高さ100m日本一!竜神大吊橋バンジージャンプに挑戦してきたよ

スポンサーリンク

前回の猿ヶ京バンジージャンプから約1ヶ月。あの恐怖を乗り越えられた僕なら今回もきっと大丈夫。

GoogleアプリのCM「夏のお出かけ」篇に登場したことでも有名な茨城県常陸太田市の竜神橋。ここ、実は日本一の高さを誇るバンジージャンプなんですよ。高さ100mですよ?ビル33階ぐらいの高さだよ?バカじゃない?

ということで、高さ100mの竜神大吊橋から日本一のバンジージャンプに挑戦してきたよ!

そもそも誰がこんなもの作りやがった?

平常心を保つのがやっとなので、バンジージャンプの起源について軽くお話ししましょう。いえ、させてください。

バンジージャンプは、バヌアツのペントコスト島で行われていたナゴールという儀式が起源と言われています。

ナゴールは、木で組み立てた数十メートルにもなるやぐらから足にツタをくくりつけてジャンプする儀式。

成人になるための通過儀礼なんです。日本でいうところの成人式みたいなもんです。

酒飲んでどんちゃん騒ぎするより、バンジージャンプの方が成人式っぽいですけどね。日本もそうしたらいいのに。僕は絶対に嫌ですけど。

高さ100mッ!?竜神大吊橋から日本一のバンジージャンプに挑戦

はい、今回も猿ヶ京のときの友人と一緒です。

日本一、行くよっ!

行こうか、日本一……!

ほかにも、「日本一のバンジージャンプを飛んでみたい」という少し頭のおかしい人たちが約2名いらっしゃいます。つまり、計4名での挑戦。

目的地が近づくにつれて車内のテンションはぐんぐん上昇。Instagramで竜神バンジーの動画を検索して、あえて自分を追い込む。

前回、猿ヶ京に行った僕と友人はバンジージャンプ体験組なので、飛ぶ光景が容易にイメージできてしまうんですよね。それが尚更恐怖を呼ぶのです。

隣に座っている友人は、だんだんとため息が増えていっていました。

駐車場はたくさんの車で埋め尽くされておりました。この時期は紅葉狩りも人気ですよね。

いや、どちらかというと竜神大吊橋バンジージャンプに来る人の方が少数派ですね。きっと。

f:id:afrokanchan:20161121102444j:plain

ここから軽く山を登ります。大吊橋までは350m。

f:id:afrokanchan:20161121102618j:plain

斜面きっついわぁ。

f:id:afrokanchan:20161121102704j:plain

紅葉が綺麗ですよ!

f:id:afrokanchan:20161121102716j:plain

ん?なんか吊橋っぽいものが見えてきた……。

f:id:afrokanchan:20161121102737j:plain

「えっ、ここから飛ぶの?」「こ、怖い……」「想像以上だ、これはぁ〜」

f:id:afrokanchan:20161121102802j:plain

着いちゃったよ。「高さ日本一」って書いてあるよ。

f:id:afrokanchan:20161121102822j:plain

デケーよ。

f:id:afrokanchan:20161121102859j:plain

受付してバンジーに向かいます

もうね、ここでビビってても仕方がないのでね。受付、行こう。

予約はあらかじめバンジージャパンで友人が済ませてくれていたので、名前を伝えて受付。料金は15,000円です。

f:id:afrokanchan:20161121103753j:plain

猿ヶ京のときと同様、タブレット端末を使って「死んでも責任とりません」的な同意書を入力していきます。

f:id:afrokanchan:20161121104012j:plain

次、体重測定。

f:id:afrokanchan:20161121104044j:plain

体重+装着する器具(ハーネス)の重さ3kgを足した数字が書かれたプレートを渡されます。飛ぶときにスタッフの人に見せるのでなくさないように。

ちなみに、手にも書かれるので体重バレたくない人は死ぬ気で隠してね。

f:id:afrokanchan:20161121104053j:plain

あそこから飛ぶの……?

うん、飛ぶね。間違いなく飛ぶね。

f:id:afrokanchan:20161121104259j:plain

ふぅん……。

(相変わらずわかりやすい怖がり方だなっ!?)

行くしかない、飛ぶしかない

ハーネスを装着して記念撮影。

遺影ッ! イェイッ!

f:id:afrokanchan:20161121104632j:plain

では、竜神大吊橋に向かいますよ。心なしか皆さん口数少ねーっす。

f:id:afrokanchan:20161121110132j:plain

本当にここから飛ぶんですよね?ヒモ千切れたりしませんよね?

f:id:afrokanchan:20161121110227j:plain

橋のちょうど真ん中あたりぐらいからバンジー台に降りられる場所があります。入り口が狭いのでケツからIN。

f:id:afrokanchan:20161121112612j:plain

いざ、BUNGY

どこかで見たことがあるような人形を目の前にしたら、いよいよ緊張感がMAXに。さっきまで全然平気だったのに……。

待合席で足首をガッチリ固定されます。靴の紐はキツく縛っておきましょう。その後、ジャンプの方法やジャンプ後の対応などの説明を受け、順番待ち。

僕らの前には5人ほど控えている人たちがおりました。

f:id:afrokanchan:20161121113913j:plain

ちょっと覗いてみましょうか。

f:id:afrokanchan:20161121114414j:plain

オーケー、オーケー。だいたいわかった。とにかく高いってことだけは理解できた。

飛ぶ順番はグループごと。先ほど体重測定をしたときに分けられた色ごとにジャンプします。

僕らのグループは青→黄の順番。僕は一番最後となりました。最後って一番ドキドキするんですよね。とほほ。

いざ、BUNGY。

どよーん、としている一番目の友人。なんだか、一気に老けたな?

f:id:afrokanchan:20161121114826j:plain

『飛ぶ、しかないんだよな……』。

友人の後ろ姿を眺めつつ、僕もゴクリと生唾を飲み込む。

もうすぐ僕もあそこから飛ぶ。100mの高さから一気に落下するんだ。

こ、怖くない、怖くない。きっと大丈夫。猿ヶ京のときだって大丈夫だったんだ。

あっちは62mで、こっちは100m。40mぐらいパワーアップしてるけど、きっと大丈夫だ。

覚悟を決めろ!15,000円も払ったんだ!と、飛ぶぞ!

