【レビュー記事】ロジクールのワイヤレスマウスM505からトラックボールM570tに変えた3つの理由

スポンサーリンク

ついに手にしてしまいました。僕としては完全に未知の領域になる、トラックボール

どうやら、これを持っているだけで「デキるやつ」と周りに思い込ませることができるそうです(諸説あります)。
さらに、その快適さから「神」と崇める人々も出てきたとか出てこないとか(諸説あります)。

結果から申し上げますと、僕は以前まで使っていたM505は捨てませんでした
理由は記事内で触れさせていただきます。

今回はLogicool Wireless Trackball M570tの開封、そして、トラックボールに切り替えた3つの理由についてお話させていただきたいと思います。

2年前に購入したマウスパッド「SteelSeries QcK mini 63005」を洗ってみた

2016.03.08

M505からトラックボールM570tに変えた3つの理由

1.部屋の椅子をバランスボールに変えてから右腕に違和感を覚えるようになった

f:id:afrokanchan:20161010174532j:plain

先日、部屋の椅子を「バランスボール」に変えたというお話をさせていただきました。

【1週間体験記】部屋のイスをバランスボールに変えた理由と感想まとめ

2016.03.10

その影響なのか、マウスを操作する右肩、右手首に違和感を覚えるようになってしまったのです。

バランスボール自体はとても快適で、「適度な緊張感」を保ったまま作業することが可能です。
しかし、その状態でマウスを操作するとなると、どうしても体重の何割かを右腕で支える形になってしまうんですね。

右腕を痛めてしまうことは必然と言えるでしょう。

普通の椅子に戻すことも考えましたが、そうすると今度は腰に負担がかかってしまい、どっちつかずの状況になってしまうと判断。

思い切ってこのままの状態からマウスの使い方だけを変えようと思い立った次第でございます。

2.以前からトラックボールに興味があった

f:id:afrokanchan:20161010174636j:plain

僕は「シンプルライフ」に興味があり、綺麗に整った部屋の写真を見ることが好きです。

ネットにまとめられている様々な部屋のインテリア画像を眺めていることが多いのですが、その中でも「DTMer率」が特に高いんですね。

【ざっくり、これが知りたい】
DTMer……パソコンで音楽作る人たちのこと。

そして、一際目を引くものがマウスにボールがくっ付いているような、“トラックボール”でした。

初めのうちは「なんだこれ?変なの」と興味を示さなかったのですが、その圧倒的な所持率からだんだんと興味が出始めてきました。

今まで特に必要性を感じることもなかったので購入を見送ってきたわけなんですが、この機会に試してみることにしたんです。

【学習机でDTM】DTM歴3ヶ月目の初心者が現在の環境をまとめてみる

2016.03.18

3.デザイン性が良く、ワクワクする気持ちを持てた

前述している通り、僕はシンプルなものが好きです。2年ほど前に「部屋の7割を断捨離」して、部屋のモノの量はかなり減りました。

部屋大公開!「こんまり流片づけ祭り」を2日間かけて開催してみた

2016.04.22

汚部屋時代画像公開!2年かけて断捨離してきたモノとその方法まとめ

2015.12.27

部屋にある約70%のモノを断捨離した4つの理由をまとめてみた

2015.12.26

モノの数が少なくなると、一つ一つのモノに対しての見方が変わります。

もともと好きだったモノはより好きに、もともと惰性で使っていたモノには興味がなくなってきます。

そうなると、モノを慎重に選ぶようになるんですね。

すなわち、「利便性」だとか、「デザイン性」だとか、もっと簡単に言えばモノを実際に手に取ったときの「ワクワクする気持ち」を基準に選ぶようになります。

最後の「ワクワクする気持ち」はかなり漠然としていますが、利便性、デザイン性などをクリアした後にその気持ちがあるかどうかということですね。

そのモノについて徹底的に調べ上げ、ネットにあるあらゆるレビューを調べ尽くし、実際に店に足を運び、見て、手に取って、感じ取る。

こうしたプロセスを経て、僕はやっとモノの購入に踏み切るのでございます。
もちろん、人間なので衝動買いなるものをしてしまうことがあるのですが、最近はその頻度も少なくなり年に1、2回ほどです。

このM570tは、そういった僕の中に存在するいくつものゲートガーディアンを踏み潰してここまで来たというわけなんですね。

M570tを開封してみる

外箱を眺める儀式

開封していく前に、外箱からじっくりと眺めていきたいと思います。まずは前面。スタイリッシュなデザイン。

f:id:afrokanchan:20160313230110j:plain

続いて、裏面。

f:id:afrokanchan:20160313230302j:plain

横。それぞれ、笑顔でM570tを持ち運ぶ女性と、トラックボールの特長。

f:id:afrokanchan:20160313230422j:plain f:id:afrokanchan:20160313230428j:plain

箱の底。

f:id:afrokanchan:20160313230448j:plain

開封の儀

それでは早速M570tを開封してみましょう。
開け方がわからず、ボロボロになってしまいました。

f:id:afrokanchan:20160313230548j:plain

箱に入っているものは以下の通り。

f:id:afrokanchan:20160313230702j:plain
  • M570t本体
  • USBレシーバー
  • 保証書
  • ハードウエア製品の限定保証の紙
  • 簡単な説明書のような紙

取り出してみました。

f:id:afrokanchan:20160313230955j:plain

Oh,スーパークール!!

