【ようやく終止符】旅カメラはSONYの高級コンデジ「RX100M3」に決定

スポンサーリンク

ようやく旅に持って行く「旅カメラ」が決まりました。

悩みすぎて髪という髪がごっそり抜け落ちるかと思いました。

一眼レフ、ミラーレス一眼、コンデジ、アクションカム……。
多くの候補の中からやっとの思いで出した”答え”。

それがSONY RX100M3だったわけです。

様々なことを考え、比較し、想定し、イメージし、ようやくこのカメラを導き出すことに成功したのです。いやー、長かった。実に長い戦いだった。

SONYの高級コンデジRX100M3と一緒に買ったアクセサリー5つ

2016.06.06

自転車で日本一周旅行するために

僕は、来年の春から「自転車で日本一周旅行」に出発する予定です。
旅において、写真を記録するカメラは必要不可欠な存在。

【旅カメラ選び】「ミラーレス一眼」がまさかの候補入り

2016.05.24

出発まであと10ヶ月もあるというのに、この段階から頭を悩ませていたのです。
というのも、出発までの期間に”やらなければいけないこと”ができてしまったからだったんですね。

50曲アップするまで旅れまてん。

自分自身に課したミッション。
それが「DTM(デスクトップミュージック)」でした。

今年の1月にDTMを始め、初のボカロオリジナルを作り、ニコニコ動画へ投稿。
しかし、それ以降、DTMとの距離は遠ざかる一方。

『このままではいけない。中途半端なまま旅には出られない』

そう強く感じた僕は、思い切って”計50曲を動画投稿サイトにアップしなければ旅には行けない”、という企画を打ち出したのです。
これが50曲アップするまで旅れまてんという一大プロジェクトというわけ。

そう。この企画の一環、演奏動画の風景を撮るためにもカメラが必要だったのです。

初めは一眼レフを持って行くつもりだった

演奏動画の撮影が可能で、旅にも持っていけるカメラ。

初めは一眼レフを持っていく予定でした。一生に一度かもしれない「自転車で日本一周」という大きい旅。「たとえ、荷物になったとしても、身動きが少々取りづらくなったとしても、素敵な写真を撮影したい」、僕はそう考えていたのです。

しかし、実際に一眼レフを手にしてみて思いました。

『一眼レフ、やっぱり重いわ』

今思えば、Nikonの一眼レフ「D3100」を手放したのもそれが原因だったように思います。

以前、熱海に旅行へ行った時にも一眼レフを持って行ったことがありました。

しかし、重い。その上、かさばる。

「写真撮影のために持って行ったカメラなのに、そのカメラの重さのせいで写真をあまり撮影しなかった」という苦い経験があるのです。

これらの点も踏まえ、一眼レフという選択肢はなくなりました。残念ですが。

ちなみに、以下が一眼の中で迷っていた3機種です。
PENTAXシリーズは防滴防塵機能も付いており、旅にはもってこいのカメラ。

ミラーレス一眼も候補入りしたけど

軽くてコンパクト、そして、綺麗な写真も撮れるカメラ。
そう考えた結果、ミラーレス一眼も十分に候補入りできると感じたのです。

確かに、画質は申し分なく、動画の性能も高い機種が多いです。

しかし、僕はまだ「重い」と感じてしまったのです。
重いというよりは、大きい、ですかね。肩からかけて自転車を漕いでいる姿が上手くイメージできませんでした。これじゃあダメだ。

こちらは、つい昨日まで第一候補だったミラーレス一眼
むしろ、お金があれば「RX100M3」と一緒に持って行きたいところ。防滴防塵で完全に旅向きのカメラです。

僕がカメラに求めるもの

f:id:afrokanchan:20160603232741j:plain

ここで僕がカメラに求める要素をまとめてみます。

1.軽いこと

まず、僕にとって「重い」ということが最大のネックだということがわかりました。
重いというだけでカメラを取り出す機会が減ります。ましてや、体力勝負の旅の中で写真撮影をするわけですから、軽いに越したことはありません。

2.コンパクトであること

スマホの感覚で使えるカメラならば、それが一番いいと感じました。
撮影したいときにすぐに撮影できる手軽さ、すぐにカメラを取り出せるコンパクトさ。

写真撮影はスピードが命です。

構図をしっかりと決めての撮影も楽しいもの。
しかし、自転車旅という中では”直感的に撮影できること”が重要だと思ったのですね。

3.自撮りが可能であること

演奏動画の撮影時にもそうですが、自撮りが可能なチルト液晶、もしくはバリアングル液晶を求めていました。
旅先で綺麗な風景をバックに、自分と自分の自転車を入れたいときも多くあるでしょう。
となると、その場でモニタリングできる可動式の液晶はあった方がいいに決まっています。

4.WiFi機能

旅をしながらブログも書く予定なので、WiFi機能はあった方が便利かな、と。
SNSを更新するためだけに、デジカメ→パソコン→画像処理→投稿という流れを辿るのも面倒ですし。
それならばカメラから直接スマホに送り、そこからSNS更新をした方が時短になります。

5.USB充電ができること

旅中は常に電源難民。
カメラの充電もいつ切れるかわかりません。
予備のバッテリーを持って行ったとしても、それには限りがあります。

ところが、USB充電ができるカメラであれば、スマホのモバイルバッテリーでも充電が可能というわけ。
晴れの日ならば、ソーラーチャージャーを使ってより効率良く動かすことができますよね。

6.ファインダー付きであること

太陽の光が反射して、カメラのディスプレイが見にくいことが多々あります。
こういった時に便利なものが、ファインダー。

光を遮断し、正確にカメラに映っている風景をチェックすることができます。

全てを満たすカメラが「RX100M3」だった

優秀すぎます。僕が旅カメラに求めていたことを全て満たしていたSONY RX100M3

こりゃ、買わない手はありません。高いですけど。

まとめ

というわけで、ようやく旅カメラが決まりました。
本日ネットで購入したため、まだ自宅には届いてはおりません。

到着が非常に楽しみでありますです。はい。

関連記事

スポンサーリンク

Twitterで「あめのは」を

スマホ料金を断捨離!
自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ!
WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!