Web・ガジェット

全米ベストセラー『グーグルが消える日』を読んだ感想とかをざっくりと

投稿日:2019年5月19日 更新日:

タイトルにつられて『グーグルが消える日 Life after Google』をささっと読んでみましたよ。

※この記事は筆者の独自解釈が多く含まれております。詳しくは該当著書をお読みください。

SBクリエイティブ
¥1,944 (2019/07/19 20:32:45時点 Amazon調べ-詳細)

この本が伝えたかったこと

どうやら著者はGAFA(グーグル、Amazon、FaceBook、Apple)に批判的な見解を持ってるご様子。

まぁタイトルもこんなんだしね?Googleふるぼっこだしね?

でも僕は「Googleに対する批判というより、現状のインターネットが抱える潜在的な問題についてのお話」ってな解釈をしました。

その上でGoogleを例に取り上げて、インターネットがもともと持ってるセキュリティの甘さについて解説してくれてる、みたいな感じ。

この本がグーグルのことディスってない、って言ったらウソになりますが。

現在の「ネット世界」はもう限界きちゃってる

GAFAの限界についても言及してて、

『既存のコンピュータやネットワークの枠組みの中だけじゃ、セキュリティ、プライバシー、知的財産、事業戦略、テクノロジーの危機的状況は解決できないよ』

って言ってます。

たとえばグーグルのサービスは基本的に「無料」ですよね??

ただ著者は『この世に真に無料なものなどない』とも明言しています。

目の隅でちらちら移る広告だったり、YouTubeの動画の前に強制的に流れる数秒間のCMだったり、そういった意識を奪われているんですよね。

お金の代わりに時間を差し出している、と考えれば『この世に真に無料なものなどない』って言葉にもうなずけます。

Q.なんでグーグルは無料でサービス提供できんの or してるの?

サービスを利用するとき、本来は対価を支払いますよね?

当然といえば当然のことですが、ユーザーにとってはすでに"インターネットサービスは無償である!"ってのが当たり前になってます。

人がモノを作ったり、情報を提供したりする裏にはコストが発生してるわけです。必ずです。

そのコストをどうにか回収しないとモノを生み出してる側がやっていけなくなっちゃうんですよね。

ビジネスってのは必ず「生産者」と「消費者」がいます。生産者は消費者に対価をもらわないとやっていけない。

それがインターネットの場合はちがう。それがグーグルなのだ!!!!!

グーグルはまったく別のビジネスモデルを見つけた

グーグルは広告という収入源を見つけたことで「生産者は消費者に対価を支払う」という関係性をぶっ壊したんですよ。

逆に言えば、グーグルは広告がないとサービスを無料で提供できないんです。

巨大な広告ネットワーク(Google広告)を手に入れることができたおかげで、それ以外のサービスを無料で提供できてるってわけなのよさ。

不要な広告

著者は「ネット社会を支配するグーグルが、資金も権力もすべてを牛耳る状況になった」と言ってます。

グーグルもユーザーが広告を嫌ってるのは百も承知ですが、広告に依存している以上どうにか両立しないといけないわけですね。

興味がないユーザーからしたら広告は完全に不要なものです。グーグル創業者の2人もその点はわかってますし、不要なものをなるべく見せないようにすべきと考えてます。

この当たりはむしろグーグルだからこそ敏感な部分だと思いますし、世の中の動向や世間の評判をすべて把握した上で必要な対策を講じてるんでしょう。

広告はなくなるか?

でもでも!!!!ユーザーが広告を毛嫌いしてるのは事実ですよね?

Google Chromeにもアドブロックはありますが、App Storeをみても有料アプリのランキング上位には広告ブロッカーがありますし。

Googleのモバイル広告の売上の75%はiPhoneから、って言われてます。

ところがその肝心のiPhoneというよりAppleは、ユーザーの要望を反映してITP(Intelligent Tracking Prevention)投下してます。

ITPってのは、ユーザーが望まないトラッキングを防ごうとする仕組みのことです。機械学習を用いてCookieを判別する機能なんですけど……。

まーあれです。すごいざっくり言うとプライバシー保護のための機能です。詳しくは各自ディクショナリーを引いてくれたまえ。

広告最適化のためにはデータ収集が必要

ちょっとここで考えてみてください。

グーグルは広告収入でなりたってます。ユーザーが興味ない広告を出し続けてたら反発しますよね?第一意味ないし。売れないし。

ユーザーが興味を持ってくれるような広告を表示させるためには何が必要でしょう???

そう、ユーザーの行動履歴、購買履歴とか、プライバシーにかかわるようなデータです。

消費者が反発するのも納得できますよね?データ漏洩なんてしちゃったらまぁシャレにならんわけよ!

