「DTM・機材」 一覧

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/6/29

買って損なし!初心者ベーシストに捧げるおすすめエフェクター5選

「果たして初心者ベーシストにとってエフェクターは必要なのだろうか?」。 これは昔から良くあるクエスチョンのうちのひとつ。 これに対して僕は「必ずしも必要ではないが、あればもっとベースが楽しくなる」と考えています。 ちなみに僕はベース歴7年ほどで、ライブ経験、レコーディング経験も何十回とある者です。 たしかにベースを始めたばかりの初心者にとってエフェクターの使用は上達を妨げる原因となります。 正直「男ならベース本体をアンプに直差し(直結)で精進していくべき」と言いたいところ。 でもそれって楽しいですかね?

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/6/9

ジャスベースのブリッジサドルと弦を交換したら超絶弾きやすくなった

最近「金属アレルギーが日に日に良くなっている」気がしております。錯覚でしょうか。 で、ベースの弦をステンレスからニッケルに戻してみたのですよ。 結果から申し上げましょう。 金属アレルギー治ってなかったってばよ。 ということで、「ベースのサドルと弦を交換したよ」というお話。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/5/5

25鍵のMIDIキーボードが欲しかったので「KORG microKEY-25」を購入してみた

昨日は一日中とあるボカロ曲の耳コピをしておりました。 これが私のゴールデンウィークの過ごし方です。はい、そこ、寂しいとか言わない。 さて、この度MIDIキーボードを「CASIO CTK-4200」から「KORG microKEY-25」に新しく変えることにしました。 今回はその理由と、ざっくりと商品レビューをしていきたいと思います。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/4/28

ベースの定番エフェクター「Sansamp BASS Driver DI」をメンテナンスしてみた

今回はベースの定番エフェクター「Sansamp BASS Driver DI」をメンテナンスしていこうと思います。 よく「サンズのベードラ」なんて呼び方もされていますね。 安いベースでも、このエフェクターを通すだけでお手軽に"ベースらしいベース"の音色を手に入れることができると評判の一品。 私もFender Japanのプレシジョンベースを使っている時、大変お世話になりました。 ただ、どうしてもドンシャリ(中音域が引っ込んでいる状態)になってしまうので、バンドサウンドに埋もれ安くなってしまうのが難点。 兎 ...

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/4/8

【開封レビュー】DTM用にモニタースピーカー「YAMAHA HS5」を購入してみた【徹底比較】

DTM用のモニタースピーカーを探し始めてもう1ヶ月以上。 「YAMAHA MSP3」に、「Fostex PM0.4d」。 散々悩んだ挙句、結局「YAMAHA HS5」を選びました。 先日やっと頼んでいたモノが届いたので、同価格帯のモニターとの比較と「YAMAHA HS5」の開封&レビューをしていきたいと思いますよ。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/4/3

BELDEN 8412を使ってベース用のシールドケーブルを自作してみた

シールドと言っても、屈強な戦士たちが装備している方ではありません。 エレキベースやエレキギターは、ピックアップで拾った振動を電気信号に変換、さらにそれをアンプに伝達して音を出しているんですね。 この際にベースとアンプを繋いでいるものこそが「シールド(シールドケーブル)」と呼ばれているものになります。 シールドは、構造や値段、素材など、様々な違いがあるため、当然、音質にも大きい影響を与えます。 また、シールドは消耗品のため、断線したり、劣化したり、接触不良を起こす場合があるわけなんですね。 つまり、シールド ...

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/4/1

スタートから2ヶ月半!人生初のボカロオリジナル曲をアップしてみた

ようやく。ようやくボカロオリジナル曲をアップロードすることができました。 近いようで遠く、短いようで長く、ここまで辿り着くのは本当に大変でした。 本来ならば2月中に上げる予定だったのですが、あまりのハードルの高さに挫折。 「3月中には必ずアップする」と自分に言い聞かせ今まで過ごしてきたわけです。 ある日、「よし、ボカロPになろう」と急に思い立ち、それから早2ヶ月半。 DTMとは?ボカロとは?必要な機材は?etcetc……。右も左も分からない状況からスタートし、なんとか3月中にようやく形にすることができまし ...

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/3/23

良い音を目指して!ベースの弦高&ピックアップ&オクターブ調整編

きちんとベースメンテナンスしてますか? 野球で使う四角いほうではなく、低い音が出る楽器のほうですよ。 楽器にとって最も重要なこと、それが定期的なメンテナンスです。 様々な調整をしていくことで、その楽器本来の音であったり、きちんとした音を出すことができるというわけ。 ちなみに、一番確実な方法としてはリペアショップへ持っていくことなので、失敗したくない方はそちらを選びましょう。 僕の場合、自分の楽器は自分で世話をしてあげたいという思いがあるので、ほぼ独学でやっております。そのため、情報や方法等に誤りがあるかも ...

