ライフハック

愛用しているZEBRA Fortia500の芯の替え方を文房具屋の店員さんと調べてみた

文房具屋の店員さんといっしょに「ZEBRA Fortia500の芯の替え方」を調べたので、そのときの様子をまとめておきます。

男子ならば、文房具にハマった時期が一度はあるのではないでしょうか。

学生の頃と比べると使う機会は減ってしまいましたが、僕は今でもボールペンやシャーペンが大好きです。

中でも、シンプルでフォルムの美しい「ZEBRA Fortia500 0.7mm」を愛用しています。

ついにこのボールペンのインクが切れてしまったのですが、えっ、芯の変え方がわからない……。

「Fortia500 0.7mm」と僕

普段は「uni ジェットストリーム 3色ボールペン 0.7mm」とA5のノートをセットで使っていて、「Fortia500」は小さなメモ帳(132mm×94mm)といっしょに持ち運んでいます。

そのため、ジェットストリームより使用頻度は低く、今回のインク切れも購入後初めてです。約1年ほどは経っているのではないでしょうか。

ちなみに、A5のノートは少し大きいです。以前使っていた無印のB6のノートが丁度いいですね。

Fortia500の"ここ"が素晴らしい

シンプルなフォルム

まず、フォルムが美しいです。ワンコインで買えるボールペンの中でも、かなり高級感のあるものになっていると思います。

スーツのポケットなんかに刺しておけば、"それっぽく"なれるかもしれません。

あえて「ツイスト式」を採用

一般的なボールペンといえば、1回ノックするとペン先が現れ、もう1回ノックするとペン先が収納される、いわゆるノック式ですよね。

しかし、このFortia500はあえて軸を回して芯を出す、ツイスト式を採用しているのです。

ツイスト式のボールペンは高品質なものが多く、デザインも良いものが多いです。その反面、高価にもなってきます。

リーズナブルでカラー展開も豊富

ツイスト式のボールペンがワンコインで手に入ります。これはかなり嬉しいポイントです。

さらに、カラー展開も豊富で自分の好きな色をチョイスすることができます。

僕はワイン使用者ですが、近頃、銀にも惹かれてきましたね。

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、実際に手に取ってみると、より高級感が感じられると思います。

この価格の2〜3倍ほどの値段を言われても、思わず納得してしまうほどの質感です。

近くの文房具屋さんなどで探してみてはいかがでしょう。

インクが切れたので文房具屋さんに持って行ってみた

Fortia500のインクが切れたので、替え芯を探しに近くの文房具屋さんへ足を運んでみました。

さっそく、替え芯コーナーに行ってみたのですが、よくわからなかったので、店員さんに直接聞いてみることに。

Fortia500を渡すと、「ただいま確認いたしますので、少々お待ちください」と言われました。しばし待機です。この間にもいろいろなボールペンを試し書きしておりました。

トラブル発生

5分ほど経って、ようやく店員さんが僕の元へやってきました。どうやら、トラブルのようです。

たしかに、「芯を替えるだけにしては少し時間がかかっているなあ」と思っていたんですよね。

「芯の替え方が分かりません」

「ヘニィッ?!」

まったく予想をしていない言葉が店員さんの口から出てきたので、驚いて変な声を上げてしまいました。

2人の店員さんと一緒にスマホで調べまくる

芯の替え方が分からなければ、インクを交換することができません。はて、困りました。

「ただいまお調べいたしますので……」と、店員さんがメーカーに電話をしてくださったのですが、サポートの時間が過ぎていたようで繋がりませんでした。

となれば、頼る場所はやはりインターネットです。

2人の店員さんが必死にスマホで「Fortia500の芯の替え方」を調べ始めました。

もちろん、僕も参加しました。お気に入りのボールペン、長く使っていきたいですからね。

カウンター前で黙々とスマホを操作する2人の店員さんと僕。

周りからしたら、その光景は異様に見えたかもしれません。

そして、調べること10分ほど。

「あっ、ありましたぁっ!」

若い女性の店員さんがその方法を発見。

「ほ、本当ですか!」

先輩と思われる女性の店員さんの表情がパッと明るくなりました。もちろん僕もですが。

Fortia500の芯の替え方

そして、そのページに書かれている方法を読み上げてくれました。その方法が……。

引っ張る。

ズバリ、これらしいです。「引っ張る」——、かなりシンプルな回答です。

先輩がその通りに引っ張ってみます。かなり力がいるようです。

そして次の瞬間、パーツが外れ、ついにFortia500を分解することができました。

真ん中から切り離せます。

外れました。

次に黒い部分を回します。

替え芯のタイプは「4C-0.7芯」でした。

まとめ

無事に芯を替えていただくことができました。替え芯の値段は50円ほどでした。コスパ最強ですね。

これで今度からは自分で芯を交換することができます。ひとつ勉強になりました。

-ライフハック

Copyright© 略してとりてみ , 2020 All Rights Reserved.