旅行・キャンプ 趣味とエンタメ

ちょっとアメリカ大陸横断してくる。キャンピングカーで巡る絶景旅

更新日:

いま僕はフィリピン・セブ島に3ヶ月間の語学留学に来てます。もう留学期間も半分を過ぎ、残り1ヶ月ちょっと、というところ。

そろそろ留学が終わったあとのことも考えなきゃいけない時期です()。

実際、今回のフィリピン留学も自転車で日本を旅してるときにパッと思いついたことだったんですよね。だから、ほとんど勢いで来てしまったというか、まだ予定は未定というか。

「(大阪のゲストハウスにて)外人多いな!?うわ、英語しゃべりたい!せや、留学行こう!」→「フィリピン来たやで!英語楽しい!」→「留学期間もあと残りわずか。帰ったら何しよう?」ってな感じ。

まー、日本に帰国してそのままのんびり暮らすのもいいかな、って思ってたんですが、やっぱり新しいことにチャレンジしたいじゃないですか。

ちょっとアメリカ大陸横断してくるわ。

ちょっとアメリカ大陸横断してくるわ

日本人留学生「僕ら来年の12月からアメリカ横断しようと思ってるんだけど、君も行く?」

僕「行きます」

日&僕「「えっ」」

学校の廊下で日本人留学生と交わした実際の会話。なんというか、即答だったよね。うん。

というわけで、来年の12月からちょっとアメリカ大陸横断してきます。期間は1ヶ月ぐらい。アメリカ横断のあとはそのまま南米も行ってきます。

「キャンピングカーでアメリカ横断」なんて考えたこともなかったんですよね。だから、誘われたことがとっても嬉しくて。きっと、僕一人だったら行こうともしなかったんだろうな、って。

言葉にするのは難しいんですけど、なんていうか「お前、海外見てこいよ」って言われてる気がするんですよ。世界というか、存在X的な何かに。

まぁ、厨二病だと思うじゃないですか? もしかしたら自分の勝手な解釈なのかもしれないけれど、そう感じる機会が実際めちゃめちゃ多い。「いや、世界一周行くやつ(行ったやつ)どんだけいんだよ」って。

フィリピンっていう場所がそうなのかもしれないけれど、こっち来てから"世界"ってもんがすごく身近に感じられるようになったんですよね。「これ、自分でも行けるんじゃねーか?」とか思っちゃったりしちゃったわけ。

アメリカ横断ミーティング第一回目

今日はアメリカ横断組で初のミーティングをしてきました。カフェで。まだ企画段階なので、予算とか費用とかルートとか走行距離とかはまったく考えてません。

よって、今回の記事は「こうなれば面白いよね」「ここ行きたい!」「まず何からすればええんや」ってな感じの、非常にふわっとした内容になってます。

なんたって、アメリカ横断出発予定日は約1年後だからね。

ここから1年みんながそれぞれの人生を歩んで、またアメリカで集まろう、みたいな。何それ、ドラマかよ。

アメリカ横断メンバー

とりあえずメンバーは今のところ5人。みんな日本人です。詳細なプロフィールとかはあえて載せません。そういうのは追々、ね。

というより、ほぼ初対面。今日は5人でのミーティングだったんですけど、僕だけ急遽呼んでもらった感じで、自己紹介から始まりました。

8人乗りのキャンピングカーを借りる予定なので、メンバーが増えるとしてもあと二人。「イケメン外国人欲しい!」みたいな流れ。5人でもいいかなぁ、って感じ。

控えめに言ってもメンバーの内容が濃すぎるので、旅の記録をしてみたり、アメリカ横断までの活動を動画にまとめたり、それぞれがメディア持ったりしたらもっと面白いことになりそうです。

「これから世界一周行くやで」っていう人がすでに二人いますし。みんなそれぞれ能力や性格もまるで違うし。元ディレクターとか元銀行員とかいるし。

何から決めればええんや?

