生活

夏の終わりがいつまで経っても寂しい件wwwww

更新日:

はい、今年もやってきました。夏の終わり。

いつまで経っても寂しいこの季節。ずっとこの夏が続けばな、なんて思っちゃうこともあります。

きっとこの先も楽しいことはあるし、来年になればまた夏はやってくる。

それでも、それでもこの夏はもう二度とやってこないんだよね。それがたまらなく寂しくて、切なくて。

ちょっと思い出に浸ってみようかな。

スポンサーリンク

夏の終わりはなんでこんなに寂しいの?

それにしても夏の終わりってなんでこんなに寂しいんだろうね? 困っちゃうね?

それでも終わっちゃう、夏。2017年の夏。今年もいろんなことがあったよなぁ。

認めたくないけど、認めなくちゃならない。今年の夏は、終わり。心のどこかで認めたくない自分もいるけど、この寂しさを乗り越えるしか道はないわけです。

ね。

ぼーっと考えてても、悩んでても、きっと僕はこの事実を認めることができません。ちょっと曲の力を貸してもらいましょ。

夏の終わりに聴きたい曲ベスト3

1.secret base ~君がくれたもの~ ZONE

アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のEDでもカバーされてます。[secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)]

こっちは大人の事情で動画貼れないので、ぜひ自分で探して聴いてみてください。アニメのほうも観て欲しいなぁ。

2.DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌です。DAOKOさんの声がめちゃくちゃ好みです。心がキュッと切なくなる。

3.森山直太朗 - 夏の終わり

もう説明は要らないよね?

4.奥華子 - 変わらないもの

動画貼ってないけどぜひ聴いてみて。

今年の夏も楽しかったよね

自転車旅100日戦争

ついこの前まで自転車で日本を旅してたんです、僕。100日ぐらい旅してて、ふと「留学行こう」って思い立って、旅の途中で帰ってきたんです。

旅は正直とっても辛かったけど、素晴らしい景色や人に出会えたし、これまで一度も行ったことがない場所にもたくさん行けました。

控えめに言っても僕はインドア派で行動力があるタイプじゃないので、旅に出る前は不安でいっぱいだったんですよ。

「宿はどうしよう」「知らない人に話しかけるの億劫だなぁ」「ゲストハウスってどう泊まるの?」「外人こわい」「パンクしたらどうしよう」

きっといま行かなかったら一生後悔するだろうし、このままじゃ前に進めないって思いました。「こんなに勇気出したのいつ振りよ?」って感じです。

旅に出てなかったら留学に行こうなんていう気持ちにもならなかったし、会えなかった人たちだってたくさんいます。

世界は思ったよりも優しくて綺麗だったよ。

おかげで肌は人生で一番黒く焼けてしまったけど、自分の腕を見るたびに「あぁ、今年の夏は楽しかったなぁ」って思うんです。

でも夏、終わっちゃうんですよ。

スプラトゥーンとモンスターハンター

いまはニンテンドースイッチが品薄の状態が続いてますよね。

僕は幸運にも自転車旅に出る前にニンテンドースイッチが手に入ったので、今年の夏はゲーム三昧でした。ちなみに旅にも持って行きました。

家に帰ってきてからはひたすら家にこもってスプラトゥーン、スプラトゥーン、スプラトゥーン。

僕の部屋、いまどきクーラーがなくて、めちゃくちゃ暑いんですよ。何もしてなくても汗びちゃびちゃ。

コップに麦茶を注いで机の上に常駐。扇風機を「強」に設定して首は固定。首にはタオルを巻いてね。

一日何時間もスプラトゥーンやってました。なんどコップの麦茶を注ぎ直したか。

友人を家に招いてずっとゲームしてた日もありました。まるで学生の夏休み。中学生に戻った気分でした。

お菓子を買ってきて、コーラも買ってきて、畳の部屋でひたすらゲーム。騒いで、疲れて、ひぐらしの声に包まれながら歩いた帰り道。夕日が綺麗だったなぁ。

だんだん日も短くなってきて、朝晩、肌に触れる風もひんやりと冷たくなってくるのかなぁ。

夏が、終わる。

今年の夏にやり残したこと、ない?

あるよ、あるある。でもこれは僕が「やらないこと」を選んだんだろうね。

かわいい女の子と線香花火がしたかった夏だし、かわいい女の子と花火大会にも行ってみたかった夏だし、かわいい女の子の浴衣姿に目を奪われて顔じゅうをわたあめでベタベタにしたかった夏なんです。

「あぁ、今年の夏は何もなかったな」なんて。本当はたくさんあったんですよね。思い返してみれば。それでも何か物足りない。

きっと来年も、再来年も、いつになってもこの「物足りなさ」は失われることはないんでしょう。だって、それが夏の終わりだから。

もうあの頃の夏には戻れないの?

タイムマシンができない限り、あの頃の夏にはもう戻れません。悲しいけどね。寂しいけどね。

だから「この夏がずっと続けばいいのに」なんて思っちゃうんですよね。

24時間テレビも終わったし、甲子園も終わった。セミもこれから静かになってくるんでしょう。

制服姿で自転車に二人乗りしてる学生を見るとね、すごく切なくなるんですよ。羨ましいっていう気持ちと、「あぁ、夏だなぁ」なんて気持ちと。

あの二人はきっとこれからいろんな出会いがあって、いろんな別れがくるんだろうなぁ、とかとか。

受験とか、仕事とか、いろんな悩みがどんどん積み重なっていって、もうどうしようもないときがくるかもしれない。

でも「夏だから」って理由だけでちょっとでも前に進めたらいいと思うんですよ。夏だから。

僕らの夏は終わらない。

なんだかんだ秋もいいよね

夏は終わり。夏は終わる。今年の夏はもうこない。

けど、次は次で楽しみがいっぱいでしょ? ほら、秋だよ?

コンクリートの匂いなのか、木々の匂いなのか、なんなのかわからないけど、風に乗ってふわっと秋の香りがしてこない?

迎えに行こう、秋を。来年の夏を。やり残したことがあるならギリギリまであがいてみせよう。

「ごめんね」も、「大好き」も、「またね」も、「さよなら」も、夏の終わりならすっと口から出てくるはずです。

夏っていいよなぁ。

風になる - つじあやの

P.S.あの頃の僕へ

「昆虫博士」は楽しい? 「ぼくのなつやすみ」は進んでる? 『ひぐらしのなく頃に』観てビビってたりしない?

カブトムシにちゃんと水やってる? 好きな子にはちゃんと告白できた? どうして「浴衣姿かわいいね」の一言が言えないの?

でも安心して。いつだって今年の夏は一番楽しいっす。

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人

あめのは

オカルトブロガーです。とりあえずやってみる(=略してとりてみ)をモットーに、オカルト・ミニマリスト・旅行などの情報や体験談を発信中。フィリピン・セブ島に移住しました。

詳細プロフィール

-生活

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.