心を、掴むッ!ブログの説明文に入れるキャッチコピーを考えてみた

スポンサーリンク

グッとくるブログのキャッチコピーが欲しい今日この頃。

もちろん、何よりも大事なのはブログ名。
ですが、同じぐらい「キャッチコピー」も重要な要素だと思うんですよね。

というわけで、今回は「思わず心が掴まれてしまうような」魅力あるキャッチコピーを考えてみました。あくまで素人なのでニコニコしながらご覧下さい。

まずはブログ名のお話。「ブログ名」は目立ってなんぼ

「ブログ名」は運営者から見ても、読者から見ても非常に重要な要素。

サイトを訪れた人の心を掴むことができるのか。一瞬で記憶に刻むことができるのか。
全てはブログ名にかかっていると言っても過言ではありません。

かくいう僕も、過去に2度ブログ名を変えています……。
ブログ名を変えると、どうしても記憶に定着しにくい。SEO的に考えてもあまり良くないようです。おすすめはしません。

僕が考える、ブログ名に必要であると思われる要素は以下の通り。

  • ブログの内容が伝わる
  • 覚えやすい
  • ターゲットが明確
  • 書いている人がイメージしやすい
  • キーワードが組み込まれている
  • なんかよくわからないけど引き込まれる

だいたいこんな感じ。

ザックリまとめると、

ブログ名は目立ってなんぼ。

かつ、ブログの内容がそれとなく伝わったり、どんな人が書いているかイメージできればなお良し、という印象。

「センスあるなぁ」と思うブログ名とか

うめきち(id:umekichisan)さんによると、ブログ名のつけ方は5タイプある、とのこと。

umekichisan.hatenablog.com

ブログのカラーとかテーマにもよるのでしょうけれど、僕の好きなブログ名は目立ってなんぼの「センス系」が多い気がしますね。

例えば、

とか。

あれ?もしかしたら僕が「ひらがな好きなだけ」かもしれない。ヒトデさんは勢いが素敵。
どれもこれも、一度見たらそう簡単には忘れないブログ名、という感じ。

「ずるいなぁ、いいなぁ」と思うのは、“キャッチコピーとブログ名が一体型”になっているブログ名”。ブログ名で引き込まれて、それでいてブログの内容なりテーマなりが見えるタイトル。

つまり、イケハヤさんの「まだ東京で消耗してるの?」
キャッチコピーとしても成り立っていると思うし、惹きつけられるブログ名だとも思っています。素直にすごいです。ずるいです。

ブログ名で惹きつけたいし、内容も伝えたい

ブログ名で興味を持ってもらいたいし、できることならどんなブログなのか、どんな人が書いているのかを伝えたい。

素直な気持ちはこれです。なんというわがまま。

個人的には、今の「略してとりてみ」というブログ名はなかなか良い名前なんじゃないかなぁ、と思っております。とても気に入っていますし、興味を持ってもらえるようなブログ名だとも思っています。