アメリカ横断用のキャンピングカーを借りる会社から見積もりもらって、まずは資料とにらめっこ。大方のルートも決めてもらって、費用も日程もバッチリ出してもらって。

うーん、でもね。実感湧かないわけよ。実際、僕、アメリカのことなんてほとんど知らないし。有名なスポット言われてもわからんのよ。

実際、みんなも「( ゚д゚)ポカーン」ってなってたし。「ウンウン、日程はわかったよ。費用もわかった。だけど、これから何すりゃええんや?」って感じ。

だから、実際にアメリカ横断した人に聞こう、ってなったわけ。

実際に「アメリカ横断した人」に話を聞いてきた

メンバーの一人が「あ、アメリカ横断した人の連絡先知ってるわ」なんて言いだすもんだから、即連絡してもらったよね。だって、その人、今セブにいるんですもの。

5分もしないうちに返事が返ってきて、なんと、実際にお話を伺えることになりました。トントン拍子で進んで行くな、おい。

というわけで、急遽ミーティング場所をカフェからファーストフード店に切り替え、3時間ほどお話を聞いて来ました。

やっぱり、実際にアメリカ横断した人の話は具体的で貴重なお話ばかりでしたね。やっと僕らのアメリカ横断旅行も現実味を帯びてきたかな、って感じ。

本当にいろいろなことを教えてもらったんだけど、まだすべてを理解できていないから、それはまた別記事でまとめます。

ここでは、とりあえず「コレかなり重要だわ」って思ったことをまとめときます。

コレだけはやっとけ!

  • 見積もりで送られてきたルートはクソ。自分たちで考え直したほうがいい
  • ドライバースキルと料理スキルは必須。特に運転技術は大事
  • まずはキャンピングカーの運転になれること。8人乗りはマジデカい
  • カメラはいいやつ持ってけ。できれば一眼レフな
  • キャンピングカーのシステムも学んでおくとベター。まぁ、ここは追々でいい
  • お金はたくさんあったほうがいい。贅沢できるし、旅が楽になる
  • アメリカ横断行くんでしょ? そのまま南米行っちゃえば?
  • スピーカー、トランプ、調味料があるとめっちゃいい

特に重要だと思ったのはこんな感じかな。今のところ。

僕らがやるべきこと

何しろ、僕らは右も左もわかってない状態です。実感も湧いてません。ということで、まず僕らがすべきこと。

  1. 行きたいところを洗い出す
  2. ルートを決める
  3. 見積もりをもらう
  4. 貯金する
  5. メンバー集め

ですかね。行きたいところを選定して、Google Mapsで行きたいところにピン挿して、おおよその走行距離を洗い出す、ってのが最初のやるべきこと。

コレやったら面白いんじゃね?ってこと

コレはまだ僕の妄想範囲を超えてません。こうしたら面白いんじゃない、ってことの列挙。ただのメモです。

  • ドローン持って行きたい!(国によってNGなところも。調査必要)
  • 動画配信しながら旅したら面白そうじゃね?
  • スポンサー募集してみよっか
  • クラウドファウンディングなんてどう?
  • 影響力持てばディスカウントもできそう
  • 1年あるんだし旅までの活動も記録したら?
  • みんなそれぞれメディア持とう(SNS、ブログとか)

まぁ、ありきたりなアイディアばっかりですが。旅を続けながらブログや動画を作成する大変さは、僕も身をもって知っているのでここはちょっと考えないとね(実際に自転車旅記事は途中で更新止まってる)。

クラファンやるにも、スポンサー募集するにも、僕らはまだ何も持っていなすぎる。もしかしたらそれがいいのかもしれないけれど、持っていないよりかは持ってたほうがいいもんね。

英語を伸ばすとか、料理を学ぶとか、動画作成を学ぶとか、ブログを書くとか、カメラを勉強するとか。もっとやれることは多そうです。

まとめ

  • ちょっとアメリカ大陸横断してくる
  • 出発は約1年後
  • メンバーはそれぞれ違う道へ
  • 来年、アメリカで合流し、そのまま旅に出る

ざっくりすぎてワロタ案件だけど、こんなところです。まだまだできることはたくさんあるし、もっと面白くもできそうです。すべてはまだみんなの頭の中です。これからです。

さて、僕はこの1年どうやって過ごそうかな? 何を学ぼうかな? 夢は広がリングですな。

この記事が気に入ったら
略してとりてみ を"いいね!"

最新情報をお届けします

Twitterで あめのは を

  • この記事を書いた人

あめのは

狂おしいほど、文章を書くのが好き|とりあえずやってみるで人生変わった|セブ在住→詳細プロフィール

おすすめ記事

1

ブログ収益がついに10万円を突破しました。月に10万円を稼ぐブログなんてごまんとあるとは思いますが、一つの節目として記事にしておこうかと。 僕は右も左も分からないゼロ地点からスタートし、約1年でここま ...

2

約2年の歳月をかけてようやく部屋の約80%のものを断捨離することに成功しました。 だれかにあげたり、思い切って捨ててみたり、モバオクなどのフリマアプリや店頭買取を活用して売ってみたりと、本当にいろいろ ...

3

ゆるくて楽しい、かつ稼げるバイトをお探しですか? 僕はこれまでに11個のアルバイト経験をしてきました。 フリーター歴は計4年。元バンドマンだったということもあり、時間の都合がつきやすくて楽なバイトを様 ...

-旅行・キャンプ, 趣味とエンタメ

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.