雑記ブログでも月間収益10万円。稼ぐまでにやったこと&コツとか

f:id:afrokanchan:20161102170755j:plain

先月の収益がついに10万円を突破しました。月に10万円を稼ぐブログなんてごまんとあるとは思いますが、一つの節目として記事にしておこうかと。

僕の場合、右も左も分からないゼロ地点からスタートし、約1年でここまで辿り着きました。
きっと、もっと稼ぐ人はもっと、早い人なら半年ぐらいで行くんじゃないでしょうか。ジャンルとかにもよるとは思いますけどね。

とりあえず、『雑記ブログでも月に10万円は稼げるよ』ってことで。参考程度にどうぞ。

別に隠すこともないので、ぜーんぶ語っていきますよ。前半部分は主にマインド的な話をしていますので、アクセスアップやマネタイズのコツなどの具体的な話を知りたい方は「ブログの収益化とコツについて」まで一気にジャーンプ。

スポンサーリンク

この記事のターゲット

まず、この記事のメインターゲットですが、『雑記ブログでも本当に稼げるの?』なんて疑問をお持ちの初心者ブロガーの人たち。
そして、『ブログ初心者だけど、これからアクセスアップやマネタイズを少しずつやっていきたい』と考えてる人たち。

初めに言っておきますが、僕はアクセスアップもブログのマネタイズも下手です。もっと上手いブロガーさんたちはたくさんいらっしゃいます。
ですが、この位置にいるからこそ分かることもあるんですよ。

Twitterフォロワー数も、読者数も、はてブ数も収益とはあんまり関係ない

このブログの概要について(2016年11月現在)

  • ブログ開設日:2015年8月〜
  • 月間平均PV数(直近3ヶ月):18万±1万前後
  • 総記事数:364記事
  • Feedly購読者数:47人
  • 読者数:131人
  • Twitterフォロワー数:359人

月10万円以上を稼いでいるブロガーさんって、もっとこう『Twitterフォロワー◯千人!』とか、『読者数◯百人!』とか、そういうイメージがありませんか?それに比べたら僕はかなり少ない。

今までについたはてブ数だって、最高で16ですもん。自分の記事に100以上もはてブがつくことなんて、未だに想像できません。しかも、ブログのカスタマイズ記事というね。

関連記事:【カスタマイズ記事】はてなブログのデザインテーマをレスポンシブ対応の「Brooklyn」に変えてみた

そりゃ、自分のブログのファンは一人でも多い方がいいです。むしろ、読者をないがしろにするようなブログは放っておいても消えていきますし。このブログの場合、流入の9割ほどが検索からなので特殊な例なのかもしれませんが。とにかく、ブロガー同士やファンとの横の繋がりは大事。誰か、僕と一緒に遊びましょう(悲痛な叫び

結論:ブログ収益と、Twitterフォロワー数・読者数・はてブ数は収益とはあんまり関係ない(ただし、あるに越したことはない)

ブログ運営の基本はトライ&エラー

f:id:afrokanchan:20161102170926j:plain

「開設半年で月間30万PV行きました!」とか、「一年でブログ収入月50万円突破しました!」とか。やっぱり、目立つのはそういう神様的な人たち。でも、その人たちが言ってることがすべてかというと、そうじゃない。

ブログに限った話ではありませんが、「これをやったら必ず儲かるよ!」なんてものはないです。定石やセオリーのようなものはあるんでしょうが、すべての情報を鵜呑みにするのは非常に危険。

すべては個人の成功例でしかない。すべては仮説にしか過ぎない。よって、この記事も僕の経験による仮説でしかないわけです。

何と言っても、ブログ運営の基本はトライ&エラー。よっぽど神様に愛された人でない限り、初めっから綺麗な道なんて進めないです。

自分で考え、自分で行動し、自分で反省し、自分で修正していく。ブログに限ったことではありませんが、これ、マジで大事です。
「マジで」とか使っちゃうあたり、これも『こっちの方が読んでる人たちは親近感が湧くのかも?』という仮説によるものです(大嘘

とにかく実際に行動して何でも試してみること

きっと、この記事を読んでいるということは少なからずブログのアクセスアップやマネタイズに興味があるのだと思います。情報を仕入れるだけ仕入れて「へー」で終わらせちゃダメです。すぐさま自分に当てはめてマッハで行動するべき。とりあえずやってみる。略して「とりてみ」でいきましょう。