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/3/18

【学習机でDTM】DTM歴3ヶ月目の初心者が現在の環境をまとめてみる

時の流れというものは本当に早いもので、DTMを始めてから3ヶ月が経過しておりました。 これまで、初心者なりに頭を使って最低限の機材を考えてきたので、この機会に現在のDTM環境をまとめてみたいと思います。 これからDTMを始める方や、初心者の方、未だに学習机の方の参考になれば幸いです。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/2/28

DTM初心者におすすめ!Native Instruments KOMPLETE10を購入してみた

ついに購入してしまいました「Native Instruments KOMPLETE10」。 KOMPLETE10は、39の製品と12,000のサウンド、130GB以上のインストゥルメントとエフェクトが収録されている有料マルチ音源です。 個別に買うよりも90%も安くなっているという非常にコストパフォーマンスに優れたものになっています。 今回は、その「KOMPLETE10」を開封して、インストール、アクティベートに至るまでの様子をまとめてみたいと思います。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/2/25

業界標準の定番モニターヘッドフォン!SONY MDR-CD900STをレビュー

ついにこれを手にする時がきました。なんと、1989年の登場以降25年にもわたって、今もなお"音"の土台部分を支え続けているモニターヘッドホンの名機「SONY MDR-CD900ST」。まさに業界標準と言っても過言ではないでしょう。赤いラインが特徴的ですね。 私はこれまで、10数回ほどのレコーディング経験があるのですが、そのほとんどのスタジオでこのヘッドホンが使われていました。これからDTMを本格的にやっていく上で、モニターヘッドホンは必須。「これを買っておけば間違いないだろう」ということで、早速「SONY ...

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/2/21

【機材レビュー】オーディオテクニカのヘッドホンアンプ「AT-HA2」を購入してみた

オーディオテクニカのヘッドホンアンプ「AT-HA2」を購入してみましたので、さらっとレビューを書いてみたいと思います。主に、クリックモニター用として使っております。これを使うことで、生ドラムを叩きながらでもクリックをより大きな音量で聴くことが可能になるわけですね。 私は普段、ドラムを叩く機会はないのですが、リズム隊で練習に入った時にドラマーさんにクリックを聴きながら演奏してもらうために折半して購入しました。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/2/14

ベース歴5年の元バンドマンがネックの調整方法を簡単にまとめてみた

ベースという楽器に初めて触れてから、すでに5年ほどが経過しておりました。 まだまだアマチュアの域を超えることはできていませんが、この楽器の奥深さと面白さに、未だに魅了され続けています。 音楽そのものが奥が深いんですよね。おそらく、残りの人生すべてを音楽だけに傾けても終わりは見えてこないでしょう。 80年そこらの人間の寿命では全然足らない。まったく、僕はなんてものに手を出してしまったのでしょうか。 さて、今回はベースメンテナンスのネックの調整についてまとめていきますよ。参考程度にどうぞ。

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/2/3

4ステップでピッカピカ!掃除メインでベースメンテナンスをしてみた

楽器にとって、日々のメンテナンスは命。 僕も普段ベースを弾いておりますが、メンテナンスをした後にはかなり調子が良いです。弾きやすくもなりますし、音も当然よくなります。 「楽器は生き物だ」と言われている所以が少しわかる気がしますね。 最近あまり世話をしてあげていなかったので、掃除をメインにベースのメンテナンスを行っていきますよ。 ちなみにネットや本などから"いいとこドリップ"で得た知識なので、間違っている点や自己流等を織り交ぜている部分があるかもしれません。 可能な限り正しい情報をまとめるようにしております ...

DTM・機材 趣味とエンタメ

2016/1/31

【ボカロPになるために】予算5万円で揃えたDTM用機材の導入編のまとめとその後

さて、引き続きDTMネタです。「ほぼ0地点からボカロPを目指していく」という企画がスタートしたわけですが、以前の記事で紹介した機材たちの導入が無事に終わりました。 今回はその機材の導入編、そしてその後についてまとめていこうと思います。購入したものは、VOCALOIDライブラリ、VOCALOID Editor、オーディオインターフェイス。5万円以内で揃えてみました。ちなみに使用PCはMac、OSはOS X El Capitan 10.11.2です。

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.