旅行・キャンプ 趣味とエンタメ

格安で日本からアメリカへ!ハワイ経由で行くと航空券が安い説の検証

投稿日:

キャンピングカーアメリカ横断旅行まであと3ヶ月弱なので、そろそろ航空券を取りたいところです。

と、そこでひとつ興味深い噂を聞きまして……。

『日本からアメリカへ行くときはハワイ経由で行くと飛行機チケットが安い』

果たして、この噂は本当なのか? 

結論から申し上げると、日本→アメリカへはハワイ経由で行くと航空券が安かったです。

それでは、さっそくスカイスキャナーを使って調査していきましょう。

『前置きはいいから、早くまとめて』という人は、各ルートの詳細まとめへビューンっと飛んじゃってください。

はじめに

まず、参考までに僕の目的と出発日・到着日の日程をまとめておきます。ちなみに実家は埼玉県です。

調査日は2018年8月2日です。データも当然、チケット取得日時点のものなので悪しからず。

  • 11月16日にアメリカ(サンフランシスコ)に着きたい
  • できるだけ短時間で安く行きたい
  • 出発は日本から。関空でも、成田でも、羽田でもどこでもいい
  • 出発日は調整可能。いつでもいい
  • エコノミークラスばっちこい

という感じです。「到着日さえ決まっているものの、出発日はいつでもいい」というのがポイントですかね。

日本からアメリカへのルートまとめ

現在、僕はセブに住んでいるのですが、アメリカへ行く前に一時帰国する予定です。つまり、出発は日本から、ということになりますね。

幸い、時間には余裕があるので、出発する空港は関西国際でも、成田でも、羽田でもいいです。

ここからは、現時点で僕が考えられる「日本からアメリカへのルート」をまとめて、ひとつずつ精査していきます。

ざっくりとまとめるとこんな感じ。

  1. 東京(羽田or成田)→サンフランシスコ
  2. 関空→サンフランシスコ
  3. 東京→ハワイ→サンフランシスコ
  4. 関空→ハワイ→サンフランシスコ

日本からアメリカへのルートはこのうちのどれか、ということになります。とにかく安く行きたいので、それぞれ航空券の価格と移動時間をチェックしていきます。

1.東京(羽田or成田)→サンフランシスコルート

まずは、東京(羽田or成田)→サンフランシスコのルートから見ていきます。

スカイスキャナーの検索画面です。

出発地は「東京(指定なし)」でいいでしょう。

続いて目的地。こちらも指定なしで見てみましょうか。

【プラン1】15日成田→16日サンフランシスコ

サンフランシスコへは11月16日に着きたいので、余裕を持って出発日を15日に設定しました。

価格が安い順に並べて、と。最安値は58,579円ですね。詳細を確認してみます。

おっ、評価低い★ですね……。日本語の問合せ窓口なし、というのもちょっと不安ポイントです。却下。

次に安かったAIR CHINAの便。到着日が+1となっているので、ちょうど16日にサンフランシスコに到着できそうです。

各チケット予約サイトの評価を鑑みると、64,940円といったところでしょうか。ただ、移動時間が37時間05分と長め……。

  • 15日成田→16日サンフランシスコ:64,940円
  • 移動時間:37時間05分
  • 乗継:PEKにて1回

【プラン2】16日羽田→16日サンフランシスコ

念のため、16日に出発しても16日に着く(時差の関係上)便があるかもしれません。こちらも確認しておきます。

こちらだと日本を16日に出発しても、同日中にサンフランシスコに到着しますね。移動時間も19時間50分と短めです。

予約チケットサイトも問題なさそうですね。JTBで予約するとして、65,000円というところでしょう。

  • 16日羽田→16日サンフランシスコ:65,000円
  • 移動時間:19時間50分
  • 乗継:PEKにて1回

2.関空→サンフランシスコルート

【プラン3】15日関空→16日サンフランシスコ

次は、関空→サンフランシスコを見ていきます。まずは15日から。割といい感じですね。

詳細を見たところ、HISの53,050円が最安値のようです。

  • 15日関空→16日サンフランシスコ:53,050円
  • 移動時間:18時間10分
  • 乗継:TAOにて1回

【プラン4】16日関空→16日サンフランシスコ

続いて16日出発のルートを考えてみましょう。サンフランシスコには16日の昼頃には着いておきたいので、20:50着の便(一番上のチケット)は論外ですね。

これならば、15日に関空から出たほうが良さそうです。

  • 16日関空→16日サンフランシスコ:62,370円(時間帯も鑑みて)
  • 移動時間:19時間20分
  • 乗継:PEKにて1回

3.東京→ハワイ→サンフランシスコルート

それでは、いよいよ東京→ハワイ→サンフランシスコのルートを見ていきましょう。

果たして、日本からアメリカへ行くときはハワイ経由のほうが安いのか?