実際に試してみて、『何か違うな』とか、『自分には合わないな』と感じたらやめればいいんです。とりあえず、チャレンジ。挑戦こそがすべて。行動こそがすべてです。

あらゆる力をつけていく

何度も検証し、要らないものは徹底的に削ぎ落としていく。この作業の繰り返しをしていけば、自然とあらゆる力がついてきます。文章力やネタを探す力、思考力も、実行力も、情報を取捨選択する力も。

初めのうちは自分の強みがわからないこともあるでしょう。得意なジャンル、文章上での個性の出し方、ブログデザインのセンスとかとか。そんな時は「とにかく書く」
量より質派、質より量派で意見は分かれるとは思いますが、僕は「ブログを始めたばかりの初心者は質より量派」です。とにかく文章を一行でも多く書くこと。これに尽きます。

ヒヨコの雌雄を見分ける作業だって、一つ一つ確実に見分けるよりもたくさん数をこなした方が成長度合いは大きいと思いますよ。たとえ失敗したとしても、その過程の中で必要な力は自然と育ってきます。

僕もブログ開設から8ヶ月ほどの間はほとんどの時間をブログに費やしておりました。バイトの休憩時間や電車に乗っているとき、家で家族がテレビを見ているときなど、もう、ブログ漬け。そのせいで友達と話が合わなかったりもしましたが、これからやろうとしてることに比べたら、ねぇ?あ、友達は大事にしましょう。

で、そこから「自分が得意なジャンル」とか、「どういった記事が読者に受け入れられやすいのか」とか、「文章上でどのように個性を出していけばいいか」とか、様々なことがわかってきます。僕は最近になってようやくこれらのことが漠然とわかってきました……。
これからブログを始める方や、始めたばかりの方はこれらの点を意識するとさらに成長が早いはずです。はい。きっとグングンです。いいなぁ。

質にこだわるのはもっと大事だよ

とは言っても、質にこだわるのはもっと大事。矛盾しているようにも聞こえますが、テキトーな記事を書くぐらいならば書かないほうがマシです。
やる気のある人は、今の自分に書ける全力の記事を毎日書きましょう。あくまで、今の自分基準です。変に格好つけてもバレますから。

結論:凡人こそ、数をこなしてあらゆる力をつけていくべき。

収益が発生し始めるタイミングにはタイムラグがある

f:id:afrokanchan:20161102171017j:plain

これね。よくある勘違いの一つ。1〜2ヶ月程度では収益は発生するようにはなりません。一攫千金を狙うのであればブログ以外の方法をおすすめします。実際、今までブログに費やした時間を時給換算すると、おそらく多くのブロガーたちがこぞって吐きます。

最低でも3ヶ月、もしくは半年ぐらいはある程度の熱意を持ってブログを書くことが必要不可欠です。当然、その間はノーギャラでもめげない。ブログ飯を目指している方も、当分はバイトやら今の仕事やらで食いつないでください。

僕もまとまった収益が出始めるようになったのはここ3ヶ月ぐらいの話ですし。

ここまでのまとめ:自分の好きなことを書こう

話を急にぶん投げたみたいになってしまいましたが、結局、「自分の好きなことを書きましょう」ってこと。このジャンルを書けば稼げますよー、みたいなのはあることにはありますけど、続かなきゃ意味はないです。自分が勝負できるジャンルが見つからなくて雑記ブログを選択したんでしょうし。

自分の興味のあることや、前まで趣味でやっていたこと、今の仕事で身につけた技術や知識、そういうのをまるっと雑記ブログに書いちゃいましょう。そうすれば自ずと自分の長所が見えてくるはず。収益のことを考えるのはそれからでも遅くないです。

結論:目先のパンを追いかけるよりも、もっと先にあるステーキを目指す。

ブログの収益化とコツについて

2016年10月のブログ収入は、1ヶ月間で¥110,000ぐらいでした。未確定報酬ありですが。ここに+αで外でのデザインの仕事の収入が加わります。金額は非公開。そのうち、ブログでも宣伝させていただきまーす。

主に使用したのは、A8.net
GoogleアドセンスAmazonアソシエイトもしもアフィリエイトの4つ。これに検証のために使っていたnend
や、i-mobile、忍者AdMaxバリューコマースアドクロップス
とかがちょこちょこ入ってきます。とは言ってもこちらは雀の涙ほどの収益……。というか0。

  • Google AdSense:諭吉さん2.7人
  • Amazonアソシエイト:17,716円
  • A8.net:62,256円
  • もしもアフィリエイト:1,208円
  • nend:709円
  • mineo紹介キャンペーン:Amazonギフト券2,000円分

Google AdSense

収益アップのコツは、PV数を伸ばすこと、そして、最後まで読まれる記事を書くこと。基本的には、広告がクリックされることで報酬が発生します。額は少ないですが、ページビュー(表示)だけでも報酬発生しますね。

