僕にとってのブログは「砂場」のような場所なのかもしれない

スポンサーリンク



どうも。砂場の砂をすべて掘り出し、公園中に撒き散らした結果、町内会長にこっぴどく怒られた人です。もちろん子供の時です。

さて、僕にとってのブログとは、遊び場であり、趣味であり、ストレス発散の場でもあるという、不思議なものであります。

そう考えたとき、僕は『あぁ、なんだか”砂場”のようだなぁ』と感じたんですね。

おや、『この男は、頭のネジを数個紛失、もしくは思考回路のどこかが、違う回路とごっつんこしているんじゃないか?』とでも言いたげな顔をしていらっしゃいますね。

えぇ、えぇ。わかります、わかります。

まぁ、どうかもう少し話を聞いてください。

子供の頃の砂場はとても不思議な場所だった

皆さんは子供の頃、何をして遊びましたか?
おままごと?川遊び?鬼ごっこ?なわとび?竹馬?携帯ゲーム?

僕はというと、近所の女の子がおままごとの最中に嘔吐するというアクシデントが起きて以来、専ら砂場で遊んでいました。
小学校3年生のときに、ベイブレードと遊戯王に心を奪われるまでの間ですが。

砂場で何をしていたかというと、ひたすら砂場を掘り進めたり、細く掘った道に水を流したり、泥団子を作ったり、とかですかね。作った泥団子を先輩へ売りつけていたこともあります。

関連記事:小学3年生の時に初めて”自分の力でお金を稼いだ”話

砂場に行けば、必ず誰かがいた

f:id:afrokanchan:20161016102407j:plain

別に一人で遊んでいても楽しいのですが、砂場へ行けば大抵誰かは遊んでいたんですよね。
その多くの場合は、僕の子供の頃の悪友親友でしたが。

かなり長い時間をその親友と過ごしていたように感じます。ひたすら砂場を掘るだけ
子供だとは思えない集中力を砂場へぶつけていました。ただ掘るだけですけど。

ふらっと遊びに行くと必ず誰かがいる、という感覚。

今ではすっかり珍しくなってしまいました。

そんな場所、皆さんはありますかね?
もしそのような場所を持っているのだとしたら、ぜひこれからも大事にしてください。

なかなか見つからないですからね。別にネットやゲームの世界でもいいと思うんです。
ふらっと遊びに行ったら、そこに誰かがいる。これだけで十分なんですよ。

俗にいう「サードプレース」ってやつです。これ、めちゃくちゃ大事。

「ブログ」を書けば、必ず誰かと会える

幸運なことに、僕がブログを書けば必ず誰かしらが見てくれるようになりました。
ブログを書き始めた頃はそれも数人でしたが、今だとコンスタントに読んでくれている人はもう少し増えたんじゃないかなぁ。

たとえ相手の顔が見えないとしても、文字を通して言葉のやり取りができるわけです。

僕の書いた記事に対して、誰かが何かしらの反応をくれる。その反応を見て思ったことをまた記事にする。

これって一種の会話であり、言葉のキャッチボールだと思うんですよね。しかも、個人対個人ではなく、個人対複数人、のような感覚。

常に複数人を相手にして、自分が遊んでもらっているという感覚。

f:id:afrokanchan:20161016102732j:plain

砂場で遊ぶことに集中していたら、いつの間にか周りにたくさんの友達が一緒に遊んでくれていた、みたいな。

今は、そんな幸せな気分でいっぱいなんです。

「砂場」はストレス発散でも許してくれる場所だった

先生や町の大人に怒られたり、友達や親とケンカしたり。そんなことがあると、僕は逃げ出すように砂場へ行っていました。
怒られない日はなかった、というほどイタズラ好きなガキんちょでしたから。

今でこそ落ち着きたいときは川へ行くようになりましたが、子供の頃は川が怖かったんです。髪の長い女がずぶ濡れで出てくると思っていましたし。

関連記事:悩んだ時には川に行ってから頭の中を整理すると調子がいい

そういう意味でも、砂場は僕にとっての心のオアシスでもありました。

まるで、沈みゆく気持ちを掘り出すかのように砂場を掘り、気付くとそれに夢中になっていて、結局泥だらけで家に帰るというサイクル。

そう考えると、「砂場へ嫌な気持ちを投げ捨てに行っていた」とも言えるのかもしれません。それでも砂場はビクともしない。また平気な顔して行っても何ら関係ない。

そんな子供の頃の「砂場」が、大人になった今では「ブログ」になっただけの話。
僕にとってのブログとは、大事な場所であり、心のオアシスであり、遊び場なんです。

ですので。

f:id:afrokanchan:20161016103235j:plain

砂場に犬のフンを放置するのはやめていただきたい。

その点、ブログは犬のフンに関しても寛容だから心が広いよね。
あ、猫のフンは仕方がないので別にいいです。

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。