【旅20日目】自転車京都観光1日目。嵐山エリア観光スポット巡り

スポンサーリンク

いよいよ楽しみにしていた京都観光の始まりです。

メインカメラが壊れてモチベーションがダダ下がりでしたが、気を取り直してサブカメラで観光していきましょう。

関連:【旅19日目その1】RX100M3が破損!?大阪ソニーストアへ

荷物をすべてゲストハウスへ預けて、身軽になった自転車でレッツゴー。

ちなみに、カメラが直るまで京都ジェイホッパーズさんに5泊することにしました。宿泊費は5泊で11,000円。まぁ、必要経費ってことで。

では自転車日本一周旅行20日目スタートです。

前→【旅19日目その2】大阪を存分に楽しむ!通天閣と大阪城を観光

一休さん縁の地。竹の寺地蔵院

まずは京都嵐山方面から攻めていきたいと思います。

最初に訪れたのは「地蔵院じぞういん」。

地蔵院は京都市西京区にある臨済宗系の単立寺院で、山号は衣笠山、本尊は地蔵菩薩です。

周りを竹林で囲まれていることから「竹の寺」とも呼ばれています。

ここ地蔵院は一休さん(一休宗純いっきゅうそうじゅんが6歳まで修行していた場所とされています。

まなはれ
アニメの一休さんって、東映アニメーションが製作してきた単体のアニメ作品では、長らく最長の話数を誇ってたんだよ?
あめよふれ
そ、そうなの?
まなはれ
でもね、2007年になって『ONE PIECE』に記録を塗り替えられちゃったの
あめよふれ
へ、へぇ〜!(なんでそんなこと知ってんのこの元カエル)

本堂(地蔵堂)。

引用:Jizo-in Temple, Kyoto

こちらは平成29年2月4日に建立された一休禅師母子像

苔と竹林が素晴らしい地蔵院。訪れる人も比較的少なく、とても静かで良い場所です。

個人的にはかなりおすすめしたいスポットですね。

まなはれ
緑が多くて落ち着く〜
【正式名称】地蔵院(じぞういん)通称、竹の寺(たけのてら)
【住所】〒615-8285 京都府京都市西京区山田北ノ町23
【参拝時間】9:00~16:30(最終入山16:15)
【参拝料】400円
【TEL/FAX】075-381-3417
【E-mail】jizoin_fujita@yahoo.co.jp

講話のクオリティが高すぎる件。鈴虫寺

お次は「鈴虫寺」です。

自転車・バイクは駐車料金無料ですが、車の場合は500円かかります。

美しい……!

ちょうど講話が始まる時間だったので、500円を支払い突撃。

講堂の中に入ると何とも心地よいスズムシの鳴き声が響き渡ってました。

秋だけでなく、四季を通じて鈴虫の音色を聞くことのできる境内。このことから「鈴虫寺」と呼ばれています。

正式名称は「妙徳山みょうとくざん華厳寺けごんじ」。

鈴虫寺講話まとめ

もちろん中にはたくさんの人がいたり、講話も行っているので撮影及び録音は禁止。

講話の内容を簡単に文章でまとめてみました。

  • 草鞋を履いたお地蔵さんは日本でも珍しい
  • みんなの家に行くために草履を履いている。そのため、お願いするときは現住所までしっかりと伝える。心の中でOK
  • 願い事は具体的に。『病気が早く治りますように』だったら病室の番号、病院名まで細かく指定
  • お札は東か南を向かせて、両面テープで。日が沈む西はダメ

24時間使えます。悩みを解決する簡単な3つの方法

すべて小学校3年生までに習う漢字です。

1.今

  • いつやるの?今でしょ
  • 心と体を一緒に。過去に囚われたり、未来を恐れたりしない。常に今。過去や未来について考えること、これを捨てる
  • 今の心を願うと書いて「念願」

2.荷

  • 和顔愛語
  • 現代人は能面のような顔で過ごしてる時間が長くなっている。パソコンやスマホ、電車、買い物
  • 言葉を発しなくても意思の疎通や買い物ができてしまうことが表情を失わせている
  • 余計な荷物は下ろしてしまおう

3.美

  • 美しいものは心を軽くする
  • 美しいものは周りの邪魔をしない。心にすっと入ってくる

まとめ

  • 今やるべきことをたんたんと。この鈴虫のように
  • 鈴虫は損得を考えて鳴いてるわけじゃない
  • 不平不満や損得よりも、今やるべきことを、できることをやる
  • まず自分が変わること

上の3つの漢字を合わせて「今美荷コンビニ」。

どんなに労損ローソンなことがあってもThanksサンクスと手を合わせて、セブンイレブンいい気分で、ファリミーマートな暮らしをどうぞ。

あめよふれ
誰が上手いこと言えと
まなはれ
爆笑してたのどこの誰よ?
【正式名称】華厳寺(けごんじ)通称、鈴虫寺(すずむしでら)
【住所】〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31
【拝観時間】開門9時 閉門17時(最終受付16時30分)
【拝観料】大人 500円、子供 300円(4才~中学生)※茶菓子付き
【TEL/FAX】075-381-3830/075-381-3841
【E-mail】info@suzutera.or.jp

