自宅でオリジナルステッカーを自作してMacBook Proに貼ってみたよ

スポンサーリンク

先日Apple Storeで注文したMacBook Pro Retina 13インチがついに明日届くようです。ずっと楽しみに待っていたので今からうずうずしております。

新しいマシンの購入記念として天板に貼るためのステッカーを自作することにしました。

家から出るのが面倒なので自宅で作ります。今回はオリジナルステッカーを作っていく様子や作成方法などをまとめていきます。

合わせて買いたい!MacBook Proのおすすめアクセサリ5選

2016.01.11

MacBook Air 13インチをやめてMacBook Pro Retina 13インチをメインマシンとして購入した理由

2016.01.07

オリジナルステッカー自作までの成り行き

もともと新しく買うMacBook Proの天板にはクールでスタイリッシュ&ユーモラスでファンタスティックなステッカーを貼ろうと考えておりました。

こんなやつですね。

Amazonなどでそのためのステッカーを探していたのですが、なかなか気に入るものが見つからず……。

いくつか「おっ?」と思えるものを見つけることはできたものの、購入までは至りませんでした。

ちなみに気になっていたステッカーはこちら。

なければ作ればいいじゃない」。

どうしても天板をクールに決めたかった僕は「この際だし自分で作ってみよう」と決意。

こうしてオリジナルステッカー自作へと踏み切ったのであります。

思い立ったらすぐ行動。自作用のステッカーを購入

まずAmazonで自作用のステッカーを購入しました。

僕が購入したものはエーワン 手作りステッカー 透明 3セット 28873です。

印刷用のフィルムラベルと耐久性に優れた保護フィルムのセットが3つ入っています。

貼り合わせる際にスムーズに行うための工夫もされていて、説明書も付属しているので超おすすめ。

¥1,000以下なのでコスパも◎ですね。

ステッカー用の画像を探していく

ぼんやりと頭の中でイメージを膨らませ、メモ帳にざっとイラストやキーワードを書いていきます。

イラストを自分で描くことも考えたのですが、面倒&苦手だったのでやめました。

自分の好みのステッカー用の画像をネットで探していきます。その中で見つけたものが以下の2つ。

ステッカー用画像その1
ステッカー用画像その2

以下のサイトからお借りしました。

参考:free-illustrations.gatag.net

PhotoShopを使って加工していく

お気に入りの画像が見つかったので、これをステッカー用に加工していきます。

PhotoShopを使ってイラストの切り抜き配色を変更

MacBookの天板の画像に作成したオリジナルステッカーデータを当ててニヤニヤしてみたり。

MacBookの天板の画像に作成したオリジナルステッカーデータを当てている MacBookの天板の画像に作成したオリジナルステッカーデータを当てている2

かっこいいやんけ。

次に先ほどPhotoShopで加工した画像をIllustratorを使って印刷用に配置していきます。

スペースがもったいないので、余白部分にも作成した画像やロゴを挿入しました。

作成したステッカーデータを配置している

すごくそれっぽくなってきました。テンションMAXです。

物が届いたので印刷していく

データ作成はとりあえず完了です。

そしてついに頼んでいたエーワンの手作りステッカーが届いたので、早速作成したデータを印刷していきます。

いきなり本番は怖かったのでまずはリハーサルから行いました。A4のコピー用紙にテスト印刷。

右側のデザインが見切れているテスト印刷用紙

イラストがほんの少し切れていますね(右上)。

こういったアクシンデントが発生することもあるため、リハーサルは超重要です。

気を取り直してリハーサル2回目。

成功したテスト印刷

今度は上手くいきました。

余白が勿体なかったのでイラスト・文字をさらに加え最終確認。ぎゅうぎゅう詰めです。

さらにイラストを追加して完成した印刷データ

大丈夫そうなので本番いきましょう。

印刷した作成データ

綺麗に印刷できた!

貼り付け作業開始

次はこれに付属の保護フィルムを貼り付けていきます。

真ん中の台紙が外れるようになっているので、そこを剥がして位置を確認。便利ですね。

保護フィルムを貼り付けている様子

位置が決定できたらその端の台紙も外します。

保護フィルムの台紙を外している様子

ここからタオルを巻いた定規を当てて、慎重に大きい台紙を貼り付けていきます。

他p流を巻きつけた定規 保護フィルムを貼り付けている様子

空気が入りましたがなんとか完成です。気をつけましょう。

保護フィルムを貼り付けた状態

デザインに沿ってカットしていく

ここまで完成したらいよいよステッカーを切り分けていきます。

おそらく淵ギリギリでカットしたほうが綺麗に仕上がると思うので、イラストを傷つけないように慎重にハサミで切っていきます。

ステッカーを切り取っている

手がプルプルと震えましたがなんとか切ることができました。

完成したぞ。

切り抜いた完成オリジナルステッカー

か わ い い 。

まとめ

MacBook用のステッカーを思いつきで自作してみましたが、案外簡単でした。

画像を探して、加工して、印刷して、貼り付けて、カット。

これだけの工程で簡単に自分のお気に入りのオリジナルステッカーが作れます。

さてあとはMacBook Proの到着を待つばかり。早くこのステッカーを貼り付けたい。天板に。べったりと。

貼ったよ!(追記:2016/1/12)

MacBook Proの天板にオリジナルステッカーを貼った写真

無事に貼れました。超COOL!!

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。