Amazonが世界を変える?レジに並ばない「Amazon Go」

スポンサーリンク

『た、ただの万引きにしか見えねぇぜ!』

と思ったのが「Amazon Go」の第一印象。

Amazonがまたやってくれましたよ。

お店でモノを買うときって、面倒な工程がひとつありますよね?

そう、レジです。

もちろん、人と人とのつながりは大事ですが、混雑時にレジに並ぶのは結構しんどい。
特に、たまたま目覚ましが鳴らなくて遅刻ギリギリ、なんて日には。

世界的ロックバンド、オアシスの元ギタリスト兼ボーカリストのノエル・ギャラガーもこんなこと言ってます。

『スーパーのレジが混んでる時はムカつくから、仕返しに万引きしてるぜ』

いや!「Aamzon Go」ならレジないから!混雑時でも並ばなくていいから!

「Amazon Go」とは?

米Amazon.comが、12月5日に発表したレジのないお店のことです。

1. 専用アプリを開いて店に入店

f:id:afrokanchan:20161206104716p:plain
↑PASMO・Suicaで改札を通る要領ですね

2. 欲しい商品を手に持つ

f:id:afrokanchan:20161206104758p:plain

『おっ、これいいやん』

3. そのまま店を出る

f:id:afrokanchan:20161206104840p:plain

『〜♪』

4. Amazon Go

f:id:afrokanchan:20161206104912p:plain

『ありやとした〜』

これが「Amazon Go」だ

Amazonアカウントと紐付けされてるので、その場で代金が精算されます。

つまり、レジに並んで精算する必要がないということですね。なんだそれ。すげーな。

現在は、Amazon本社がある米シアトルで従業員向けにβテスト(試験営業)を行ってます。
2017年初め頃に一般客にも開放される予定です。早く日本にも来て欲しいですねぇ。

画像引用:Introducing Amazon Go and the world’s most advanced shopping technology – YouTube

仕組みはどうなってるの?

店内に設置してあるカメラ等の各種センサー、ロボットの目、ディープラーニング(深層学習)、画像認識などの技術を応用したAI(人工知能)がお客さんの行動を解析。

「棚から何の商品を取り出した(戻した)のか?」を認識して、仮想のカートに商品を入れます。

商品を持ったお客さんがお店を出ると、Amazonアカウントに自動的に課金されるという仕組み。

f:id:afrokanchan:20161206105948p:plain
↑デジタル・レシートも受け取れます

Twitterの「Amazon Go」に対する反応

世界が変わりそうな予感

「行列も、精算も、レジもない店」で、「そのまま歩いて出る(Just Walk Out)」技術。

ちょっと、これ軽く世界が変わっちゃうんじゃないでしょうか?

いずれ、世界中のスーパーマーケットがAmazonに集約されちゃったりしてね。

非常に楽しみであります。

関連記事

スポンサーリンク