お金と仕事 起業・フリーランス

25歳でお金に対する考え方・価値観が変わったのでメモしておく

投稿日:

ふとお金に対する考え方というか価値観?のようなものが変わった気がするのでメモ。

お金は生活に必要な分だけ稼げればいいのか?

これまではお世辞にも「お金のことをよく考えてきた」とは言えない人生だったんですけど、自分の中に一貫した考え方はあったように思うんですよね。

お金に対してドライというか。いや、お金が欲しいのは事実なんですけど、生活に必要な分だけ稼げればいい、という考えだったんです。ざっくり言えば。

まず、この考え方は変わった気がします。仮にも僕は自営業、フリーランスという立場なので、自分に入ってくるお金は完全にコントロールできないわけです。

正直、いつ稼げなくなるかもわかりませんし、「生活に必要最低限のお金っていくらぐらいなの?どのぐらい働けばそのお金を稼げるの?」ってのも不明瞭ですしね。

お金は絶対的に必要なもの

この1年、決して裕福とは言えない東南アジアの国々を見てきて、「僕はせっかくお金を稼げる環境にいるのにどうして稼ごうとしないんだろう?」って思ったんです。

そりゃその国の人だってその気になればお金を稼げるでしょうけど、まず日本とは根本的に生活水準がちがいますよね。

中には法を犯さないと飯が食えないような人もいれば、お金がないために病気や歯の治療ができない人だっているわけです。

生活を安定させるという意味でも、人生を幸せに生きるという意味でも、お金は絶対的に必要なものなんですよね。

僕にとってのお金とは?

僕にとってのお金とは、「価値を交換する手段」でしかありません。それ以上でも、それ以下でもない。これは今も変わってないです。

お金があれば単純に選択肢の幅が広がりますし、お金がないことで我慢しなければならないこともなくなります。

割と僕は 目的が達成できれば手段はなんでもいい派 なんですけど、融通が効いて、なおかつ一番手っ取り早い方法が「お金」ってものだと思うんです。

「従業員のため」は綺麗事にすぎない

僕は海外で事業を営んでいるんですが、あくまでこっちは「その国で働かせてもらってる身」なんですよね。

そりゃあ、仲間たちにはやりがいを持って働いてもらいたいですし、当然、国にとって有益なものになればいいな、って思ってます。

でもね、なんだかんだ、これってただの綺麗事なんですよね。

一番わかりやすく助けられるのは「お金」なのかもしれない

人間、一番かわいいのは自分です。

自分自身が満たされていないのに、本気で他人に全身全霊で向き合うのはとても難しいことなんじゃないかと思うんです。

たしかにお金がなくても助けになることはできるかもしれませんが、一番わかりやすく助けられるのって「お金」なんじゃないでしょうか。

まずは自分がお金を稼ぐ

まだ言うほど稼いでいない若造が「僕はスタッフのことを第一に思って会社を経営している」なんて言っても響かなくないですか?

「じゃあお前、はよ給料あげてくれよ」ってなるじゃないですか。でもそれができない。そうなると「はい、それ嘘ですよね。綺麗事ですよね」ってなっちゃう。

まずは自分がお金を稼いで、やっと初めて本当の意味で向き合えるんじゃないでしょうか。それまでは社訓とかあっても無意味だと思ってます。

お金を稼ぐのは趣味か、ビジネスか?

お金を稼ぐという観点からすると、それが趣味だってビジネスだってどっちでもいいわけですよ。

始めは自分の好きで始めた趣味のようなことでも、人を雇うとか、外注化するとかって話になるとお金を払わなきゃいけないです。

実際に自分で事業を立ち上げてマネジメントしてくぞ、ってなったときにどうしても数字と向き合わなきゃならないんですよね。

数字と向き合うということ

数字を増やしていくという視点で考えると、趣味とはいえやっぱりビジネスっぽくなってきちゃうじゃないですか。

ある一定ライン以上の利益を求めるとなると、どうしても線引きが必要になってくるというか、「好きなときにやる趣味スタイル」だと限界があると思うんです。

それでも良いように仕組みづくりをするとか、自分でできる範囲のこと以外はアウトソーシングするとか、やり方はたくさんあるとは思いますが。

まぁ、趣味とビジネスで分けて考えるのもナンセンスなのかもしれませんけどね。

目的と手段

どんなものにでも目的に沿った戦略や考え方はあって、それは「お金を稼ぐ」ということに関してもそれは変わらないんですよね、きっと。

つまり、目的次第で手段はまったくちがうものになる、ってことです。

「本当は自社の利益をあげるためにTwitterを始めたのに、いつの間にかフォロワーを増やすことに躍起になっていた……」とか。

まぁ、方法としてそれもアリだとは思うんですが、本当にそれが利益につながんの?って話です。Instagramに注力したほうが利益あがるんでね?って話です。

『目的と手段がいつの間にやら入れ替わっていた!』なんてことは往往にしてあることですけど、根本的なところは見失わないでおきたいものですな。

まとめ

ふと変わったお金に対する考え方・価値観まとめです。

  • お金は生活に必要な分だけ稼げればいい、という考えはなくなった
  • お金は絶対的に必要なもの
  • まずは自分がお金を稼ぐ

小さなことかもしれませんが、自分の中では割と大きな変化です。

それも、これまで自分が嫌悪感さえ抱いていた考え方にシフトしたってのは本当に驚きっす。

長らくお金を稼ぐことに対してのモチベーションが低かったので、これを機にちょっと復活してくれると嬉しいです。

別に拝金主義者へ転身しました、って話でもなければ、金を稼ぐためにはなんでもすっぞ、って話でもないです。

ちょっとだけお金を稼ぐことに対する考え方が変わったよ、というメモでした。

-お金と仕事, 起業・フリーランス

Copyright© 略してとりてみ , 2018 All Rights Reserved.