大自然に癒されろ。セブ最大の滝「カワサンフォール」を観光してきた

スポンサーリンク

ちゃっす。あめのは(@ameyohure)です。

人生初のフィリピン・セブ島留学に来てから、初のウィークエンドです。

慣れない環境&毎日の英語のレッスンに身も心もくたくたでやんす。週末ぐらいは観光地でリフレッシュしてもいいよね。

ってなわけで、セブの定番観光スポット「カワサンフォール(Kawasan Falls)」に行ってきました。最後にダイジェストムービーもあるよ!

カワサンフォールとは?

セブの秘境「カワサンフォール」は、日本では見られないような美しい水の色が魅力のスポット。

カワサン目的でセブを訪れる人も近年では増えているみたいですね。ザ・マイナスイオン!

セブ南部にあるカワサンフォールは行くまでがちょっと大変ですが、セブ市内では体験できない大自然を満喫することができますよ。

サンダル・スニーカーを持参していこう

カワサンフォールは3つの滝で構成されてます。途中に急な階段があったり、山道を歩いたりもするので、2つ目・3つ目の滝を目指す予定の人はサンダル・スニーカーを持参していきましょう。

現地でも借りることができますが、もちろん濡れてたり、汚れてたりします。「そんなのへっちゃらだぜ!」って人以外は快適な時間を過ごすためにも、靴、持っていこう。

ちなみに僕はKEENのサンダルで突撃しました。SONY HDR-AS300Rとか、防水のカメラもあると素敵な映像が撮れますよ。

岩場から滝壺にダイブできる場所もあるので、怪我には十分に気をつけて大自然を満喫しましょう(調子乗ってたらカメラ破損した勢の感想)。

あと、おかしや飲み物などは事前に購入しておくのがおすすめです。カワサンフォール付近にも売店はあるんですけど、やっぱり観光客価格なので。

カワサンフォール&モアルボアルのツアースケジュールと料金

カワサンフォールのツアースケジュールはこんな感じです。

  • 05:00 集合(バンで移動)
  • 08:00 カワサンフォール到着
  • 08:15 キャニオニングアクティビティスタート
  • 13:00 昼食
  • 15:00 モアルボアル(ペスカドーラ島、シュノーケリング、サーディンラン、ウミガメ)
  • 19:00 解散

カワサンフォールは、ビーチリゾートして人気のモアルボアルから近くにあります。モアルボアルとカワサンフォールをセットで楽しむ観光客も多いみたいです。

予定では17:00解散になる予定だったんですけど、2時間ほどの遅れが出ちゃいました。15:00からモアルボアルってなってますが、それは別記事に書いてます。

「明るいうちにセブに戻りたいよ!」って人は、15:00ぐらいにはカワサンフォールを出発しましょう。時間には余裕を持って行動すべし。

モアルボアル含めて一日にかかった料金はこんな感じ。11人で行きました。

  • ツアートリップ:2,000ペソ/1人あたり
  • バン:580ペソ/1人あたり(内訳:5,000/12時間+1,225ペソ/延長3.5時間+駐車場代150ペソ)

合計:2,580ペソ/1人あたり

カワサンフォールに行く方法

カワサンフォールに行く方法は、「ツアーに申し込む(7000〜10000ペソ:自動車+ガイド)」or「自分たちでバスを利用して行く」の2つが一般的です。

僕らは、語学学校が提携している旅行会社の割引を受けられたので今回はバン移動でしたが。

カワサンフォールまでバスで移動したい人のためのまとめ

  • バス停は「サウスバスターミナル(SMモールからタクシーで10分ぐらい)」を利用
  • 案内板から「BATO via BARILI(「BATO via OSLOB」には乗らない)」の表示を探す or 「カワサンフォールに行きたい」と近くのスタッフに伝える
  • バスは「エアコンなし」と「エアコンあり」の2種類。エアコンありのバスがおすすめ。乗車賃は車内で支払う
  • バスは乗客で席が埋まった時点で発車。出発時間は曖昧だが、1時間に一本はバスが発車する
  • 車内はエアコンが効いている。一応、羽織るものを持参していく
  • バスが出発する前にお手洗いには行っておく(片道3時間ぐらいなので)
  • 降りるタイミングが不安な人は、バス添乗員 or 近くに座っている現地の人に「カワサンに着いたら教えて」とお願いしておくのがベスト

カワサンフォールでかかるお金

バスを降りると「案内したるで」ってなガイドがたくさん寄ってきます。集合写真を撮ってもらいたい人、自分たちで周るのが不安な人はガイドがいると心強いですね。

「1人分の料金はいくらなのか?」「全員でいくらになるのか?」「ガイドは1人分しか払わないよ?」ということをしっかりと確認しておきましょう。値段交渉もここで。

そういうのが面倒な人は、事前にツアーを申し込んでおくか、ガイドなしで散策しちゃいましょう。

  • 入場料:40ペソ/1人あたり(フィリピン人は20ペソ/1人)
  • 荷物保管費用
  • テーブル:500ペソ
  • ライフジャケット:100ペソ/1人あたり
  • 食事代
  • シャワー&トイレ代:10ペソ/1回あたり(着替え可)

