「ゆるく賢く生きる」ための情報を発信中

略してとりてみ

DTM・機材

【一本目のエレキギター】初心者がギターを買うときに考えるべき3つのポイント

2019年8月26日

「よし、ギターでもやるか」と思い立ったときに、まずぶつかる壁。

  • どのぐらいの価格帯のものを選べばいいの?
  • たくさん種類があるけれど、どんな違いがあるの?

ギター初心者のベーシスト(ベース歴9年)が、一本目のギター購入のポイントをまとめました。

あめぎ

ギターは実際に弾いてみる

今はネットでもかんたんにギターを購入できる時代ですが、お店に足を運んで実際にギターを手に取ってみることをおすすめします。

実物を見てみたらネットと印象がだいぶ違った、なんてことも往々にしてありますからね。

たとえギターが弾けないとしても、

  • ギターに詳しい人を連れて行きアドバイスをもらう←安心
  • 気になったギターを片っ端から試奏させてもらう←別に弾けなくていい
  • 店員さんに弾いてもらって音を聴き比べてみる←音の善し悪しは自分の好みでいい

などなど、初心者なりのギター選びの方法はいくらでもあります。

ぶっちゃけ、音の善し悪しだとか、材質がどうだとか、このタイプは弾きにくいだとか、そういうのは後回しでいいです。

大事なのは、ギターに対する熱量のみ。

誰がどう言おうと、自分が『これ、かっこいいな』と思ったらそれが世界で一番かっこいいギターなんです。

ただし、

  • 自分はどんなギターの音(アーティスト)が好きなのか?
  • ギターのタイプ・材質にはどんなものがあって、どんな違いがあるのか?

といったことはネットで簡単に手に入る情報なので、予備知識的に持っておいてもいいかもしれません。

マストではないですが、知っておくとこれからのギターの世界がさらに広がってくると思いますよ。

※中古・ネット販売は状態が悪い可能性があります。ネット販売は信頼できるところ以外からは買わないようにしましょう。また、中古で買う場合には、ギターについて詳しい人と一緒に行くと安心です。

試奏について

『試奏はちょっと……』『店でギター鳴らすとか恥ずかしい』『そもそもギター弾けないし』

たとえギター初心者でも、ギターがまったく弾けなくても、可能な限り、お店で店員さんに頼んで実際に試奏させてもらってください。

弦なんて押さえなくてもいいので、ギターを構えて、ジャーンと音を鳴らすだけで十分です。

アンプを通して、エレキギターの音がぐんっと響くのを体感してみる。たったこれだけで印象が馬鹿違います。マジで。

そもそも、一本目のギターを買いに行くような人間が、ギターを弾けるわけがありませんよね?

それは店にいる客も、店員さんも、重々承知です。何も恥ずかしがる必要はありません。

『プププ、あいつ初心者かよw恥ずかしいなwww』とか陰で笑ってるようなやつがいたら、そいつこそ恥ずかしいやつです。

僕たちギター入門組は、ただ自分たちの仕事をすればいいだけ。

つまり、ギターを品定めして、店員を呼び、「これ試奏させてください(最初に店員にギターを弾いてもらって音を聴くのも◎)」と言い、ギターを構え、ジャーンと音を鳴らす。