しかし同時に思うことは、ブログの内容が伝わりにくいということ。

そこで、キャッチコピーの出番というわけ。

ブログの内容は”キャッチコピー”に任せる

ブログ名で呼び込み、キャッチコピーで内容を伝える。

僕のブログに残された道はこれしかない。もうブログ名を変えるのは嫌。
でも、長々とブログの内容を説明文に書くのも嫌。

興味を持つキッカケはブログ名に任して、内容とかブログのセンスはキャッチコピーに託すことにしました。

キャッチコピーで伝えたい要素

キャッチコピーを通して伝えたいことは以下の通りです。
いうなれば、このブログの根源にあるテーマですね。

  • 挑戦
  • シュール
  • 面白さ
  • ドキドキ&ワクワク感
  • ユーモア
  • 好奇心

ざっと書き出してみましたが、やはりこのあたりのテーマが僕は好きなようです。

とりあえず現状を確認してみる

何はともあれ、今の状況を確認しておきましょう。

f:id:afrokanchan:20160825184944p:plain

キャッチコピーを入れたい部分はココですね。
現段階では「とりあえず、やってみる。略してとりてみ。」

うん、すごく普通。

「とりてみ」ってキーワードが「とりあえずやってみる」の略であることはわかるけれど、面白みがない。印象に残らない。「だから?何?」と言われてもおかしくない。

要素をプラスしてキャッチコピーを考えてみる

先ほど列挙した、”伝えたい要素”をそれとなく入れてキャッチコピーを考えてみます。
ノートに思いつく限り書き出して……。

f:id:afrokanchan:20160825202820j:plain

う、うーん。なんかパッとしないなぁ……。
やっぱり、「とりてみ」が「とりあえずやってみる」の略であることは伝えたいです。

ということは、「とりあえずやってみる」の部分に要素をプラスしたほうがいいのかもしれませんねぇ。

「とりあえずやってみる」に入れたいテーマ(要素)を突っ込んだ結果

ということで、「とりあえずやってみる」にそれなりのユーモアを与えた結果がコチラ。

  • とりあえず、やってみればいいと思うよ。
  • とりあえず、やってみようか。
  • ☆とりあえず、やってみればいいじゃない。
  • ☆とりあえず、やってみやってみ。
  • とりあえず、やってみちゃいなよ。
  • とりあえず、やってみそ。
  • とりあえず、やってみよう。
  • とりあえず、やってみようか。
  • とりあえず、やってみればいいんじゃない?
  • とりあえずやってみたら、こんなことになったぞ。
  • とりあえずやってみたら、とんでもないことになった。
  • 「とりあえず、やってみる」で世界は変わる。
  • すべては、「とりあえず、やってみる」でうまくいく。
  • ☆とりあえず、やってみ、やってみ。
  • ☆とりあえず、やってみ。やってみ。
  • とりあえず、やってみなって。
  • とりあえず、やってみなって、みんな。
  • とりあえず、やってみなってみんな。
  • だって、「とりあえずやってみ」なんて言うから。
  • とりあえず、やってみろっていうからさ。
  • とりあえずッ!やってみるんだッ!
  • 「とりあえず、やってみなよ」なんていうもんだから。

※「あぁ、これないわぁ……」ってものには打ち消し線を引いております。☆マークは「あ、これ素敵」の印。

候補は「とりあえず、やってみればいいじゃない。」「とりあえず、やってみやってみ。」の2つ

現時点での候補はこの2つに絞られました。

  • とりあえず、やってみればいいじゃない。
  • とりあえず、やってみやってみ。
「とりあえず、やってみればいいじゃない。」
f:id:afrokanchan:20160825211105p:plain

すごく人任せな感じがして個人的には好き。
「誰かは誰か、自分は自分でしょ」みたいな、肩の力がイイ感じで抜けている雰囲気が好き。

あと、ちょっとオネェっぽいのも良い意味で鼻について素敵。

「とりあえず、やってみればイイじゃない。」ってのもいいかも。

f:id:afrokanchan:20160825211212p:plain
「とりあえず、やってみやってみ。」
f:id:afrokanchan:20160825211115p:plain

うーむ、こちらも捨てがたい。
どことなくふざけている感じがして、どことなく力が抜けて自然。ユーモラスな感じも素敵だなぁ。

「なんで2回繰り返すの?」というところもポイント。

まとめ

正直、もっと捻り出せばどんどん出てくる気もしますね……。

何にせよキャッチコピーにはユーモアを持たせるつもり。
シュールな感じを演出したいので、フォントは緊張感を持つ明朝体へ変更するか、それともそのままゴシック体か。悩みどころです。

もうちょっと考えまーす。

追記:記事投稿から2分後

キャッチコピー、決まりました。

君が「とりあえずやってみる」だなんて、いうもんだから。

スポンサーリンク