに考察して、もっと研究します。

『空青』は小説よりも映画が映える作品

僕、実は映画を見る前日に小説版の『空の青さを知る人よ』で予習してたんですけど、『空青』は間違いなく映画で楽しむべき作品ですね。

何より、音にこだわりを感じたし、音楽もいいし、声優もよかった——となったら、これは映画館に観に行くしかない。今行くしかない。

アニメーションと声と音楽の力はすごい

やっぱりね、僕はアニメってもんが心底好きなんだって思いました。

小説で展開はわかってるはずなのに、それでも、アニメーションと声と音楽の力に圧倒されて、いつの間にか目からツーっと涙が流れてて。

あったかい気持ちになって、ふと後悔して、諦めそうだった自分を心の中に見つけて、『ちがうだろ、そうじゃないだろ』って思ったりしてね。

秋だからかもしれないけど、映画を観たあとにふと空を見上げて、哀愁漂う感じでため息を付きながら、過去に想いを馳せて、『うっし、がんばるか』と独り言つぶやきたくなっちゃうような作品でした。

『空の青さを知る人よ』は映画から? それとも小説から読んだほうがいい?

僕は小説で予習してから行きましたが、『空青』は映画が先のほうがいいんじゃないかな、って思います。

先述したように、『空青』は「音」にこだわりが感じられる作品なので、まずは劇場で世界観を楽しんで、補完的な意味合いで小説を読んでみると、より一層『空青』が楽しめるんじゃないかなあ、と。

僕自身、まだ納得のいってない部分や、考察しきれてないところがあるので、これからもちょくちょく小説読み返したり、また劇場に足を運んでみるつもりです。

まあ、なんだ、『空の青さを知る人よ』はぜひ劇場で!!!!

映画『空の青さを知る人よ』予告2

映画『空の青さを知る人よ』予告

ネタバレありの映画『空青』の感想です。

【ネタバレあり】映画『空の青さを知る人よ』の感想と考察をバンドで天下取れなかった僕が語る

こっちは小説の感想ですが、「ネタバレあり」なので注意です!

【感想・レビュー】小説『空の青さを知る人よ』を読んで考える「空の青さ」とは


-アニメ・映画

Copyright© 略してとりてみ , 2019 All Rights Reserved.