【旅23日目】自転車京都観光4日目。京都の魅力に感動が止まらない

スポンサーリンク

京都のゲストハウス「京都ジェイホッパーズ」に拠点を置き始めて今日で4日目です。

メインのカメラも直ったことだし、今日は全力で京都観光をしていきたいと思います。

それでは自転車旅23日目スタートです。

前→【旅22日目】カメラの修理が終わったぞ!大阪観光道頓堀へGOGO

三十三間堂

国宝の三十三間堂さんじゅうさんげんどうにやってきました。

正式名は蓮華王院れんげおういん、その本堂が「三十三間堂」と通称されています。

「三十三」という数は観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表し、東面して南北に伸びる堂内陣の柱間が「33」あるという建築的な特徴からきています。

地上16メートル、奥行き22メートル、南北120メートルの長大なお堂。

堂内には国宝 千手観音坐像重文 千体千手観音立像が安置されています。

左右、計1,000体の等身観音立像に囲まれてお堂中央に安置されているのが丈六の坐像「中尊ちゅうそん」。

像高は3メートル余で、檜材の寄木造りで全体に漆箔が施されています。42手で「千手せんじゅ」を表わす通例の像形。

そして、前後10列の階段状の壇上に整然と並ぶ等身大の1,000体の観音立像

各像は頭上に十一の顔をつけ、両脇に40手をもつ通形を取っています。

その光景はまさに圧巻。

思わず拝みたくなってしまうような、荘厳とした雰囲気です。一度見てみるべき、素晴らしい眺めです。

終始鳥肌。感動の涙を我慢していたら今度はくしゃみが出そうになりました。

もちろん堂内は撮影禁止なので、少しでもその雰囲気を知りたい方は三十三間堂の公式ホームページを覗いてみてください。

【正式名称】蓮華王院 三十三間堂
【住所】〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町657
【拝観時間】8時~17時(11月16日~3月は9時~16時) 年中無休、受付終了は30分前
【拝観料】一般600円・高校中学400円・子供300円
【TEL/FAX】(075)561-0467
【E-mail】

清水寺

お次は清水寺に向かいます。

日曜日ということもあってか、修学旅行生、外国人観光客が多かったですね。

「清水寺」の境内にある「地主神社」は、恋愛成就の神さまとして全国的に有名な古社です。

江戸時代から恋占いをする人で賑わっていたと言われています。

本殿の前には「恋占いの石」と呼ばれる2つの石が10mほどの距離をおいて鎮座されています。縄文時代からずっとここにあるそうですよ。

「目を瞑って一方の石から反対側の石までたどりつくことができたら恋が叶う」というお馴染みの占いが横行してました。

みなさん早く良縁に出会えるとよろしいですね。

まなはれ
もうちょっと左!あっ、違うよ!あと一歩前だよ!
あめよふれ
残念だけど君の声はみんなには聞こえないと思うよ?

そこから階段を下り、「音羽おとわの滝」に向かいます。

音羽の滝は3つに分かれており、正面から見ると右から健康、恋愛、学問という具合に並んでいます。

実際に滝の水を飲むときには滝の内側から手を伸ばすことになるので、実際の順番は左右反対になりますかね。

音羽の滝での注意ポイント2つ

流れ落ちてくる水を柄杓を使って飲むわけなんですが、この飲み方を間違えるとせっかくの後利益がなくなってしまいます。

注意すべき点は2つ。

1.3つ全部飲んじゃダメ

はい、これね。

『健康・恋愛・学問の願いをすべて叶えた〜い!』と3つすべての水を飲むのは最もやってはいけない飲み方です。

土日などの混雑時にはたくさんの人がここ音羽の滝に並びます。

もちろんこういった時間的な問題もありますが、かといって空いているときでも3つ全部飲んじゃダメ。

3種類全部飲んでしまう人は「欲深い」とされ、ご利益を全て失うと言われています。

まなはれ
私全部飲んじゃったよ……!
あめよふれ
幽霊だから平気じゃない?

2.柄杓に入れた水は一口で飲む

柄杓に入れた水は一口で飲みきりましょう。

というのも、『二口目はご利益が2分の1に、三口目はご利益が3分の1に減ってしまう』と言われているからなんですね。

一口で飲みきれない量を入れてしまうのもまた、「欲深い」とされてご利益がなくなってしまいます。

まなはれ
たくさん飲んだ方がいいと思ってタプタプに入れちゃったよ……!
あめよふれ
欲深さが前面に出てるな

そしてやってきました。清水寺といえばここ「清水の舞台」。

必死の覚悟で実行するときに『清水の舞台から飛び降りる』なんてよく言いますよね。

残念ながら修繕中。思っていた姿とは違ったけれど、こういう姿も貴重です。

【正式名称】清水寺
【住所】〒605‐0862 京都市東山区清水一丁目
【拝観時間】通常6:00より開門。詳しくは公式ホームページから
【拝観料】一般・大学・高校400円 小・中学生200円
【TEL/FAX】075-551-1234/075-551-1287
【E-mail】

平安神宮

大きな鳥居ですね〜。

自転車は岡崎公園駐車場に。地下なのでちょっとわかりにくいですね。

平安神宮に到着しました。

とても広い。

まなはれ
うわっ、広〜い!

