どうやら2015年は風邪のよう、これまでの大晦日の過ごし方を振り返ってみる

スポンサーリンク

2015年も残すところわずか数時間ですね。ただいま絶賛風邪っ引き中でして、あまりの辛さに年越しとかどうでもよくなってしまっています。前代未聞の大晦日の夜になりそうな匂いがぷんぷんします。

さて、そんなわけでこれが今年最後の記事になりそうです。そして、年越しのタイミングはブログを書きながら迎えると決めているわけでございます。
“風邪と必死に闘いながら、キーボードを叩き続け、そして、鼻水まみれの顔面でふと時計に目をやるといつの間にやら2016年だった”なんていうぬるっとした新年の迎え方もまた一興ではないでしょうか。
今回はこれまでの大晦日の過ごし方について少し振り返ってみたいと思います。

2014年編〜歌舞伎町にて〜

場所は歌舞伎町近辺の歩道。遠くの方で「5!4!3!………」と大勢のカウントダウンの声が響く中、友人2人と缶ビール片手にひっそりと新年を迎えました。

てっきり、「龍が如く」のような恐いお兄様方鉄パイプやら釘打ちバットやらを持ち寄って、「おらぁ!今年もお世話になりやしたぁ!来年もシクヨロォラァッッ!」などと新宿の街を練り歩くのかと思っておりましたが、全然そんなことはなかったです。安心しました。

2013年編〜空中にて〜

空中にいました。「俺、年越しの瞬間は空中にいたぜ!」と言いたいがためだけにジャンプしていました。どう考えても発想が中学生です。
しかし、ジャンプのタイミングを間違えてしまった場合が心配でした。もし、「3……2……いt……」あたりで地面に着地してしまった時は、再び準備に取り掛からなくてはなりません。
そんなことが起きてしまったら一大事です。何としてでも、年が変わった瞬間は空中にいなくてはならないのですから。
そこであることを思いつきます。それは、「長い間、空中にいればいいのではないか?」ということでした。0.1秒でも長く空中にいれば、その分、ミスのタイミングになる可能性も低くなります。
私は、高いところからジャンプすることに決めました。自宅付近にある少し高めの塀があったので、そこによじ登り、そのときを待っていました。だいたい高さは1.5mほどでしたね。なんと、5分前からスタンバイするというなんともやる気に満ち溢れる早出勤です。
その近くに住宅があるのですが、ちょうどそこの家の窓からこの塀が丸見えなんですよね。家の中の人からみると、「1.5mほどの塀によじ登り、仁王立ちして家を覗いているような変態」に見えたことでしょう。
しかし、ここで屈するわけにはいきません。今から場所を移す時間など、そんな余裕など少しだってありはしなかったのですから。
私は覚悟を決めました。仁王立ちのまま、運命の時をひたすら待つことにしたのです。
そして訪れる運命の瞬間。腕時計に目をやり、タイミングを見計らい、思いっきりジャンプ。きっと、家の中の人も『あっ!あの変態、飛んだぞ……!』と思っていたに違いありません。
空中で腕時計を見ながら、「やった……!空中で年を越したぞ!やってやったぞ!」とほくそ笑んでおりました。しかし、空中にいる時間がちょっと長すぎる。飛ぶ前に気づくべきだったのです。
1.5mの塀からジャンプした結果、プラス4〜60cmはされているはずなんですね。つまり、2m弱のところから飛び降りているのとなんら変わりがないわけです。これはかなりの高さになります。それに加え、地面はアスファルト。足へのダメージが心配されます。
「ヒャッハー!」と言わんばかりに思い切りジャンプしてしまったせいで、着地の瞬間に膝に相当のダメージが加わりました。そして、その反動で腕時計が顎に直撃し、自分自身にアッパーカットを放ってしまう形になってしまったのです。もう、プライドがズタズタです。

そんなわけで無事に新年を空中で迎えることができたのですが、新年一発目の怪我も同時に迎えてしまったわけですね。ただのバカです。

2012年編〜便所内にて〜

そばみかん食べ過ぎ便所内にてモンハンをやりながら年を越しました。モンハンクロスやりたいです。

まとめ

少し振り返ってみてもロクな過ごし方をしていませんでした。どうやら2015年は頭痛、悪寒、喉の痛み、咳、吐き気とともに終え(オエ)てしまいそうです。

というわけで、今年も大変お世話になりました。2016年もより面白く、役立つような「とりてみ」情報をお届けしていきたいと思いますので、来年も何卒よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。