決して安い買い物ではないですし、せっかくギターをはじめるんですから自分の相棒ぐらいは自分できちんと選びたいですよね。

最初は誰でも初心者です。どんなアーティストだって、最初から上手に弾けた人なんていません。スタートラインはみんないっしょです。がんばれ。

あめぎ
ギターを手にした瞬間からみんな同志

予算を決める

さて、ここからはいよいよ「初心者がギターを買うときに考えるべき3つのポイント」をまとめていきます。

まずは予算の設定ですね。どのぐらいのお金が出せるのか、をあらかじめ決めておきましょう。

低価格帯のギターは、安いだけの理由があります。しっかりとしたギターを手に入れたいのであれば、せめて最低3万円は用意しておきたいところですね。

「仮予算」と「真予算」

弾き比べや音の聴き比べ、見た目の差異などで予算をオーバーしてしまうギターを見つけた場合に、「どの程度なら許容できるか?」ということを考えておくのも大事です。

つまり、「仮予算」と「真予算」を決めておくんです。仮予算3万円、真予算+2万円、といった具体に。

たとえば、『予算は3万円だけど、実際に見てみたらこっちのギターほうがいいな〜。でも、5万円か……。どうしよう?』といった場合——。

仮予算の段階で決めた金額だけで決めてしまうと、おそらく「やっぱりあっちがよかったかなぁ」なんていう風に、後になってきっと後悔します。

仮予算と真予算を決めておくことで、自分の中できちんと段階を踏んで検討することができます。

基本的には仮予算の範囲内で選んでいき、さらに良さそうなギターがあった場合、どの程度まで資金の追加ができるかをバシッと決めておく。

これをするのとしないのとでは、ギター選びのクオリティと満足度が段違いです。

ただし、仮予算と真予算は、購入直前に変動させないでください。必ず前もって決めた金額は超えないこと。

もしどうしても仮予算と真予算をオーバーしてしまうようであれば、一度家に帰って冷静に判断してみましょう。

見た目で決める

予算が決まったら、その範囲の中から自分の気に入ったギターを数本ピックアップしてみましょう。

「Fenderがいい!」とか、「テレキャスが欲しい!」とか、「色はサーフグリーンがいいんだ!」とか、いろいろあると思います。

その感覚を大事にしてください。自分の感性を信じてあげてください。ギター選びに正解も不正解もありません。

たしかに、ネットや店員さんから仕入れた情報は貴重ですし、判断材料にもなりえます。

でも、最終的に決めるのは自分自身です。決して他からの情報や意見を鵜呑みにしないように気をつけましょう。

最高の判断基準は「かっこいいな、これ」

これからギターをはじめる人間にとって、最高の判断基準は「かっこいいな、これ」です。※かわいい、もあり。

これから苦楽を共にする大切な相棒になるので、これでもかと言うほどに「自分の好み」を存分に発揮しちゃってください。

イケメンに見立ててもいいですし、美少女に見立ててもいいです。購入前からギターに名前を勝手につけてしまってもいいです。

動物の何々っぽいからとか、見た目がエロいとか、そういう理由で選んでしまってもいいです。擬人化オッケー。キャラ付けオッケー。妄想オッケー。

とにかく、直感を信じて、自分の好みのギターを一本選んでみる。すべてはそこからはじまります。

何より、気に入っていないギターで練習しても長続きしないでしょうしね。

自分の好きなアーティスト・ギタリストの機材から選ぶ

もう一つ。自分の好きなアーティストやギタリストが使っているギターを基準に考えてみるのもいいですね。

プロギタリストのギターは数10万円や数100万円〜なんてものもありますが、見た目を参考にすることはできます。

ぶっちゃけプロと同じものを選びたいところですが、それはまたの機会にして、今は自分の予算範囲内の中から選びましょう。

見た目だけであれば、同じものが低価格帯で準備されていることも多いです。※変形・特殊なギターを除く

たとえば、「アニメ『けいおん!』の唯が使ってるギターが欲しいんや!」ってな場合、

本家はギブソンのレスポールスタンダード(だいたい25万円ぐらい)ですが、エピフォンのレスポールであれば見た目が一緒で価格帯がぐんっと下がります(だいたい5万円ぐらい)。

まあ、これはあくまで例にしか過ぎませんが、憧れのギタリストと同じ見た目のギターを選ぶというのはめちゃくちゃいい判断ですよ。

なんとなくの音で決める

最後の3ステップ目。たぶんギターの音のイメージとして頭に思い浮かべているのは、ギャーンという歪んだ音(どことなく邪悪な)かと思います。

が、基本的にギター選びはクリーン(何の加工もされてないギター本来の音)で聴き比べるのがベストでしょう。

とは言っても、最初はギターの音なんて違いがわかりません。もしかしたら、どれも同じ音に聞こえてしまうかもしれません。

だからこそ、自分の手で実際に弦をジャカーンと鳴らしてみて、その微妙な音の違いを感じてみてほしいんです。

きっと店員さんの中には「このギターはトレブル(高音域)より、ミドル(中音域)やベース(低音域)が押し出されてますね」と丁寧に教えてくれる方もいらっしゃるでしょう。

でも、最初からその違いを感じ取れるギター入門者はかなり珍しいんじゃないでしょうか?