ちなみに僕らは、キャニオリング、入場料、ガイド、ランチなど、まるごと含めてツアーに申し込んで行きました。いちいちお金を払う手間がないのでとっても楽ちんでした。

キャニオニングとは、自然を感じながら川や沢の流れとともに 自分の身体ひとつで渓谷を下る アウトドアアクティビティです。 岩が水により削られて出来た天然のウォータースライダーを滑ったり、天然のプールに思いっきり飛び込んだり、大自然との一体感とスリルを味わえるリバースポーツです。

引用:キャニオリングとは | グランデックス

そう、今回のカワサンフォールは「キャニオリングツアー」なのです! たくさん川にダイブしてくんよ!

カワサンフォールに到着

キャニオリングスタート

「HIGHLAND ADVENTURES」にやってきました。ここで受付やら、準備やらを済ませます。

モーターバイクに乗り——

山っぽいところに到着。ここから20分ぐらい山道を歩きます。超アクティブ。

やっとそれっぽいところに着きました。ここからはひたすらダイブタイムっす。

みんなで連なって川を下ったり——

滝壺に落とされたり——

大自然の中を歩いたり——

歩いたり。

飛んで——

飛んで——

飛ぶだけの簡単なお仕事です。

カワサンフォールの定番スポットに到着

1時間ほどキャニオリングして、ようやく「カワサンフォールといえばココ!」ってな場所に到着しました。

やっぱりセブ屈指の観光スポットってこともあってか、日本や韓国、欧米人風の観光客がよく目に入りましたね。

腹減ったし、体痛いし、寒いし、疲れたしで、もうへろへろっす。

でもね、実は次が本番なんですよ。

イカダに乗って滝の瀑流に打たれてみた

えっと、控えめに言って「クレイジー」です。竹でできたイカダに乗って滝の真下まで移動し、爆流にひたすら打たれる、ってなアクティビティです。

写真だとわかりづらいんですが、この滝めちゃくちゃ勢い強いんですよ。ズゴオオオオオ、って音が響いてるんですよ。なんたってセブで一番大きい滝ですからね。

もうね、アクティビティってレベルじゃない。ここまで来ると、もはや修行の域です。悟り開いちゃいますよ、セブで。

それじゃあ、いってくるよ\(^o^)/

ごめ、無理ぽ

ちょちょちょちょ、痛い! 痛いって!

あああああああああああああああ!!!!!

(腕もげてないよね?)

冗談じゃなくて腕もげるかと思いました。マジで。

僕ね、ガイドの人に「お前、男やろ!」ってワケワカメな理由で滝の勢いが一番強い場所に座らさせられてたんですよね。

首、上がんないんですよ。滝の勢いで。上から複数人に思いっきりぶん殴られてる感覚なんです。リアルに死ぬかと思いました。

これ、本当にハンパじゃないです。滝の勢い強すぎ。滝の音が大きすぎて会話できないレベル。たぶん誰かがゲロ吐いてもバレないです。

滝から川にダイブ&ターザンごっこ

この滝から左側にちょっと登っていくと、滝から川にダイブできたり、ターザン風に飛び込みできたりする場所があります。

どっちも無料で体験できるんで、変な客引きに引っかからないようにご注意を。

慣れるとこんな感じで飛べちゃいます。ただし、超危険なので良い子はマネしないように。

ケガだけには十分気をつけよう!

最後になりますが、ひとつだけアドバイスを。キャニオリングも、滝も、ダイブも、すべて自然での遊びです。

自然を相手にするってことは、常に自分の身の回りに危険がつきまとう、ってことです。くれぐれもケガだけには気をつけて、大自然を満喫しましょう。水分補給もしっかりね!

川へダイブするときのコツは、できるだけ表面積を減らすこと。まっすぐ落ちるようにする、ってことっす。背中とか、お腹から落ちるとめっちゃ痛いです。

できれば手もまっすぐ下に向けておくか、胸に置いておく、あるいはバンザイの姿勢で飛び込むといいです。

僕は変な着地をしてしまったせいでカメラと肋骨を破損させてしまいました。と言っても、あまりに変な落ち方をしなければケガをすることはないのでご安心を!

セブにいらっしゃった際には、ぜひカワサンフォールで大自然を満喫してみてくださいね。

カワサンフォールダイジェストムービー!

スポンサーリンク

スマホ料金を断捨離! 自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ! WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!