【旅28日目】マーブルビーチから「りんくうの湯」へ。ワンピース読み漁るぞい

スポンサーリンク



海にて朝6時に起床です。まぁ、自らこの場所を選んだことには変わりないんですけど、目覚めてすぐ目の前が海ってのもなかなかいいものです。

昨日は友ヶ島(主に虎島)を走り回っていたせいで、身体中が筋肉痛で悲鳴をあげております。

大阪府泉佐野市。自転車旅28日目スタートです。

友ヶ島探索の傷跡

岩を飛び越え、林を駆け抜け、ロープで崖を降りる。我ながら昨日はどうかしてたと思いますね、はい。

きっと、無人島という非日常感と偉大なる自然の前で心が無防備になっていたのでしょう。

童心を思い出し、随分とアクロバティックな行動を取ってしまっておりました。

アドレナリン全開で気付かなかったんですけど、崖を降りるときにロープを腕に巻き付けていたせいで右腕がボロボロ。

おまけに足もボロボロっす。裸足にサンダルで山は登るもんじゃない。

まなはれ
ほんとアホみたいだったよ〜
あめのは
うっせーわ

とりあえず、朝露で濡れてしまったテントを太陽光で乾燥させます。

その間は海で自撮りタイム。

リゾートバイトで知り合った方と兵庫で待ち合わせ予定

5月21日の夜には、リゾートバイトで知り合った方と兵庫でお会いする約束がありました。

とはいえ、今日は5月19日。あと2日もあるわけです。大阪でいい感じに時間調整します。

せっかくなので、今日は近くの銭湯にでも浸かってゆったり過ごすことにします。

どこまでも広がる白い砂浜。マーブルビーチに到着

海を出発し、大きな橋を越え、マーブルビーチに到着です。

関西空港の近くなんですが、海を挟んだ向こう側にあるのでそれらしきものは見えませんでしたね。飛行機の轟音は鳴り響いてましたけど。

それにしても広くて、白くて美しいところです。無性にビールを飲みたくなるシチュエーションですなぁ。

まなはれ
わっ、綺麗〜

1時間ぐらい海を見ながらぼーっとしてました。早く沖縄の綺麗な海水でパスタ茹でたいっす。

りんくうプレジャータウンシークルへ。りんくうの湯へ向かうよ

時刻は9時30分。近くにある「りんくうの湯」に行くことにしました。

マーブルビーチからは1kmほどの距離。

りんくうの湯は、りんくうプレジャータウンシークルの中に出店されているスーパー銭湯です。

大阪府泉佐野市にあるりんくうプレジャータウンシークルに到着。ちょうど開店の時間だったっぽい。

自転車は、ほとんどの荷物を残したまま駐輪場に置きました。盗めるものなら盗んでみよ、と言わんばかりの自信満々っぷり。

まぁ、とりあえずインフォメーション見るよね。

りんくうの湯探すよね。

あめのは
広くね?
あめのは
え、なに?観覧車まであるの?

2階の端っこにありました。

「りんくうの湯」です。

まなはれ
広いね〜

店内は非常に広いです。寝っ転がれる休憩所、レストラン、インターネットエリア等々が用意されてます。

また、入浴料に300円プラスすることで、約30,000冊のコミックを楽しめたり、TV付きリクライニングチェアが使えたり、備え付けのパソコンでネットサーフィンも楽しむこともできるのです。もちろん僕はこのプラン。

ゆっくりと湯に浸かり、次の行動や目的なぞ考えず、ただひたすらにその空間を楽しむ。けれども、僕はどうやら長風呂に耐えられない人種のよう。およそ30分ほどでお風呂から出てしまいましたとさ。

仕方ない。このコースに支払った残り930円分は、漫画を大量に読むことで消化することにしよう。

ぐったりモード。

ふと、ブログのことについて考える。正直、旅のレポート記事は溜まっていくばかりだし、そもそも需要があるのかっていうことに悩んでたわけです。

まぁ、でもこれはあくまで旅の記録。SEOだとか、文字数がどうとかってのは二の次でいいんじゃねぇか、と。

僕はただの自転車旅行者です。そこで感じたこと、思ったことを素直に書き綴っていけばいいんじゃないか、そんな結論にたどり着いたわけです。

アクセスがどうのこうのっていうのは、きっといま考えるべきことじゃないっす。

心の底から楽しむ。これだけがいまの僕にできる、最高の旅レポだと思うわけですよ。

そんなわけで、大海原(日本)を旅する僕にぴったりのコミックを読み漁ります。ワンピースです。

閉店の時間までだらだらとワンピースを読んで過ごしてました。おかげでモチベーション上がりました。

この日は近くの公園で野宿。明日はいよいよ「涼宮ハルヒの憂鬱」の聖地巡礼のために兵庫に向かいますよっと。

本日のザックリルート

  • 走行距離:26.1km(Road Bike計測)
  • 高度上昇:0m
  • 高度下降:0m
  • 出費:2,497円
  • 名刺消費数:0枚
スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。