広告の位置やサイズを変更したところで、あんまり大きな収益アップには繫がりません。せいぜい、1日あたり数百円程度。
記事内広告はクリック率が良い傾向にありますが、僕は邪魔なので最近外しました。案の定、先月比で20%ほどダウンしてましたけど。諭吉さん2.7人ぐらい。※検証のためスマホのみ記事内広告復活させました。

まぁ、やっぱり、完食される文章を書くことが一番かなぁ。
ということで、僕もちまちまと読んでいるおすすめの本をご紹介。正直、文章に関する本はこれ一冊でいいと思いますよ。

Amazonアソシエイト

コツとしては、自分が使ったことのあるサービス・商品を紹介、おすすめすること。やっぱり、使ったことない人におすすめされたんじゃ説得力ないですもんねぇ?いや、それで買ってくれる人がいればいいんだけどさ。

Amazonアソシエイトは、紹介した商品が売れれば報酬が発生する仕組み。商品をクリックした後に、その人が別の商品を購入した場合も報酬が発生します。ぶっちゃけ、本は売れてもあまり利率が良くないイメージ。僕は、よくガジェット系の写真イメージだけを使ったりします。まぁ、売れませんけど。

あとは、商品のリンクを張る場合には記事の最後がおすすめです。記事中は極力テキストリンクで張る、と。その方が記事を読む邪魔をしないで済みますからね。なので、上でやっている本の紹介をズドーンと入れるのは実はあんまり良くない例です。反面教師万歳!こっちは諭吉さん1.7人ぐらいです。

A8.net

A8.net
は、1番有名なASPと言っても過言ではないのではないでしょうか。売れば売るほどメリットが増えてくるので、初心者の方はとりあえず登録しておいて損はないはず。

とは言っても、僕も今月こんなに収益上がっててびっくり。まだまだコツとか教えられる立場ではないですが、ここでも自分が使ったことのあるサービス・商品を紹介、おすすめすることが第一に挙げられるでしょうね。

詳細はアフィリエイトなら【A8.net】
から。

もしもアフィリエイト

カエレバでの取りこぼし防止のために使っております。具体的に言うと、楽天アフィリエイトをもしもアフィリエイト経由で行っています。もしもアフィリエイトは、Amazonアソシエイト同様に紹介した商品が購入されると報酬が発生する仕組み。

スポンサーリンク

カエレバで紹介した商品がAmazonから購入されれば問題はないのですが、当然、楽天を利用する方もいらっしゃいますよね。こういった方の取りこぼしを防ぐために、もしも経由で楽天アフィリエイトをしているというわけ。

というのも、楽天アフィリエイトで紹介料を貰うには「楽天口座」というものが必要になり、さらに現金振込の場合、手数料として10%+消費税がかかってしまうからなんですね。もしも経由が一番お得です。

詳細はがんばる個人のための「もしもアフィリエイト」から。

nend

検証のために20日ほど使っていました。今はもう使っておりませんが……。nend
は、Google AdSenseと同様、クリック報酬型の広告です。スマホ専用の広告なので、PCには表示されません。

スマホの下側からぬるっとせり上がってくる追尾型のオーバーレイ広告などもあるため、アフィリエイト初心者に比較的おすすめしやすいかな、と。

関連記事:nendのオーバーレイ広告を16日間導入した結果を報告するよ

詳細はスマートフォンアドネットワーク【nend】
から。

その他のおすすめASP

その他はよくわかりません。僕も登録だけして、そのままです。これから意識的に使っていかないとよくわからないままブロガー人生終わってしまいそうで怖いです。

とりあえず個人的にはGoogle AdSense、Amazonアソシエイト、A8.netは必須。次いで、バリューコマースとか、アドクロップスとかとか。Google AdSenseの審査に通るまではnendや忍者AdMaxを使ってもいいと思いますよ。

ここまでのまとめ:何事もタイミングが大事

ただし、ここは、ブログのアクセス数や読者数を見て判断した方が良いと思います。本当に今のタイミングで収益を求めるべきなのか、ということを初めのうちから考えておくと◎。

正直、”ブログ”をやりたいのであれば最初は広告なんて貼らなくて良いです。まずは自分のブログのファンを作ること。自分自身の力をしっかりと付けることが先決です。

やりながら考えるのも良いですけどねー。僕はどちらかというと走りながら考えるタイプですし。

結論:時にはじっと耐えることも必要。恋と同じです。

雑記ブログであることを強みにしよう

f:id:afrokanchan:20161102172040j:plain

ぶっちゃけて言うと、僕がマネタイズを意識し始めたのはだいたい3ヶ月ぐらい前です。そう、めっちゃ最近の話。もともとブログが好きで始めたので、あんまり収益のことは考えていなかったんです。

