複数のWordPressを設定!エックスサーバーで行った全手順

スポンサーリンク



2017年の1月に、はてなブログからWordPressへと移行してきました。サーバーは「エックスサーバー」を使用してます。

WordPressは、とにかく「痒いところに手が届く」って感じで、使いやすく、分かりやすい。めちゃくちゃ気に入ってます。

そこで、『略してとりてみ』の他に2つ目のブログを開設することにしました。完全に調子付いてますね、えぇ。

ということで、エックスサーバーで複数のWordPressを設定した全手順をご紹介。

ちなみに、WordPressはWordPressテーマ「ストーク」使ってます。

初心者にもおすすめ!WordPressテーマ「ストーク」が熱い

2017.02.01

何はともあれ「独自ドメイン」を取得

まずは、作りたいブログ or サイトの「独自ドメイン」を入手しましょうか。

独自ドメインってのは、このブログのURLの「toritemi.com」にあたる部分です。簡単に言えば、オリジナルのURLを作れちゃうってことですね。

独自ドメインの取得と設定の手順については、勢い余ってはてなブログの独自ドメインをムームードメインで取得してみたで詳しく解説してますのでどうぞご参考に。

ちなみに、内容は「はてなブログ時代」のものです。

勢い余ってはてなブログの独自ドメインをムームードメインで取得してみた

2015.12.08

独自ドメインを取得できるサービスは複数あります。

僕自身も、ムームードメインお名前.comエックスドメインのどこで取ろうか悩んでましたし。

結局、「複数の独自ドメインを管理しているから」「使い慣れてるから」ってことでムームードメインで独自ドメインをA8.netのセルフバックで取得しました。

セルフバックのやり方は、A8.netのセルフバックで独自ドメインを取り損ねたという話で詳しく解説してます。

A8.netのセルフバックで独自ドメインを取り損ねたという話

2016.06.30

僕が独自ドメインを取得したときは、「.com」の1年間利用で1,252円。

セルフバックで100円の収益が発生してますので、実質1,152円。月換算だとなんと「96円/月」。うーん、コスパよし!

今ならエックスサーバーでドメインプレゼントキャンペーン中(2017年2月28日(火)18:00まで)

今ならキャンペーン対象のサーバーアカウントをご契約いただいた方に、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.infoからいずれか)を1個進呈しちゃうキャンペーンもやってます。

しかも、今回契約したサーバーを利用している間は、進呈したドメインの更新費も無料になるという太っ腹な内容になってます。ってことを独自ドメインを取得したあとに知った……。

キャンペーン期間は2017年2月28日(火)18:00までなので、希望のドメインが誰かに取得されてしまう前に早めの契約をおすすめします。

空きドメインの検索もできますので、ぜひチェックしてみてください。

レンタルサーバーは「エックスサーバー」使ってます

僕が使ってるレンタルサーバーはWordPressブロガー御用達の「エックスサーバー」。

月額1,000円(税抜)のX10プランを利用してます。36ヶ月契約の場合は、月額費用900円(税抜)になるのでまとめて契約した方がお得。

若干値段設定が高めですが、表示速度は爆速だし、機能も充実している、おまけに容量は200GBときたもんだ。それに加えて、圧倒的な安定性も兼ね備えているなんて、あなたが神か。

契約前に全サーバープラン10日間を無料で試せるのでじっくり検討しましょう。

データ容量は200GBとたっぷり

全角文字1文字は2バイトなので、容量が200GBだとおおよそ1兆70億文字を書ける計算になります。なんかよくわかんねぇな?

  • 1KBキロバイト=1024バイト
  • 1MBメガバイト=1024キロバイト(約104万バイト)
  • 1GBギガバイト=1024メガバイト(約107億バイト)
  • 1TBテラバイト=1024ギガバイト(約1兆バイト)

まぁ、とりあえず思いっきりブログを楽しんでも問題ないよ、ってことでいいと思います。

うん、まだ空き容量が199GBも残ってるしね。

MySQL(データベース)が最大50個まで使えちゃう

X10プランの場合、なんと、MySQL(データベース)が最大50個まで使用可能です。

要するに、サーバー契約1つでWordPressブログを50個作れちゃうよ、って話。「そんな作らねぇし、作れねぇよ!」って感じですが、余裕があるに越したことはありません。

単純に、活躍の場が広がるのはすごくいいことです。

充実した機能

  • URLアドレス:独自ドメイン
  • マルチドメイン:無制限
  • サブドメイン:無制限
  • バックアップ:○
  • 簡単サーバー移転機能:○

基本的な機能も実装されていますし、WordPressの自動インストール機能もあります。WordPressの設置で迷わなくて済みますね。

エックスサーバーで2つ目のWordPressブログを設定した手順

独自ドメインを無事に取得できたら、エックスサーバーのサーバーパネルへ移動しましょう。

そして、サーバーパネルの「ドメイン設定」を選択。

「ドメインの追加設定」に移動し、取得した独自ドメインを打ち込みます。その後、「ドメインの追加(確認)」をクリックすれば設定は完了です。

ネームサーバー(DNS)の切り替え

設定したあとに表示されたURLにアクセスすると、「〜のサーバー DNS address が見つかりませんでした。」ってな文言が出てきます。

これ、実はムームードメインでネームサーバー(DNS)の設定をする必要があるんです。「ムームードメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使うよ!」って宣言する、的なイメージ。そのための設定をしていきます。

ムームードメインにログインし、「コントロールパネル」→「ドメイン操作」→「ネームサーバ設定変更」をクリック。

続いて、「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」を選択し、ネームサーバーの記入を行っていきます。

エックスサーバーのネームサーバーは、エックスサーバーのサーバーパネルの「サーバー情報」から確認することができます。

WordPressの自動インストールをする

どこかで見覚えのある画像。こちらはエックスサーバーのサーバーパネルの画面です。

ドメインが2になりましたね。MySQL(データベース)はまだ何も設定していないので1。

データベースの欄の「MySQL設定」ってところからでも設定できるんですが、せっかくエックスサーバーにWordPressの自動インストール機能が備わっているのでそれ使いましょう。

ホームページの欄の「自動インストール」をクリック。

続いて、「プログラムのインストール」→「インストール設定」と進みます。

あとは、「インストールURL」や「ブログ名」、「メールアドレス」などを設定後、データベースは「自動でデータベースを生成する」を選択。

「インストール(確認)」を押すと確認画面に移ります。

最後に、設定内容に間違いがないかを再度確認して、「インストール(確定)」をクリックすればWordPressの自動インストールは完了です!やったね!

MySQL(データベース)名やユーザー名、パスワードなどは重要な情報なので、忘れずにメモなりスクショなりしておきましょう。

ちなみに、ドメインの反映には最大数日かかる場合があるので、なかなかアクセスできなくても焦らず、気長に待ちましょうね。

まとめ

ということで、A8.netのセルフバックでの独自ドメイン取得から、エックスサーバーにて2つ目のWordPressの立ち上げまでをお伝えしてきました。

印象としては、「思ってたよりずっと簡単だった!」って感じ。

さすがにWordPressブログを50個も作るモチベーションは持ち合わせてませんが、これでさらに幅広い活動が可能になりますね。

これからじっくりと育てていこうと思います。それなりにブログが育ってきたらここでも改めて報告させていただきますね。

2つ目のブログもここと同じくWordPressテーマ「ストーク」に決定。やっぱり使い慣れたものが一番いいです。

初心者にもおすすめ!WordPressテーマ「ストーク」が熱い

2017.02.01
スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。