【白猫プロジェクト】iPhone6とMacBook Proだけで、人生初となる実況プレイに挑戦してみた

スポンサーリンク

一度はやってみたかった、「ゲームの実況プレイ」。今回はiPhone6MacBook Proだけで、人生初となる実況プレイに挑戦してみました。録画から編集、そして公開までの流れを簡単にまとめていきたいと思います。

ちなみに挑戦したゲームはスマホのゲームアプリ「白猫プロジェクト」です。当然ながら人生初実況ということでネットでの声出しは初になります。

白猫プロジェクト
無料
(2016.03.14時点)
posted with ポチレバ

実況プレイに至るまでの経緯

やりたい時こそが絶好のタイミング

いつかはやりたいと思っていた「実況プレイ」ですが、自分の声をネットで晒すことにかなり抵抗があり、「時間も機材もないしなぁ……」と言い訳ばかりを繰り返して、ずっと挑戦を先送りにしてきました。

しかし、迷ってばかりいても何も状況は変わりません。やりたいと思ったその時こそが一番良いタイミングなのです。声を曝け出すことはかなり勇気のいる行動でした。それにトークも全くと言っていいほど自信がなく、人前で話すことも滅多にありません。

だから、だからこそ、実況プレイをやってみようと思ったのです。きっと逃げてばかりの人生ではいつまで経ってもたどり着くことができないところがあるはずなんです。少しばかりの勇気で、その景色のほんの1mmでも覗くことができるならば挑戦すべきではないのでしょうか。

……というのは後から考えた理由でして、本当に”ただ、やってみたかった”だけです。はい。

ついに実況プレイを始める決心をする

実況プレイに挑戦することを決意した私は、震える手を必死に制し、おもむろに「白猫プロジェクト」を開きました。そして、iPhone6をMacBookに接続し、録画の準備へと進んでいくのでございます。

録画の準備

録画で使うアプリケーションはMacBookに標準搭載されているもののみになります。

iPhone側:白猫プロジェクト

Mac側:QuickTime Player

その他必要なもの:iPhoneとMacをつなぐUSBケーブル

あれば嬉しいもの:Apple純正のイヤホン

声を出さないゲームのプレイ動画は何個かアップしていたので、録画までの準備はスムーズに行うことができました。ちなみにiPhone6のゲームプレイ動画を録画する方法は別記事でまとめているのでそちらの記事も参考にしていただければと思います。

www.toritemi.com

なぜかこのタイミングでUSBケーブルが正常に作動しなくなり、急いで別のものを購入いたしました。AnkerのプレミアムライトニングUSBケーブルです。

f:id:afrokanchan:20160113235810j:plain f:id:afrokanchan:20160113235819j:plain

1,000以下で手に入り、届いたのも早かったので助かりましたね。届いてからもまだ実況プレイに対するモチベーションは下がっていませんでした

実況プレイまでの道のり

画面録画開始までの大まかな流れ

  1. iPhoneまたはiPadをUSBケーブルでMacに接続する
  2. QuickTime Playerを起動する
  3. メニューのファイルから「新規ムービー収録」を選択
  4. カメラとマイクを「iPhone」に変更

ここまで行えばiPhoneの画面がMac上に映し出されたと思います。赤いボタンを押せば録画をスタートすることができます。

声を録音する準備

iPhoneの画面を録画する準備ができたところで、次は実況プレイに欠かすことのできない「声」の録音の準備をしていきます。こちらもこのままQuickTime Playerを使っていきます

新規ムービー収録の画面が出ている状態で「QuickTime Playerのメニュー」→「ファイル」→「新規画面収録」を選択します。

f:id:afrokanchan:20160114003455p:plain

するとこのような画面が出てくるので、音量を調節し、録音ボタンの隣にある「V」のようなマークボタンからマイクの設定を「内蔵マイク:外部マイク」に設定しておきます。

f:id:afrokanchan:20160114003613p:plain

このときMacには純正イヤホンを挿しておきます。試しに少し喋ってみて、Mac側でちゃんと音が鳴っていればOKです。

f:id:afrokanchan:20160114003854j:plain

これで声の録音準備が完了しました。あとは「新規ムービー収録」「新規画面収録」の赤いボタンを押して録画&録音スタートです。

30分にわたる初実況プレイ終了、編集開始

なんとか初実況プレイをひと段落することができました。非常に緊張しました。それにあまり面白いものではないように思えてなりません。

ここで、iPhoneの画面を録画したものと、Mac上で声を録音したもの2つのmovファイルができたかと思いますので、次にこれらを編集していきます。使用するアプリケーションは、こちらも標準搭載の「iMovie」です。

