ブログ運営

オカルトブロガーが考える正しいセルフブランディング術とは?

更新日:

ちゃっす、オカルトブロガーのあめのは(@ameyohure)です。

ところで、セルフブランディングってなんなんすかね?

「ブロガーはセルフブランディングが命!」とか「セルフブランディングするならブログを書け!」とか言われてますが、それってどういうことなの、っていう。

正直、セルフブランディングって言葉の意味さえまともに分かってないです。ちょっと調べてみます。

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

セルフブランディング - Wikipedia

これって「個人が自分を売り込んで媒体化すること」ってことでいいんでしょうかね? 肩書きみたいな感じかな?

ということで、今回は「オカルトブロガーが考える正しいセルフブランディング術」についてのお話。

スポンサーリンク

「セルフブランディングに成功した」とは?

今やブログやSNSを通じて個人が情報を発信できる時代になったわけですが、何を持って「セルフブランディングに成功した!」って言えるんでしょうね?

Twitterのフォロワー数が多いとか、Facebookでのシェア数が多いとか? それとも、よく炎上してたりとか?

ありがたいことに、僕の場合はブログでオカルトネタをちょいちょい発信してたら、いつの間にか「オカルトブロガー」って呼ばれることが多くなってました。

自ら「オカルトブロガー」と名乗ったことはないんですが、流れでそうなってた感じ。これは「セルフブランディングに成功した」って言ってもいいのかもしれない。

僕は、セルフブランディングにも「痛いセルフブランディング」と「正しいセルフブランディング」があると思ってます。まずは僕が考える「痛いセルフブランディング」からご紹介させていただきます。

僕の考える「痛いセルフブランディング術」

SNSやブログ記事なんかで真っ先にスルーするタイプの「痛いセルフブランディング」。

宣伝厨

まず、自己中だったり、宣伝しまくりの人ね。これは確実にスルーします。場合によってはミュートにしちゃいます。

自分の利益しか考えてない人はなんとなく分かっちゃうし、裏側が見えない人は信用性が感じられない。

せっかく面白いことやってるんだから、それまでのプロセスとか苦悩、日々の何気ない呟きとかをもっと見たいんですよ、僕は。

完璧な人間なんてこの世に存在しないわけだし、いくら見繕ってもいずれバレます。例え、一時的にわっと盛り上がったところで、結局は忘れられちゃうんですよね、悲しいことに。

どうせ釣るなら全力でやるべきです。最後までやりきって欲しい。あえて釣り針を見せて、炎上とか話題性とかを狙うのもいいとは思うんですけど、「こいつどう考えても釣り針デカすぎやろ」って人はスルーしちゃいますね。

自慢厨

あとは、自慢厨。本当のことだったらいいんですけど、たまに「絶対嘘やろ」ってことを自慢してる人がいるように感じるんですよ。

ネット上ってどうしても自己申告制の世界になっちゃうので、その人が言っていることを100%間違いだと断言することは難しいんですけど。

言ってることは分かるし、すごいと思うけど、実際のところどんな方法を取り入れているのかさっぱり分からない。中身がない。どちらにせよ、嘘だと疑われたらそこで試合終了。

自慢話自体は別にいいと思うんです。単純に「そういう方法もあるのか!」とか「その手があったか!」とか、その発言を見ることで刺激をもらえたりもしますし。

だけど、いつも「こんな有名人と会いました」的なことを書いてる人はどうなのかな、って思います。ちゃんと自分を持っているのかな、って心配になったりします。

個人的には他人や企業のブランド力は思う存分使えばいいと思うんですよ。それが批判を呼ぼうが、賞賛を呼ぼうが、自分のプラスになるんだったら使うべきです。

でも、そんな感じの投稿や発言ばっかりだと、「もしかして自分に自信がないのかな?」って思っちゃうわけですよ。「肝心のあなたは何をしてる人なんですか?」って。

自己顕示欲は悪いものではないです

「人気者になりたい!」って思うことは何も悪いことじゃないです。自己顕示欲は誰しもが持ってますし、自分の存在価値を認めさせたいって思うのは人間の性。

同じように、利益を得ようとすることも、自分や自分の周りの人間の価値を上げようとすることも、悪いことじゃない。むしろ、何もやっていないよりかは断然いいです。

きっと、痛いセルフブランディングに集まってくる人間は、痛いセルフブランディングをしている人たちです。価値観が似ているはずだから。

大事なのは人とのつながり。どうせなら、素の自分を出して、それに共感してくれる人や、自分と価値観が似てる人が近くにいてくれたほうが楽しいじゃないですか?