でもね???グーグルが無料でサービス提供できるのは広告のおかげ。これは事実です。

ユーザーは無料でサービス使いたいし、広告なんて見たくないって言う。

グーグルはユーザーファーストを掲げてるわけだし、できるだけユーザーの要望には応えたい。でも広告が……みたいな感じで板挟みなわけよね。

はたまた、もう何が何でも広告排除してくれ、ってユーザーが増えるのか。

広告は我慢するから無料でサービス提供してね、ってユーザーが増えるのか、

さーどっちなんでしょうね?

グーグルはブロックチェーン技術によって消える?

著者の言うグーグルが消える、というのはあくまでシステムの崩壊を指してます。いきなり売上や企業の規模が収縮するわけじゃないってことね。

つまり時代にそぐわないものが消えていくってことです。

  • AIが人間より優秀になるという考え方
  • AIを進化させるためには大学教育が必要
  • サービスを無料で提供して広告収入を得る
  • できるだけ多くのデータを集めてAIが解析

などなど、こういったものについて「これってどうなの?」と言ってるわけですね。

グーグルの強さの源泉は検索エンジンにあると言っても過言ではないですよね。

大量のデータを一箇所に集め、AIで解析する。これが今のグーグルのシステムです。で、それを実現させるためには場所が必要ですよね?

たくさんのコンピュータにデータ通信のための装置を運用・管理する場所、つまりデータセンターが必要になってくるわけです!

でもでもデータセンターには問題があって——。

データセンターは、ブロックチェーンなどの非中央集権型に比べて設計思想的にハッキングに弱いんです。

ブロックチェーンをざっくり

ブロックチェーン技術って言葉は仮想通貨関連のニュースなどでも聞いたことあるんじゃないでしょうか??

ざっくり説明すると、ブロックチェーンってのは「みんなが見れる台帳」みたいなもん。

たとえば「AさんがBさんに仮想通貨送ったよ」ってデータがあったとしますね。この情報をいくつかまとめたもの、それが"ブロック"です。

そのブロックを鎖のようにつないでいくので、ブロックチェーンと呼ばれているわけですね。

  • 特定の組織に情報が一極集中しない
  • みんなが共通の台帳に取引を記録&管理できる(透明性がある)

っていうメリットがあるわけだね、ブロックチェーンには。

で、なんでグーグルの話にブロックチェーンが出てくるかって言うと……。

さっきも言ったとおり、グーグルはデータセンターを持ってますよね。いわばこれは一極集中型です。対してブロックチェーンは分散型。

『データセンターだとなんかマズいことあるの?』

あります!!!!!

1社のデータセンターをハックするのと、世界中に点在する何万ものコンピューターをすべてハックするのとじゃ難易度がぜんぜんちがいますよね?

それにデータセンターが大きくなればなるほど、追加投資が必要になります。大幅に増築したとしても、売上はそこまであがらないばかりか、サービス内容が劇的に変わるわけでもない……。

こういった点から、著者は「一極集中型の時代はおわる」と考えているわけですね。データセンターの投資対効果が低くなっていく+巨大化には限界がある、ってこと。

ブロックチェーンで世界は変わる

著者は『ブロックチェーンの安全性と今後の機能拡充の可能性に多くの人が気づき、ブロックチェーンにデータが乗り始めれば、巨大データセンターを作る必要がなくなる』と言ってます。

さらにさらに多くのコンピューターがブロックチェーンで繋がるようになれば、「既存のサービスがブロックチェーン上で展開されるようになるのは時間の問題」とも明言してます。

そうなったとき今のGoogleなどのIT大手のビジネスモデルはまるっきり意味を持たなくなるってわけ。ここが「グーグルは消える」の根拠になっているところ。

まとめ

だいぶ駆け足で所感を述べてきましたが、全体的な印象として「もっと人間がんばろうぜ」って思いが感じられたような気がします。

そもそも人間の脳は論理的というよりかは、かなり感覚的にデータを処理しているってことらしいんですわ。

でもAI産業はロジックマシンを開発し続けている、と。いくらスピードを速くしたところで知能があがるわけじゃないよね、ってことも言ってました。

『AIは単なる数理モデルだからさー、実際の脳とは大きく異なるんだよ!!!わかるか!!!1』みたいな。

あと『「グーグルが掲げる10の事実」にセキュリティに関する記述がない!』ってツッコミありましたが、創業当時はそこまで意識してなかっただけじゃなかいかなーと。

記述がないからグーグルはセキュリティを軽んじている、というのは早計だし、暴論だと思いましたです、はい。

5GやAI、これからの投資の形、Iot、仮想通貨、ブロックチェーン、とまあいろいろな話がグーグルと絡んで展開されてくので、この辺に興味がある人は楽しめるかも!!!!

これから時代はどう変化していくのか???気になる方はぜひ読んでみてくださーい!!

SBクリエイティブ
¥1,944 (2019/07/19 20:32:45時点 Amazon調べ-詳細)

今後の励みになりますので、
気に入ったらシェアお願いします!

-Web・ガジェット

Copyright© 略してとりてみ , 2019 All Rights Reserved.