無料のはてなブログでもGoogle AdSenseの審査に通るのかブログ初心者が試してみた

スポンサーリンク

以前から気になっていたGoogle AdSenseの審査に一発で通ったので、そのときのことをまとめてみました。
以前はアメブロでいわゆる日常系雑記ブログを書いていたのですが、そこからGoogle AdSenseの審査に通るまでの経緯をここに記していきたいと思いますよ。

Google Adsenseとはなんぞや?

Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

簡単に言えば、Googleが提供するクリック報酬型の広告収入プログラムですね。

最初に、自分が行ったことをざっくりと説明します。

  1. 申請用のブログを用意するため、「アメブロ」から「はてなブログ」へ引っ越し
  2. GoogleアカウントでGoogle AdSenseにログイン
  3. 基本情報を入力し自身のブログを登録、これで一次審査の申請が完了
  4. 一次審査が通ると、次は二次審査に進む
  5. 実際に広告コードをブログに貼り付け、二次審査の結果を待つ
  6. 無事に審査が通れば、晴れてAdSenseの有効化が完了

という流れになっております。

ちなみにアドセンスの審査に一度合格すれば、自分の所有するサイト、ブログに広告を貼り付けることができます。つまり、審査に出すブログは必ずしもアドセンスを貼りたいブログでなくてもいいということです。

それでは一つずつ見ていきましょうかね。

申請用のブログを用意する

初めに、Google AdSenseの申請用のサイト、もしくはブログを用意する必要があります。

申請するサイトを選ぶ方法としては以下のものがあります。

  • すでに利用しているサイト、ブログ
  • 申請用に新しく作成したサイト、ブログ

僕の場合は”すでに利用しているブログを、申請用に新しく作り直し”ました。

避けた方がいい無料ブログはこの3つ

無料ブログで全然問題はないらしいのですが、「FC2」「Blogger」「アメブロ」は避けたほうがいいようです。

アメブロ:そもそもアフィリエイトがNG

FC2:アドセンス登録時に報酬の20%を取られる契約が発生

Blogger:他のサイトに広告を貼る際に、それぞれのサイトで別に申請が必要

おすすめの無料ブログはこの3つ

と、そこでGoogle AdSense申請用でおすすめの無料ブログを調べてみました。

  • SeeSaa
  • So-net
  • はてな

どうやら以上の3つがおすすめのようです。一つだけひらがなで輝いていたという単純な理由で、申請用のブログは“はてなブログ”に決定。

申請用のブログを作りこんでいくよ

さて、次は申請用のブログを作りこんで行かなくてはいけません。

このときもブログはひっそりと書いていたのですが、どうしようもないただの独り言のような内容ばかりでした。「アメブロ」でね。……あ、「アメブロ」ダメなんじゃん……。

ひとまず、「アメブロ」から「はてなブログ」へ引っ越しします。

関連記事:ワケアリのためアメブロからはてなブログに引っ越してみた

審査を通るための7つのポイント

調べてみると審査を通るためにいくつかポイントがある模様。

  1. 余分な広告は一切貼らない
  2. 記事数は5〜20記事以上
  3. 文字数は500字〜1000字ほど
  4. 申請中も毎日更新する
  5. 画像、動画は貼らない
  6. 性表現、反社会的キーワードは使わない
  7. 引用、コピペはNG

自身のサイトで守ったのは2、3、4、6、7でした。アメブロから引っ越してそのままだったので、記事数はしょうもないものが300個ほど。

すぐにAdSenseに申請を出し、その申請中もブログは更新し続けました。ということで、「はてなブログ」デフォルトの広告はそのままでも問題ありません。画像も貼っておいて問題はありませんでした。運営者情報も載せなくてOKでしたね。

一次審査の流れ

こちらのページからGoogle AdSenseの登録をします。

もちろんGoogleアカウントが必要になってくるので、まだ持っていない人は先に作っておきましょう。

必要事項を記入し申し込みが完了すると一次審査待ちとなります。審査が終わるとメールが届きが、遅い方だと1週間、僕の場合は2時間程度だったと記憶しています。

二次審査の流れ

一次審査はよほどおかしいサイトやブログではない限り通過することができます。
しかし、二次審査は基準が厳しく、本当の審査はここからといっても過言ではない。

届いたメールの「今すぐ開始」から広告の設定をしていきます。

f:id:afrokanchan:20151205172830j:plain

「広告ユニットの作成」から広告を作ります。

f:id:afrokanchan:20151205172831j:plain f:id:afrokanchan:20151205172832j:plain

「広告コード」をコピーし、「はてなブログ」の管理画面の「デザイン」→「カスタマイズ」→「記事」→「記事上下のカスタマイズ」に貼り付けて保存。

f:id:afrokanchan:20151205172833j:plain

審査に通るまで、広告を貼り付けた部分は「空白」になります。

審査が終わると2〜3日ほどで「AdSenseアカウントの有効化が完了いたしました」というメールが届きます。

f:id:afrokanchan:20151205172834j:plain

空だった広告がきちんと表示されているはずです。お疲れっした。

無料版はてなブログには制限がある

Google AdSenseの広告は1ページに3つまで貼れますので、無料版はてなブログにはPC向けページで2つ貼ることができます。ページ下部には「はてな」側のGoogle AdSenseが常に貼られている状態です。

モバイル向けページではすでに3つ広告がデフォルトで設定されているため、1つも貼ることができません。Webページへの流入はモバイルからのものが主流なので、無料版で得られる効果は薄いでしょう。ぜひ、Proに。

関連記事:【はてなブログProまとめ】とりあえず、勢いだけではてなブログProにしてみた

まとめ

結果としては、“無料のはてなブログでもGoogle AdSenseの審査に通ることは可能”でした。ブログの引っ越しの段階では少し苦労をしたものの、審査自体はそんなに大変ではなかったように思います。

気になっている方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

関連記事

参考にさせていただいたサイト様

スポンサーリンク

この記事を書いた人

あめよふれ あめのはっていいます。どうぞよろしく。
「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。