ある時から「自分の身の周りの電子機器の調子がおかしい」ことに気が付いた

スポンサーリンク

思春期を過ぎてからというもの、身の周りの電子機器の調子がおかしいことがたまにあります。偶然というよりは、ただの思い込みなのかもしれませんが。

しかし、ここまで頻繁に起こると、”何か良くないもの”でも憑いているんじゃないかと思ったりもするわけですよ。
今思えば、”オカルト”に手を出し始めた頃から変な現象に巻き込まれることが多くなったかも。

「電子機器の調子がおかしい」のは、オカルトが原因か?

一時期、私はオカルトにどハマりしていました。今から約8年ほど前のことです。
簡単な準備で出来る範囲での降霊術は一通りやりましたし、心霊スポットと呼ばれる場所には頻繁に足を運びました。

www.toritemi.com

www.toritemi.com

「ひとりかくれんぼ」の最中にはテレビが勝手に付いたり、電気が勝手に付いたりといったポルターガイスト現象も経験済み。

www.toritemi.com

外付けHDDのデータが全て消えてしまったり、パソコンの読み込みが止まってしまったり、バッテリーが壊れたり。
どれも急に起こったんですよね。何度も続く、ということはなかったのですが。

自分の顔がグチャグチャなった写真が撮れたりしたこともありました。

一昨日は、DVDを読み込まなくなったプレイヤーが自分が近付いた途端に急に直りました。これには正直驚いた。たまたまだと思いたい。

変なモノに憑かれたのか?はたまた、宇宙人に改造されたのか?

これはもしかして、変な物、はたまた変な者に取り憑かれたのでしょうか。
それとも、UFOを目撃した時に宇宙人に改造されてしまったのでしょうか。

実は、私は人生で2度UFOを目撃しております。

1度目は、部屋でぼーっとテレビを見ている時に。
テレビの後ろにある窓から、セミのような形をした謎の飛行物体が空を飛んでいるのを目撃。ちなみに昼でした。
かなり離れていたので大きさは不明ですが、円を描くように飛んでいましたね。

2度目は、流星群を眺めている時に10数体のUFOを目撃。もちろん夜。
Twitterなどでも話題になっていました。

もしかしたら、この時に宇宙人に特殊な改造をされたのかもしれません。

そういえば、UFOのことは記事にしてないなぁ。

“異常”な物事を”正常”に認識している可能性だってゼロではない

こんなことを真面目に考えている、ということはありませんが、そう思えてみると案外面白いものです。

「お、俺は”奴ら”に狙われているんだ…!」と誰かに大真面目に話したところで精神病院にブチこまれるのがオチ。
“頭のおかしいやつ”、”電波野郎”などの大変名誉ある称号を手にして、それでおしまい。

しかし、この広い世の中にはいきなり発火してしまうような人もいるらしいのです。
とすると、“近くにいる”というだけで身の回りの機械の調子がおかしくなってしまうことも有り得るのかもしれません。

そして、”頭がおかしくなってしまった”と周りから決めつけられてしまった人の中には、ひょっとしたら”本物”がいらっしゃるのかもしれません。

「あいつは頭がおかしい」「あいつは狂ってる」「あいつは異常だ」。
なぜ、その判断が”正常”だと言えるのでしょうか。

自分が”異常”な判断をしていて、“異常”な物事を”正常”に認識している可能性だってゼロではないはずです。
もしかすると、自分のことを”異常”だと認識しているものの、さも自分が”正常”だと振舞うことこそが”正常”な生き方なのかもしれません。

大抵、人の心の奥底には他人には決して言えないようなことばかりがグツグツと煮えたぎっているものなのでしょう。
デメリットが大きすぎるためにそれを実行しないだけ。

そして、きっとそれはごくごく当たり前の”正常”な反応。

もっと言えば、「今いる現実世界はただの夢で、本物の自分は病院のベッドに横たわり、植物状態で寝ているのかも」しれませんし。
別にそれでも、その夢の世界が”自分の人生”であると言えるならば結果オーライなのかもしれませんけどね。

まとめ

もし、本当に私のせいで身の回りの電子機器の調子がおかしくなるのだとしたらそれは大変興味深いことです。喜んで歓迎いたしましょう。ただ、ブログを書けなくなるのは辛いなぁ。

しかし、この半年ぐらいはめっきりこの現象も減ったので、やっぱり偶然そういう場に居合わせたというだけなのかもしれませんね。

宇宙人に改造されていなくて本当に良かったです。

スポンサーリンク