で、あるとき自分のブログが意外にもまとまった収益を上げていたことに気付く、と。そこから少しずつ収益を意識し始め、様々なことを吸収、実践していきました。

単体の商品やサービスを紹介・レビューできたりするのは雑記ブログにしかない良さです。ジャンルに縛られず、自分の興味のあることをひたすら書く。きっと書いていくうちに自分の得意なジャンルとかが見えてきます。それまでは雑記でGO。

PVがあるからといって収益に繋がるわけじゃない

現在、このブログの月間PV数はおおよそ18±1万PVぐらいです。1PVあたり0.6円ほどの計算でしょうか。

しかし、実際に収益を上げている記事はほんの一握りです。ひょっとしたら、10記事にも満たないかもしれません。もちろん、Google AdSenseなどのクリック報酬型で収益を上げる場合は圧倒的なPV数が必要になってきますが。

バズ(炎上)について

僕がバズを体験したのは全部で3回。周りのブロガーに比べたらかなり少ない方だと思います。しかも、大きなバズというよりかは小バズ、中バズといったところ。

一度目は「ひとりかくれんぼの考察と危険性について」。シェア数は少ないものの、検索エンジンからの流入で圧倒的なアクセス数を稼ぎました。1日で13,000PVほど。

検証記事:【初バズ】1日1万3千PV達成の原因を調べてみたら”ひとりかくれんぼ”と”はじめしゃちょー”のおかげだった

二度目は「-4℃の「アイスコールド コカ・コーラ」を試しに飲んでみた」。FaceBookで261シェアされた、僕にとっては神様的記事。少ないなんて言うなよ……。

これは意外でした。なんてことないまとめ記事ですもん。季節と相まって2chまとめに掲載されたり、スマートニュースに載ったりで、ちょこっとバズった記事。こちらは1日12,000PV。

検証記事:これが噂のスマニュー砲と2chまとめの力か。12000PV/日のバズを体験した話

スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める (SmartNews)

スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める (SmartNews)
開発元:SmartNews, Inc.
無料
posted with アプリーチ

3度目は「映画『聲の形』のタイトル間違いを実際に検索してまとめてみた」。こちらはTwitterを中心にシェアされました。その数、379。圧倒的。

映画『聲の形』のタイトル間違いをGoogleで検索し、その結果をまとめた検証記事です。今でもちょこちょこ読まれてます。こちらは1日13,000PVほどでした。

バズ(炎上)は狙うべきか?

バズは狙えるなら狙った方がいいと思いますよ。僕にはその力がないので、文才や知識、センスのある方が超絶羨ましいです。頑張りますよ、頑張りますけどね。えぇ。

もし上手いこと記事がハマって、一回ドーンとPVを稼ぐことができたとしましょう。それでも、あんまり収益には繋がらないことが多いです。

長期的な目で収益やアクセスのことを見ると、これから先長く読まれるような記事を書いていった方がお得かと。べ、別にこれはバズるような記事を書ける人たちへの僻みなんかじゃないんだからねっ!

ただし、炎上は避けた方が無難かと。精神的に消耗しますし、ブログそのものの信頼&筆者の品性にも関わります。
月に1記事ぐらい尖った記事を書くのは大いにありだとは思いますが、しょっちゅうそんなんじゃ書く方も見てる方も疲れますし。

Google先生は非常に優秀なので、記事の中身をしっかりと見ています。ただ単にアクセスが集中しているだけの記事(炎上記事とか)よりも、質で記事の評価を判断しています。まずニーズを考えましょう、ってことですね。

あーっ、でも炎上させるのも才能なのかなぁー。

結論:楽しくブログを続けたいなら炎上は狙わず、手堅くエンジョイ。

具体的にやったSEO対策3つ

f:id:afrokanchan:20161102171852j:plain

SEO対策とは言っても、おおっぴらに自慢できるようなPV数を稼いでいるわけではないので参考程度にどうぞ。

細かい点でこうした方がいい、ああした方がいい、というのはありますが、ここでは主に3つのポイントを抑えて話していきます。

1.内容重視で記事を書く

これかなぁ。僕の記事はだいたいが2,000〜3,000字ぐらい。多いときは5,000字とか1,0000字とか書いていたりもしますね。ここで勘違いして欲しくはないのですが、重要なのは文字数じゃないです。ここまで13,000文字……。