そぉいっ!

f:id:afrokanchan:20161121115638j:plain

やだよ〜。

うるせえ、飛べ。

f:id:afrokanchan:20161121115725j:plain

そぉいっ!

f:id:afrokanchan:20161121115803j:plain

……。

すごい無口だけど大丈夫かな、この子。

f:id:afrokanchan:20161121115846j:plain

そぉいっ!

f:id:afrokanchan:20161121115859j:plain

最後、僕。余裕にピースしてるけど、半分ぐらい心臓出ちゃってます。口から臓器が出ていらっしゃるので、モザイク加工を施しております。

f:id:afrokanchan:20161121180517j:plain

そぉいっ!忍法、飛び膝蹴りッ!

f:id:afrokanchan:20161121120043p:plain

ちょっと待ってください。なんで僕だけ特殊加工っぽい写真なんですか。どういうことですか。

f:id:afrokanchan:20161121120125p:plain

しかも、なぜか垂直というね。何?落とし穴でもハマったの?どうしたの?

『死ぬううう!!!!!やめてえええええええええ!!!!!!』

f:id:afrokanchan:20161121120423p:plain

無事、回☆収。

f:id:afrokanchan:20161121120455p:plain

いやぁ、ハンパなかった。100mの名は伊達じゃない。意識飛ぶかと思いましたもん。ホント。

ですが、この解放感と達成感はほかでは味わえない感覚ですね。

『生きてる……!僕、生きてるよ……!』

あと、飛ぶ前にギャラリーに手を振ると返してくれます。芸能人になったつもりで思いっきり飛びましょう。

f:id:afrokanchan:20161121144136p:plain

バンジージャンプ終了後

ジャンプ後、すぐ脇のパソコンでみんなのバンジー写真を確認。

写真が気に入ったらその場でデータがもらえます。DVD代は撮影料込みで3,500円。今回は遠慮しておきました。

心なしか、みんなの背中が来るときよりも逞しく見えましたね。歴戦の戦士感が漂ってます。

f:id:afrokanchan:20161121121006j:plain

今回のように吊橋に人が多いと、「あら、あなたたちここから飛んだの!?」とか「えっ、すごい……!勇気あるなぁ〜」とか、橋ですれ違う人たちから賞賛を浴びることができます。

今世紀最大のドヤ顔で帰還できます。みんな、いつもより歩幅が大きい。

f:id:afrokanchan:20161121121106j:plain

帰還後、「認定証」を受け取って無事にミッション完了。

f:id:afrokanchan:20161121130217j:plain

戦いの後は腹ごしらえ。

f:id:afrokanchan:20161121131417j:plain

「そばすいとん(300円)」が恐怖で疲労しきった身体に染み渡るぅ。美味し。

f:id:afrokanchan:20161121131452j:plain

高さ100m、竜神大吊橋バンジージャンプを飛んでみての感想

正直、猿ヶ京とは格が違いました。高さが40mも違うと、ここまで決定的な差があるんですね。

落下時間も、速度も、バウンドする回数も、景色も、目線も、何もかもがグレードアップ。下に落ちていく途中、本気で意識を失いかけました。危なかった。漏らさなくてよかった。

しかし、これで「僕さ、日本一のバンジージャンプ飛んだことあるんだ。ところで、このあとお茶しない?」という口説き文句アビリティが解放されました。

これからの人生においてかなりのアドバンテージを発揮することでしょう。

落下していく間の解放感と恐怖感と爽快感、そして、無事に飛び終えた後の達成感と幸福感と高揚感。まさに、「最高にハイってやつだぜぇ!」状態。

今回の4人は、僕も含めて一発目で飛べました。「一発目のカウントで飛べないと恥ずかしい」みたいなのはみんな知識として持っているようで。ご立派です。

まぁ、僕らの後にも人が控えてましたしね。みっともない姿は見せられません。ゆとりのプライドです。

竜神大吊橋バンジージャンプはこんな人におすすめ

  • ギャラリーに囲まれてワーキャー言われたい人
  • 失恋、および仕事の失敗のショックが心にねっとりと張り付いて取れない人
  • マンネリした生活に一矢報いたい人
  • 臨死体験をしたい人
  • 次なるステップに進みたいけど、あと一歩がなかなか踏み出せない人

さぁ、みんなも竜神大吊橋でレッツ、バンジー!

遊び体験・レジャー系をお探しの方は以下のサイトをご利用いただくと楽かと。

バンジージャンプの料金と予約

  • 1回目:15,000円
  • 同日2回目:7,000円
  • 2回目以降:10,000円(要認定書&身分証明書)
  • 予約・問い合わせ:TEL 0278-72-8133(8:30 – 17:30)
  • みなかみ・猿ヶ京・五木バンジーの経験のある方:1,000円割引(要認定書&身分証明書)

ネット予約、詳細、問い合わせは[バンジージャパン](http://www.bungyjapan.com/)から。

竜神大吊橋の場所

  • 住所:〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133−6
  • 電話:0294-87-0375

関連記事

スポンサーリンク