「人の使っているモノ」を知ることが好きすぎる件について

スポンサーリンク

どうやら僕は、「人の使っているモノ」にとてつもない興味を覚えるタイプの人間のようです。

最近、少し流行になってきているようですが、いわゆる「PC周りの環境を晒すよ」系の記事が本当に大好き。

モノ選びは、その人の”個性”や”考え”、”性格”みたいなものが一番反映されるポイントだと思うんですよねー。
「どういった考えでそれを選んだのか」とか、「そのモノとはどういったストーリーで出会ったのか」とか、普段使っている何気ないモノのヒストリーを見て四六時中ニヤニヤしていたい。

「その人が一体どんなモノを使っているのか」が知りたい

f:id:afrokanchan:20161008224111j:plain

もちろん、「全く知らない人の、全く知らないモノについて」を見るのも楽しいんだろうけど、自分が興味を持っている人だとなおさらトキメキを覚えるんです。好きなブロガーさんとか、仲が良い友達とか、自分の大切な人とか。

その人が普段どんな生活をしているかにも興味はあるけれど、その前に「その人が一体どんなモノを使っているのか」が知りたい。

本当に何気ないものでいいんですよ。

歯ブラシであったり、石鹸であったり、ドライヤーであったり、枕であったり。

日常生活においても、人生においても、モノは絶対に欠かすことができないもの。
そして、その人の生活をいつも影から支えているものが、モノ。

「モノを通してその人が見える気がする」から好きなのかもしれませんねぇ。
他の人のブログを読んでいても思いますが、その人の心を、頭の中を、少し覗けたような気がして嬉しいんですよね。

何気ない日常の一部を切り取るだけで、それは作品になる

f:id:afrokanchan:20161008224317j:plain

何気ない日常の一部を切り取るだけで、それは作品になるんです。
まるで、短編映画でも観ているかのような気分になるんです。

『ここが使いやすくて、ここがイマイチ。それでもデザインが好きだからずっと使ってるの』とか、人とモノの関係性の話ならきっと24時間はぶっ通しで聞いていられる。

「どんなモノを使っているか」を知ることももちろん大好きですが、どちらかといえば「どんな理由があってそのモノを選んだのか?」とか、「そのモノとの思い出」とか、人とモノのストーリーとか、ヒストリーの方が好きなのかもしれません。

どこが気に入ってそれを選んだのか、そのモノを選ぶ際に迷ったモノはあるのか、使ってみてどうだったのか、とか。

もしかしたら、普段誰かが使っているボールペンにも、何か特別な理由があって、何か特別な思い入れがあるのかもしれない。もしかしたら、あの人が同じノートを使い続ける理由には何か素敵な思い出があるのかもしれない。

そう考えると、同じことの繰り返しの日々にも少し輝きが出てくると思いません?

「人の使っているモノ」の写真を眺めていることも好き

単純に、人の使っているモノの写真を眺めていることも好きですね。
機材とか、道具とか、服とか。生活感があるとなお◎。でも作品ではあって欲しい。

もうね、そのモノのストーリーを知って、思い出を知って、ヒストリーを知って、その後で写真を見るとすごくドキドキするんですよ。きっと、何の変哲もない歯ブラシ一本、消しゴム一つでもドキドキすると思う。

『あー、普段この人が使っているモノにはこんな歴史があったのかぁ』と、とても幸せな気分になるんですよ。モノが笑っているというのか、喜んでいるというのか。

モノも幸せで、それを使っている人も幸せ、っていう図がもう最高。

『うんうん。良かったねー!』って言いながらディスプレイをさすさすしたい。

ブログはその人のアートギャラリー展みたいなもの

f:id:afrokanchan:20161008224338j:plain

僕は、「ブログはその人のアートギャラリー展みたいなもの」だと思っていて、記事一つ一つがその人の作品だと思っています。ちょっと大げさかな。

一つの作品であって、その人の日常の一部を切り取ったものでもある。
綺麗な作品もあれば、不恰好な作品もあって、そこには一切の善悪も存在しないんです。

ドロドロした感情を垣間見ることもあれば、感動して思わず泣きたくなる素敵な瞬間もある。

それでも、『僕はこれが好きなんだ』と胸を張って言って欲しい。
それはそれは、本当に素晴らしいこと。

だから、その人が使っているモノについて、ガッツリ知りたい。
写真あり、ストーリーあり、細かい説明ありで。

できればブログでやって欲しいですね。

自分の使っている歯ブラシ一本について、5000字ぐらいアホみたいに語って欲しい。
で、ポイントポイントで超こだわりの写真を何枚か載っけてくれると最高にいい。

きっと僕は「人を知りたい」んだと思う

僕はあまり人の心に踏み込むことが得意な方ではありません。
だから、「その人の使っているモノを知ることで、その人を少し知った気分になれる」のかもしれません。

「人の使っているモノを知りたい=人を知りたい」

人のことを知りたいし、自分のことをもっとよく知ってほしい。
でも、自分のことを話すのも得意ではなくて、人の心に踏み込むことも苦手。

それゆえに、ブログを書くことが好きだったり、人の使っているモノに興味があるのかもしれません。

まぁ、理由は何にしろ。


僕は、「人の使っているモノ」を知ることが好きすぎる。

関連記事

スポンサーリンク