あくまで、そのぐらいの熱量を持って書くということ。

最低何文字書いたらいいだとか、1ヶ月のうちにいくつぐらい記事書くといいだとか、そんなことよりも記事の内容をしっかりと作りこみましょう。
わけわからんことを長々と書く必要はありません。別に、1記事仕上げるのに3日ぐらいかかったっていいじゃありませんか。

内容ペラッペラのしょうもない記事を10個書くよりも、バリバリシェアされちゃうような深ーい記事を1個書いた方が間違いなく良いはずです。

2.蜘蛛の巣を広げていくようなイメージで

1つ納得のいく記事を仕上げることができたら、それに関連する記事をどんどん増やしていくと良いでしょう。蜘蛛の巣を広げていくイメージで。

ほら、蜘蛛の巣って一回ハマったらなかなか抜け出せないじゃないですか。表現としてはちょっと倫理的にスレッスレですが、そんな感じのイメージです。

シェアされやすい記事や、よく検索されている記事に関連しているとさらに効果的。これによってブログに来た人の回遊率や、滞在時間が上昇していきます。つまり、満足度が上がっていく、と。

こういうところ、Google先生は見てますからねーっ。

3.加筆修正とか追記とかリライトとかがんばる

最初から自分が書くテーマやジャンルが絞れていればいいんですけどね。「蜘蛛の巣」のようなブログを理想とするならば、コンテンツは絞った方がいいに決まっていますし。

雑記ブログだとそこらへんもごちゃっとします。

ですので、よく検索されている記事だけでもお世話をしてあげましょう。リライトとか、修正とか呼ばれている作業ですね。

ある程度記事を量産していくと、だんだんと検索流入(Googleとかの検索エンジンから記事を見に来てくれること)が増えてきます。ここで重要なのがブログの分析

アクセス解析は必ず行いましょう。

自分のブログの現状を知る

PV数がどーのこーのに関わらず、アクセス解析は必ずやるべきです。自分のブログが今どのような状況なのか、ってことを把握することがスタート地点。

Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

アナリティクス使いましょ。月間のPV数や訪問者数、どんな時にどんな記事で反応があったのか、なーんてことを知ることができますよ。

「あとでいいや」じゃなくて、今から始めましょう。

ブログカスタマイズは徐々にでいい

※若干はてなブログ向きの内容です。

僕らはブロガーなので、ブログデザインにこだわるよりも他にやるべきことがあります。そう。それは「記事を書くこと」

まず見た目から入るのもモチベーションを保つためには重要なことですが、デザインを気にするのはPVが増えてきてからで良いです。ぶっちゃけ、Twitterやはてブなどの「シェアボタン」、「読者になる」ボタンぐらいがあればそれで十分です。

あとは自分の好きなブログのデザインを真似ればよし。

「あのメニューってどうやってつけるんだろう?」「もうちょっとヘッダーを見栄え良くしたいな」「このブログの見出しかっこいい!」とかとか。

そういうのは徐々にでいいです。ブログデザインは一回ハマるとなかなか抜け出せない、通称“沼”と呼ばれる境地……。別に呼ばれてない。

ブログデザインにこだわりすぎると、ブログが書けなくなってしまう恐れがあるのでほどほどにしておきましょう(実体験に基づく証言)。

まとめ

なんだかめちゃくちゃ長い記事になってしまいました。ここまで頑張って読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。感無量っす。

ブログ運営にコツなんてものがあるとすれば、やっぱり人の真似をすることじゃないかなぁ。

別に記事を丸々パクるってことじゃなくて、記事の作り方や投稿時間、SNSの活用の仕方、商品リンクの方法とかとか。
自分が「あ、いいな」と思ったところを徹底的に真似てみる。そんで、気に入らなかったらやめればいいし、もうちょい改善できるんだったら改善して、それをさらに自分で記事にしちゃう。

よく、「まず模倣から」っていうじゃないですか。きっとあれです、あれ。

あ、あとは横の繋がりも大事だよー。無理に絡みに行くことはないけど、ブログ仲間とSNSを通してやり取りするのも面白いよー。
コミュ力に自信のある方はオフ会とかセミナーとか行ってみるのも面白いんじゃないかな、うん。僕はリアルで他のブロガーさんと会ったことがない……。

まとめ:自分で考え、実践し、改善をひたすら繰り返し続ければ、自ずと結果はついてくる!ブログ、楽しもうや!

最後に、僕が人生で唯一購入したブログ本「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」をご紹介。色々なブロガーさんの実例が掲載されているので、とても参考になりますよー。

『ブログサービスって何が最適なの?』という初歩の初歩から丁寧に書かれてあります。おすすめ。

関連記事