100欲しいなら101捨てろ!欲しいもののために「先に」捨てることにした

スポンサーリンク

さて、突然ですが僕には欲しいものがあります。

さすがに「歩く物欲24時」とまでは行きませんが、人並みに欲はあります。

人からはよく「あなたは欲がないのね」だとか、「他に欲しいものもっとないの?」なんて聞かれたりもしますが、いやいやご冗談を。

僕は、できることならすべてが欲しいですよ。

「欲しい」だけでは上手くいきっこない

f:id:afrokanchan:20161018184147j:plain

ただ口に出さないだけで、僕は常日頃いろいろなものを欲しています。

お金だって、時間だってたくさん欲しいです。
他者からの信頼だって、特別な才能だって、愛だって、土地だっていっぱい欲しい。
「あなたはすごい人だね」と褒めてもらいたいし、認めてもらいたい。

車も欲しい、家も欲しい、できることならマンションが欲しい。
船だって欲しいし、今流行りのドローンだって100機ほど欲しい。
そして、そのドローンを同時に操縦するために使用人を100人ほど欲しい。

自分という枠を超えて「今欲しいもの」を外に出すことはもちろん大事なことです。

口に出してこそ、初めてその言葉に価値が生まれるってもんですからね。
行動するなり、宣言するなりしないと、きっと自分の中で花を咲かせることなく枯れていくだけ。

だから、自分からアウトプットすることは本当に大事。

いや。でもきっとそう上手くはいかない。

なぜなら、「等価交換がこの世の原則」だからだ!

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない
何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる
それが、錬金術における等価交換の原則だ
その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた

アルフォンス・エルリック

欲しがることは悪いことじゃない

f:id:afrokanchan:20161018161407j:plain

欲しがることは悪いことではないです。

「もっと楽になりたい」「もっと長く生きたい」「もっと楽しく過ごしたい」

この思いがあったからこそ、人類は月面を踏むことだってできたわけです。
冷静に考えてみればめちゃくちゃクレイジー。

今から47年前には「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である」だなんて超かっこいいセリフを言っちゃってるぐらいですし。
なんたって、1969年はビートルズの『Yellow Submarine』が発売された年ですよ。平成生まれの僕にとっては「むかしむかし、あるところに……」レベルに古い話。

だから、きっと「やろうと思えばなんだってできる」
むしろ、そうとでも思わなきゃこの先やっていける気がしないんです。

配られたカードで勝負するっきゃないのさ……それがどういう意味であれ

スヌーピー

人生、ハイライトだけでいい

欲しいと思ったものを手っ取り早く手に入れる方法。

それは『宇宙の法則に則って行動するだけ』

あ、大丈夫です。変な宗教団体の勧誘ではないです。
若干オカルトの世界に片足突っ込んじゃってる系男子ですが、安心してください。まだ履いてますよ。

「宇宙の法則」って言っても、聖書とか論語とかにも書いてあるような、ごくごく当たり前のこと。
小学1年生になった時、もしくはその前に親から教えられるやつです。

「まず、自分から」ってやつです。

先に言っておきますが、個人的にはこの言葉はあまり好きではありません。
自ら行動した結果、痛い目を見た人たちを間近で見てきましたからね。

それでも、僕の中では「例外もある」ということで落ち着きました。

逃げるべき時にはすぐさま逃げるべし。
尻尾を巻いてでも、地面を這いずってでも、足の指の間をぺろぺろしたとしても、何としても生き延びる。そうしなきゃ、ダメなんです。

信頼が欲しかったら、まずは、自分が人を信頼すること。
愛して欲しかったら、まずは、自分から相手を愛すること。
お金が欲しかったら、まずは、自分がその価値と同等のものを与えること。

実際、これってめちゃくちゃ難しいです。よほどのバカか聖人ぐらいにしかできないとも思っています。
でも、別に無理して守ることでもないことです。

自分にできそうなもの、自分に合いそうなもの、自分にしっくりくるもの。
それだけをちょっとずつ、あちこちから集めればいいんです。

バイキング、ビュッフェ、食べ放題。なんだっていい。
とにかく好きなとこだけ、おいしいとこだけ選んで取る。

そして、それ以外は全部捨てる。選ばない。取らない。欲しがらない。

宇宙からしてみれば善悪の判断なんてつきっこないと思うので、「人生、美味しいところのつまみ食い」でオールオーケーだと思うんです。ずっとハイライトでいいんです。

こんなんだから社会不適合者だとか呼ばれるんでしょうけど。

10もらったら自分の1を上乗せして、11にして次の人へ渡す
小さいけど僕たちがたどり着いた等価交換を否定する新しい法則です

アルフォンス・エルリック

よろしい。ならば、選ぶまでだ

f:id:afrokanchan:20161018161135j:plain

何はともあれ、すべてを欲しがるにはそれ相応の対価が必要になってきます。
しかし、僕はそれを持っていません。持とうとも思いません。きっとすごく面倒だから。

なので、選ぶことにしました。
欲しいもの以外はすべて捨てることにしました。

不安も、疑念も、心配も、不安も、その他余計なものは。

でもそれってちょっと頭のネジを外さないとできないことでもあります。
なので僕は「とりあえずやってみる」という言葉を掲げて、余計なことを考える時間を無理やり削り取っているんです。

欲しい物があったら、そのスペースを”先に”開けておく。
食べたいものがあったら、その分を”先に”空けておく。

何かを買うときにはまずお金を払いますよね。これと同じです。

他にも大事な時にすぐ決断できるように、普段から10秒以内に決断する癖をつけておく、とかね。
大は小を兼ねる。備えあれば憂いなし。長い物には巻かれろ。

まぁ、嫌々やっても意味がないと思うので、僕はその欲しいものを手にした自分を想像して、ニタニタするようにしています。
これが結構効果があったりするようでして、今までもびっくりするような出来事がたくさんあったんですよね。最近は特に多い。

主に嫌なことが自分から勝手に遠ざかっていく感覚、ですね。
本気で超能力に目覚めたと思うぐらいのレベルですから相当なもんです。

まとめ

まぁまぁ、何か欲しいものがある人は試してみるといいかもしれません。
すぐに結果は出ないでしょうが、よりそのものを細部までリアルにイメージして、さもそのものを既に所有しているがごとく、毎日毎日妄想してはニヤニヤする。

これが意外と効くんですよ。不思議とね。捨てるのって案外難しいですが。

と、言いつつも記事の文字数(ここまで約4,000字)に関してもなかなか捨てられないという優柔不断男です……。

「引き寄せの法則」とかに興味がある方は『ザ・シークレット』を読んでみるといいかもしれません。
僕は所持している本の9割を断捨離しましたが、この『ザ・シークレット』を含めた数冊は現物で残してあります。

別に欲しいものが手に入るならオカルトだって、おまじないだってなんでもいいじゃありませんかねー。物は試しです。

関連記事

スポンサーリンク

Twitterで「あめのは」を

スマホ料金を断捨離!
自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ!
WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!