福岡で出会ったプロ無職るってぃ。できる人はアウトプットへの移行が早い

スポンサーリンク



できる人はアウトプットへの移行が早い」。

ここで言う「できる人」ってのは生産性が高い、仕事ができる人って意味で使ってます。

インプットが「入力」だとすると、アウトプットは「出力」。つまり、アウトプットとはインプットで得た情報や知識を出すことを意味します。

ビジネスでは成果や実績という意味で使われていたりしますね。

なぜこんなことを思ったのかというと、福岡でプロ無職「るってぃ」さんに出会ったことがキッカケなんです。

今回は「できる人はアウトプットへの移行が早い」というお話。

プロ無職るってぃとは?

働き方やお金のこと、そしてフリーランスのリアルを書き綴った「ここから!」を運営している、るってぃさん。

また、シェアリングサービス「Airbnb」に特化した「エアログ」も運営しています。

Airbnbとは「空いてる部屋(家)を貸したいホスト」と「空いてる部屋(家)に泊まりたい人」をマッチングさせる最新シェアリングサービスです。

参考記事

エアログ

詳しいプロフィールは周りの目を気にする臆病な人間だった。プロ無職るってぃのプロフィールからどうぞ。

プロフィール動画もありますので、そちらもぜひ。感動します。

自転車で旅を続ける僕にとって「出会い」は衝撃的なものだった

いま僕は自転車で日本をふらふらと旅しているんですが、中でも高知に訪れたときは衝撃的でしたね。

高知の山奥から情報を発信し続けるプロブロガー・ライターのイケダハヤトさん、ノマド的節約術でお馴染みのブロガーの神様的存在の松本さん。

卒業7日前に高校を中退して起業した起業家ブロガーのぶんたくん、「だいちハウス」の支配人でありNPO法人ONEれいほくの代表理事のだいちさん、同じく「ハヤシはうす」管理人でありONEれいほくの事務局長のハヤシくん。

僕と大して年齢が変わらない若い世代がパワフルに前に進んでいるのを目の当たりにして、僕は衝撃を受けるとともに強い感銘を受けました。

僕が高知に2週間滞在している間にも、多くの人々が「ぶんたハウス」「だいちハウス」「ハヤシはうす」を訪れてましたね。

それだけ注目されているってことだと思うし、それだけ人を引き寄せる何かを持ってるんだと思います。

福岡でるってぃさんに会うことになったキッカケとは?

