ブログカスタマイズで追加したボタンの利用率を1週間定量分析した

スポンサーリンク

ブログカスタマイズが楽しくなっちゃって、「最近、記事書いてないなぁ」とか思っちゃってるみなさんおはようございます。

例にならってブログ関連の記事です。興味のない方はブラウザバック推奨です。

さて、意外とハマりがちなブログカスタマイズ。

「その”なんとなく、で設置したボタン”、ホントに効果出てます?」

実は、この1週間、みなさんのタップ(クリック)数を測定させていただいておりました。
よく利用されているボタン、ほとんど意味をなさないボタン。

知りたいようで知りたくないようなことが数字であらわになっちゃいましたよ。

なお、今回の検証はNAE (id:nice_and_easy)さんの記事を参考にさせていただきました。超感謝。

参考:ブログカスタマイズで追加したボタンや機能の利用率を定量分析してみた結果 – NaeNote

はじめに

f:id:afrokanchan:20161126150629j:plain

「グローバルメニューを設置させて回遊率アップしよう」
「記事の上下にシェアボタンを設置してSNSで拡散してもらおう」
「記事下におすすめ記事を設置して収益に繋がりやすい記事に誘導しよう」

習慣的にブログを書いている人にありがちなのが、「はてな ブログカスタマイズ」とかで検索して出てきた情報を、そのまま自分のブログに反映させて満足しちゃうパターン。はい、僕です。

「とりあえずやってみる」ことは大事です。ボタンを設置してみたり、プロフィール欄にリンクを張ってみたり。とにかく色々と試してみる。これホント大事。

でも、それが意味があるかないかの判断って難しくないですか?

僕は今まで、設置したボタンがどれほどの影響を及ぼしてるのか、ってことを体感的に判断してました。
『おっ、PV数あがってるじゃん。この前設置したおすすめ記事が良かったのかな?』とか。

これ、「イベントトラッキング」で追跡してみようか!

GTM(Googleタグマネージャー)を使って「イベントトラッキング」を設定する

ざっくり、GoogleタグマネージャーってのはWebページ上でのユーザの動きを検知するためのツール

自分のブログに設置したボタン・リンク等のパーツがどれだけクリックされたか、ってことがわかっちゃう超便利システム。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)だけじゃダメなの?

様々なデータを解析できるツール「Google Analytics」。

  • ユーザー数
  • ページビュー数
  • ページ/セッション
  • セッション時間
  • 直帰率
  • 離脱率

とかがわかっちゃう、こちらも便利なツール。

Google AnalyticsとGTMの違いを「本」でわかりやすく解説

f:id:afrokanchan:20161126150650j:plain

わかりにくいので、「本」で例えてみます。

今、目の前にあるのは「1冊の本」
この本が1週間でどれだけ読まれたのか、みたいなことが知りたい。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)でわかること
  • 本を読んだ人数(ユーザー数)
  • 読まれた合計回数・どのページが読まれていたのか(ページビュー数)
  • 本を手に取った人がどのぐらいのページを読んだのか(ページ/セッション)
  • 本を読んでいた時間・どのページにどのぐらい時間をかけていたのか(セッション時間)

とか。

GTM(Googleタグマネージャー)でわかること
  • 本に挟んでおいた付箋がどれだけ使われたのか
  • もくじがどれだけ使われていたのか
  • あとがきで紹介した著書にどれだけ興味を持ってくれたのか

とか。

つまり。

  • 設置したグローバルメニューがページ/セッションに与えた影響
  • 記事下の関連記事タイトル変更がページ/セッションに与えた影響

みたいなことが、「その付箋(Tag)がクリックされた回数(数字)」を通してわかっちゃったりするのです。

これらは、ただ分母を追うだけのGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)だけだとちょっと難しい

そこで、GTM(Googleタグマネージャー)の出番というわけ。

Googleタグマネージャーでボタンの利用率等を1週間定量分析してみた結果

具体的な流れはこんな感じ。

  • GTMでブログに付箋(Tag)を挟む
  • 付箋(Tag)がユーザーの動きを捉えて観測者(Google Analytics)へ密告
  • 観測者(Google Analytics)が様々な角度から分析しちゃったりする
  • その結果を見て神(僕らブロガー)がニヤニヤする

