はてなブログ2年目の悩みを「とにかく書いて」解決してみる

スポンサーリンク



やぁ。

はてなブログに出会い、このブログを開設してからあっという間に1年が経過
この数日間、ブログに関して色々なことを考えていました。
主に、これからのブログ運営方法などについて頭を悩ませていたのですが、どうにも答えは出てきません。

これらの悩みを”とにかく書いて”解決してみようと思います。

ブログを”どう”したいのか?

私自身、「今月は収益がこれだけ出たよ」とか「こんなにPV数が伸びました」みたいな話はどちらかというと好きな方です。

将来、文章を書いて食べていければこれ以上ないほど幸せなことですし。
お金欲しいし、たくさんの人に見て欲しい。これは本当です。嘘はつきません。

そこで色々な人の収益報告とか、1年経った時点でどのぐらいのPV数だったのかというのをチェックしてみたのですよ。
ヒトデさんとか、ワロリンスさんとかね。ちょっと比べる位置がおかしいのですが。

記事を読んでいて思ったことは、「私はそもそもブログをどうしたいのか?」ということ。
どうしたいのか、という漠然な疑問ではあるのですが、つまりは「収益が目的」なのか「ブログそのものが目的」なのかってこと。

多分、この1年間私はブログが大好きでした。そして今もそう。
好きで書いていたらいつの間にか収益がちょこっと出るようになっていた、というだけ。

与えられた3つの選択肢

ここで私には3つの選択肢が与えられたわけです。

  1. さらに収益を増やすべく、頭を使ってブログを書いていく
  2. これからも好きなようにブログを書いて、あわよくば収益が出たら嬉しい
  3. 収益を増やす努力をしつつ、好きなようにブログを書いていく

これからはバッチリとブログを仕事と割り切り書いていくのか、それともこれまでと変わらずに好きなように書いていくのか。
答えは単純明快。最初から決まっていたに違いない。

3ですよ。当然ね。

この答えを導くまでにかなりの時間を消費してしまいました。
だって、男は欲張りなぐらいが丁度良いでしょう?

お金も欲しいし、好きなようにブログも書きたい。
このブログは私の居場所であり、私の自由帳であり、私の脳みそでもあるわけです。

これまで好き勝手に書いてきて、今の結果があるわけです。
歴代の天才ブロガーと比べると数字自体は到底足元にも及びません。

それでも、私はブログを書くことが好き

数字を目の前にするとひれ伏してしまう人間の”性”

しかし、人間、数字を目の前にするとそこに不純な動機が生まれていくものなのですよ。
もっとPV数が欲しい、もっとお金が欲しい、もっともっと……。

人間の欲って深ぇなぁ!?!?マリアナ海溝かよ!?

……と、不意に某ヒトデブログのように突っ込んでみたり。

誰かの真似事で人気が出るならそれはもう簡単な話。
人気が出るってことは人とは違うってこと。人と同じことをして儲けようだなんて考えがもう既に人と同じ。

数字という魅惑のパワーに打ち勝つことが、数字に繋がる一番の近道なのでしょうね。

私の「一番恐れていること」

この1年で気がついた、私の「一番恐れていること」。
それは、このブログがクソ記事で溢れかえること。

毎日毎日自分の好きなことを書いて書いて書きまくる。
それが全部面白いだなんてことは、よほどの天才じゃない限りできっこない。

可能な限り面白くはするとは思うのでしょうけれど、どうにも自信が持てない。
「これでみんなが喜ぶのだろうか?果たして、この記事がお金に繋がるのだろうか?」
こんな思いが脳内をチラチラ駆け巡るわけです。”家政婦は見た!”顔負けの覗きのセンスの無さで。

何か違う。

求めていたものと何か違う。

もっとこう、読んだ人のガシッと心を掴めるような文章が書きたいわけです。
「あぁ、なるほどなぁ(スターポチッ)」はもちろん嬉しいのですが、読んだ後に心にぽっかりと穴が開いてしまったような、トラウマに近いレベルで読んだ人の心に傷を作ってしまうようなそんな文章。それを書いてみたいのです。

ということはつまり、やっぱりブログをこれからも好きなように書きたいということなのでしょうね。

自分の個性がどんなものなのか、どんな姿をしているのか、どんな形をしているのか。
それは今はまだわかりません。ひょっとしたら記事を通してもう現れているのかもしれませんし、自分では一生わからないかもしれません。

文章が誰かと似ている?

ここだけの話、最近自分の文章がとあるブロガーさんに似ていることに気がついたわけです。
ヒトデさん(id:hitode99)+けいろーさん(id:ornith)を2で割ったような文章だ、と。ちょっと自意識過剰かもしれませんけどね。

むしろ、そこを目指しているのかもしれません。

勢いがあって、切り口が斬新で面白くて、でも説得力があって、どこか知的。

こんな風にブログが書けたらなぁ、と常日頃思っています。
まぁ、ヒトデさんにも「自分らしさは書いてたら勝手に出てくるから書きまくるべし」と最高のアドバイスをいただいたのでこれからも書きまくることにしますね。

例えこのブログがクソ記事で溢れかえってしまうことになったとしても、それを恐れていては「誰かの心をえぐる記事」は書けやしません。
攻撃は最大の防御。戦わなければ、羽根を折られて落ちていくだけ。

ジャンルは違いますが、いつかさんの姿勢も素晴らしいです。
伸び伸び書いたらいいんです。自由に。

まとめ

やっぱり、文字にして脳みその中を視覚化するとおのずと答えが見えてくるものなのですね〜。
これだからブログはやめられないんです。一種の精神安定剤のようなもの。

もう絶対に答えを導き出せなさそう、と思うような問いにも、5000文字も書かずに解決してしまうわけですよ。
文字が持つパワーは本当に偉大ですね。

本日のまとめ

  • これまで以上に自由に書く
  • クソ記事で溢れかえることを恐れない
  • 伸び伸び書く
  • 書きまくってたら勝手に個性は出てくる
  • 誰かの心をえぐる文章を書きたい

ブログは書きたいときに書いて、過去記事はこまめに修正・加筆をしていくことにします。

カモン、個性!ビバ、ブログ!

スポンサーリンク





この記事を書いた人

あめよふれ

あめのはっていいます。どうぞよろしく。

「”とり”あえずやっ”てみ”る。略して、とりてみ」がモットーの24歳。ノマドチャリダー。自転車で日本一周してます。アニメ聖地・心霊スポット・世界遺産巡り。趣味はアニメ鑑賞・ベース演奏・旅行・カメラなど。