日本第一酒造神!松尾大社

松尾大社(まつのおたいしゃ/まつおたいしゃ)は、京都府京都市西京区嵐山宮町にある神社。式内社(名神大社)で、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。

引用:松尾大社 – Wikipedia

お酒の資料館なんてものもありました。

というのも、室町時代末期以降、ここ松尾大社は「日本第一酒造神」と名高い場所なのです。

農業が進んでいくにつれ他の諸産業も興り、絹織物なども盛んに作られるようになっていきました。

酒造については秦一族の特技とされ、秦氏に「酒」のという字の付いた人が多かったことからも酒造との関わり合いが推察できます。

松尾大社には大山咋神オオヤマグイノカミが御祭神として祀られていて、ここを総本山として全国に20以上の松尾神社が存在してます。

出雲にある松尾神社は通称「佐香神社」とも呼ばれていて、ここで祀られている久斯之神クスノカミは全国から集った八百万の神々に酒を醸し振る舞った、なんて伝説もあります。これを日本酒発祥とする説もあるのだとか。

ちなみに素戔嗚尊スサノオノミコト八岐大蛇ヤマタノオロチを退治するとき、八塩折の酒と呼ばれるめちゃくちゃ強い酒を飲ませた、ってな伝説があるのも出雲にある松尾神社です。

古事記の記述によると、松尾大社の御祭神である大山咋神オオヤマグイノカミは、素戔嗚尊スサノオノミコトの御子である大年神オオトシノカミの御子なんだとか。

引用:松尾大社について

松風苑は改修中のようです。

撫で亀さん。

あめよふれ
ふと思ったんだけど、カメとカエルって仲良いの?
まなはれ
友達のカエルがカメに食べられてるところ見たことあるよ
あめよふれ
えっ
まなはれ
でもカメは好き
あめよふれ
友達食べられたのに!?なんで!?
まなはれ
えっと、緑だから?
あめよふれ
そうですか……

松尾大社の神使い “亀と鯉”。

松尾大社では、大神様が太古、山城丹波の国を拓くため保津川を遡られる時、急流は鯉、緩やかな流れは亀の背に乗って進まれたと伝えられ、以来亀と鯉は神のお使いとして崇められております。

引用:幸運の撫で亀と幸運の双鯉

【正式名称】松尾大社(まつのおたいしゃ)
【住所】〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
【拝観時間】平日・土曜 午前9時~午後4時 日曜・祝日 午前9時~午後4時30分
【拝観料】大人 500円、学生 400円、子供 300円
【TEL/FAX】075-871-5016/075-871-3434
【E-mail】

見晴台からの眺めは最高。法輪寺

渡月橋とげつきょうを渡って法輪寺へ。

嵐山の大堰川に架かる渡月橋は、法輪寺の道昌が川を修築した折に掛けたのが始まりとされており、江戸時代までは法輪寺橋と呼ばれていました。

法輪寺の山門。

この階段がかなりキツい。

石段の途中には電気・電波を守護する鎮守の社『電電宮』がおまつりされています。

さらに階段を登り、ようやく本堂に到着。

左手には多宝塔、右手には舞台と呼ばれる見晴台があります。

渡月橋はもちろん、嵯峨野、東山の山々や京都市内を一望できますよ。

ここからの眺めは抜群です。

【正式名称】法輪寺(ほうりんじ)通称、虚空蔵法輪寺、嵯峨の虚空蔵さん(こくうぞうほうりんじ、さがのこくうぞうさん)
【住所】〒616-0006 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
【参拝時間】9:00~17:00
【参拝料】自由参拝
【TEL/FAX】075-862-0013/075-861-1830
【E-mail】kokuzo@gold.ocn.ne.jp

曹源池庭園&雲龍図!天龍寺

「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている天龍寺にやってきました。

友雲庵から見た法堂へと続く門。

日本の景勝地の第一号として登録された「曹源池庭園そうげんちていえん」。

この庭は天龍寺が創建されたときに夢窓疎石むそうそせきの手によって作られました。つまり、約700年前の面影をそのままとどめているってことです。

なんともロマン溢れる魅惑のスポット。


引用:境内・山内案内

方丈からみた曹源池中央正面には2枚の巨岩を立てた龍門の滝と呼ばれるものがあります。

実はこれ、中国の登龍門の故事になぞらえたものなんですね。

『流れの急な龍門という河を登りきった鯉は龍になる』っていう伝説のアレです。コイキングがギャラドスに進化するアレです。

通常の鯉魚石が滝の下に置かれているのに対して、この石は滝の流れの横に置かれてます。

これは、龍と化す途中の姿を捉えたものだとされています。

おそらく、Bボタンで進化のキャンセルはできない仕様だと思いますが。

天龍寺に訪れる際には、ぜひ「龍門の滝」と「巨岩」に注目してみてください。

息を飲むほど壮観です。

さらに進んでいきます。

こちらは夢窓疎石が持念仏として信仰していた観音菩薩愛の泉

地下80mから湧き出ている泉にはカエルたちが浸かってます。

まなはれ
呼んだ?
あめよふれ
ほら、君のお仲間だよ
まなはれ
ただの置物じゃん
あめよふれ
おまっ

泉の水を飲むと愛と幸を受けるとか、お金を投げてカエルの前のお皿に入ると幸せになれるとか、いろんな言い伝えがあります。

あめよふれ
これ、お金を投げながら水を飲めばめちゃくちゃ幸せになれるんじゃ?
まなはれ
バカなんじゃないの?