6年間勤めた会社を辞めてフリーのWEBライターになった、なっちゃんさん。この方も高知で出会ったブロガーの一人です。

高知で出会ったブロガーさんの紹介記事も書いています。

僕はというと、「アイコンとのギャップが激しい、日本一周中のあめよふれ君」ってな感じで紹介されちゃってます。何せ自転車旅のせいで肌が真っ黒ですからね、えぇ。

ここでも書かれている通り、僕は2年ほど前からブログを書いてます。でも、他のブロガーさんにお会いしたのは高知が2回目です。

ちなみに、1回目はこれまた自転車旅の途中で一緒にサイクリングしたうぃるさん。

ほとんどブロガーとの関わりがなかった僕にとって、これらの出会いは本当に衝撃的なものでした

高知の次は九州に行く予定だったので、そのことをなっちゃんさんに話すと「福岡にるってぃ来るけん!あめくんも来ちゃいなよ!」と言って貰えました。

これが福岡で「るってぃ」さんに出会いことになったキッカケ。本当に感謝してます。

チャリで来た in 福岡

高知から愛媛、そこからフェリーで大分に渡り、さらに3日かけてやっとこさ福岡入り。

到着後、ゲストハウスに荷物を置き、天ぷらを食べにレッツゴー。

お腹を満たした後は小学校跡地のコワーキングスペースでガッツリ作業。

このとき、るってぃさんとは初めてお会いしました。独特のオーラがありましたね。柔らかいけど、しっかり芯がある、みたいな。ちょっと説明難しいけど。

夜は「るってぃが福岡来たよの会」に参戦させていただきました。

いつの間にか「るってぃ&あめよふれが福岡来たよの会」になってて笑った。

たくさんのブロガーさんに出会うことができて、僕は幸せでした。お酒も、もつ鍋も本当に美味しかった……。

翌日は糸島へ移動

その翌日は糸島でブロガー会なるものがあり、僕も連れて行ってもらいました。

海鮮丼が爆発的に美味かったぞい。

その後は近くの海に移動し、自然の中でリラックス。

もちろん、海にダイブ。

食べて、騒いで、泳いで、飛んだ。

で、るってぃさんはこんな格好になるわけですよ。アホですね。

プロ無職るってぃ、アウトプットへの移行が超絶早い

ガッツリ遊んだ後は、糸島の移住ブログ「愛しの糸島ライフ」編集長のへいすけさん宅で作業。

メンバーはへいすけさん、るってぃさん、なっちゃんさん、BLOMU創設者のうるぞーくん、そして僕の5人。

ちなみにうるぞーくんのInstagramはめちゃくちゃ独創的でカオスです。僕の一番のお気に入りは「ゾウ」。

一緒に遊んでいた暇モアイさんはここで離脱。暇モアイさんのことを知りたい方は「SMバー」で検索するとトップに躍り出てきます。

遊びに遊びまくっていたせいで、もう時刻は午後4時過ぎ。クッタクタのダッラダラですよ。

でも、みんなしっかりと作業に集中してました。まぁ、元々この日は作業会だったんですが……。

糸島に遊びに来た、るってぃさんと僕のためにいろいろなところに連れて行ってくださったんです。本当に嬉しい限り。

みんなが作業に集中し始めてから約40分ぐらいかな?

るってぃ
あ、糸島の記事書いたんで!
あめよふれ
(早くねーか!?)

そう。めっちゃ早いんですよ。アウトプットへの移行が。

さっきまで一番騒いでた人がですよ?一番疲労してるんじゃないか、って人がですよ?

もう、このとき僕は確信しました。

あめよふれ
(あぁ、できる人ってアウトプットへの移行がめちゃくちゃ早いんだな……)

さっきまで

IMG 6622

あんなに

IMG 6646

遊んでいた人が

IMG 6628

こんなにもアウトプットが早いだなんて!

IMG 6630
モデル:るってぃ
カメラマン:なっちゃん

で、るってぃさんが仕上げた記事がこちら。

その翌日にはこちらの記事も投稿してます。

結果を出す人はアウトプットが早い=行動に移すのが早い

この光景を見て、僕は『結果を出している人はアウトプット=行動に移すのが早いんだな』と思ったわけです。

人間の記憶ってのはどうしても時間とともに薄れていきますから、アウトプットは早いほうがいい。

それはもちろんなんですが、体力や時間のせいにしてなかなか実行に移すことができない。

たぶん、“できる人”はここが違うんじゃないかなぁって。

特にブログなんて発信してなんぼのものだし、クオリティを追求しすぎて迷走してしまうよりかはすぐにアウトプットした方が利口なのかもしれない。

実際、僕は旅のレポート記事を30個ほど抱えているわけだし、アウトプットの早さは個人的にもどうにかしたいポイント。

息をするようにブログを書く」ってのが理想の僕にとっては、書いてなんぼ、発信してなんぼなわけです。

読書は「アウトプット」が99%にも書いてある通り、「速読よりも乱読」、「ただの要約でもいいから書いてみる」ってぐらいのテンションの方がいいのかも。

積ん読をするぐらいなら、ちょっと乱暴でもアウトプットしてみる。修正とかは後回しでいい。

そうしていくうちに要点を早く掴むコツみたいなのがわかってきて、結果にコミットするんじゃないかな、って思ってます。

この気づきに出会わせてくれた、すべての方々に感謝です。

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。