動画と音声の結合まで

元となる動画を「メディアを読み込む」または↓のマークから取り込みます。

f:id:afrokanchan:20160114005504p:plain

取り込んだファイルを下に移動。

f:id:afrokanchan:20160114005615p:plain

同じように音声ファイルも取り込み、下に移動させていきます。動画形式で保存されていますが、先ほど取り込んだ動画ファイルの下に音符マークがあるのでそこに移動すると音声ファイルに勝手に置き換わってくれます。

f:id:afrokanchan:20160114005755p:plain

ここから余分な箇所をカットしていく作業に移っていくわけですが、先にこの2つのファイルを結合しておきます。

「ファイル」→「共有」→「ファイル…」と選択していきます。

f:id:afrokanchan:20160114010132p:plain

続いて「次へ」を押し、任意の場所に保存します。これで動画と音声が結合されました。

f:id:afrokanchan:20160114010246p:plain

余分な場所をカットしていく

先ほど結合したファイルを再びiMovieに取り込み、余分な箇所をカットしていきます。ロード時間であったり、だらだら話していたり、つまらないところがあったらザッパザッパと切っていきます

f:id:afrokanchan:20160114011007p:plain

30分もあった動画が4分程度に収まってしまいました。

f:id:afrokanchan:20160114011040p:plain

コメントを入れていく

目立たせたい言葉や、タイトル、テロップを入れたい場合は上部メニューにある「タイトル」を選択し、好みのものを決めます。どれを挿入するか決めたら下の動画にドラッグ&ドロップです。ちなみに私は「中心」を多用しております。

f:id:afrokanchan:20160114011430p:plain

文字を変えたい場合は、先ほど入れたコメントをダブルクリックします。すると画面右上に表示されているスペースで編集が可能になります。

色や大きさ、フォントなどもここから変更できます。説明するより実際にやってみた方が早いかと思うので、色々といじって遊んでみましょう。

f:id:afrokanchan:20160114012000p:plain

好きな箇所にテロップを入れるのはiMovieだと厳しそうです。AdobeのPremiere、もしくはFinal Cut Proが有名どころでしょうか。

編集が終わったので書き出して、YouTubeに投稿してみる

だいぶ時間がかかってしまいましたが、無事に編集が終了しました。編集している最中に、何度この実況プレイのアップロードをやめようかと思ったかわかりません。

サムネイル用の画像を用意したり、タイトルを決めてみたり、概要を記入してみたりして、ともかく動画をYouTubeにあげてしまいましょう。ここまできたら叩かれるのは覚悟の上です。YouTubeに投稿するまでの流れこちらの記事をご覧ください。

実際にアップロードしてみた動画

もはや実況というよりかはただのNG集ですね。異常に声が小さいので、「つぶやき実況」と銘打たせていただきました。

まとめ

こうして人生初の実況プレイの動画をYouTubeにアップロードすることができました。

今回使用したもの

  1. iPhone6
  2. MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチ
  3. 白猫プロジェクト
  4. Anker USBケーブル
  5. Apple純正イヤホン
  6. QuickTime Player
  7. iMovie

各工程所要時間

  1. 撮影準備:15分
  2. 撮影時間:30分
  3. 動画と音声の書き出し&結合:1時間
  4. 余分な箇所のカット:1〜2時間
  5. コメントの挿入:30分

なんだかんだ4時間ほどかかってしまいました……。

これからもぼちぼちと実況プレイの動画をアップしていく予定なので、今後ともよろしくお願い致します。まずはきちんと編集をやらねば。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。