待っている時間をイライラせずに過ごす方法を7つほど考えてみた

スポンサーリンク

当たり前のことですが、時間は有限です。

常に流れているものであり、間違いなくすべての人間に対して平等に与えられています。
最も、お金を出したり、行動を変えたりすることで時間を間接的に節約することはできますが。

なんとなくSNSを見ている3分と、読書をしている3分、そして、カップラーメンが出来上がるまでの3分。
これらは同じ3分ですが、その中身が違います。時間の濃さが違うのです。

ただ一つお伝えしたいこと

たかが3分とはいえ、それが積み重なれば大きい時間になります。
「たった3分の時間の使い方が人生を左右する」といってもいいでしょう。

『あぁ、今日も無駄な1日だったなぁ』と振り返ることがどれだけ虚しいことか。

しかし、個人的には“無駄も必要である”と考えています。
何を持って無駄と捉えるかは人によって違ってくると思いますが、無駄があるからこそ自由さを感じられ、また、『濃密な時間を過ごすことができた』と感じることができるのではないでしょうか。

そして、今回お伝えしたい、ただ一つのこと。

「人の時間を奪うな」

ちょっとIQが高そうな感じに申し上げれば、「少しの時間でも、時間を無駄にするということは大きな利益損失」だということです。

なぜそんなことのために、なぜそんな人のために、自分がイライラしなければならないのか?
そもそも、このイライラしている時間でさえもったいない。まさに無駄な時間。

トラブル遭遇率120%絶望的遅刻魔

例えば、大幅に遅刻をしてくる人がいたとしましょう。一度や二度ならまだ許せますが、何度も繰り返されると嫌気がさしてきます。

その人が絶望的にトラブルに遭遇しやすいとか、精神的に超絶不安定であるとか、人によって様々な原因はあると思います。

しかし、だからといって人の時間を奪っていいことにはなりません。
謝罪の一言でもあれば多少納得がいくかもしれませんが、『あなたが待つのは当然でしょう?』と言わんばかりの態度で来られるとさすがに『あれれっ?何か違わないか?』と思ってしまいます。どこぞの女王陛下ですか。

時間の価値は人それぞれ違う

たとえ15分間の時間だとしても、人によって価値は様々。
SNSのチェックの時間に使う時間か、メール返信のための時間か、ブログを書く時間か、公共料金の支払いのための時間か、はたまた何でもない時間なのか。

つまり、「あの人の時間の価値を僕達はまだ知らない」というわけ。
某アニメのタイトルと似たような感じになってしまいましたが、本当にこの通りだと思います。

あなたが待たせてしまった人の5分は、その人のとてつもない労力と努力によって削られた大切な時間だったのかもしれません。

しかし、まぁ、時間に縛られっぱなしの生活というのも息苦しいものです。

自分が決めた時間は守りましょう。誰かと約束して決めたのなら、きちんとその時間を守りましょう。

それが道理ってもんです。

待つ時間は必ず現れる

とはいえ、“待つ時間”は確実に出てきます。
病院で診察を待つ時間、電車を待っている時間、人を待っている時間、etcetc……。

待つ時間というものは、どうしてもイライラしてしまいがちです。

そこで、イライラせずに待ち時間を過ごす方法を7つほど考えてみました。

待っている時間をイライラせずに過ごす方法

1.小さなToDoを考えておく

そう。前もって「少しの時間にすること」を決めておくのです。

例えば、「◯◯についてスマホを使って調べる」とか、「メールチェックの時間にする」とか、「スケジュール確認の時間にする」とか。

おそらく、イライラしてしまう原因は”何もせずに待つ”からだと思われます。
「何もしない=無駄な時間=イライラ」という方程式が成り立ってしまっているのではないでしょうか。

