夏の寝苦しい夜でもクーラーを使わずに快適に眠る技を編み出してみた

スポンサーリンク



腕の皮がペラペラとめくれてきております。

一瞬、岸辺露伴のスタンド攻撃かと錯覚してしまったほど。

f:id:afrokanchan:20160813215653j:plain
引用:https://booklive.jp/focus/author/a_id/19783

これは間違いなく先日の自転車日帰り旅行のせい。
日焼け止めもロクに塗らず、8時間もフラフラとしていたらこんな状態になってしまいました。

関連記事:自転車初心者が8時間半かけて飯能から秩父長瀞に行ってみた

ちなみに、鼻の頭の皮は無事に脱皮を終え、まるで剥き卵のようにツルピカです。
炎天下に長時間さらされる場合は必ず日焼け止めを身体中に塗りたくりましょう。

最悪、一日中肌を掻き毟るハメになります。尋常じゃなく痒いですから。
「妖怪”肌擦り”」と呼ばれたくない方は絶対にUVケアを。

さて、というわけで夏ですね。

僕の部屋の夏事情から導き出した答え

僕の部屋にはクーラーがないので、夜は扇風機を回したまま寝ております。
タイマーは2時間か3時間。それ以上の時間はお腹が冷えてしまい、途中で目が覚めてしまう危険がありますので。同時に金縛りの危険性もグググッと上がってしまうので要注意。

素っ裸で寝るのも風邪を引いてしまう原因となりますし、布団をかければそれはそれで暑くて寝苦しい。

そこでおすすめなのが「シュラフをかけて寝る」という技。

僕は、自転車日本一周旅行のために最近購入したばかりの「モンベル ダウンハガー800#3」を愛用しております。
最低使用温度-2度という超ハイスペックにも関わらず、夏にはタオルケット代わりにもなるという優れもの。

ダウン素材なので軽いですし、モコモコしているのでとても気持ちが良いです。

f:id:afrokanchan:20161013181117j:plain

というより、購入してからこの使い方しかしておりません。
3万近い高級品ですが、今のところこの使い道一択です。

下に敷いているのは「THERMARESTのマット Zライトソル」です。

f:id:afrokanchan:20160813223812j:plain

敷布団の上にさらに重ねることで、より優しく体を包み込んでくれます。
表面が凹凸になっているため、裸で寝転がっても気持ちが良いですよ。

f:id:afrokanchan:20160813224500j:plain

耳栓とアイマスクでさらに快眠度アップ

f:id:afrokanchan:20160813233149j:plain

皆様お察しの通り、僕はクーラーを買うという選択肢は考えておりません。
涼しい風は自然に作り出すべき、というのが持論です。でも、冷房が効いた部屋は大好物です。

頼るのはあくまで扇風機のみ。

あとは、「徹底的に快眠度をアップさせる」だけ。
寝苦しくて短い時間しか寝られなくても、その時間、十分に体を休ませることができれば体力は回復します。

寝床のグレードアップが完了したので、あとはさらに睡眠の質をよくしていきます。

ここで紹介したいものが、「MOLDEXの使い捨て耳栓 お試し8種」「PLEMOの立体型睡眠アイマスク」耳栓とアイマスクは、快眠グッズの定番中の定番ですね。

以前書いた記事でもちらっと紹介しましたが、やはりこれがあるとないのとでは睡眠の質に大きな差が生じてきます。季節が夏だとしても、です。

関連記事:睡眠の質を上げる!「MOLDEXの耳栓」と「PLEMOのアイマスク」は超おすすめの快眠グッズ

アイマスクで光を遮断し、眠る時に分泌されるセロトニンの動きを妨げられないようにするわけですね。ちょっとした光や音などの刺激でも、脳にとっては悪影響なのです。

f:id:afrokanchan:20161013181359j:plain

同じように、眠っている時でも聴覚は常に働いています。
余計な音を遮断することで、寝ている時でも耳を休ませることができます。つまり、耳も脳も休ませてあげられるんです。

ちなみに、この耳栓、固さ・大きさ・音の遮断具合など、様々なタイプの耳栓が8種類も用意されています。きっと、自分の耳にミラクルフィットする耳栓も見つかるはず。

f:id:afrokanchan:20160813232903j:plain

夏の寝苦しい夜でもクーラーを使わずに快適に眠る技まとめ

  1. 扇風機をガンガン回す。ただしタイマーは2〜3時間に設定
  2. シュラフをタオルケット代わりに。ダウン素材が特に気持ち良い
  3. マットを敷く。できるだけ高品質のもの
    4. アイマスクと耳栓を装着。瞑想も捗る
  4. ニタニタできるようなことを想像しながら眠りにつく。最重要ポイント

できるだけ良いイメージを広げつつ眠りにつくと、心身ともにリラックスできるので睡眠の質がグッと良くなります。
また、潜在意識にそのイメージを刷り込むことで、良い未来を「引き寄せ」られるとも言われています。

まだまだ暑くて寝苦しい夜が続きますが、快適な睡眠を心がけて

ヘブンズ・ドアァーァァッ!!

関連記事

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。