「夢・幽体離脱」 一覧

オカルト 夢・幽体離脱

2018/4/25

継続夢って知ってる?夢の中のもうひとつの世界とパラレルワールド

「夢の中に現実とはちがった、もうひとつの世界」があるとしたらどう思います? それも、日が経つにつれて拡大し、成長し、シンクロし、とても夢とは思えないほどリアルなものだったとしたら。 僕はもうかれこれ10年ほど同じ世界の夢を見てます。単なる夢の続きではなく、同じ世界のあらゆるシチュエーション下での夢。 そんな夢の世界、現実とシンクロしたパラレルワールドの体験談をお届けいたします。ネタは一切なしです。すべて現実に体験した本当のお話。

オカルト 夢・幽体離脱

2017/12/2

夢の続きが見たい?とっておきの「夢の続きを見る方法」を伝授する

目が覚めたときに「なんだよ、夢かよ!」って思ったことはありませんか? その夢が幸せなものだったり、楽しいものだったりしたら、なおさらのこと。「その夢の続きが見たい!」って思うことも珍しくはないのではないでしょうか。 長年の訓練の末、夢のコントロールができるようになった僕が、とっておきの「夢の続きを見る方法」を伝授しちゃいます。

オカルト 夢・幽体離脱

2017/11/14

明晰夢音声作品『あなたも明晰夢を見られる!』の制作協力を担当しました

突然ですが、あなたは「明晰夢」って聞いたことあります? 簡単に説明すると、明晰夢ってのは夢だと認識しながら見る夢のこと。たまに夢の中で「あ、これ夢だ」って気づくことありませんか? あれです、あれ。 空を飛んだり、手からビームを出したり、瞬間移動したり。どんなに非現実なことでも実現できちゃう夢の世界、それが「明晰夢」ってわけ。 とはいえ、明晰夢は非常に珍しい現象です。決して多くの人が体験できるものではありません。実際、僕も明晰夢を体得するまで1年ぐらいかかりましたしね。 というわけで今回の主題。2017年1 ...

オカルト 夢・幽体離脱

2016/6/15

幽体離脱と明晰夢を体験したい人のための「夢日記を効率的に書く方法」

しばしば話題になる「幽体離脱」と「明晰夢」。 あなたも一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? 実は、この2つ、訓練次第でどうとでもなるんです。コツさえ掴めば、自由に夢をコントロールすることが可能なのです。 夢を通じて現実世界へ体外離脱を試みたり、はたまた、魔法や超能力を使って夢の世界を自由に駆け巡ったりすることもできます。 その先駆けとなるものが「夢日記」ってわけ。

オカルト 夢・幽体離脱

2015/12/17

総期間1年、夢を自由自在に操れるようになってからアク禁になるまで

以前、夢のコントロールに興味を持ち、自分なりに調べて訓練をしていった結果、自由自在に夢を操れることができるようになった時期が半年ほどありました。 今はあちらの世界からアク禁を受けて一切夢にログインすることができません。もちろん、精神的にもデメリットが多いのでやめました。 今回は、「夢を自由自在に操れるようになったものの、やりたい放題やってたらアク禁にされた」という話をしていきましょう。訓練を含めた総期間は1年ぐらいです。

オカルト 夢・幽体離脱

2015/12/15

本当に気が狂う?夢日記を実際につけてみたら「もろはのつるぎ」だった

夢日記。それは自分の見た夢を記録するだけの簡単なオシゴト。 実はずっと「夢日記」について書くべきか迷ってました。なんでも、あまりに危険なので。 危険性の種類に若干の違いはあるものの、ある意味ひとりかくれんぼよりも危険だと僕は思ってます。 長期間にわたって夢日記を書き続けなければ、さほど大きな問題に発展することはないでしょう。 それでも夢日記が危険であることには何ら変わりないです。 記事内にて夢日記の書き方の詳細が掲載されてますが、これはあくまで「夢日記の危険性を身をもって体験していただく目的のため」のもの ...

オカルト 夢・幽体離脱

2015/8/12

訓練次第で誰でもできる!?金縛りから幽体離脱する実験・方法まとめ

「明晰夢」にもいくつか似た点が存在する「幽体離脱」。 明晰夢・幽体離脱が「訓練次第で誰でも可能になる」との噂をネットで目にし、さっそく自身を使って検証を試みました。 そして約半年間のトレーニングの末、僕は見事夢のコントロール技術を得たのです。 しかし、メリットどころか、デメリットのほうが多かったという無念な結果になってしまいました……。 そもそも、明晰夢と幽体離脱にはどのようなちがいがあり、どのような危険性があるのでしょうか。 明晰夢のちがいと幽体離脱について、そして、幽体離脱を行うための訓練方法と実行方 ...

オカルト 夢・幽体離脱

2015/8/11

自由に夢を操れる?明晰夢を効率よく見る方法と危険性まとめ

人が眠りについている間に時折見る夢。 たまに、一度も夢を見たことがないという方もいますが、ほとんどの方は見たことがあるのではないでしょうか。 夢は誰しもがいつも見ているものです。ただ、起きたときにその多くを忘れてしまうだけ。 つまり、夢を見るという行為は「見た夢をどれだけ覚えていられるか」という点が重要になってくるということですね。 今回は「明晰夢を見る方法」と「明晰夢の危険性」についてお話していきます。

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.