【プラン5-1】16日ホノルル→16日サンフランシスコ

まずは、ハワイ→サンフランシスコの便を押さえておきます。出発日を16日に設定して検索です。

んー、これだとサンフランシスコに着くのが夜 or 翌日になってしまいそうです。

【プラン5-2】15日ホノルル→16日サンフランシスコ

日付を15日に変更し、再検索。

下のほうにスクロールしていくと、ちょうどいいものを発見しました。

15日23:31にホノルルを出発して、翌日16日の6:35にサンフランシスコに着く、と。いいですね。

  • 15日ホノルル→16日サンフランシスコ:23,264円
  • 移動時間:5時間04分
  • 乗継:なし

【プラン6-1】14日東京→14 or 15日ホノルル

では、次に東京→ハワイを見ていきます。15日より前にはホノルルに着いておきたいので東京からの便は14日で探してます。

ぐぬぬ、なんか全体的に高くありません? ちょっと日付をずらして考えてみます。

【プラン6-2】13日東京→13日ホノルル

出発日を13日にズラしてみました。おー、一気に安くなった。

最安はこの辺りですね。なにやら面倒な注意書きが見えますが、気にしない、気にしない……。

「2つの予約が必要」の表示がない、下のものを確認してみます。

どうにも「ご自身で乗り継ぎ」という点が気になって仕方がないんだよな……。結局、2つの予約が必要みたいだし……。ルートの詳細を見てみよう。

【プラン6-3】13日関空→13日ホノルル

ルートの詳細です。あれれ、関空での乗り換え? 日本語通じるなら自力で乗り継ぎも余裕ですね!

チケットを確認して見たところ、22,706円の内訳は成田→関空で5,270円、関空からホノルルまでが17,436円のようです。

あれ? これ関空から乗ればいいんじゃね? 深夜バスで大阪まで移動して、出発日まで観光もありかな?

  • 13日関空→13日ホノルル:17,436円
  • 移動時間:7時間05分
  • 乗継:なし

各ルートの詳細まとめ

データが出揃いました。まとめます。

東京→サンフランシスコ・関空→サンフランシスコルート

まずは、東京→サンフランシスコ・関空→サンフランシスコから。

  • ×:【プラン1】15日成田→16日サンフランシスコ 64,940円(移動37時間05分、乗継1回)
  • △:【プラン2】16日羽田→16日サンフランシスコ 65,000円(移動19時間50分、乗継1回)
  • △:【プラン3】15日関空→16日サンフランシスコ 53,050円(移動18時間10分、乗継1回)
  • △:【プラン4】16日関空→16日サンフランシスコ 62,370円(移動:19時間20分、乗継1回)

プラン2(東京→サンフランシスコ)とプラン3(関空→サンフランシスコ)の差額は、約12,000円。

関空までの移動費を考えても、約12,000円+αで大阪観光もできる、と。この中だったらプラン3を選びますかね。

東京→ホノルル→サンフランシスコ・関空→ホノルル→サンフランシスコルート

続いて、東京→ホノルル→サンフランシスコ・関空→ホノルル→サンフランシスコを。

  • ×:【プラン5-1】16日ホノルル→16日サンフランシスコ 24,176円(移動:5時間10分、乗継なし)
  • ◯:【プラン5-2】15日ホノルル→16日サンフランシスコ 23,264円(移動:5時間04分、乗継なし)
  • ×:【プラン6-1】14日東京→14 or 15日ホノルル 56,571円(移動:7時間、乗継なし)
  • △:【プラン6-2】13日東京→13日ホノルル 22,706円(移動:14時間45、乗継1回)
  • ◯:【プラン6-3】13日関空→13日ホノルル 17,436円(移動:7時間5分、乗継なし)

【決定プラン】プラン6-3(13日関空→13日ホノルル)とプラン5-2(15日ホノルル→16日サンフランシスコ)