「Logicoolコントロール センター」でマウスの設定が可能

なにやらボタンがたくさんあります。

f:id:afrokanchan:20160313232048j:plain

中央付近にある小さなボタンは、デフォルトの場合、「進む」と「戻る」が割り当てられているようです。

下記のページから「Logicoolコントロール センター(Mac)」をダウンロードすることで、この設定を変更することができます。

ワイヤレス トラックボール M570 – Logicoolサポート

裏の矢印を外し、USBレシーバーをパソコンに差し込めば使えるようになります。

f:id:afrokanchan:20160313232146j:plain

ちなみにUSBレシーバーは裏にしまうこともできます。

f:id:afrokanchan:20160313232208j:plain

実際に使ってみた

電気屋さん等で手にしていたので、思った通りの感覚です。手にバッチリフィット。

f:id:afrokanchan:20160313232232j:plain

反応もまずまずです。親指でポインタを移動させることが新鮮味があって面白いですね。
まだ慣れていないので思い通りに動かすことは難しいですが。

f:id:afrokanchan:20160313232852j:plain

中央にボールがある「ケンジントンのSlimBlade」や、同じく「ケンジントンのExpertMouse」も候補には入っていたのですが、僕はこの「ボールを親指で動かすタイプ」がしっくり来ましたね。

ボールの滑りをシリコンスプレーでちょっと良くする

ボールを転がすとある程度スムーズに動くのですが、「ガリガリ」と音がし、あまり滑りが良くないようです。
使っていくうちにだんだんと馴染んでくるのでしょうが、僕は最初から快適さを求めてしまいました。

ということで、早速ボールを取り出してみることに。裏から細長いもので押してあげるとコロッと取れます。

f:id:afrokanchan:20160313233157j:plain

クレのシリコンスプレー」を軽く吹き付けて、クロスで磨いてあげます。

f:id:afrokanchan:20160313233257j:plain f:id:afrokanchan:20160313233308j:plain

で、戻す。

なんということでしょう。

動きがまるで別物です。

親指で勢いよく動かしてやると、「シャーッ!」とボールが回ってくれるようになりました。なんという気持ちよさ。

だいぶ快適です。もしスプレーを吹きかけすぎても、使っていくと余計な分はなくなり使いやすくなっていくはずです。

まさか、ここで「ルービックキューブ」のために購入したシリコンスプレーが役に立つとは。

以前使用していたM505も使うことにした理由

M505を引き続き使っていくことにしたのは、M570tにまだ慣れていないということはもちろん、何より、「トラックボールは細かすぎる作業に向いていないのではないか」と思ったからです。

主にデザイン系、フォトショップやイラストレーターなどと行ったソフトを操作する際にトラックボールではカバーできない部分が出てくるのでは、と感じてしまったんですね。

簡単な作業なら十分使えると思うのですが、さらに細かい作業をするとなるとやはりマウスの方が有利なのかな、と。

ということで、これからもよろしく、M505。

f:id:afrokanchan:20160313234023j:plain

M505が反応しない?

と、思いきや、M505が反応してくれません。
どうやら、M570t側のレシーバーに認識されていないようです。

M505側のUSBレシーバーも差し込んでみるとこんな表示が。

f:id:afrokanchan:20160313234154p:plain

超便利じゃないですか。レシーバーは1つだけで十分です。「OK」を選択。

「今取り付けたUSBレシーバーを外してね」と言われるので、それに従います。

f:id:afrokanchan:20160313234241p:plain

無事に接続されました。

f:id:afrokanchan:20160313234319p:plain f:id:afrokanchan:20160313234350p:plain

まとめ

ついにトラックボールM570tが僕の元にやってきました。

まだ全然使いこなせていないですが、これからじっくりと使い倒していきたいと思います。ボタンの割り当てもどれが正解なのか分からずに未設定のままです。

興味がある方は是非、電気屋さんなどで実際に手に取ってみてくださいね。

関連記事

参考にさせていただいたサイト様

スポンサーリンク

Twitterで「あめのは」を

スマホ料金を断捨離!
自宅で格安SIM「mineo」にMNPできたよ!

自宅でサクッと「mineo」に変えちゃいましょう。SIMロック解除ができないau iPhone6でも、mineoなら大丈夫。スマホ料金を5分の1にまで節約できちゃいました。

ブログ初心者におすすめ!
WordPressテーマ「STORK(ストーク)」

販売価格 ¥10,800(税込)

当ブログも使っている、WordPressテーマ「STORK」。デザインの良さはもちろん、使いやすさ・読みやすさにも徹底的にこだわり抜いた究極のモバイルファーストWPテーマです。スマートフォンでの使用感は抜群!