やること、をあらかじめ決めておくことで、小さな時間でも無駄にしないで済み、“待ち時間を有効活用できた”と感じられるはずです。

2.妄想劇を繰り広げる

f:id:afrokanchan:20160613224546j:plain

待っている間、イライラしてしまいそう。

そんなときは妄想の世界に意識を委ねましょう。妄想の世界はなんでもありです。

現実世界で実行すれば牢屋にぶち込まれるようなことでも、妄想の世界ならば問題ありません。
あんなことや、こんなこと。すべてが許されます。

厨二病や、メンヘラ、多重人格、殺人鬼、ラノベの主人公などになりきる事ができます。
ただし、のめり込みすぎは心を汚してしまうので注意が必要。また、顔に出やすい人も気をつけてください。

思考は現実世界に影響を及ぼします。
どうせ妄想するなら、健全で素晴らしいものにしましょう。

とはいえ、「妄想は健全ではないから面白い」という意見は否定できません。

3.瞑想

たった5分でもかなりスッキリします。
ストレス軽減、心身のリラックス、思考の整理。

瞑想を行うことで得られるメリットはたくさんあります。

目を瞑り、ゆっくりと呼吸をし、何も考えない。
数字を数えることだけに集中……。

立っていても、座っていても、電車の中でも、駅のベンチでも、場所は選びません。
可能であれば静かなところが良いのでしょうが、基本的にはどこでもOKです。

瞑想はかなりおすすめ。

4.アニメや映画を観る

今では、アニメも漫画も小説も映画も、どこにでも持ち歩ける時代になりました。
Kindle Fireタブレットを購入してからというもの、暇な時間を持て余さずに過ごすことができています。

最近はもっぱらアニメばかり見ています。「弱虫ペダル」「僕らはみんな河合荘」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」などなど……。

Amazonプライムビデオだけではなく、huluU-NEXT
などの定額動画サービスもありますしね。ちょっとの時間でも有効活用できますよ。

5.本を読む

待っている時間の過ごし方の定番「読書」。
ザ・時間の有効活用。キングオブ待ち時間。

頭も良さそうに見えるし、何より読書は楽しい。面白い。
ラノベでも、官能小説でも、ホラー小説でも、グロ小説でも、本なら大丈夫。

待っている間も知性に磨きをかけるのです。

6.ブログを書く(クリエイティビティ)

ブログだけではなく、小説を書いても、新しい曲のフレーズを考えても、お笑いのネタを考えてもOK。
とにかく、クリエティブに徹する。

漫画を読む、映画を見るといったインプットの作業ではなく、アウトプットの世界に入り浸る。
こうすることで、一見無駄と思えるような時間が一瞬でクリエイティブな時間に早変わり。

とんでもない発想は、割とこういった何でもない時に閃くものです。

7.筋トレ

f:id:afrokanchan:20160613224612j:plain

腕立て伏せをしましょう。
しかし、電車内などこういった筋トレが出来ない場合もあります。
というより、ほとんど出来ない場所でしょう。下手をすれば捕まります。

そこでおすすめなのが、「ドローイング」

腹式呼吸をし、腹を凹ませた状態を30秒キープ。
これで体内筋肉(インナーマッスル)を鍛えることができるのです。

いつでもどこでもできるのでおすすめです。
地味な割に結構きついです。

matome.naver.jp

まとめ

というわけで、イライラせずに待つ方法7つでした。
全てに共通する点としては、「自分のためになることをする」ということ。

“無駄な時間だ”と決めつける前に、少しでも自分の利益になるようなことが出来ないか探しましょう。

「私は考える時間をもらったのだ」と、都合よく解釈してしまいましょう。
「金のなる木を天がくれたのだ」と、怪しいオカルト団体の教えばりにポジティブに捉えましょう。

ネガティブは脳にも身体にも悪い影響を及ぼします。
ついでにお肌にも悪い影響を与えます。

しかし、やはり一番良い方法としては「人を待たせない」ことでしょうね。

今回は約束をしていた友人が3時間ほど遅刻してきたことをキッカケに、「待っている時間をイライラせずに過ごす方法」を考えてみました。
ちなみに、私はこの間はずっとアニメを観ていました。5〜6話を一気に観ました。おかげで寝不足です。

そして導き出した一つの答え。

「僕らはみんな河合荘」は間違いなく面白い。

スポンサーリンク

Twitterで「あめのは」を

スマホ料金を断捨離!
自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ!
WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!