プラン6-3(13日関空→13日ホノルル)とプラン5-2(15日ホノルル→16日サンフランシスコ)を組み合わせたルートが第一候補です。

23,264円+17,436円=40,700円、移動時間は5時間04分+7時間5分=12時間09分です。乗継はホノルルでの1回のみ。

【プラン3】関空15日関空→16日サンフランシスコ(53,050円)と比べてみても、13,000円ほど安く、飛行機での移動も6時間近く短いです。

ただし、ホノルルに滞在する必要があるので、ここでの宿泊費や食費等を考えるとどうなのかな、という感じですね。

とはいえ、13,000円も航空券が浮き、なおかつ2泊3日のハワイ旅行がオプションでついてくると考えればお得感が強いです。大阪観光も楽しめそうですしね。

埼玉県民の僕から見た4つのルート

埼玉県民の僕としては、以下の4ルートが考えられました。

1.大人しく東京からアメリカへ

プラン2】16日羽田→16日サンフランシスコ 65,000円(移動19時間50分、乗継1回)

2.ちょっと大阪観光して関空からアメリカへ

プラン3】15日関空→16日サンフランシスコ 53,050円(移動18時間10分、乗継1回)

3.東京からちょっとハワイ旅行してアメリカへ

プラン6-2】13日東京→13日ホノルル 22,706円(移動:14時間45、乗継1回)+【プラン5-2】15日ホノルル→16日サンフランシスコ 23,264円(移動:5時間04分、乗継なし)

合計:45,970円、移動:19時間49分、乗継2回(東京→ホノルル間とホノルル)

4.ちょっと大阪観光して関空からハワイへ→ちょっとハワイ旅行してアメリカへ

プラン6-3】13日関空→13日ホノルル 17,436円(移動:7時間5分、乗継なし)+【プラン5-2】15日ホノルル→16日サンフランシスコ 23,264円(移動:5時間04分、乗継なし)

合計:40,700円、移動:12時間09分、乗継1回(ホノルル)

まとめ

検証の結果、「日本からアメリカへ行くときはハワイ経由で行くと航空券が安い説」は正しいことが判明しました。

ただし、日程と時期によってはハワイでの滞在が可能(避けられない)かもしれませんが。まぁ、たしかにチケット代は安いです。

65,000円払って東京から大人しくアメリカへ向かうのならば、ハワイ滞在が避けられないとしても45,970円払って東京からちょっとハワイ旅行してアメリカへ行きたいです。

大阪観光してから53,050円払って関空からアメリカへ行くのならば、ハワイ滞在が避けられないとしても40,700円払ってちょっとハワイ旅行も楽しんでアメリカへ行きたい。

つまり、ワガママなんですよね。安く行きたいけど、大阪観光もしたいし、ハワイ旅行も行きたい。行けるところはぜんぶ行ってみたい。

というわけで、65,000円で東京からアメリカへ行くプランを捨て、40,700円で関空(大阪観光)からホノルル経由(ハワイ2泊3日の旅)してアメリカへ行くことにしました。

約25,000円の節約ができて、かつ大阪観光とハワイ旅行も楽しめるという超欲張りプランです。やったね! ちなみに帰りはニューヨークからセブへ直接帰ってくる予定です。

参考になるかはわかりませんが、おそらく格安で日本からアメリカへ行く方法です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人

あめのは

狂おしいほど、文章を書くのが好き|とりあえずやってみるで人生変わった|セブ在住→詳細プロフィール

おすすめ記事

1

ブログ収益がついに10万円を突破しました。月に10万円を稼ぐブログなんてごまんとあるとは思いますが、一つの節目として記事にしておこうかと。 僕は右も左も分からないゼロ地点からスタートし、約1年でここま ...

2

約2年の歳月をかけてようやく部屋の約80%のものを断捨離することに成功しました。 だれかにあげたり、思い切って捨ててみたり、モバオクなどのフリマアプリや店頭買取を活用して売ってみたりと、本当にいろいろ ...

3

ゆるくて楽しい、かつ稼げるバイトをお探しですか? 僕はこれまでに11個のアルバイト経験をしてきました。 フリーター歴は計4年。元バンドマンだったということもあり、時間の都合がつきやすくて楽なバイトを様 ...

-旅行・キャンプ, 趣味とエンタメ

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.