さて国指定名勝 神苑に進むとしましょう。拝観料は600円です。

これは平安遷都1100年を記念して京都市内に敷設された日本で初めての電車です。

平安神宮の創建と同じ明治28年、廃止になった年からこの一隅へ展示されています。

まなはれ
チンチン電車なんて初めて見たよ!
あめよふれ
これはすごいな
国指定名勝の神苑は圧巻ものです。意外と人は少なかったですね。

あめよふれ
アヒルや!
まなはれ
お水を飲んでるよ!

とにかく、これは来て損はないですね。

東神苑

【正式名称】平安神宮
【住所】〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎西天王町
【拝観時間】6:00~18:00
【拝観料】無料 但し、神苑入苑へは有料
【TEL/FAX】075-761-0221/075-761-0225
【E-mail】

銀閣寺

さてと銀閣寺橋にやってきました。右側に進むと哲学の道です。

銀閣寺の入り口まではお土産屋さんがたくさん並んでいます。

まなはれ
そば食べたい!あ、八つ橋も食べたい!アイスも食べたい〜!
あめよふれ
ちょっと静かにしてくれる?

正式名称は東山慈照寺。銀閣寺の名の由来は、江戸時代金閣寺に対して銀閣寺と称せられるようになったと言われています。

総門。

足利義政が鹿苑寺の舎利殿=金閣を模して造営した楼閣建築、観音殿=銀閣です。

まなはれ
全然銀じゃないじゃん
あめよふれ
今時小学生でも知ってます

銀沙灘

反対岸にちらっと見えているのが向月台ですね。

【正式名称】慈照寺 通称、銀閣寺
【住所】〒606-8402 京都市左京区銀閣寺町2
【参拝時間】夏季(3/1-11/30)午前8:30 ~ 午後5:00 冬季(12/1-  2/末日)午前9:00 ~ 午後4:30
【参拝料】大人・高校生500円 小・中学生300円
【TEL/FAX】075-771-5725/075-771-5439
【E-mail】

南禅寺

江戸時代1628年に建立された南禅寺「三門」。

まなはれ
緑が生き生きしてる!

おっ、ここでも有頂天家族が。

明治23年(1890年)に作られたアーチ橋「水路閣」。琵琶湖の湖水を、京都市内に引く琵琶湖疏水を通すためのものです。

寺の中に近代建築の構造物があるのは珍しいですね。

まなはれ
素敵〜!

ちょっと山登ります。

滝です。

あめよふれ
滝ちっちゃ!?
まなはれ
滝行もできるみたいね〜
【正式名称】南禅寺
【住所】〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町
【参拝時間】8:40~17:00
【参拝料】大人500円 高校生400円 小中学生300円
【TEL/FAX】075-771-0365/075-771-6989
【E-mail】

二条城

世界遺産であり、国宝・重要文化財を有する貴重なお城「二条城」にやってきました。

あめよふれ
大・政・奉・還!大政奉還……?
まなはれ
ちゃんと歴史の勉強しましょうね

二の丸御殿。

庭園。

東本願寺

最後は東本願寺にやってきました。

名勝渉成園しょうせいいん。変化に富んだ景観は「十三景」と称されてます。

まなはれ
すごく落ち着く〜
【正式名称】東本願寺
【住所】〒600-8505 京都市下京区烏丸通七条上る
【参拝時間】8:40~17:00
【参拝料】大人500円 高校生400円 小中学生300円
【TEL/FAX】075-371-9181
【E-mail】

【正式名称】渉成園。通称、枳殻邸きこくてい
【住所】〒600-8190 下京区下珠数屋町通間之町東入ル東玉水町
【開館時間】9:00~17:00(11月~2月は拝観時間9:00~16:00)
【入園料】庭園は自由参観可 庭園維持寄付金 500円以上(ガイドブック贈呈)
【TEL/FAX】075-371-9210
【E-mail】

明日はいよいよ伏見稲荷神社に行きます。

まなはれ
千本鳥居があるところだよね?楽しみ〜!

次→

本日のザックリルート

走行距離:30.0km(Road Bike計測)
高度上昇:-m
高度下降:-m
出費:4,545円
名刺消費数:0枚
スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。