2015年に買って良かったモノ7つ!シンプルにまとめてご紹介

スポンサーリンク

つい先日、「ミニマリスト気取りで本当に必要なモノを一週間かけて本気で考えてみた結果」という記事を書いたばかりですが、これ、行ってみましょう。

今週のお題「今年買って良かったモノ」。

そもそも今年はあまり多くのモノは買っておりません。

残り1ヶ月も、これから来る本気の冬に向けてちょっと良いアウターを買おうかな、と思っているぐらいです。追記:買いました!『これから到来するであろう本気の冬に向けて4万円のアウターを購入してみた

というわけで、2015年に購入したアイテムの中から「これは本当に買って良かった」というモノをまとめてご紹介していきます。

部屋でもダウン着てます。今年の冬の寒さ対策に買ったアイテム10選

2016.12.12

買ってよかった&捗るグッズ20選!2016年Amazon総まとめ

2016.12.05

1.シンプルでスマートでクールなiPhone6ケース『PhoneFoam LINE』

f:id:afrokanchan:20151205172733j:plain

耐衝撃構造、カード収納付きにも関わらずシンプルかつスタイリッシュなデザインを持ったiPhone6ケース。

iPhoneをしっかりと守ってくれて、いわゆる手帳型ケースのような煩わしい蓋みたいなものもない。

ボタンのクリック感もちゃんとしており、何より嬉しいことがiPhone6、6S、どちらにも対応していること。

よくありがちな「一つのサイズで6、6S両対応」ではなく、それぞれに合った寸法取りをしていることも嬉しいポイント。

商品パッケージの寸法

  • iPhone 6(17.9 x 10 x 2.2 cm ; 150 g)
  • iPhone 6S(17.6 x 10 x 2.4 cm ; 82 g)

6S用のケースを6に装着すると、ほんの少しゆったりすることがあるんですよね……。

さらに、ICカードの読み取りエラーを防止する「エラー防止シート」が標準で付属してきます。駅の改札やコンビニのレジ、自動販売機などでエラーが出なくて済みます。

はいつも改札を通る時にいちいちSuicaが入った長財布を出していたんです。それが今ではiPhoneをかざすだけで通れるからもう本当に便利すぎる。

大勢の人に紛れ、ドヤ顏で改札を通り去る。是非ともこの優越感を皆様にも味わっていただきたい。

日本を代表するドジっ子担当のために、すでに3〜4回落としてしまってはおりますが本体は無傷。

まさに至れり尽くせりのNo.1 iPhone6ケースだと思っております。

これは今年買って一番良かったモノかもしれない。

ちなみにこのケースにする前は「Spigen ネオ・ハイブリッド iPhone 4.7」を使っておりました。こちらも丈夫でシンプルなデザインなのでオススメです。

2.指紋が付きにくく、スムーズな操作感『POWER SUPPORT アンチグレアフィルムセット』

f:id:afrokanchan:20151205172734j:plain

iPhone6を購入した時にセットで手に入れたのが、この液晶保護フィルム。

太陽光や蛍光灯などの光を軽減してくれ、映り込みもなく屋外でも使いやすいです。

アンチグレアのためにスムーズな操作感を得ることができ、指紋はおろか、耳を当てた際の皮脂なども驚くほど付着しません。

そして何より、アンチグレアフィルム 2枚 超極細繊維クリーナークロス 1枚 ダストリムーバー 1枚というセット内容。素晴らしすぎます。

ホームボタンやスピーカー、各種センサーの形状にも気を配っており、細かいこだわりが感じられます。

さらに、剥離フィルムが裂けるようになっているため、部分的に貼り付け位置を固定することが可能。このおかげでフィルムを正確に貼ることができます。

保護フィルムってなんだかんだ綺麗に貼れないんですよね。

ですが、このフィルムは今までで一番綺麗に貼ることができました。感謝です。

3.答えを探していたときに買った本『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』

f:id:afrokanchan:20151205172735j:plain

じっくりと読み進めております。一つ目から自分に出来る範囲で実践中。

仕事や、夢を追いかけていて疲れてしまった時などに読むと幸せになれる本です。

自分らしく、たくましく生きるために自らの「独創性」に気付く。そして、その才能を伸ばすことだけに集中する。

黙っていても、あらゆる情報が自然に集まってくる”24時間オンライン時代”。モノも情報も、本当に大切なのは数多く「集める」ことではなく、上手に「捨てる」ことなのではないだろうか?