僕の考える「正しいセルフブランディング術」

「Twitterのブランディングってどうしてます?」「フォロワーを増やすための対策は?」

先日、僕の元にこんな問い合わせがありました。

えっと、僕はTwitterを使う際にブランディングとか気にしてません。フォロワーを増やすための戦略とかも皆無です。

Twitterはあくまで「個人の呟き」として使ってます。日常の中で感じたこととか、新しいアイディアとか、「これってこういうことだよね?」的なのも呟いてますし、意味わからんツイートだってします。

自然体でいることこそ一番重要なセルフブランディング

ただ、ひとつ確実に言えることは、「自然体であれ」ってこと。これに尽きると思います。

顔出ししててもしてなくても、信頼性ってのはめちゃくちゃ重要なファクターです。せっかく個人の意見や考えを発信できるんだから、本音をぶちまけちゃってよ、ってことです。

自然体ってことはつまり、あなた本来の性格や素の人間性が自然と発言に出ている、ってことです。いくら画面上の文字とはいえ、人の言葉には意思が乗っかります。それこそ人間性とか、本音とかね。

同時に、そういった発言が自然とできるってことは、自分のフォーカスがそこにちゃんと合っているってこと。軸がそこにあるってこと。

そうなれば発言に一貫性も出てきますし、価値ある情報をSNSやブログを通して発信することも可能になるんですよ。影響力を持つという点で、この二つはとっても重要なことです。

なんでも発言しちゃっていい

「発言に一貫性を」「価値ある情報を提供せよ」って聞くと、どうしても発言がワンテンポ遅れちゃう気がするんです。「これ本当に投稿していいのかな?」って。

でも、個人的には逆に「なんでも発言しちゃったほうがいい」って思ってます。考えが変わることはよくあることだし、ハッキリと自分の本音を書いてるなら尚更そうしたほうがいいです。

「なぜその考えに至ったのか?」ってことも発信すれば、それすらもブランディングになり得るでしょうし、逆にそこを発信しないと「またかよwwwもうええわwww」ってなっちゃうと思うんです。

そ、だから「自然体」でいることが大事なのです。もっと言えば、すべてをさらけ出してもいいように自然体を磨く、ってのが一番いいです。ツイッタラーの僕には、今の呟きが精一杯ですが。あ、アイコンも大事だよ。

オカルトブロガーが考えるセルフブランディング術

別に「オカルト」のイメージを持たせる気はなかった

「なんでよりにもよってオカルトなんだ……」ってのはちょっと思いますけど、何も持っていないよりかは断然いいです。

幸運なことに、まだオカルトブロガーの席は空いているみたいなので、この調子でケツの4分の1ぐらいは座っていたいものです。

ぶっちゃけ、僕が書いたオカルトネタなんて10記事ぐらいです。記事数的には旅行ネタ、ミニマリストネタのほうが多いですし。

たぶん、それだけオカルトっていうジャンルのインパクトが大きかったのかな、って思います。有名YouTuberの動画説明に僕の記事がリンクしてあった、なんてこともあり、未だにSNSで拡散されてたりします。

あとは「オカルト」っていうニッチなジャンルで検索上位を総取りしてるせい、ってのもあるかもしれませんね。

オカルトは「痛いセルフブランディング」なのか?

実際ですね、僕は「オカルト=痛いセルフブランディング」だと思ってます。

だって、ひとりかくれんぼ幽体離脱明晰夢も、すべて厨二病チックじゃないですか。

「8年間同じ世界の夢を見てる」とか「玄関に身長5mぐらいの赤い女が立ってた」とか書いちゃってるんですよ? どう考えても頭沸いちゃってますよね?

