ニンテンドースイッチ用にスピーカーロジクールZ120を買ってみた

スポンサーリンク

3ヶ月間のリゾートバイトを終えた自分へのご褒美として、地元のゲオでニンテンドースイッチを購入してきました。最後の1台でした。

遊び始めて12日目になりますがすでにゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのプレイ時間が115時間を突破してます。

現在は自宅警備委員ニート オブ ザ ワイルドということもあってか完全に廃人化しております。1日平均9.5時間とかアホです。

HDMI対応のディスプレイがないので家でも「携帯モード」で遊んでいたんですが、どうやら手持ちのディスプレイでも「TVモード」でニンテンドースイッチを遊べるようです。

ただそうすると音声出力が本体からになってしまうので、必然的にイヤホンのみでの使用に限られてしまうんですよね。

ということで今回ニンテンドースイッチ用に低価格スピーカーのLogicool(ロジクール)Z120を購入してみました。レビューと使用感のまとめです。

Logicool(ロジクール)Z120を購入するまでの経緯

HDMI未対応のディスプレイにニンテンドースイッチを接続すると音声が出力されない

僕はニンテンドースイッチの「TVモード」を遊ぶためにQtuo HDMI オス to VGAメスビデオ変換アダプタケーブルで手持ちのディスプレイにつないでます。

HDMIに対応してないディスプレイなので音声が出力されないんですよね。本体からの出力になるので必然的にイヤホンかスピーカーが必要になってきます。

ずっとイヤホンで遊んでたんですけど案外疲れるんです。せっかくTVモードで遊んでいるのだからスピーカーで音声を楽しみたいなぁ、と。

現在所有しているYAMAHA パワードスタジオモニター HS5でも音声出力は可能なのですが、学習机に対して大きすぎるしそれぞれのスピーカーに電源も必要になってしまいます。

机にちょこっと置ける小型のスピーカーが欲しくなったわけですね。

低価格スピーカーLogicool(ロジクール)Z120使用レビュー

低価格で聴きやすい音質を持つLogicool(ロジクール)Z120を購入してみました。購入時はAmazonで1,500円ぐらいでした。

  • コンセント不要ですぐ使える
  • ケーブルを収納できるのでデスク周りがシンプルになる
  • コンパクトで操作が簡単

白いボディに黒いフロントパネル。デザインはなかなか良いのではないでしょうか。僕好みのフォルムです。

密閉型フルレンジスピーカーユニットの大きさは50mm。アンプ出力は0.6Wで重量はそれぞれ約250gです。

入力は3.5mmのステレオミニプラグ、電源はUSB給電ですね。

ケーブル長は両方とも120cm。スピーカー間のケーブルの長さは約80cmです。

ニンテンドースイッチドック、モバイルバッテリーからの給電はダメぽ

試しにニンテンドースイッチのドックにZ120をつないでみたのですが、電源ランプはつくものの音声は出力されませんでした。

モバイルバッテリーに繋いでもどうやら作動するようですが、数分経つと接続が切れてしまいます。原因は不明。モバイルバッテリーの種類によっては可能なのでしょうか。

ちなみにソーラーチャージャー RAVPower 折りたたみ式だと使用が可能でした。

Logicool(ロジクール)Z120の気になる音質は?

Z120を使ってみてのざっくりとした感想ですが「低音域はダメだけど中高音域の明瞭感が高い」ってな印象です。

低価格のスピーカーにしては満足できる音質だと感じましたね。

ずっと聞いていても疲れにくい音質なのでニンテンドースイッチ用のスピーカーには自信を持っておすすめできる商品です。

ニンテンドースイッチをTVモードで遊ぶときのお供にしてはいかがでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク