ガジェット ライフスタイル

VR・AR・MRで世界は変わるのか?未来の話をしようと思う

投稿日:2018年9月18日 更新日:

未来の話がすでに未来の話じゃなくなりつつある、西暦2018年からコンニチハ!

今回は、アニメ好きの25歳男が「未来について」の話を妄想垂れ流しで語っていくよー。

主に、VR・AR・MRの定義や違い、それらの技術によって世界がどのように変わっていくのか、みたいなことを話していきます。

僕の「こうなればいいな」と「こうなるんじゃないかな」という思考が詰まった内容になっておりますので、すべてが現実になるとは限りません。悪しからず。

未来はきっとこんな感じになる

今はスマホが主流ですが、将来的にはスマートウォッチとスマートグラスが席巻してくるんじゃないかな、って思ってます。むしろ、そうであって欲しい。

アニメ「PSYCHO‐PASS サイコパス」に出てくる時計型端末なんて、近未来そのものじゃないですか?

時計で電話ができたり、MAPを表示できたり、手でホログラムを操作できたり、なんてことも夢物語じゃないんですよね。

これはスマートウォッチじゃないんですが、Leap Motionの「バーチャルウェラブル」ではAR(拡張現実)技術を駆使して実際にホログラムを手で操作しちゃってます。

CGではないことを願ってますが、おそらくこれが本物だとするなら高性能スマートグラスってところでしょうかね。

参考スマートウォッチはもう時代遅れ? Leap Motionの「バーチャルウェラブル」が完全に未来にいっちゃってる

VR・AR・MRの定義と違いについて

AR(拡張現実)技術」って言葉が出てきたところで、「VR・AR・MRってなんぞ?」という点についてお話していきましょう。

VR(Virtual Reality:仮想現実)とは?

VR(Virtual Reality:仮想現実)とは、現実に似せた仮想現実を作り出し、あたかもその場所にいるかのような体験を再現する技術、または空間のこと。VRchatとかVRカノジョとかがこれ。

ざっくり言うと、映画『マトリックス』、アニメ映画『サマーウォーズ』のOZ、アニメ『ソードアートオンライン』みたいな世界観です。

最近では「VRを活用してアニメ制作しようぜ!」みたいな動きもあって面白い。

参考VTuber×VRでアニメ制作、エクシヴィとエイベックスが「AniCast Lab.」設立

新宿のVR ZONEを体験してきた感想!待ち時間は3時間ぐらいでした

新宿の歌舞伎町にどどーんとオープンした、国内最大級のVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」。 「VR ZONE SHINJUKU」は、新宿・歌舞伎町のミラノ座跡地に建設された ...

代表的なVR製品

2016年はVR元年とも言われていて、Oculus RiftHTC VIVEPlayStation VR(PSVR)などのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が発売されました。

2018年になると、スタンドアローン型(スマホやPCなどの外部機器を必要としない)であるOculus GoVive Focusがリリースされており、年を増すごとにVRがより手軽に楽しむことができるようになってきています。

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは?

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは?、現実の世界にコンピュータを通して情報を拡張する技術のこと。「ポケモンGO」なんかがこれ。

あと、2007年放送のアニメ「電脳コイル」ですかね。「電脳メガネ」というデバイスを装着することで、電脳世界がARとして視覚化できるようになってます。

2018年のApple EventでデモンストレーションされたマルチシューティングゲームもAR技術を利用したものです。

MR(Mixed Reality:複合現実)とは?

MR(Mixed Reality:複合現実)とは、VRとARの中間。現実世界に仮想世界が入り込んでいる状態を作る技術と空間のこと。VRとARの上位互換みたいな?

仮想現実と現実世界の融合、って言えばわかりやすいですかね。デジタルな空間を主軸として、その上に現実世界の情報を反映するんですな。

現実世界の情報をデジタル上に配置することができるので、その情報を他ユーザーと共有できるのがMRの一番の特徴です。まぁ、観たほうがイメージ掴みやすいです。

バスの運転手の評価を下車時につけたり、空間上に多数の広告が表示されていたり、もうとにかくカオス。さすがに目がチカチカして嫌だけど。

Appleのスマートグラス「Apple Glasses」は2020年に来る?

2016年あたりから「AppleがARグラスを開発中!」なんて噂がありますが、アナリストたちの予想では2020±1年に製品化されるんじゃないかと予想されてます。


参考Inside Cupertino’s Upcoming Breakthrough Product: Apple Glass

レンズ部分に映像を投影して、情報を視覚的に拡張・確認できちゃう。マップはもちろん、タスクやスケジュール、現在の時刻、バッテリーなど多数の情報も表示できるでしょう。

これはもう期待せずにはいられませんわ!

参考Appleが開発中と噂の「ARグラス」、コンセプト画像が公開
参考Appleが「ARグラスレンズ」の開発企業を買収。そこから導き出される答えとは?

VR・AR・MRで世界は変わるのか?

変わるよね。それはもう劇的に変わっていくよね。実用化が難しい分野もまだまだあるものの、徐々にこうした技術は生活に溶け込んできていると思います。

VR・AR・MRはもちろん、これからロボットやAI、ドローンなどの性能もどんどん上がっていくでしょうね。

まるで会って話しているかのように、3Dホログラムで電話をすることもできるでしょう。目の前にある食べ物のカロリー計算もできるでしょう。

おすすめの服をピックアップしてくれたり、季節や天候などを考慮して今日の服装をコーディネートしてくれるようにもなるでしょう。

小さい妖精みたいなAIが、日常の中でいろんなアドバイスをくれるようになるかもしれません。

もう、映画やアニメの中で見た「近未来」がすぐそこまでやってきてるんですよ。たまんねぇな。

本当に面白い時代に生まれたと思う

僕は93年生まれの25歳なので、ちょうど以下のツイートの世代なんですよね〜。

それでいまはVRとか、ドローンとか、AIとかっていうなんとも男の子の心をくすぐるような技術がどんどん開発されてるわけでしょ?

これはもう死ぬに死ねない、って感じですよ。ホント。期待しよう!

AIやロボットが俺好みのイラスト・小説をかいてくれる時代

AIやロボットの技術が進歩していけば、やがて個人の好みに合わせたコンテンツを収集・創作してくれたりする時代が到来するのではないかッ?! 近未来の妄想が好きな僕は、ふとそんなことを考えてしまうのですよ。 ...

-ガジェット, ライフスタイル

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.