ベースのサドルと弦を交換したら超絶弾きやすくなった

スポンサーリンク

最近、「金属アレルギーが日に日に良くなっている」気がしております。錯覚でしょうか。

こんにちは。あめよふれ(@ameyohure)です。

さて、先日お話しした通り、ベースの弦をステンレスからニッケルに戻してみたのです。

結果から申し上げましょう。

金属アレルギー治ってなかったってばよ。

ということで、「ベースのサドルと弦を交換したよ」というお話。

関連記事

新しいサドルが届いた

f:id:afrokanchan:20160609103648j:plain

今回購入したのは「GRAPH TECH PS-8304-00 STRING SAVER SADDLE 4 STRING」です。

サドルというのは、ベースのお尻の方にある”ブリッジ”の弦が乗っている部分のこと。

f:id:afrokanchan:20160609103838j:plain

左から3番目、白いポッチがあるところ、ネジがないですよね。

えぇ、紛失しました。

通常、このパーツを紛失する可能性はそんなに高くないと思うのですが不思議です。

f:id:afrokanchan:20160609104059j:plain

こちらが中身。ベース用のサドルが4つと、弦高調整のための六角レンチが入っております。

サドル交換の前にベースメンテナンス

f:id:afrokanchan:20160609104317j:plain

サドルを交換する前にベースをメンテナンスしておきましょうか。
まず、弦を外します。強者はこれを鍋で茹でて、また張りなおすそうです。私も高校生の時にやっていました。

f:id:afrokanchan:20160609104458j:plain

「FREEDOMのレモンオイル」で指板をお掃除。

f:id:afrokanchan:20160609104514j:plain

テッカテカです。
乾くのを待っている間に、パパッとサドルを交換してしまいましょう。

サドル交換と新しい弦

f:id:afrokanchan:20160609104751j:plain

古いサドルを外しました。色がおかしい。
使い古された感がひしひしと伝わってきます。お疲れさまでした。

f:id:afrokanchan:20160609104822j:plain

装着中。

f:id:afrokanchan:20160609104836j:plain

できました。

f:id:afrokanchan:20160609104916j:plain

ちなみに、ベース弦は「ダダリオの045-.105 EXL165」です。

あとは、弦を張り替えて、弦高調整、オクターブ調整などを済ませれば完了。

f:id:afrokanchan:20160609105223j:plain

早速バンドでスタジオに入ってかき鳴らしてきましたが、非常に弾きやすかったです。やっぱりメンテナンスは重要ですね。

まとめ

サドルとベース弦を交換してから、かなりの時間ベースを弾いているのですが、やはり金属アレルギーは治っていなかったようです。

左手中指と薬指の付け根に赤い斑点のようなものが出てきてしまいました。
しかし、症状自体は以前に比べると軽くなったように感じますね。

ベース自体はかなり弾きやすくなったので良しとしましょう。
あと5年もすれば金属アレルギーの特効薬が開発されるでしょう。それまで気長に待ちます。

スポンサーリンク

Twitterで「あめのは」を

スマホ料金を断捨離!
自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ!
WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!