竹林が素晴らしい。

さてお次は法堂の中にある「雲龍図」を観に行きます。ここは別途500円を支払う必要があります。

もちろん内部は撮影禁止。写真をご覧になりたい方は天龍寺公式ホームページの雲龍図の案内からどうぞ。

どこにいても龍が見つめてきます。これ一体どうなってるんでしょう?

10分ぐらい天に描いてある龍を見つめながら歩いてたんですけど、どこにいても龍の目が追ってくるんですよ。

なにこれ気持ち悪い。思わずニヤニヤしてしまいました。

このことから雲龍図は八方睨みの龍とも呼ばれています。

【正式名称】天龍寺(てんりゅうじ)
【住所】〒616-8385 京都府京都市右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
【参拝時間】8:30~17:30
【参拝料】参拝料金は庭園(諸堂参拝は300円追加) 大人  500円、大学生 500円 高校生 500円、中学生 300円 小人  300円 幼稚園児以下無料<法堂「雲龍図」の特別参拝は別途500円(一律)>
【TEL/FAX】075-881-1235/075-864-2424
【E-mail】

縁結び進学祈願!嵐山公園を抜け野宮神社へ

天龍寺を出て、嵐山公園へ。

展望台からパシャり。

竹林の小径を通って野宮神社へレッツゴー。

15分ほど歩き、野宮神社に到着しました。

中央の本殿には健康と知恵授けの神・野宮大神(天照大神)。

境内右手の奥には、子宝・安産・商売繁盛の神・白福稲荷大明神、そして財運・芸能の神・白峰弁財天。

野宮大黒天の左側にある神石「お亀石」を撫でながら願い事をすると、一年以内に願い事が成就すると言われています。

多くの参拝者の祈願によって激しく撫で回された結果、このように美しく黒光りをしているのだとか。

引用:野宮神社 亀石

【正式名称】野宮神社(ののみやじんじゃ)
【住所】〒616-8315 京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
【参拝時間】9:00~17:00
【参拝料】無料
【TEL/FAX】075-871-1972/075-871-0796
【E-mail】

多くの芸能人もここに来た!車折神社&芸能神社へ

野宮神社を出ると、すでに時刻は午後5時を過ぎ。そろそろ京都観光も終わりでしょうか。

一旦、自転車を停めていた嵐山観光駐車場に戻ります。

まだ体力には余裕があったので、そこの駐車場の警備員さんにクエスチョン。

「今の時間から回れる観光名所ってどっかありますか?」

「今からだとこれといってないなぁ。17:00で終わっちゃうところが多いから」

「あぁ……」

「もちろん天龍寺とか竹林とかも行ってきたんやろ?」

「はい、いってきました」

「この近くだと、他は『ザ・寺院!』って感じのとこばっかだからなぁ」

「なるほど、また日を改めた方が良さそうですね」

諦めてトボトボと自転車を押し始めたとき、また声をかけられました。

「ちなみに兄ちゃん!どっち方面へ帰るん?」

「えっと、京都駅の方ですね」

「ほんなら車折神社なんてどや?入るだけなら入れるで」

「くるま……ざき……?」

「車が折れる、ってかいて車折神社くるまざきじんじゃや。芸能神社も面白いかもな」

なんと丁寧にパンフレットまで渡してくれて、場所も細かく教えてくれました。

ここから自転車で10分ぐらいで着きそうです。

というわけで「車折神社」にやってきました。

車折神社と芸能神社は全くの別物。車折神社の中に芸能神社があるってな感覚ですかね。

芸能神社というだけあって、芸能人や有名人の方の名前がズラリと並んでました。

ここに来て有名人の名前を探してみるのも面白いかもしれませんよ。

せっかくなので僕もここでお参り。これで人気ブロガー間違いなしですわ。

まなはれ
それはGoogle神にお願いしたら?
あめよふれ
しーっ!
【正式名称】車折神社(くるまざきじんじゃ)
【住所】〒616-8343 京都府京都市 右京区嵯峨朝日町23
【参拝時間】9:00~17:00
【参拝料】無料
【TEL/FAX】075-861-0039/075-872-0670
【E-mail】

ゲストハウスへ戻ります

夕日を観ながら京都のゲストハウスへ帰還。

非常に偏りのある食事をして、今日は就寝です。

さて明日も京都観光だ。楽しみです。

次→【旅20日目】自転車京都観光1日目。嵐山エリア観光スポット巡り

本日のザックリルート

走行距離:不明(未計測)
高度上昇:-m
高度下降:-m
出費:3,704円
名刺消費数:0枚
スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。