でも、それも引っくるめて僕を「オカルトブロガー」っていう立ち位置に押し上げてくれてたりするわけです。

そう考えると、痛いセルフブランディングもセルフブランディングになったりするのかな、って。

オカルトは絶妙な立ち位置にいるジャンル

「オカルト」って、いい感じのところにいるジャンルだと思うんですよ。ブログってのは割と正確性が求められるもんだと思ってますが、オカルトにそんなものはないわけです。

実際に僕が見て聞いて体験したことなので、すべては真実なわけですが、記事を読んだ人の中には「絶対作り話だろw」って思った人もいるはずなんですよ。

でもね、オカルトって都市伝説と一緒で、「嘘か本当か、なんてことは別にどうだっていい」んだと思うんです。重要なのは、面白いか、面白くないか。たったそれだけなんです。

面白ければ拡散されるし、面白くなければまったく拡散されない可能性だってある。逆に、面白くないのに拡散されてる記事ってのもありますが、それは個々人によって考え方が違うと思うのでここでの言及は避けます。

つまり、書こうと思えばいくらだって「作り話」は書けちゃうわけで、いくらでも「怖い話」は思いついちゃうわけ。面白い話もどんどん書けちゃうかもしれない。

だけど、これらのオカルト記事はすべて僕が「真実です」って言ってる話なんですよ。ブログ上では真実なわけ。ネット上では本当のことなわけ。ここが重要。

僕が真実だと言っている以上、それが本当に現実に起こった話なのか、それともただの作り話なのか、ってのは僕自身にしか分からない。僕が見ている世界がそうなのだから仕方がない。

だからオカルトってのはいいんです。僕にとっては現実のものが、読み手によって非現実に変わるかもしれないから。その非現実性がネットを介して伝染するかもしれないから。

「オカルトブロガー」の僕は「心霊現象否定派」の人間

すべてが作り話だったら、きっと僕はここまで詳しい検証も、実験も、考察もしてなかったんだと思うんですよね。心霊現象否定派の人間にもならなかったかもしれないわけです。

オカルトにさえ手を出さなければ、「一週間のうち3回は金縛りになる」なんてこともなかっただろうし、「催眠音声作品の制作依頼協力」の話も来なかったと思うんです。

別に、僕は「オカルト」ってイメージをつけたかったわけではないんですよね。ただ単に「こういうことがあったよ」ってことを伝えたかっただけで。

オカルトブロガー、自転車で旅してた人、元バンドマンの人、フィリピン留学してる人とか、実際、人によって僕のイメージなんてまるっきり違いますしね。

セルフブランディングなんて自分の思い通りになるほうが珍しい

たぶんですよ? セルフブランディングって自分の思い通りになることのほうが珍しいんですよ。きっとね。

だって、実際僕は「オカルトブロガー」って立ち位置を望んでいたわけではないし、単純に僕の興味のあることを発信し続けてただけなんです。

自転車旅であったり、フィリピン留学であったり、ミニマリストであったり。それがたまたま「オカルト」になっただけで。

SNSでの発言だってそうだと思います。「フォロワーを増やすための戦略? そんなもん知らないです」っていうブランディングもあるだろうし、「クソリプに定評のあるブロガー」だって立派なブランディングだと思うんですよ。それが本当の自分ならね。

等身大のブランディング

ちょっと背伸びして自分を高める、って方法もあるかとは思いますが、やっぱり一番いいのは「等身大のブランディング」。

自分がリアルに感じていること、思っていることだからこそ、共感してくれる人も増えてくるし、応援してくれる人だって出てくると思うんですよ。

ブログだってそうです。自分の考えとか持っている知識、これまでの人生とかがブログに残るんです。

ブログを読んでくれる人が増えれば、自然と知名度は上がっていくはず。それに、「このブログを書いている人はどんな人か?」ってのも分かってもらえたりするからブログすごい。

セルフブランディングって一見難しそうな感じがするんですけど、実際のところ「等身大をさらけ出す」ってのが一番いい方法なんじゃないかな、って思います。

自然体で自分がいられるように、日々自分を成長させていくわけです。たぶん、それが本当の意味でのセルフブランディング(Self-Branding)なんじゃないかなぁ。

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人

あめのは

オカルトブロガーです。とりあえずやってみる(=略してとりてみ)をモットーに、オカルト・ミニマリスト・旅行などの情報や体験談を発信中。フィリピン・セブ島に移住しました。

詳細プロフィール

-ブログ運営

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.