GTM(Googleタグマネージャー)の導入については、NAEさんの記事が丁寧に説明されております。

参考:超初心者向け!Googleタグマネージャーでクリックを検知・追跡・分析する設定方法 – NaeNote

今回のイベントトラッキング検証実験の概要とか

今回のデータは、1週間という超短期期間での検証結果です。
実験の目的は、自分が設置したボタン等がどれだけクリックされていたかの測定。

もちろん、ブログテーマや記事のジャンル、ブログデザイン、読者層等によってクリックされやすい場所・頻度も変わりますので参考程度に。

要は、「どんなブログでも効果があるとは限らない」ってことですね。

イベントトラッキングの対象一覧

  • ブログヘッダー下
    • グローバルメニュー(スマホ:ヘッダー上部)
  • 記事上
    • SNSシェアボタン(スマホと別々に計測)
  • 記事中
    • もくじ(スマホ共通)
  • 記事下
    • SNSシェアボタン(スマホと別々に計測)
    • SNSフォローボタン(スマホと別々に計測)
    • おすすめ記事(スマホと別々に計測)
    • 人気記事(スマホと別々に計測)
  • サイドバー(PCのみ)
    • プロフィール欄内リンク
    • SNSフォローボタン
    • PICK UP記事
    • 人気記事
    • 最新記事
    • 月別過去記事
    • カテゴリー

ぶっちゃけ、設置だけで3時間ぐらいかかった。

f:id:afrokanchan:20161126135628j:plain
↑機能してないタグとか、もう外したタグもありますが……。

1週間のイベントトラッキング測定結果

f:id:afrokanchan:20161126140255p:plain
  • 測定期間:2016/11/18から2016/11/25の1週間
  • ページビュー数(PV数):88,246
  • 平均セッション時間:00:01:30
  • ページ/セッション:2.80
  • Organic Search:86%
  • Referral:10.7%
  • クリック数:3,396

今回測定したボタン等がクリックされて居た割合は、なんと「3.8%(総PV数に対して)」でした。

タグを設置していないボタン等もありますが、主要なものがこれだけクリックされていないとなるとやっぱりショックですねぇ。

イベントトラッキングの内訳

こ、これは大変なことになったぞ……。

f:id:afrokanchan:20161126143417j:plain

デバイス別ランキングベスト10

それぞれの項目と割合をランキング形式で見ていきましょう。

PC
  1. もくじ:圧倒的なパワー
  2. サイドバー人気記事:3.33%
  3. 記事下関連記事Milliard:3.07%
  4. 記事下人気記事:2.74%
  5. グローバルメニュー:2.48%
  6. サイドバープロフィール:0.59%
  7. サイドバーカテゴリー:0.50%
  8. サイドバーSNSフォローボタン:0.47%
  9. サイドバー最新記事:0.35%
  10. 記事上SNSシェアボタン:0.21%
一言:サイドバー息してる?
スマホ
  1. もくじ:圧倒的なパワー
  2. 記事下関連記事Milliard:3.33%
  3. 記事下おすすめ記事:1.36%
  4. 記事下人気記事:0.94%
  5. 記事上SNSシェアボタン:0.62%
  6. 記事下SNSシェアボタン:0.21%
  7. 記事下SNSフォローボタン:0.09%
  8. 記事下LINE@紹介記事:0.09%
  9. グローバルメニュー:0.03%
一言:ベスト10もなかった。スマホは全体的にクリック数が少ない。

まとめ

あんなに頑張ってカスタマイズしたボタン類がほぼ息してない……。

今回の検証実験でほんのりわかったことをまとめます。

  • ビバ☆もくじ
  • Milliardはこの中では効果的な方
  • 案外、記事下は見てくれているっぽい
  • スマホ利用者はシビア
  • PCのサイドバーはほぼお飾り
  • スマホのグローバルメニューが息してない

あくまでクリック率のみを計測した結果ですので、ユーザーの動きを完璧に追跡しているわけではありません。

クリック率が低くても記事内のリンクから関連記事を見てくれているかもしれませんし、一つの記事をじっくり読んでくれているかもしれません。その点はご留意ください。

とまぁ、今回のイベントトラッキングはかなり初歩的な使い方でしたが、ほかにも色々な活用方法が考えられます。

  • 関連記事のタイトル変更においてのクリック率の増加
  • ブログカードと文字リンクではどちらがクリックされているのか
  • 各パーツの表示位置・配置場所によるクリック率

とか。

設置するまでにかなり面倒ですが、一回設定しちゃえばあとは放っておくだけでデータ拾ってくれますのでどうぞ活用してみてくださいね。

僕は心に小さな傷を負いました。

スポンサーリンク