分かるならそれに越したことはありませんが、はじめのうちは「なんとなく」でいいです。

「あ、こっちのギターはギャーンって感じで、あっちのギターはギュゥウンって感じだな。自分はギャーンのほうが好きかも」とかそういうレベルでいいんです。

【おまけ】ギターの色選びについてのポイント

どのギターにするかまでは決まったにしても、購入直前までうんうん悩むのが「ギターのカラー」じゃないでしょうか?

実際に見てみるとイメージと違ったり、あんまり好みではなかったりするかもしれません。

ギターの色選びについてのポイントは、

  1. ネットでそのギターの人気色を調べてみる
  2. 純粋に見た目がかっこいい or かわいい色
  3. 好きなアーティスト・ギタリストが使ってる色
  4. あらかじめ2色ほど好きな色を選んでおいて店で見比べる

などがあります。

僕の場合は、ストラトキャスターを買うことは決まっていたので、色は前もって「ホワイト系」か「サンバースト」と決めてました。

店で自分の目で見比べてみて、結局、ヴィンテージホワイトを選びましたが、最終的には『ストラトと言えば白だろ』という出典不明の既成概念が決め手となったんですよね。

たぶん、このぐらい自分ルールぶち込んじゃって平気です。誰がなんと言おうと自分さえ「あらやだイケメン///」って思ってたらそれが正解なんです。

【余談】僕はこれを一本目のギターに選んだ

僕が一本目のギターとして選んだのは、Fender Made in Japan Hybrid 60s Stratocaster HSSです!

家に安物のレスポールが置いてあったこともありましたが(今はどこかへ消えた)、きちんとギターを練習していこうと思い立って自分で購入したのはこれが初めての一本。

もともとバンドマンだったということもあってか、幸い、材質の違いや音の善し悪しについては多少心得があったのは助かりました。

これまで10年近くベースを弾いてきたのに、ギターはほとんど触ったことがなかったんですよね。

ちなみにギター選びの流れとしては、

  1. ネットで情報収集(好きなアーティストの機材調査とか、ギターのモデルを眺めたりとか)
  2. 店に行って目当てのギターを4本ほどピックアップ(店に来てから気に入ったやつも含めて)
  3. 暇そうにしてる人の良さそうな店員さんに試奏をお願いする(すべて店員さんに弾いてもらった)
  4. だいたい音の違いを判断してから自分で音を鳴らしてみた(かっこいいリフとか弾けないのでジャーンと鳴らしただけ)

ってな感じでした。それぞれギターの試奏時間は2〜3分ぐらい。初心者とは言えども、ビビビッと来るギターってのは一振りで分かるもんです。

店に入ってから購入までの時間は、だいたい1時間半から2時間ぐらいでしたね。

別に急ぐこともないので、ゆっくり、じっくり決めましょう。日を改めてもいいですし、もっとお金を貯めてからさらに上のギターを買うのもいいです。

何度もいいますが、ギター選びに正解はありません。自分がよしと思ったものが一番ですからね。

まとめ

予算範囲内+自分の気に入ったギターを数本(僕は3〜5本ぐらい選んだ)選び、

  • 自分で実際に弾き比べてみる(弦はどこも押さえなくてオッケー。とりあえずジャランと鳴らしてみる。30秒でも、1分でも、10分でもいい)
  • 店員さんに弾いてもらって音を聴き比べてみる(分からないことは恥ずかしがらずにぜんぶ聴く。店員さんがダルそうだとか、面倒くさそうにしてるときは店を変えてもいい)

を順番はどちらからでもいいので済ませ、最終的な判断を下す、という流れですね!

一本目のギター選びの3つのポイント

  • 予算を決める
  • 見た目で決める
  • なんとなくの音で決める
ベース歴9年のエレキギター初心者が選ぶ!5つのおすすめメンテナンス用品
生まれて初めてギター買った|Fender Japanの白いストラト
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-DTM・機材

Copyright© 略してとりてみ , 2019 All Rights Reserved.