20代は“吸収”ではなく“捨てる”。四角大輔が語る24時間オンライン時代の「捨てる」技術(1/6) – ウレぴあ総研

迷いや不平不満、あらゆるものを「捨てる」ことで、人生をよりよく豊かなものにできるのかもしれません。

「なにかおかしいな?」と思っている人に勧めたい一冊です。

4.ヤバすぎる世界観のゲームアプリ『伝染病株式会社』

f:id:afrokanchan:20151205172736j:plain

Plague Inc. -伝染病株式会社-を App Store で

かなり有名なアプリですが、とても奥が深く、これにハマりすぎて寝不足になったりもしたほど面白いゲームアプリ。

ジャンルとしては、リアルタイムシュミレーション。

プレイヤーは新種のウイルスを作り、さらにそれを進化させていくことで世界中に蔓延させていきます。

人類を滅亡させることを目的とした、なんとも不謹慎極まりない内容となっておりますが、感染経路や、ワクチンの製造などの要素があり、とてもリアルな作りになっています。

「どうやって感染させよう?」「ワクチンの製造を遅らせるには?」「どこの国からウイルスを広めるべきか?」

頭も使うし、何より自分の好きなようにウイルスを進化させていくことが可能。もちろんウイルスの名前もお好みで付けられます。

f:id:afrokanchan:20151205172737j:plain

そして、人類滅亡……。

f:id:afrokanchan:20151205172738j:plain

ハマりすぎには注意ですが、何か面白いゲームアプリを探している方は是非『伝染病株式会社』で遊んでみてはいかがでしょうか。

Plague Inc. -伝染病株式会社-
Plague Inc. -伝染病株式会社-
¥120
posted with アプリーチ

5.スニーカーのド定番『adidas Stansmith』

f:id:afrokanchan:20151205172739j:plain

世界一売れたスニーカーと言われている「adidas Stansmith」。

ちなみに今年購入したものはABCマート限定モデルのスタンスミスOGというもの。カラー展開は緑、紺、赤、オールブラックで、は紺を選びました。

スタンスミスOGは8,900円(税抜)。一方、スタンスミスは14,000円程で販売されている模様。

ヴィンテージに近いモデルはどちらかというとOGの方らしいですが、ヴィンテージモデルの復刻版ではないということです。うーん。なんだか難しい。

ですが、シンプルで履きやすく、どんなスタイルにでも合うスタンスミスはやはり素晴らしいスニーカーと言えるでしょう。

6.バンバン着倒せる『ユニクロのパックTシャツ』

f:id:afrokanchan:20151205172740j:plain

一枚500円という値段にも関わらず、カラー、サイズ展開が豊富で、とても着心地が良いです。

ちなみに、パックTシャツ”の正式名称は「MEN ドライカラークルーネックT、VネックT」です。店員さんに「パックTシャツと言ってもわからない場合があるのでご注意を。

はSサイズ、Vネックのものをホワイト、グレー、ブラックの3色を一枚ずつ購入しました。

とても使い心地が良かったので、『一枚500円、今話題のパックTシャツを購入してみた』でもまとめてます。

7.手軽に使えてリーズナブル『パナソニック エチケットカッター』

f:id:afrokanchan:20151205172741j:plain

「デュアルエッジ刃」を搭載しており、側面からの毛だけではなく上から入る毛もカットが可能。

鼻や耳の手入れはもちろんのこと、眉やヒゲの形作りにも便利です。

f:id:afrokanchan:20151205172742j:plain

エチケットカッター ER-GN10 | メンズグルーミング | Panasonic

カラーバリエーションも白・赤・黒と選べて、持ち運びも楽ちん。水洗いできないのが難点ですが、これが1,000円以下で手に入るのはとても魅力的。

刃を水で洗える「スマート戦場」や「毛くず吸引」タイプなどもあるので、お好みの機能を持ったものを探してみてはいかがでしょう?

まとめ

以上、「2015年に買って良かったモノ7つ!」でした。

『シンプルに』とは言ったものの5000文字を間近にして、やっとまとめに入ることができました……。

冒頭部分で「そもそも今年はそんなにモノを買ってない」と申し上げましたが、まさにその通りでございます。

購入したほとんどのモノが本当に買って良かったと思えるモノばかり。昨年よりも買い物が上手になった、と思うことにいたしましょう。

この中に気になるモノがあったら実際に触れてみるか、手に取ってみる。または、自分で調べてみることをおすすめいたします。

今のご時世、欲しいと思ったモノは簡単に手に入れることができます。情報でも、モノでも、なんでもです。

ただ、「それは果たして自分にとって本当に必要なモノなのかな?」という判断はいつでも自分自身がしていかなくてはなりません。

今回の記事がその判断材料のカケラにでもなることができれば、大変喜ばしいことでございます。「ブログ書いてて良かったわ〜」と本気で思える瞬間です。

もしかすると『本当に良い』と思えるモノに出会っていくことこそが人生の醍醐味なのかもしれませんねぇ。

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。