【旅19日目その2】大阪を存分に楽しむ!通天閣と大阪城を観光

スポンサーリンク

京都にいます。はい。

前回の記事でも申し上げました通り、メインカメラであるRX100M3が破損しました。

急遽、大阪のソニーストアに持込修理を依頼してくるついでに大阪観光してきます。

今日は自転車乗らねーぞ!

それでは旅19日目その2スタートです。

前→【旅19日目その1】RX100M3が破損!?大阪ソニーストアへ

カメラが壊れた?いやいや、人間、気持ちの切り替えが重要なんです

さて、気を取り直して大阪観光しましょう。

正直、カメラが壊れたショックとそれにかかる費用の大きさに早くも心が梅雨入りしてました。

でもなっちゃったもんは仕方ありません。人間、気持ちの切り替えが重要なんです。

と、無理矢理自分に言い聞かせ、空元気で大阪観光へと足を進めました。

あめよふれ
なんだか痛々しいな

これぞ通天閣!天望パラダイスにも行ったぞ

大阪ソニーストアを後にし、西梅田駅から移動。

こ、これが新世界……!

まず訪れたのは「通天閣」です。上の写真の真ん中に写ってるやつです。

まぁ、大阪のシンボルというか、超定番観光名所ですよね。

通天閣は大阪府大阪市浪速区の新世界中心部に建つ展望塔であり、2007年5月15日に国の登録有形文化財になってます。

公式キャラクターは「ビリケン」。下の写真は第二代ビリケン像で、現在は三代目です。


引用:ビリケン

通天閣の下から上を見上げてみると、綺麗な絵が描かれていました。クジャクかな?

ネットで通天閣を調べていると、どうやら業務目的での撮影・取材は事前に許可が必要みたいです。

僕は個人だし、写真を使用するとしてもブログとツイッターぐらいだし。でもブログでは広告も張ってるし。

正直これが「業務目的での撮影・取材」にあたるのかはわからない。

よし、聞いてみよう。

通天閣を目の前にし、撮影取材許可を取るため「通天閣観光株式会社 広報担当」さんへ電話。

個人でブログを運営していること、自転車で旅をしていること、通天閣の撮影・取材許可を頂きたいこと、またそれについての使用料はどのぐらいなのか、ということをお話ししました。

「埼玉から自転車!?ところで、ブログ名なんていうの?教えて!」

「とりてみ、で検索すれば出てくると思います」

「あっ、これね。あったあった。え?竜神バンジー行ってきたの?君、クレイジーだねー!」

「あはは……」

「君、クレイジーだから無料でええよ」

「えっ」

通天閣の取材許可がおりました。

合格祈願・縁結び、なんでもござれ!ビリケン広場へ

通天閣のチケット売り場は地下にあります。下に降りる階段とエレベーターがあるので、そこから地下へ降りましょう。

さすが大阪。通天閣の中は少しでもお金を稼いでやろうというオーラでいっぱいです。

チケットの料金は大人一人700円。少し割高ですが、これも通天閣節。

エレベーターで高速で上に駆け上がり、通天閣本通へ到着。

着いた途端ものすごいハイテンションで写真を撮られました。なんだったんだ、あれ。

ものすごいテンションで「さっきの写真買っていかない?」と言われましたが、やんわりとお断りさせていただきました。

さて、ビリケン広場に到着です。

ビリケンは幸運の神様とされており、合格祈願・縁結びなどあらゆる願いを聞いてくれる、なんでもござれの福の神

実は謎が多い神様で、ビリケンの詳細については通天閣公式ホームページでも解説されてます。

ビリケン(BILLIKEN)は、1908年(明治41年)アメリカの女流美術家フローレンス・プリッツという女性アーティストが、夢で見たユニークな神様をモデルに制作したものと伝えられています。

あめよふれ
そうだったのかよ!びっくりだよ!

展望台からの眺めは見事なもんです。

展望台よりもっと上!天望パラダイスへ

通天閣には「天望パラダイス」と呼ばれる場所があります。

通天閣最上部に位置するこの特別屋外展望台は地上94.5m、展望回廊直径8.5mの大きさを持っていて、普段は立ち入ることの出来ない特別な空間。

一般展望料金とは別に特別屋外展望台追加入場料金を支払う必要があるんですが、せっかくなので行ってみましょう。


引用:天望パラダイス

通天閣特別屋外展望台「天望パラダイス」の受付場所は、5階「ビリケン広場」のインフォメーションカウンター。

「天望パラダイス行く!」って言ったらカレーくれました。

あめよふれ
もうカレ〜www

着いたー!

一般展望台とは違って視界を遮る柵がないので、非常に開放感がありますね。

天望パラダイスにいたのは僕一人と係りのお兄ちゃんの二人だけ。そこで30分ほどお喋りしてました。

次はお兄ちゃんからおすすめされた大阪城を目指します。

ポッキー!

通天閣を出るとガチャの穴場を発見しました。なんだこれ、すごい引き寄せられるぞ……。

目指せ大阪城!天守閣からの眺めは如何程に

ガチャの誘惑を断ち切り、電車を乗り継いで大阪城付近へ。大阪城公園に到着です。

大阪城の別称は錦城きんじょう。金城と表記されることもあるようです。

また、「大坂城跡」として国の特別史跡に指定されています。

ワクワクしてきました。

行っきまーす。

うん、結構な人混み。酔いそうだ。

着きました。

あめよふれ
ここが……!大阪城……!

チケットを購入し、大阪城天守閣を目指します。大人一人600円。

大阪城の前には号砲がどでん、と置かれています。

残念ながら大阪城の3.4階は撮影禁止エリアとなってまして、写真を撮ることができませんでした。

これぞジャパーン!

天守閣に着きました。柵ぅ!!

大阪城天守閣に着きました。

とりあえず天守閣からの眺めです。

曇り空だし、柵は邪魔だし……。

でも景色は最高。おまけに大阪城の歴史も学ぶことができました。

大阪を訪れた際にはぜひ立ち寄っておきたい観光スポットですね。

さ、大阪城の観光を終えたことですし、京都のゲストハウスへ帰りましょうか。

明日はいよいよ京都観光に向かいますよ〜。

次→

本日のザックリルート

走行距離:不明(ほぼ電車移動のため)
高度上昇:-m
高度下降:-m
出費:6,383円
名刺消費数:0枚
スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。